FC2ブログ

バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

ハイバックスマッシュの技術練習【動画と解説】

3月9日・10日鳥取市バドミントン協会主催の鳥取県東部地区小・中学生対象の講習会
を開催しました。その中でハイバックスマッシュの練習を行い、多くの選手が打てる
ようになりましたので動画を公開すると共に解説します。

ハイバックは試合中必ず使用するショットであり、小・中学生の段階でマスターすべ
き技術です。ハイバックには、クリア、スマッシュ、スライスショット、ワイパーシ
ョットがあります。今回はハイバックスマッシュの技術です。

ハイバックは、バックハンドで高い打点で打つショットという意味で、その名称がつ
いたと考えます。しかし、シングルスやダブルスの試合でバック奥に追い込まれて、
回り込んで打てないときにハイバックを打ちます。そうすると、高い打点では打てな
いことの方が圧倒的に多いことが分かります。従ってハイバックという名称は、実際
の場面ではミドルバックという言い方の方が正しいのだと考えます。
また、ハイバックのクリアやスマッシュ、カットをより高い打点で打とうとすると腕
をスウィングするための主働筋が引き伸ばされることからラケットを最速でスウィン
グすることができません。結果、ショットのスピード(飛距離)が出ないことが実感
できます。
そういった背景から、講習会ではより高い打点でハイバックを打ちなさいという指導
は行ないません。


◆ハイバックスマッシュの技術練習(小学生4選手)


★4名の選手共、大変上手ですね!
★小学生の段階では、ハイバックスマッシュのスピードは要求しないようにしましょう


<ハイバックスマッシュの打ち方>~右利き選手をモデルとして解説
グリップ親指の位置
バックハンドグリップでハンドルを持ちますが、親指を下図右の図の位置にしてみま
しょう。肘を後方に引いた後、インパクトまでスウィングしながら前腕回外運動をし
ますが、ラケット面の回転角度が大きくなるのでスウィングスピードを増すことがで
きます。打ちづらいようでしたら親指の位置を左図に変更しましょう。

バックハンドグリップ 

右肘を後方に最大限引く
右肘を相手コートとは反対方向に最大限引きストロークを大きくします。右肘は下に
下げておき、その状態のまま後方に引きますが、利き腕の肘は腹部に沿って引きます。
脇を上げて肘を引かないようにしましょう!

右肘を後方に引き、前方へ肘を押し出す
右肘を後方に引き、そこで一旦肘を止める選手が多くいます。肘を一旦止めるとスウ
ィング動作が一旦止まるので、ラケットを自身の最速でスウィングすることが出来な
くなります。ゆっくりでも肘を連続して動かしましょう!
右肘を後方に引き、前方へ肘を押し出す時点で打つ選手から見て手の甲が見える位置
に腕を置きます。前腕回内位の位置です。そこからか前腕回外運動が始まります。
★前腕回内位:回内し終わった位置

前腕回外・回内 

ラケットを立てて打つ
インパクトでは、利き腕の肘を曲げ、リストを立てて打ちます(手関節の外転を保持
して打つ)。ラケットは必ず垂直に立てて打つ必要はありません。45度~90度位にな
るようにしましょう。
リストを立てて打つと、前腕回外運動が強まります。さらに、慣性モーメントが小さ
くなりスウィングスピードが増します。
打点は状況にもよりますが、頭の少し上もしくは顔の横で打ちましょう!
今回はスマッシュですのでインパクト時は、ラケット面がやや下に向くように打ちま
す。しかし、小学生などまだ身長が低い選手は、ネットに引っ掛けないようにするた
めラケット面は直角に近い角度で打たざるを得なくなります。そのため放たれたシャ
トルの軌道は角度がつきません。

インパクト前後はラケットの並進運動を心掛ける
スウィングで前腕回外動作を意識し過ぎるとインパクトでシャトルがラケット面に当
たる角度にバラツキがでる可能性が高くなります。インパクト前後はラケットの並進
運動を心掛け、その後は自然に前腕回外し回外位まで振り切りましょう。その際、握
っていた親指でハンドルを押す・捻る動作を行います。
★前腕回外位:回外し終わった位置
また、右足に体重を乗せて打ちましょう!

左腕はリラックス
ストローク開始時から終了まで利き腕の逆の左腕は、リラックスして下に下げておき
ます。左腕をインパクト前後に意図的に動かすと力みが生じ、その力みが体全体に伝
わります。力みはショットのコントロールに大きく影響を及ぼします。

インパクト前後は上半身を動かさない(固定して打つ)
以下の動作を行うとラケットスウィングが遅くなります。
伸び上がって打たない
上半身の捻転動作を行わない
後ろに反って打たない
相手コート方向に移動しながら打たない

ストロークに必要な動作以外は行わない
動画の3番目の選手は、ストローク開始時に左手で右手グリップ部分を触る癖があり
ます。追い込まれた状態でハイバックを打とうとするとスピーディーにテイクバック
する必要がありますが、一旦左手で右手グルップ部分を触る癖があるとインパクト
のタイミングが遅れることがあります。適切なタイミングで打てるようにストロー
クと関係ない動作は避けないといけません。
選手には、上記の内容を伝えているので修正されています。

動きを入れてハイバックスマッシュを打つ
動画のように、その場でハイバックスマッシュが打てたら、次は試合のラリーを想定
して動きを入れてハイバックスマッシュを打つ練習を行いましょう!

ハイバックは、注意する点が多くあります。上記を完璧に遂行できるように練習を行
いましょう。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2019/03/18(月) 07:00:00|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スプリングキャンプ技術編カリキュラム公開

3月21日~24日千葉工業大学で開催する「小・中学生のためのスプリングキャンプ」
で技術練習するカリキュラムを公開します。
23日(土)と24日(日)両日は選手・指導者・保護者など計100名程の受講者になり
ます。大人数で混乱しないように参加される方は、事前に目を通しておきイメージし
ておいてください。


◆2019年スプリングキャンプカリキュラム  ←クリックすると見ることができます

<ご連絡>
◎カリキュラムなどは、当日事務局から印刷配布します。

◎キャンプで習う内容・情報は膨大です。食事時間帯や講義中にしっかりメモをとっ
   て忘れないようにしましょう!

◎理解できない内容は、講義や講習中に講師及びスタッフに質問し期間中にしっかり
   と解決しましょう!

◎水分関連は、各自でご準備願います。体育館などに製氷機がありますので活用願います。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  1. 2019/03/13(水) 07:00:00|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祝YouTubeチャンネル登録者3千人超

私のバドミントンYouTubeのチャンネル登録者数が3千人を超えました。
ありがとうございます。
ブログは、バドミントンの普及発展の一助になればと考え、2012年6月から始めました。
しかし文章だけでは、理解できない部分も多いことからYouTube動画も加えイメージ
できるようにしました。そのYouTubeは、お陰様で視聴回数2百万回超 公開動画数
122となりました。今後も可能な限り継続したいと考えます。
最近のYouTubeチャンネル登録者は、日本に限らず韓国・台湾・香港などアジア圏の
方の登録が増えています。勿論最多登録は、日本です。しかし、残念なことにYouTu
beは見るが内容詳細を書いたブログを読まない人が多い傾向です。見る&読むの両方
でさらに理解を深めて欲しいものです。


今回は、過去公開した動画の高評価数トップ10を順番に発表します。
あなたは、どの動画がお気に入りですか


① ジャンプスマッシュのフォームづくり 高評価数326  視聴回数19,318回


② ダブルススマッシュレシーブ練習 高評価数250  視聴回数 145,200回


③ 対角線スピードノック練習 高評価数210  視聴回数 80,152回


④ ダブルス全面フリーノック高評価数196  視聴回数 100,047回


⑤ ダブルスローテーション練習 高評価数130  視聴回数 99,425回


⑥ センター前衛アタックのノック練習 高評価数129  視聴回数 50,972回


⑦ フットワークによるスタミナ向上練習 高評価数123  視聴回数 38,736回


⑧ シングルス対角線ノック 高評価数116  視聴回数 49,249回


⑨ 戦法練習スマッシュ&クロスネット 高評価数113  視聴回数 52,616回


⑩ プッシュと見せかけてネット際へ返球 高評価数103  視聴回数 35,833回



にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  1. 2019/03/07(木) 07:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィーダースキル~ダブルススマッシュ高速連射【動画と解説】

今回も、2019年2月11日福岡県大牟田市でフィーダースキルアップ講習会で練習した
内容の一部を動画と解説でお届けします。

ダブルスが上手くなりたい選手は、必ずといってもいいほどスマッシュレシーブを強
化したいと考えています。強化方法は、動体視力を鍛える器具やトレーニングなどあ
りますが、バドミントンの場合、実際にスマッシュをレシーブする練習が最適だと考
えます。
選手が2対1の1に入りスマッシュをレシーブする練習方法がよく行われます。もう
1つの方法がノックでフィーダーにスマッシュを打ってもらい、それをレシーブする
方法です。
後者はフィーダーの高いノック出しの技術が必要ですが、できるようになれば効果は
絶大です。
今回は、このフィーダーが高速連射で打つスマッシュです。
なぜテンポの速い連射が必要なのか? と疑問を持たれる方がいると思います。レシー
バーがドライブや、やや低めの返球をすると前衛にプッシュされ可能性があります。
そのプッシュをレシーブできるようになるためには、ラケット面を元の構えの位置に
素早く引き戻す必要があります。高速連射のノックをすると必然的にラケット面を元
の構えの位置に戻さざるを得なくなるからです。

動画のフィーダーの方は、長崎県あたごBS山本英太郎氏です。フィーダーの位置は、
サービスラインの少し後ろで椅子の上に乗ってノック出しを行っています。

◆フィーダーダブルススマッシュ高速連射


山本氏は、テンポが速くシャトルのコントロールも素晴らしいですね!

<フィーダーの注意点>
グリップは、ウエスタングリップ(フライパングリップ)。ラケット面と手の平が同
  じ方向を向くためシャトルをコントロールよく打つことができます。

左手でシャトルをノック出し器(ショルダーという)から取り出し、左手の親指・人
  差し指・中指でコルクに巻いてあるグリーンテープ付近をつまみます。そして、右方
  向もしくはやや斜め上方向にコルクを頭にして空中に飛ばします。下から上に垂直に
  放り投げると空中でシャトルが多方面に回転するため、打った後のシャトルのコント
  ロールが定まりません。


ラケットはタイミングよくシャトルを捉えなくてはいけませんが、ここで注意するの
  は、ラケット面はコルクの側面を必ず打つことです。(コルクの側面+羽根を同時に
  打っても可)
コルクの側面を打つ 

上級レベルの選手に対しスマッシュを打つコースは、レシーバーの左右とボディ、高
  低をつけます。初・中級選手は、比較的スピードを抑えたノック出しでバックサイド
  のエリア限定から開始します。そして、苦手なコースや高さがあれば集中して練習し
  ましょう。

動画は半面のストレートコースにノック出しを行っていましたが、クロス方向もノッ
  ク出しを行いましょう。
 
山本氏は3連式のシャルダーを使用しています。1連には約20球シャトルが入るため計
  60球連続でシャトルを出すことが可能です。手の大きな方は、3連式をお勧めします。
  ちなみに私は、2連式を使用しています。


ノック出しは、アンダーから上に高く上げ選手に攻撃させるだけの練習では片手落ちで
す。守りを強化するするスピードノックやスタミナノックも実施しなければいけません。
そのためにフィーダーは、ドライブ、スマッシュ、クリア、カット、ドロップを正確に
時には速いテンポで球出しを行う技術を身に付けなければいけません。

今回は、レシーブの技術の解説は割愛します。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<小・中学生のためのスプリングキャンプ参加者募集中>
開催日:2019年3月21日(木)~24日(日)
会場:千葉工業大学
参加申込締日:2月28日 申込受付終了しました!
内容詳細は、2018年12月18日ブログ公開記事をご覧ください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2019/02/28(木) 07:00:00|
  2. ノック技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィーダースキル~ネット際への球出し【動画と解説】

2019年2月11日福岡県大牟田市でフィーダースキルアップ講習会を開催しました。
今回の狙いは、「球出しの精度向上」です。講習の1つとして、相手コートネット際
ギリギリにシャトルを出す練習を行いました。
スピードノックやスタミナノックで頻繁に実施するのがスマッシュ&ネットです。後
方でスマッシュを打ってネット際でスピンネットやクロスネットを打つ練習です。し
かし、スピンネットを打たせたいのにシャトルを「ネット際」に落下させることがで
きなければ、スピンネットが打てずノックの目的を達成することができません。ネッ
ト際に球出しを行うことができれば、選手をコート前後に目いっぱい動かすことが出
来ます。結果、長い期間をかけて慣れさせることで攻撃範囲を広げることが可能にな
ります。
今回は講習会に参加して頂いた佐賀県北方ジュニアの八木祥光氏のネット際への球出
しを撮影しましたので見てみましょう。

◆ネット際への球出し技術


<フィーダーのストロークの注意点>
グリップは、ウエスタングリップ(フライパングリップ)。ラケット面と手の平が同
  じ方向を向くためシャトルをコントロールよく打つことができます。

アンダーハンドで球出しする際、肩関節を動かさず、肘に角度をつけた状態から肘を
  さらに曲げることでシャトルの飛距離を出そうとするとコントロールが定まらないこ
  とが多くあります。解決するためには、肩関節を始点にして利き腕の肘を後方に引き、
  ストロークを大きくすることで、飛距離を出します。その結果、腕とラケットの軌道
  が定まる
のでシャトルのコントロールを向上させることができます。

相手コートネット際へ落下させるためには、インパクトからフォロースルーの長い軌
  道でラケットを押し上げながら前腕回内運動を加えます。また、自コートネット前に
  小さな山を作ることも重要です。
前腕回外・回内 

手関節の屈曲と伸展運動でシャトルを飛ばそうとすると精度の高い球出しができません。
  手首の関節は固定して動かなさいようにしましょう。
手首の運動 

ネット際への球出しは、地味な技術ですが、とても重要です。しっかりと自分のものに
して選手の競技力向上に役立てましょう!

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<小・中学生のためのスプリングキャンプ参加者募集中>
開催日:2019年3月21日(木)~24日(日)
会場:千葉工業大学
参加申込締日:2月末 もうすぐ締め切りです。申込はお早めに!!
内容詳細は、2018年12月18日ブログ公開記事をご覧ください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2019/02/21(木) 10:43:32|
  2. ノック技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年の計8回
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (19)
技術 (73)
セミナー/講習会 (116)
フットワーク (9)
愛用品 (12)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (4)
方針 (18)
練習方法 (53)
講義 (2)
トレーニング (14)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (12)
練習計画 (8)
理論 (11)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR