バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

ノック出し時のシャトルの取り出し方

読者で指導者のOさんから以下の質問がありましたのでブログの動画で回答します。

<質問>
最近ノック出し器のシャトルマガジン2連式を購入して選手にノック出しを行ってい
ます。しかし、マガジンからシャトルの取り出し方がわかりません。そして、ノック
出しの詳しい方法も教えてください。
(講習会でも複数の方から同じ質問がありました)


<回答>
講習会を開催するとシャトルマガジンやそれに似た手製のノック出し器を使ってノッ
ク出しを行っている指導者を多く見かけるようになりました。選手からシャトルを渡
してもらわなくともよいし、一定のところに手を出せばシャトルをとることができる
ので楽にノック出しができる利点が評価されているのでしょう。
ドライブを打っている動画(スローモーション)と解説を参考にしてください。
シャトルの取り出し方は、言葉で説明するのが難しいため動画をよく見て、真似てみ
ましょう。

<ドライブを打つノック動画>~後でスローモーションになります


<解説>
1.左手でシャトルを2個とりますが、シャトルのコルク頭が隣り合わせになってい
  るので楽に取り出せます。

2.取り出したシャトル2個のうち1個を打ち、打ち終えたら残りの1個を手の中で
  移動させます。

3.ストローク開始では、シャトルを打つ右腕の肘を曲げた状態から後方に引き、ス
  トロークを大きくしています。その後、肘を前方に出し、曲げていた肘を伸ばす
  ことでラケットに加速を加えています。

4.左手に持ったシャトルを自身の口や鼻あたりに持ってきて、そこからシャトルが
  回転しないように右側に放っています。少しでも上方向にシャトルを放つと回転
  してしまうので注意しましょう。動画では、コルクの頭を先にして斜め右下へ放っ
  ていることがわかります。

5.クリアやスマッシュをノックで出す時は、シャトルを持った左手を自身の目や額
  付近から、コルクの頭を先にして斜め右下へ放つといいでしょう。

6.インパクト時は、コルクの側面と羽根を同時に打っていることがわかります。こ
  のようにして打つとシャトルのコントロールが向上します。



にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
 以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
 You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2015/11/12(木) 08:00:44|
  2. ノック技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノック出し時のシャトルの持ち方

ラケットでクリアやスマッシュを打つノック出しを行うと左手から放たれるシャトル
が回転しているため、シャトルがどこへ飛んでいくのか分からない方が多くいます。
ラケットでアンダーから上にあげる球出しは出来るのですが、頭の横付近で打つクリ
アやスマッシュ、ドライブのノック出しが出来る方は少ないようです。
これでは、練習のバリエーションが増えず選手の競技力が停滞してしまう可能性があ
ります。

◆ドライブやクリアのノック出し風景
ドライブノック練習 

クリアノック練習 

右利きの方が左手で持ったシャトルを回転させずインパクトまで運ぶ技術が重要です。
そこで、今回はそれを解決する方法を提案します。
自分自身は、今まで無意識で実行しており、最近ようやく自覚しました。

◆指先でシャトルを持ってインパクトまで運ぶ方法
シャトルを指先で持ってシャトルを空中に放り出した時、先に力が入りシャトルを
回転させてしまいます。決していい方法とは言えません。
指先でシャトルを保持 

◆指の中にシャトルを置いてインパクトまで運ぶ方法
指の中にシャトルを置いてインパクトまで運ぶ方法だと指先に力が入らないため、
シャトルを空中で回転させることが少なくなります。
親指も指先にシャトルが接触しないようにしましょう。
指の中でシャトルを保持 

シャトルを放すタイミングは、左手が顔の右側に来た時に、持ったシャトルの状態を
保持したままシャトルを右方向へスライドします。
高い打点で打とうとするとシャトルを上にあげてしまうので、シャトルが回転してし
まいます。高い打点で打ちたい場合は、椅子などに乗って打ちましょう!
インパクト時は、コルクの側面もしくは、コルクの側面と羽根部分を同時に打ちま
しょう!
そうするとシャトルを正確にコントロールすることができます。

さあ、実際に試してみてください。

ノックに関連した記事及び動画を見たい場合は、左側にある「カテゴリ」の「ノック
技術」をクリックしてください。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
 以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
 You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2015/09/08(火) 10:46:40|
  2. ノック技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

講習会で指導者に思う事

講習会を開催するといろいろな事に気が付いたり、考えさせられることがあります。
今回は、指導者に対することです。耳が痛い方もいると思いますが、自己啓発のトリガー
だと考えて頂ければ幸いです。

1.指導者の球出し・ノック出し
講習会に参加する選手(主に小・中・高校生)をみると、クリアやスマッシュなどのオーバ
ーヘッドストロークは、体や腕の正しい使い方は別にして一応打つことができます。
しかし、胸から下で打つネットショット、ネットへ返球するレシーブ、ネット前から打つロビン
グなどのネットがらみの技術レベルが低い選手がほとんどです。

そして、講習会に参加された指導者の球出しを見ると、下から出す球出しは出来るのです
が、ドライブを打ったり、ドロップ、カット、スマッシュが打てる指導者は非常に稀です。
普段の練習では、ラケットで下から球出しを行ってオーバーヘッドを打たせる練習が中心
になっていることが想像できます。

スマッシュやクリアなどのオーバーヘッドストロークが打てればOKと考えているのでしょう
か?

対戦相手の競技レベルが上がってくると、ネットに関連する技術で先手を取られスマッシュ
やカットなど攻撃するショットを打たせてもらえません。
試合で主導権を取るためには、レシーブやネットがらみの技術に磨きをかける必要があり
ます。
選手がもう少し、幅広い技術を習得できるよう意識を変えると共にいろいろな球出しが出
来るようになることが必要です。

小学生や中学生、高校生の初心者はまだ競技レベルが低いため選手同士で打ち合うこと
はできません。打ち合いが出来たとしても正確に打てないため目的の練習を行うことはで
きません。そうすると必然的に技術練習や動きを伴う練習では、選手に指導者がシャトル
を出してあげて練習する以外ありません。

シャトルを出せる人がいないチームは、どのような練習を行っているのだろうか?と不思
議になります。

選手は頑張って練習しています。指導者もノック出しの技術を向上するよう頑張って欲しい
ものです。せめて手投げによる球出しやノック出しだけでもマスターして欲しいものです。

2.指導者の責務
あるチームは、講習会に選手が参加するのを禁止している指導者がいます。
講習会に出ると指導者が教えている内容を否定されたり、修正されたりします。自身が信
じて指導している内容が根底から崩れることもあります。それを選手と共に聞くのはプライ
ドが傷つくのは十分理解できます。

講習会の内容が選手の成長の妨げになることが分かっていたり、無意味な講習内容でし
たら参加は避けたほうがいいでしょう。

しかし、選手の成長や競技力向上が期待できるのであれば参加させるべきです。

選手はいったいだれのものなのでしょうか?

選手が大人になり内情が分かった時、選手はその指導者を尊敬できるのでしょうか?

特に小学生・中学生の指導者の責務は重大です。技術が身に付き、フットワークが素早く
動け、スタミナがつき、選手としての可能性を広げられる時期です。
指導者は、正しい練習・トレーニングの知識を得て、将来可能性が持てる選手を育成して
欲しいものです。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2015/04/20(月) 08:00:07|
  2. ノック技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川崎市講習会指導終了-2nd

先日の3月1日・2日の2日間、川崎市の小学生、中学生約50名、指導者10名が集まり
講習会が開催され指導に行ってきました。
選手と指導者の皆様、長時間お疲れ様でした。

◆2日目の会場(宮山スポーツプラザ)
宮山SP

今回は、幾つかの講習会で指導している中で気が付いたことを記載します。
私は、講習会がスタートしたら指導者のノック出しにも神経を使います。実施しようとする
技術練習やノック練習で、狙いとするエリアやポイントにシャトルが飛ばないといい練習
にならないからです。
若干名のフィーダーの方で、アンダーから打つ球が「速い球を打てない」「コースにバラツ
キがある」ようです。
原因を探ってみると、利き腕の肘の使い方に問題があります。肘を体のわきに置き、そこ
からスウィングを開始しています。テイクバック動作がないため速い球だしができません。
また、手先でコントロールすることになるのでコースにバラつきが発生します。(下の写真)


◆テイクバック動作がないノック出し
肘を引かないノック出し

一方、下の写真のように肘を後方に引き、引いた反動で肘を前方に出してスウィングを開
始する
と速い球だしや遠くへ飛ばすことができます。また、肘を後方に引くことでインパクト
までの肘の軌道が十分とれるのでシャトルを出すコースが安定してきます。(下の写真)

◆肘を後ろに引きテイクバックを十分とる球出し
肘を後方に引きテイクバックを行うノック出し

私もしばらくノック出しを行っていないとコースにバラツキが出てくるので肘を後方へ大きく
引くことを意識してノック出しを行います。
ちょっとしたことですが、大切なことです。

ノック出しを行う指導者や選手の皆さんは、今一度自分のノック出しをチェックしてみてくだ
さい。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。You Tube
   を開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/03/04(火) 14:02:01|
  2. ノック技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

栃木県ジュニアキャンプ終了

先日の2月8日・9日に第12回栃木県ジュニアキャンプが行われ無事指導終了しました。
参加したのは栃木県選抜の小学5・6年生30名、中学1・2年生30名と指導者約20名です。
使用コートは12面、使用シャトルも十分な量でした。

◆ジュニアキャンプタイムスケジュール ←クリックすると見ることができます


◆選手の集合写真
集合写真
 
◆スピード練習タイム測定風景
スピード練習

各地で講習会を開催すると指導者のノック技術が分かり、ノック出しの技術に比例する
ように選手の競技レベルがあるようです。また、中にはバックハンドでノック出しを行う
指導者もいらっしゃいます。
今回は、ジュニアキャンプに指導者として参加された栃木県小山城南中学バドミントン
部監督の北島秀敏氏のバックハンドノックを動画で紹介しましょう。

初日の最終種目である“ノックによるスタミナ向上練習”の中のシングルス全面フリーを
行った際の映像です。バックハンドでコート後方までシャトルを楽に飛ばし、ネット際へは
コントロールよく打つことができます。また、ドライブも難なく打つことができます。
さて、フォアハンドで打つことができないかと言いますとそうではなく、フォアハンドで速い
ドライブやオーバーヘッドのスマッシュも打てるマルチフィーダーです。

◆バックハンドノック技術


ご本人に伺うとバックハンドノックの方が打ちやすいとのことでした。
左利き選手との対戦を考えるとバックハンドによるノックを受けておくことは選手として有
用ですね!

フォアハンドのノックが苦手な方は、もしかしたらバックハンドによるノックの方が得意に
なるかもしれませんよ。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。You Tube
   を開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/02/10(月) 14:29:26|
  2. ノック技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手投げノックの技術~アンダー

始めて開催する講習会でお手伝いして頂く指導者に対して、手投げでシャトルをネット際へ出し
て下さいとお願いすると半数以上の方が上手く投げることができません。シャトルを狙ったところ
へ投げられなかったり、変な回転がかかり選手が打ちにくかったりします。
そうすると毎回シャトルの手投げの方法から指導が始まるのが実情です。
シャトルを手投げでネット際へ投げられない指導者は、普段の練習でスピンネットやクロスネット、
ロビングの技術練習などどうやって行っているのだろうかと疑問になります。

そこで今回はシャトルをネット際や少し後方へ手で投げる方法を動画で紹介します。

<シャトルの持ち方と投げ方>
1. シャトルのコルク部分にあるグリーンのテープを利き手親指と人差し指でつまむ。

2. フォア側から投げる方法とバック側から投げる方法がある。
◆フォア側から投げる方法  
    手投げフォア
◆バック側から投げる方法  
    手投げバック

3. フォア側、バック側のどちらともフォロースルーを十分に取り狙った箇所に正確に投げる。

4. 練習する選手が打ちやすいようにシャトルに変な回転を加えたり、ブレたりしないように
   飛行させる。
  

◆ネット際へ手で投げる方法
 選手がネット際でスピンネット、クロスネット、ロビングなどの技術練習やノック練習を行う時に
   手投げでシャトルをネット際に出す方法です。


◆少し後方へ手で投げる方法
 後方へ飛びついて打たせたい時などに使ってみましょう!


相手コートネット際へ手でシャトルを投げる方法が分かれば練習中に空いているコートやちょっと
したスペースで選手同士が技術練習を行うことができます。
また、お子さんの練習の送り迎えする父兄の方は練習を見ているだけではなく、手投げをマスタ
ーして実行すれば選手のレベルアップに貢献することもできますね!

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

--------------------------------------------------------------------------------
◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。You Tubeを
    開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!

◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
    以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。iino@quartz.ocn.ne.jp

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/12/18(水) 17:14:32|
  2. ノック技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

だれでもできるスマッシュノック

先日、ダブルスのレシーブ練習を行うのに椅子の上からラケットでスマッシュを打ち、レ
シーブする動画と解説文を公開しました。しかし、ハードルが高いと思っている指導者や
選手の方が多くいると思います。
では、手でシャトルを投げてレシーブ練習を行うのでしょうか? 実施された方は分かる
と思いますが、翌日、肩が痛くて痛くてたまりません。

そこで、今回は練習すれば、だれでもできるネット前からスマッシュを打つノック練習を
紹介します。スマッシュといっても正確にはプッシュです。しかし、レシーブする選手か
らみたらダブルスのスマッシュレシーブ練習になります。

<練習の目的>
ネット前からテンポの速いプッシュ(文中はスマッシュと表現)を打ち、レシーバーのレ
シーブ技術を向上させる練習です。
テンポの速いスマッシュを打つ目的は、レシーブした球を相手前衛にプッシュされて
もレ
シーブできるようラケットを素早く元に戻させることです。レシーブでラケットを振
り切 った反動でラケットを元に戻すことができるようにする練習でもあります。

レシーブの練習の順序
1. 一定のエリアにスマッシュを打つ
2. 利き手肩口から下のエリアにスマッシュを打つ
3. 利き手肩口にスマッシュを打つ
4. スマッシュを打つコースを2~3か所決めて打つ
5. スマッシュにドロップを入れて打つ
6. スマッシュにドロップとクリアーを入れて打つ

<スマッシュの方法>
◎シャトルを渡す人が鍵
 動画でフィーダーにシャトルを渡す人に注目してください。シャトルを15~20球左
手の前腕に載せ、左手の指でフィーダーが1球1球シャトルを捕りやすいようにフォロー
しています。右手中指と人差し指で、重ねた最後方のシャトルのシールの上を押してフィ
ーダーが一定の場所でいつもシャトルを捕れるようにしています。
フィーダーがシャトルを捕りに行くのではなく、シャトルを渡す人がフィーダーの左手
の中に自動的に入れることが、このノックが成功する条件です。

フィーダーがシャトルを探していると時間がロスするため、テンポの速いスマッシュを打
つことはできません。
右手と左手を入れ替えて行っても構いません。

◎フィーダーの技術
左手の中に入ったシャトルを右方向にスライドさせる。その際、シャトルが回転しないよ
う注意する。インパクト直前では、左手がラケット面に接触しないように素早く戻すこと
が必要です。
インパクトでは、ラケット面がシャトルのコルクの側面を打つ、もしくはコルクの側
面と羽根の側面を同時に打つとシャトルのコントロールが向上します。

ラケットのグリップは、フライパンを持つ持ち方と同じウエスタングリップです。
ドロップを打つ時は、インパクト直前でラケット面をやや上方向に向け、ラケットを減速
させる。クリアーを打つ時は、インパクト直前でラケット面をやや上方向に向けて打つ。
身長が低い人は、20~30㎝位の台の上に乗って行うといいでしょう。

【注意】
フィーダー及びシャトルをフィーダーに渡す人は、レシーバーがドライブで返球してきた
球が目に当たらないよう注意が必要です。

フィーダーとレシーバーの距離は近いため、フィーダーが打つスマッシュのスピードは、
速く感じられます。レシーバーがレシーブできるスマッシュスピードから始めましょう!

◆ネット前から打つスマッシュ(ノーマルスピードから途中でスローモーションになります)


◆ダブルスレシーブ練習レシーバーサイド


◆ダブルスレシーブ練習フィーダーサイド


選手も練習すれば簡単に出来るようになります。選手間でローテーションで練習できれば
いいですね!


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

--------------------------------------------------------------------------------
◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。You Tubeを
開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!

◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。iino@quartz.ocn.ne.jp

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/09/14(土) 08:00:00|
  2. ノック技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノック出しの技術~スマッシュ

ノックの必要性は十分理解していると思いますが、再確認のためにノック練習の目的を説明します。
1.技術練習やコントロール練習を行うために、練習する選手が打ちやすい一定のエリアヘシャトル
  を繰り返し出す
2.コート内移動スピードとスタミナを向上するために、選手が最大限に速く動いてとれるエリにシャ
  トルを出す
3.試合で実際に行われるラリーを再現して球出しを行うことでショットに慣れる

などが挙げられます。

強いチームには、必ずといっていいほど上手いフィーダー(ノックを出す人)がいますね!

そこで今回はオーバーヘッドによるノック出しの映像を紹介します。

<映像の内容>
ノーマルスピードのオーバーヘッドの映像は、スマッシュを中心にドロップとクリアーを時々打っています。
ショットの違いは、ラケットのスウィングスピードの差やインパクト時のラケット面の角度、打ち出された
シャトルの軌道で確認してください。
実際のノック練習のイメージは、コート半面で選手がダブルスの練習でスマッシュ、ドロップ、クリアーを
受けています。ノックのテンポが速い理由は、選手がスマッシュをレシーブした後、対戦相手前衛がプッ
シュしたことを想定しているためです。
ハイスピードカメラで撮影したスロースピードの映像は、スマッシュを打っています。

<ノック出しの技術ポイント>
1.シャトルマガジンのシャトルの出口は、左手がシャトルを取りやすく、尚且つシャトルを取ってから
  打つまでの時間が短縮できる位置に固定する
2.左手に持ったシャトルを使い切ったら直ぐにマガジンの出口からシャトルを取り出す
3.シャトルを取り出した左手を打点近くまで持ってゆき、そのまま左手でシャトルを横にスライ
  ドさせる。その際、インパクトまでの空間でシャトルが回転しないようにする。
  インパクトでは、シャトルが床と平行になっていたり、斜め横になっているが、ラケット面が
  常にシャトルのコルクの側面を打つ、もしくは、コルク側面と羽根部分を同時に打つことで
  シャトルのコースをコントロールすることができる

4.スウィングは、右肘を後方に引き、引いた反動で右肘を前方向へ押し出すことでスウィングスピ
  ードを増す
5.ノックを受ける選手の打つフォームを見たり、どこへ打ったのか確認すると手が止まるので、ノッ
  クを受ける選手を注視しない。それらは第三者に任せる
6.ノックを出す位置は、ノック出しをする人のスマッシュスピードにより違ってくる。
  必ずしもコート後方からノック出しをする必要はない。

ノック出しのモデルは私で、シャトルマガジン(ノック出し器)のベルトタイプを使ってノック出しを行っ
ています。

なぜシャトルマガジンを使用するのか? という質問がありました。なぜ使用するのかというと、左手
をいつも同じ箇所に差し出せばシャトルを必ず掴むことができるからです。
さらに、シャトルを掴む場所が、左手から最短距離にあるためテンポの速いノック出しを行うことがで
きます。スマッシュのノックでは、シャトルマガジンの代わりに人がシャトルを手渡そうとすると、ラケッ
トがその人に当たってしまう可能性があります。

【重要】
スロースピードで横から撮影した映像を見ると気づかれると思いますが、打点は頭付近であり、それ
ほど高くありません。ノックで打点を高くしようとして右腕を右耳近くに近づけるとラケットを速くスウィン
グすることができなくなるためです。
シャトルを打ち合う中で速いスマッシュを打つときは、ノックを打つ時と違い、上半身が左側に傾斜す
るため打点が高くなります。スマッシュノックでは、上半身を左側に傾斜できないので打点が少し下
がります。
従って、ノックで角度のあるスマッシュやカットを打ちたい場合は、台や椅子の上に乗りノック出しを行
いましょう!


■オーバーヘッドノックのノーマルスピード



■スマッシュノックのスロースピード<ハイスピードカメラで正面から撮影> 



■スマッシュノックのスロースピード<ハイスピードカメラで横から撮影>


「お知らせ」
コーチングセミナーサマーキャンプ仮申込み受付中。
詳しくは6月12日付のブログをご参照。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

--------------------------------------------------------------
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、以下のメールアドレス
に問い合わせして下さい。
iino@quartz.ocn.ne.jp ←質問もこちらへ
指導対象:小学生・中学生・高校生・大学生・社会人及び指導者
指導メニュー:技術指導・技術分析・技術理論・戦法を達成するためのノック練習・シングルス総合練習&部分練習・
ダブルス総合練習&部分練習・フットワーク・戦法講義・練習計画作成・試合分析・ノック出し技術指導・バドミントン
競技力向上のための講義など

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/06/23(日) 17:33:14|
  2. ノック技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (59)
セミナー/講習会 (91)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (38)
講義 (2)
トレーニング (11)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR