バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

小・中学生のためのスプリングキャンプ募集終了

小・中学生のためのスプリングキャンプにたくさんのご応募ありがとうございました。
参加者数は以下のとおりです。

◎18日(土):選手85名、指導者30名、保護者10名、スタッフ6名、計131名

◎19日(日):選手96名、指導者30名、保護者10名、スタッフ6名、計142名

◎20日(月):選手86名、指導者30名、保護者10名、スタッフ6名、計132名

参加される皆様を、セミナースタッフ一同心よりお待ちしています。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2017/03/09(木) 20:43:42|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年「小・中学生のためのスプリングキャンプ」カリキュラム公開

3月18日~20日に開催しますスプリングキャンプで私が担当するカリキュラムを公開
します。当キャンプには、既に多くの方が参加申込をされています。カリキュラム内
容を確認し、どんな練習を行うのかイメージしておいてください。

◆2017年スプリングキャンプカリキュラム
←クリックすると見ることができます

<参加者の方へ>

・参加選手のレベル、体力などによって内容が若干変更になる可能性があります。

・ノック練習などは、無理をせず自身の体力に合わせて行ってください。

・カリキュラムは、キャンプ開始時に事務局より配布します。

・積極的な参加があなたの未来を切り開きます。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<小・中学生のためのスプリングキャンプ参加者募集中>
詳しくは、2016年12月28日公開ブログ記事をご覧ください。
★選手の定員(96名)まで残り数名です。これから申し込む方は、事務局に参加可能か
どうか確認してから正式な申し込みをお願いします★

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2017/02/06(月) 08:00:10|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年3月小・中学生のためのスプリングキャンプ募集開始

長らくお待たせしました。小・中学生のためのスプリングキャンプの募集を開始しま
す。

<主な募集要項内容>
日程:2017年3月18日(土)午後1時~3月20日(月・祝日)午後5時まで

会場:千葉工業大学 新習志野キャンパス&NEW体育館
          住所:千葉県習志野市芝園2丁目1番1号

対象
   バドミントン経験2年以上の、小学生(小学4年生以上)&中学生の選手

   上記の指導者及び父兄

   バドミントンの基礎知識と指導ノウハウを学びたい指導者

  選手の年齢が対象外であっても、その選手がジュニア期に相当するレベルで、更
      なるレベルアップの為、参加を希望し、事務局が認めた場合は、特別枠としての参
      加を許可致します。

選手定員96名 定員になり次第締め切ります。

宿泊:参加者各自で宿泊の予約をお願いします。開催日は、春休み期間中で宿泊の
            予約は大変困難です。参加希望の方は、至急予約をお願いします。

◆募集要項

◆タイムスケジュール

◆参加申込書
 参加申込書のエクセル版を希望される方は➡ iino@quartz.ocn.ne.jp まで連絡を
 お願いします。

◆会場までのアクセス


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2016/12/28(水) 08:00:32|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2nd-Wing武生JBC講習会終了

先日の11月13日に福井県越前市にあるWing武生JBCの講習会を行いました。今年2回
目の講習会です。Wing武生JBCは、来年度開催の若葉カップ女子チームの出場を目指
しています。今年は、残念ながら県予選で準優勝でした。来年こそはという強い決意
がありますので、是非頑張ってもらいたいものです。

さて、県大会を勝ち抜き全国大会で上位入賞を果たすには、ライバルチームより質の
高い練習・トレーニングを行う必要があります。そのための基盤となるのが、練習会
場と練習時間の確保、質の高い球出しを行うフィーダーの確保と養成、練習計画と練
習内容の策定、技術指導ノウハウの向上、シャトル量の確保、父兄のバックアップ、
コーチ陣との指導内容の統一、チーム規則作りなどがあります。そして、その基盤の
中から突出した特徴を出す必要があります。長年チームを率いているとノウハウの積
み重ねがあり、問題は多くはないことでしょう。しかし、今はゴールではなく、更な
る精査が必要だと考えるべきです。

さて、一般的に小学生の父兄が指導者によく言われるのが、試合の組み立てを教えて
欲しい。ということです。「そこへ打ったらここへ返してくるので、ここで待つ」な
ど具体的に教えて欲しいというものです。いや少し待ってください。ここへ返球する
だろう読むということは、相手が打つコースやショットを限定させるということです。
限定させるためには、狙ったサイドラインやエリアヘ常時シャトルを正確に打てる技
術が不可欠です。コントロールにバラツキがあると、選手は、そこへ打てるかな~、
入るかな~と半信半疑で打っているため、予測して次へ動く準備をすることができま
せん。従って、戦法が成り立たないのです。特に小学生は、シャトルのコントロール
が非常に不安定
です。バドミントンを初めて間もないため、シャトルを打つ回数が絶
対的に不足しているからです。
にも拘わらず、各チームで使用しているシャトルを見ると正確に飛ぶシャトルを数多
く使用しているとは言えません。選手や父兄は、選手が打ったシャトルを集めること
に精一杯です
。出来たら選手がシャトルを打つことだけに集中させたいものです。
何とか、シャトルを豊富に打ち続けて、ショットのコントロール力を高めることは出
来ないのでしょうか?
その目的を達成するためには、父兄の金銭的、人的バックアップが不可欠なことは言
うまでもありません。

各地の講習会を行うと、気になるのがネットショットの技術練習です。とにかく打点
を高いところで取ろうとする意識が強いことです。総論では、それでいいのですが、
各論では問題です。打点最優先主義になっているため、ネットに引っ掛けようが、
甘い球を打とうが、高い打点でとるのを最優先して打っています。ヘアピンショット、
スピンネット、クロスネット、ロビングなどネットから打つショットは、正確にシャ
トルをコントロールして打つことが最優先事項
です。高い打点で打ちたければ、相手
が打つショットを予想できること、動き出しが速いこと、移動局面が速いことが挙げ
られます。そこですでに高い打点で打てるかどうかが決まります。ネット前は、すで
に決まっている打点で正確なショットを打つことを強く意識しましょう!
高い打点を第一優先とすると、インパクトと同時に右足(右利き選手)を床に着地し
ます。右足を床に着地すると体が少し沈み込むため、インパクトと同時にラケットも
下にさがることが多くなります
。そうするとエラーが発生します。右足を着地した後、
インパクトすると土台がしっかりしているためラケット操作が安定してきます

結果、エラーの発生が抑えられます。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2016/11/21(月) 08:00:53|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

指導者レベルアップ講習会終了

10月30日(日)千葉工大で指導者レベルアップ講習会を開催し、盛況のうちに終了し
ました。参加された皆様お疲れ様でした。

一生のうちで1日8時間に渡り試合の分析、議論をすることがあるのでしょうか?
深く広く話し合った内容は、これからのバドミントン人生の財産になることでしょう!

講習会内容は、グループ内のデスカッションと発表が中心です。事前にリオオリンピ
ック女子ダブルスの決勝を何回か見ておいてもらいます。チェックする項目は以下の
とおりです。

1.タカマツ各選手の技術
  ①スマッシュの打ち方 ②レシーブ ③サービスとサービスをプッシュされた
  球の返球 ④ロビングなど

2.タカマツペアの攻撃パターン

3.タカマツペアのレシーブから攻撃に移る方法

4.タカマツペアの特徴

5.あなたならどうやってタカマツペアを攻略しますか?
  弱点はどこにありますか?

6.あなたが指導する選手もしくはあなた自身は、タカマツペアを攻略するためには、
      どのような練習・トレーニングを実施して行けばいいですか?
  あなたが指導する選手もしくはあなた自身は、タカマツペアと比べ年齢や性別差、
  レベル差があるかもしれません。その際は、段階的な練習・トレーニング方法を
  描いてください。

以上の項目内容を考えてもらい、メモ書きし持参してもらいました。
そして、当日は、各項目の内容をグループ内で議論し、発表してもらいます。発表後
は、質疑応答が待っています。発表方法は、用紙に記載したりパソコンのパワーポイ
ントで行いました。

◆真剣な議論
議論6 
議論4 
議論中 議論5

◆発表
発表2 発表

自分の考えを発表すると、必ずしも賛同を得るわけではありません。否定、反発、異
論を恐れず真剣に取り組んで頂いた参加者の方々の、今後に期待せずにはいられませ
ん。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2016/11/07(月) 08:00:34|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィーダースキルアップセミナー終了

10月29日千葉工大で第4回フィーダースキルアップセミナーを開催し、盛況のうちに
終了しました。参加された皆様お疲れ様でした。

◆参加者の皆さん
フィーダースキルアップ集合 

◆ノック出しの風景
ノック出し風景  

今日だけで何千球の球出し・ノック出しを行ったでしょうか? 
打ち方の説明を受けたら、とにかく打つ・打つ・打つ・・・。の連続です。
1コートで約600球の新品に近いノック出し用のシャトルを準備しています。
参加されたモデルの選手は、いい練習になったことでしょう。

◆終了後の主なアンケート内容(匿名)
・ノック技術の差が、選手の成長につながること、チーム力の向上につながることを
   確信しました。また、自身のノック出しの技術も向上することができました。

・テンポのよい正確なフィードが選手の技術向上に必要なことを改めて実感しました。

・スタッフの皆さんの指導が、飯野さんの教え方で統一しているので分かりやすかった。

・ドライブやスマッシュのノック出しを行うとき、シャトルを持つ左手からシャトル
   を放つとき、顔付近から出せばいいのだが、胸付近から上に放つとシャトルが回転
   して思ったところへ打つことができないことが分かった。

・まだまだ出来ないノック出しが多く、繰り返し練習することの大切さを感じた。

<飯野コメント>
アンケートで「セミナーにような練習を取り入れる場合、現在のクラブ活動でおける問
題点は何でしょうか?」との問いに対し、フィーダーの球を受けるモデルとして参加し
た女子社会人選手から以下の記載がありましたので、ブログで回答します。
「クラブでまともに球出しができる人がほとんどいないうえに、レディースなので人に
よって求めている強度が違いすぎて統一できない」
選手同士で打ち合うことで強くなるには限界があります。セミナーで行っている技術
練習やノック練習が競技力向上に有効な手段と感じられたら、選手自身でノック出し・
球出しが出来るように練習を行いましょう! そうすることで選手自身の技術やシャト
ルのコントロール力も向上します。選手間の運動強度の違いは、動いている選手に、こ
の球出しの速さ、テンポ、本数でいいのかどうか確認しては如何でしょうか? 
選手同士でノック出しや球出しを行うことが当たり前だという感覚を身につけましょう!

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2016/11/01(火) 08:00:21|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第4回フィーダースキルアップセミナーカリキュラム公開

10月29日開催のフィーダースキルアップセミナーカリキュラムを公開します。
現在多くの方から問い合わせ及び参加申し込みを頂いております。
事前にどういった内容を行うのか確認して参加した方がマスターが早いため公開しま
す。また、ブログ内左にあるカテゴリ内の「ノック技術(10)」などをご覧頂き事前
に予習をして頂ければスムーズに受講できるでしょう!

◆フィーダースキルアップカリキュラム

カリキュラムは、当日事務局より印刷配布されます。
参加申込締日は、10月20日ですので、参加希望の方は遅れないようお願いします。

--------------------------------------------------------------------------------------
<お知らせ>
◎指導者レベルアップ講習会募集中 10月30日(日)開催
  「タカマツ」ペアの各技術、戦法等を分析し、攻略する方法とそのための練習・トレ
   ーニング方法をグループ毎で討論することで自己啓発を図るセミナーです。現在指導
   している性別・年齢・レベルに関わらず、バドミントンの視野を広げるいい機会にな
   るでしょう。

◎フィーダースキルアップセミナー募集中 10月29日(土)開催
   指導者必須の球出し・ノック出しの技術向上を目的としたセミナーです。シャトルを
   手で投げる方法とラケットを使ってシャトルを高速連射で出す練習までを行います。
  球出し・ノックを受ける選手も同時に募集中!

 募集内容詳細は、共に9月18日公開のブログ記事をご覧ください。
 
申込締日:10月20日
--------------------------------------------------------------------------------------

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  1. 2016/10/11(火) 09:43:00|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2nd野の花クラブ・ハート講習会終了

9月17日(土)神奈川県川崎市にある「野の花クラブ・ハート」主催の講習会に講師
として参加しました。今年度の講習会は2回目ですので選手・指導者共講習の流れを
理解しており効率よく進めることができました。選手&指導者の皆さんお疲れ様でし
た。

さて、これまで各地で数多くの講習会を開催してきましたが、今まで気が付いた内容
やお願いしておきたい内容を記載します。

◎技術練習の説明時に説明通りラケットを振ると習得が早くなる
講習会の内容は技術練習を多く行いますし、主催者側の要望も技術練習が多くを占め
ます。技術練習では、最初に私が技術のポイントを説明します。説明では、グリップ、
腕の各部位の動かし方、ラケットの軌道、体の各部位の動かし方もしくは全く動かな
さいなどを説明し、具体的に打ってみせます。その時に選手自身も実際にラケットを
一緒にスウィングしてみると習得が早くなります。説明を聞いてだけですと理解して
いるつもりが、実際にシャトルを打ってみると、どうスウィングするのか分からない
選手が多くいます。説明している間に一緒にスウィングしてみましょう。習得の早さ
が格段と違ってきます。出来たら指導者も同じようにラケットを振って頂くと理解が
深まると思います。

◎指導者の球出し
講習会で気になるのが、指導者の球出しです。技術練習では、打ちやすいところにシ
ャトルを手で投げたり、ラケットを使って球出しを行います。その球出しが不安定だ
ったり打ちにくいところにシャトルが来ると技術の習得が難しくなります。選手は、
正しいスウィングをしようと集中しているのに、シャトルがそこに来ないと集中でき
ないためです。
ここでは、選手にスマッシュやクリアを打たせるためにラケットを使ってロングハイ
サービスのように下から上に球出しを行う方法について気になったことを説明します。
指導者の中には、シャトルを打った後、ラケットを止める方がいます。打ち終えたシ
ャトルの軌道を見ると短かったりコースが不安定だったりします。インパクトの後、
ラケットを止められるということは、インパクト時に既にラケットのスウィングを減
速しているから出来ることです。これでは、相手コート後方までシャトルが届きませ
ん。ラケットをしっかり振り切って飛距離を出しましょう。ラケットを振り切りフォ
ロースルーを十分とることでシャトルのコントロールもよくなります。また、ラケッ
トをインパクト後止める方の多くが、ラケットを振る腕の肘を後方へ引いていません。
利き腕の肘を後方に引き、テイクバックを大きくとりましょう。そうするとラケット
が動く軌道が長くなりシャトルの飛距離が出るし、コントロールもよくなります。肘
を引いて肘を出すことが難しいようでしたら、肘を最初から後方に引いておいて、そ
こからスウィングを開始してもいいでしょう! コンパクトにスウィングするとシャ
トルを遠くへ飛ばすことができません。スマッシュやクリアの技術も同様です。
バドミントンの経験のない指導者にとって正確な球出しは難しいことは分かります。
しかし、選手も新しい技術を習得しようと頑張っています。お互いの努力でいい成果
が得られるようにしたいものです。

◎「難しい」のコメントは避けましょう
技術練習では、講習時間にもよりますが多くの技術を練習します。選手にとっては初
めてトライする技術であって難しいかもしれません。そこで指導者も同調して「難し
い」と発言される方が一部います。選手の立場からすると一段と高い壁が作られたよ
うな気持ちになります。指導者は、選手を後押しする立場ですので前向きな気持ちに
なるような発言をお願いします。難しいと感じるのは、その技術を練習したことがな
いからです。正しい打ち方で練習を繰り返せば出来るようなります。

◎ポイントを復唱してインプットする
技術練習や動いて打つ練習、フットワーク練習を行いますが、練習する前にポイント
をいくつか説明してから実施します。指導者は、実施する練習が100%達成されるよ
う選手を観察する必要があります。また、指導ポイントを理解し覚える必要もありま
す。熱心な方は、すぐメモする人がいます。もう一つ実行して欲しいことは、練習中
に指導ポイントを選手毎にチェックし復唱することです。何回も復唱することで頭の
中に深くインプットしましょう!


指導者に対する要望が多くなりました。普段チームの練習を指導するのは、指導者で
すので講習会をいい機会と捉え、レベルアップされることを期待します。

--------------------------------------------------------------------------------------------------
<お知らせ>
 指導者レベルアップ講習会&フィーダースキルアップセミナー募集中
 内容詳細は、9月18日公開のブログ記事をご覧ください。
--------------------------------------------------------------------------------------------------

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2016/09/26(月) 08:00:02|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (55)
セミナー/講習会 (84)
フットワーク (8)
愛用品 (9)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (33)
講義 (2)
トレーニング (9)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (8)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR