FC2ブログ

バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

天童市講習会終了

9月15日(土)・16日(日)と山形県天童市で講習会を開催しました。
参加された選手・指導者の皆さまお疲れ様でした。

◆参加された選手達
選手の皆さん 

◆指導者の皆さま
指導者の皆さん 

<飯野コメント>
ジュニアからバドミントンを始めた選手の多くがネット前の入り方に問題を抱えてい
ます。
フォアハンドで言うと、下の写真のように肘関節を曲げ、手首の関節も伸展
(背屈)した状態で入りますお金頂戴」のスタイルです。
バックハンドも同様です。特定の地域に限らず全国的な傾向です。
ネット際で打点を高くするために指導しているようです。

◆肘関節と手関節を曲げてネット前に入る
お金頂戴 

なぜいけないかと言うと
この状態からクロスネット、ロビングを打とうとするとラケットの操作性が悪くな
 るため、打ちづらくなります。
従って、非常に高い確率でストレートのネット前しか
 返球できないため、読まれてしまいます。

ジュニア時代に習得した動作は、自動化されてしまいます。大人になっても、この
 入り方では変ですね!

自動化された動作は、改善するのに長時間を要します。
  中学生、高校生になっても改善できずにいる選手が多くいます。

「肘関節と手関節と伸ばすことで、腕とラケットを真っすぐにしてネット前に入りましょ
う!」

打点が低くなる?
やや低い打点でスピンネットやクロスネット、ロビングを打てる技術を習得できます。
クロスネットやロビングが打ちやすくなり、ネット前からのショットを多様化すること
ができます。何よりも体が大きくなっても改善を必要としません。
プラス効果の方が大きいですね!


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2018/09/25(火) 07:00:00|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レベルアップキャンプ@九州を終えて

大牟田市で行われたレベルアップを終えた感想をお伝えします。

<方向転換で床を強く蹴る>
バドミントン競技の特徴の1つが方向転換の多さです。コート内を速く動きたい場合
は、この方向転換を速める必要があります。シングルスでは、ラリー中ホームポジシ
ョン付近へ戻って相手が打つショットに合わせて方向転換する時や、リピートショッ
トを打たれ再度同じエリアに戻る際、両足で床を蹴ることで方向転換を素早く開始し
ます。また、動き始めも同様です。床を蹴るとは、足に力を入れることです。足に力
を入れて「方向転換を速くする」「動き始めを速くする」ことはフットワークの基本
です。

そこで、キャンプの最終種目として、床を強く蹴って方向転換を速くするフットワー
ク練習を行いました。方向を指示する指導者がネット前に立ち、選手がある方向から
ホームポジション付近に戻って床を強く蹴ったら、即、次に移動するエリアを指すと
いう練習です。両足で床を必ず蹴らせることを主目的としたフットワーク練習です。

練習を繰り返すうちに、多くの選手ができるようになりました。シャトルを打つこと
は、重要な練習ですが、正しいフットワークを身につけるフットワーク練習も不可欠
です。普段の練習で、今回実施したフットワーク練習を定期的に行って欲しいもので
す。

<最速スマッシュの打ち方>
世界トップレベルの選手がスマッシュを打っている映像を見てもらい、打ち方の解説
を行いました。また、改善が必要な選手の打ち方も映像で見てもらい、対比して解説
を行いました。
今回は、シャトルが落下するまで十分な時間があり、自身の最速のスマッシュを打つ
打ち方の練習です。今回も特に腕のスウィング方法を改善しなければならない選手が
非常に多くいました。スウィングを開始する時点でラケットを垂直に上げ、そのまま
の状態でラケットを後方に引いて打つ選手が女子選手に多く見られました。ラケット
ヘッドが頭の上で回っているるため、スウィングの軌道が短くコンパクトな振りにな
ります。結果、速いショットを打つことができません。
そこで、以下の順で練習を行いました。

スウィング開始時に肘を下げ、リストスタンドした状態で肘を後方にスウィングし
    てラケットの軌道を大きくする

上半身の捻転動作を入れ左右打ち分ける練習

利き腕と逆の手を動かす練習

ラケットを振り切る練習と振り切る方向

両足を空中で入れ替えることに特化した練習

最後に運動連鎖を意識し全身を使った素振り

結果、シャトルを打たない素振りでは、殆どの選手が出来るようになりました。
しかし、いざ実際にスマッシュを打つと前のスウィングに戻ってしまいます。
前のフォーム、ストローク(スウィング)が自動化されているからです。
シャトルを打つとシャトルを当てることに注意が行き、スウィングに注意が向きま
せん。人間は同時に2つのことに注意を向けられないからです。対応策は、シャト
ルを打たない素振りで最適なスウィングを自動化することです。
自宅や練習の合間
に無理のない回数で素振りを行い、最適なスウィングに上書き保存しましょう! 
自動化されたスウィングは簡単に直すことはできません。根気強く回数を重ねまし
ょう!

ちなみにバドミントンの技術は、女性用、男性用という区別はありません。また、
ジュニア用、大人用の区別もありません。

<足を着地後にインパクト>
ネット前でスピンネットやクロスネット、ロビングを打つ際、インパクトと同時に右足
(右利き選手)踵を着地している選手が殆どです。そうするとショットのコントロール
が不安定になります。
右足踵を着地後にインパクトするようにしましょう!
インパクト=ラケット面(打球面)とシャトルが当たる瞬間
それでは打点が低くなる? 数センチ打点が低くなっても大局に影響しません。
それよりショットの正確性が最優先されます。

<選手が練習内容を選択する>
今回も驚いたことがあります。
キャンプ初日の19時から1時間、今日実施した技術練習から選手自身が希望するものを
選択して練習しました。午前9時キャンプ開始ですので、10時間後の練習になります。
選手は疲れているはずです。しかし、選手は目の色を変え集中して練習しています。
各コートの指導者も熱心に指導しています。このことから学ぶことは、指導者が一方的
に全ての練習内容を決めるのではなく、選手自ら練習内容を選ぶ、考えることも重要で
あるということです。何を行えば上手くなるのか? 強くなるのか? 選手に考えさせ
ることが必要だと言えます。普段の練習でも選手自身が練習内容を選択できる時間帯を
作っては如何でしょうか?



次回来年2月のキャンプでは、選手個々が課題をクリアした姿を是非見たいものです。
目的意識を持って練習・トレーニングを行ってください。
参加された選手、指導者、保護者、主催者の皆さまお疲れ様でした。
サポートありがとうございました。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2018/09/18(火) 07:00:00|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レベルアップキャンプ@九州終了

福岡県大牟田市 羽々(はば)ジュニアバドミントンクラブ主催の講習会、「小・中学
生のためのレベルアップキャンプ@九州」が成功裏のうちに終了しました。
参加者の皆さまお疲れ様でした。

◆参加選手の皆さん
レベルアップキャンプ選手 

◆指導者&保護者の皆さん

レベルアップ指導者&保護者

<終了時匿名による主な感想>
・学生時代は、シャトル置き・拾いを頻繁に行い、オーバーヘッドストロークは肘を後
 ろに引いた状態から打つよう矯正されました。スウィング時も腕を耳に近づけて打つ
 よう指導されました。キャンプでは、真逆なことを説明され納得しました。学生時代
 の練習は何だったのでしょうか?

・映像を見て技術・フットワーク・戦法などを聞くと見方が全然違います。細かいこと
 が分かるのでとても良かった。TVの副音声で解説して欲しい。

・今までぼんやりしていたことが明確になってとても勉強になりました。指導も分かり
 やすく、選手も意欲的に取り組んでいました。学んだことを日々の練習に取り入れて
 行きます。

・正しいスマッシュフォームやフォア奥のカットの映像と解説を聞いて、足を入れ替え
 るのが絶対と思っていたので、目からウロコでした。筋肉の仕組みや力学に基づいた
 説明がとても解り易かったです。

・世界のトップレベルの映像解説は非常によかった。自宅でTV放映を見て単に勝負に興
 奮するだけだったが、細かい動きを理論や次の流れまで考えて見ていなかったため大変
 勉強になりました。

・とても実践的でやみくもにやるのではなくベストな方法が頭に入ることでより良いパフ
 ォーマンスに繋がる事を実感しました。非常に有意義な時間でした。ありがとうござい
 ました。

・今回参加させてもらいたくさんの課題が発見できました。指導して頂いたことを頭の中
 に入れ、次回のキャンプまでレベルアップしてきます。

・それぞれ打つ時のグリップを変えるなど、新しいことをたくさん学んだので整理してし
 っかり使えるようにして行きたいです。プレーの幅が広がり楽しみになりました。


次回のレベルアップキャンプ@九州の開催日は、2019年2月9日(土)・10日(日)に決
 定しました
今年の11月中旬頃に募集開始します。高校生や社会人の参加もあることか
 らキャンプ名を「レベルアップキャンプ@九州」に変更します。

フィーダースキルアップ講習会は、キャンプの翌日 2月11日(月・祝日)の午前中開催を
 予定しています。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2018/09/11(火) 07:00:00|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見よ!小4のスピンネット【動画と解説】

コーチングセミナー常連の群馬県須藤夏希選手(小学4年生女子)のスピンネットを
動画で紹介します。小学3年生の時、スピンネットを練習しているのを見てうまいと
思いましたが、動画を撮るチャンスを逃しました。しかし、ようやくサマーキャンプ
で撮影することができました。
体の正面に返球された球をフォアハンドとバックハンドで順番にスピンネットを打つ
練習です。

<正面フォアハンドのスピンネットの打ち方>
グリップは下記左図のバックハンドグリップの握り方でラケット面が床と平行に
   位置になるよう構える。(イースタングリップで握って打つとラケット面が床と平
   行にならないため)

◆バックハンドグリップ
バックハンドグリップ

肩関節を始点にして腕とラケットを右から左へゆっくりスウィングする。

その際、テイクバック動作を無くし、インパクトからフォロースルーでシャトル
   を相手コートネット際へ落下させる。(テイクバック動作無し、と言っても実際に
   は多少テイクバック動作はあります。しかし、選手はテイクバック動作を行わない
   という意識が必要です)

インパクト後のシャトルの軌道は左方向へ落下させるとスピンがよくかかる。

<正面バックハンドのスピンネット打ち方>
グリップは上記右図のバックハンドグリップの握り方でラケット面が床と平行に
   位置になるよう構える。

肩関節を始点にして腕とラケットを左から右へゆっくりスウィングする。

その際。テイクバック動作を無くし、インパクトからフォロースルーでシャトル
   を相手コートネット際へ落下させる。(テイクバック動作無し、と言っても実際に
   は多少テイクバック動作はあります。しかし、選手はテイクバック動作を行わない
   という意識が必要です)

インパクト後のシャトルの軌道は右方向へ落下させるとスピンがよくかかる。

◆見よ!小学4年生のスピンネット


サイドライン(体の左右サイド)に返球された球をスピンネットする場合は、ラケッ
トの軌道が異なるので注意しましょう!

さて、動画はスピンネットが打ちやすいエリヤや打点で行っています。上手く打てる
ようになったら、打点を少し下げた地点からでもスピンネットが打てるようになりま
しょう! さらに少しだけネットから離れた地点からでもスピンネットを打てるよう
に練習しましょう!

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
続きを読む
  1. 2018/09/04(火) 09:35:23|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018年サマーキャンプ終了

8月24日~26日千葉工業大学で開催されたサマーキャンプが成功裏に終了しました。
期間中は、高温が続きましたが体育館内は空調が効いており快適な環境で練習・トレ
ーニングすることができました。
参加選手と指導者は、18都府県から3日間累計245名と大勢の方が集まりました。

<飯野コメント>
今回は、キャンプ初参加者が全体の6割位を占めました。セミナー過去参加者と初参
加選手を比べると技術の差は歴然です。オーバーヘッドストロークで言うと、初参加
選手はスウィング時に腕を耳に近づけていたり、左右打ち分けで前腕を捻る動作が間
違っていたりします。ドロップショットを打つ際、インパクト時に少し打点を下げて
ネット前に小さな山を作ってネット際へ落下させたいのですが、高い打点で打つこと
が自動化されているため修正が困難です。
テイクバックを無くしインパクトとフォロースルーで打つクロスネットやネットへ返
球するショットは、習得に時間が掛かってしまいます。今まで、テイクバックがない
ショットを打ったことがないのでしょう! 基礎打ちの弊害が出ているかもしれませ
ん。初参加の選手は、次回参加したとき、どう変身しているのか楽しみでなりません。

スタッフと指導者の方々には、膨大な数のシャトル出し、ノック出しをして頂きまし
た。その情熱と根性に感服しました。改めてお礼申し上げます。

◆参加選手と指導者
2018サマーキャンプ集合 

<参加された方の主な匿名での感想>
・講師とスタッフの方々の講義と指導は、とても分かりやすく情熱を持って教えて頂
 けて感謝します。(保護者)

・一人一人の選手をしっかり見てくれて、とても丁寧で分かりやすく、何度も教えて
 くれたのでコツが分かってよかったです。(中学生選手)

・キャンプは、多くの指導者の存在がなかったら、このセミナーの成功はなかったと
 思います。すさまじい数のシャトル出しありがとうございました。(社会人選手)

・スマッシュの足の動きなど、体の動かし方がすごく分かりやすかった。(中学生選手)

・映像を交えた理論的な説明により、とても分かりやすい講習でした。(社会人選手)

・指導力のあるスタッフが各コートに配置されていていい成果を上げることができた。
 (保護者)

・毎回毎回新しいことを教えて頂き感謝しています。(社会人選手)

・キャンプで質問すると、すぐに回答(解決)してくれる。映像を見ての練習は、と
 ても分かりやすくイメージしやすかった。次回も違う映像を見て解説込みで技術を
 学びたい(社会人選手)

・次回もいろいろなトレーニング方法を教えて欲しいです(中学生選手)

・関西・東海周辺でも開催して頂けることを願っています。(社会人選手)
 飯野コメント~コート数が6面以上あり、体育館が予約できる。優秀なフィーダーを
 ある人数確保できる。ことでしたら開催可能かもしれません。開催希望がありまし
 たら連絡してください。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2018/08/28(火) 18:28:19|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年の計8回
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (18)
技術 (71)
セミナー/講習会 (110)
フットワーク (9)
愛用品 (12)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (3)
方針 (18)
練習方法 (45)
講義 (2)
トレーニング (14)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (8)
理論 (11)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR