FC2ブログ

バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

シングルスアタック&レシーブの総合練習

今回はシングルスの定番練習ともいえるアタック&レシーブの総合練習を解説します。
アタック側は、攻撃パターンの増大とショットの精度向上、レシーブ側は、レシーブ
力向上を目的にして1対1で打ち合います。

対象は、中級レベル以上の中学生。高校生・大学生・社会人。

シングルスアタック&レシーブ総合練習 

<練習内容>

アタック側にシャトルを上げて攻撃から開始する。

アタック側(A選手)は、レシーブ側のB選手の全面コートにスマッシュ、カット、
  ドロップ、クロアで攻撃する。

B選手は、A選手が打ったクリア、ロビングに対してA選手側のコート後方まで返球
  する。そうすることで、A選手は攻撃中心、B選手は守備中心の練習になる。

B選手は、A選手が打ったスマッシュ、カット、ドロップに対する返球ショットは自
  由。ネットがらみのショットも返球ショットは自由。

攻撃側のA選手が意識する内容
 サイドライン際にスマッシュ、カット、ドロップを打つと相手のB選手は腕が伸
       びてレシーブせざるを得ないためストレート方向にしか返球できない。返球コー
       スを限定して次のショットで更に攻撃を加える、決める。

 シングルスにおいて選手が強く意識する点は、各コーナーから攻撃的なショット
       以外で返球した場合、オープンスペースを突かれることが多い。その為、打った
       後にホームポジション付近まで素早く戻ろうとする習性がある。そこで、攻撃側
       のA選手は、B選手が打って戻ろうとしたエリアに攻撃的なショットを打つ。これ
       を「リピートショット」と呼ぶ。リピートショットを打つ場合は、相手をホーム
       ポジション付近に戻らせるための「間」をとることが必要である。リピートショ
       ットのショットの種類は、スマッシュ、カット、ドロップ、クリア、ロビング、
       ネットなどがある。

 サイドライン際にスマッシュ、カットを打ち、B選手にサイドの攻撃を意識させ
       ておいてボディにスマッシュを打つ。B選手はサイドを予測していることが多いた
       め、決める確率が高くなる。レシーブしたとしても触るのが精いっぱいのためスマ
       ッシュを打った後は、素早くネット前に詰める。

B選手は、上記の内容を理解し守り切る能力を向上させる。攻撃選手の攻撃パターン
  を読む。

<スタミナ向上のための練習条件>
レシーブ側の選手がシャトルを2~3個持ち、ラリーが途絶えたら直ぐにシャトルを
   出しラリーを続ける。

多少ラインを越えてアウトになっていてもシャトルを打ってラリーを続ける。

ネットに引っ掛けたり、大きくコート外に出した時は、シャトルを拾いに行かない。

手持ちのシャトルを使い切ったらシャトルを集める。その間回復を図る。

ラリーが長くなり、息苦しくなって我慢できなくなったら数十秒間の休憩を入れる。
   動く時と休憩時間のメリハリをつける。

アタック側の時間時間は、15分とし攻守交替で計30分の練習を原則とする。競技レ
   ベルや体力に応じて時間を調整する。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2018/11/06(火) 20:28:57|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャンプスマッシュフォームづくり【動画と解説】

ジャンプスマッシュのジャンプ力を高めるために各種のジャンプトレーニングを実施
します。しかし、各種のジャンプの方法が実際のジャンプスマッシュと異なるため直
結しないこともあります。
そこで、実際にジャンプスマッシュの素振りを行うことでジャンプスマッシュのフォ
ームづくり、ジャンプ力向上、ジャンプスマッシュのスタミナ向上を図ることができ
ます。今回は、その方法を動画と共に解説します。

◆ジャンプスマッシュのフォームづくり


<ジャンプスマッシュのフォームづくり>
フォームづくりで注意する点:実際にシャトルを打つと注意がシャトルを当てること
に向かうためフォームが疎かになります。フォームづくりの段階では、シャトルを打
たないで素振りを行いましょう。
1.相手コートに対して体と両足を90度に近い角度にして構える
  右利き選手は左足が前
2.素早く両膝を曲げてジャンプするための反動動作を行う
3.反動動作を利用して最大限に高くジャンプし、両足の膝を曲げる
4.曲げていた両膝を勢いよく伸ばし大きな運動エネルギーを発生させる
 ★運動エネルギー=ラケットをスウィングするための動力源
5.上半身を捻転し運動エネルギーを増大させて腕⇒ラケットへと伝える

 ★両膝を曲げ⇒伸ばす動作が小さな選手は、ハムストリング(hamstring:太もも裏
   側の筋肉)の筋力が不足していることが考えられます。ハムストリングの筋力ト
   レーニングを実施しましょう。

<ジャンプ力を高めるための練習条件>
ジャンプ力を高めるためには、練習の前半に疲労が少ない時間帯で行う
対象選手:高校生・大学生・社会人の中級レベル以上 
 着地時の衝撃が大きいことから筋力トレーニング(高負荷低回数)を十分行い筋力
 をつけてから実施すること。ジャンプ力を高めるためにはジャンプトレーニングと
 併せて筋力トレーニングは不可欠です
実施回数は、1セットあたり5回~10回 疲労でフォームが崩れる前に終了すること
セット間の休憩:1分以上で完全回復後に実施
1日当たりの合計ジャンプ回数の目安:60~100回までで、疲労困憊まで追い込まな
 いこと
週の実施頻度:1~2回

<ジャンプスマッシュのスタミナ向上のための練習条件>
試合終盤や2~3試合目にジャンプ力が低下しないようジャンプスマッシュのスタミナ
トレーニングを実施する必要があります。
ジャンプスマッシュのフォームづくりが自動化されてから実施すること
対象選手:高校生・大学生・社会人の中級レベル以上 
 着地時の衝撃が大きいことから筋力トレーニング(高負荷低回数)を十分行い筋力
 をつけてから実施すること
実施回数:1セットあたり20回~30回 合計回数は100回以内とする。
運動と休憩の時間比:1対1 2名1組もしくは2グループで実施
セット数はオールアウト(もうこれ以上できなくなる迄)になるまで実施。自己申告で
 終了、もしくは指導者が選手の様子を見て無理をさせないようにストップをかける
実施時間帯:オールアウトまで実施するため練習の終盤に実施すること
週の実施頻度:1~2回


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2018/10/30(火) 07:00:00|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダブルスアタック&レシーブの総合練習

今回はダブルスの定番練習ともいえるアタック&レシーブの総合練習を解説します。

アタック&レシーブ総合練習 

<練習の目的>

1. アタック側:後衛のスマッシュ、カット、ドロップなどの攻撃に対し前衛との連
     携を強め、攻撃パターンを構築する。

2. レシーブ側:アタック側の攻撃に対しレシーブから攻撃に転じるようレシーブパ
    ターンを構築する。

対象は、中級レベル以上の中学生。高校生・大学生・社会人。

<練習内容>
アタック側にシャトルを上げA&Bペアの攻撃から開始する。

A&Bの攻撃側は、後衛のA選手がCもしくはD選手にスマッシュやカットを打ち、そ
の返球を前衛のB選手が
スマッシュ、プッシュで攻撃する
上記が出来ない場合は、主にネット際・ネット前に返球する。センター付近に返球
するとセンター付近からロビングが上がってくるためA選手が再度攻撃しやすくなる。

A選手は、B選手が前衛で決められるようスマッシュ、カットのコース、高さを工夫
する。

A&Bの攻撃側は、前後衛の役割が固定していなければ前後衛を入れ替えて時間内で
攻撃練習する。

レシーブ側のC&D選手は、A&B選手のスマッシュ、カットに対しドライブ、高いロ
ビング、ネット前に返球する。ドライブやネット前に返球した場合、状況により攻撃
に転じるようにする。
ドロップを打たれたら、可能であるなら相手のネット前センターに返球して攻撃に転
じる。
2選手の間のセンターにクリアを打たれたら、原則フォアハンドのクリアで返球出来
る選手が返球するようにする。

C&D選手は、守るだけの練習ではありません。守備から攻撃に転じシャトルが上が
ってきたらスマッシュを打ち、甘い返球は決めるようにしましょう!

<スタミナ向上のための練習条件>
レシーブ側の選手がシャトルを2~3個持ち、ラリーが途絶えたら直ぐにシャトルを
    出しラリーを続ける。

多少ラインを越えてアウトになっていてもシャトルを打ってラリーを続ける。

ネットに引っ掛けたり、大きくコート外に出した時は、シャトルを拾いに行かない。

手持ちのシャトルを使い切ったらシャトルを集める。その間回復を図る。

ラリーが長くなり、息苦しくなって我慢できなくなったら数十秒間の休憩を入れる。
 動く時と休憩時間のメリハリをつける。

アタック側の時間時間は、15分とし攻守交替で計30分の練習を原則とする。競技レ
 ベルや体力に応じて時間を調整する。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2018/10/23(火) 11:06:48|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「レベルアップキャンプ@九州」「フィーダースキルアップ講習会@九州」募集開始

大好評を得ています福岡県大牟田市での講習会を以下のとおり開催します。
昨年は、九州地区以外からも多くの選手と指導者が参加しています。参加人数枠があ
りますので早めに参加申込を!!

<レベルアップキャンプ@九州>
選手の競技力を向上するための技術、フットワークを習得し、スピード練習、ノック
練習を体験することで明日からの練習に役立つよう工夫しています。

日時:2019年2月9日(土)9時00分~20時00分・10日(日)9時00分~17時00分
会場:大牟田市第二市民体育館
対象選手:小・中学生に限らず高校生、大学生、社会人の参加も歓迎します。

◆開催要項

◆タイムスケジュール


<フィーダースキルアップ講習会@九州>
練習に不可欠なノック出しの講習会です。今回の目的は、ラケットによるノック出し
でスマッシュ、クリア、ドロップなどが打てるようになることです。
日時:2019年2月11日(月・祝日)9時00分~12時00分
会場:大牟田市立羽山台小学校体育館

◆開催要項

◆タイムスケジュール


<上記参加申込書>エクセル版を希望の方は iino@quartz.ocn.ne.jp まで連絡願います

◆参加者名簿入力フォーム

◆参加申込まとめ表


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2018/10/16(火) 07:00:00|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シングルスレシーブの総合練習

練習内容に困ったら、すぐ試合を行うチームが多いようです。練習後半で疲れている
時、試合を行うと集中力が持続しやすくなる利点があります。しかし、反面試合をす
ると勝ちたい気持ちが最優先するため、安全なショット、得意なショットでラリーを
構成します。結果、戦法の幅が広がりません。また、せっかく練習している技術を発
揮する場面を失ってしまいます。
戦法の幅を広げる、練習した技術を試合で使えるようにするのが、全面コートを使用
して打ち合う総合練習や比較的狭いエリアで打ち合う部分練習です。
今回は、シングルスでレシーブ力を向上する総合練習を紹介します。

対象は、レベルの高い小学生、中級レベル以上の中学生。高校生・大学生・社会人です。

◆シングルス3対1レシーブの総合練習
シングルス3対1レシーブの総合練習 

<練習内容>
練習で攻撃側に前衛・後衛1名ずつ入って行う方法と、後衛2名、前衛1名の3名入って
レシーブ側を攻撃する方法があります。
今回は、後衛2名(A・B選手)・前衛1名(C選手)入ってレシーブ側(D選手)を攻撃
する方法を解説します。

A&B選手は、D選手のシングルスコートにスマッシュ、カット、ドロップ、時々クリ
アを打って攻撃する。

レベルの高い小学生選手が練習する場合、フリーで攻撃するとラリーがつながらない
可能性があるため、左右順番に攻撃する、ショットを決めて攻撃するなどの工夫が必要
です。

中級レベル以上の中・高・大学生、社会人選手に対しては、厳しいショットで決める
つもりで打つことが必要です。

D選手は、A&B選手のスマッシュ、カット、ドロップに対し70%位ネット前に返球す
る。クリアを打たれたらクリアで返球、体勢が崩れて返球する場合は、ドロップなどで
ネット前に返球しても構わない。

C選手は、D選手がネット前に返球した球をスピンネット、クロスネット、高低のロビ
ングで攻撃する。

<スタミナ向上のための練習条件>
攻撃側の選手3名がシャトルを2~3個持ち、ラリーが途絶えたら直ぐにシャトルをエ
 ラーしたエリアに出しラリーを続ける。

多少ラインを越えてアウトになっていてもシャトルを打ってラリーを続ける。

ネットに引っ掛けたり、大きくコート外に出した時は、シャトルを拾いに行かない。

手持ちのシャトルを使い切ったらシャトルを集める。その間回復を図る。

ラリーが長くなり、息苦しくなって我慢できなくなったら数十秒間の休憩を入れる。
 速く動く時と休憩時間のメリハリをつける。

レシーブ側の練習時間は、一般的に15分程度であるがレベルや体力、疲労度によっ
 て時間を調整する。

<より効果的な練習を行うには>
より効果的な練習を行うには、攻撃側選手のレベルが高いことが条件です。狙ったラ
インやエリアに正確にショットを打てること、試合をイメージして配球を工夫できる
ことが求められます。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2018/10/09(火) 07:00:00|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年の計8回
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (18)
技術 (71)
セミナー/講習会 (111)
フットワーク (9)
愛用品 (12)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (3)
方針 (18)
練習方法 (50)
講義 (2)
トレーニング (14)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (8)
理論 (11)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR