バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

試合で通常のパフォーマンスを発揮したい!【質問と回答】

<質問>
私が指導しているK選手(高校生男子)は、先日県内トップレベルのS高校A選手と練
習試合を行いました。K選手は、技術があり体力レベルも高い選手です。しかし、A選
手に過去一度も勝ったことがありません。K選手は、今度こそA選手に勝とうと練習に
励み試合に臨みました。試合は3ゲームで1時間を超す大接戦です。しかし、残念なが
ら惜敗してしまいました。17点オールから気合を入れ過ぎて興奮しているのが明らか
で、平常心ではありませんでした。平常心を保ち通常のパフォーマンスを発揮するに
はどのようにすればいいのでしょうか?

<回答>
私は、スポーツ心理学の専門ではありませんので、深い知識はありません。今回は自身
で理解している内容だけ説明します。
K選手は、試合の終盤で「勝ちたい」「勝てるかもしれない」と強く考え高い興奮状態
に陥ったと推測します。それも敗因の一つになっているのかもしれません。
興奮の度合を、ここでは覚醒水準という言葉で表現します。
スポーツにおいて覚醒水準が低い水準から高い水準へ移行するとパフォーマンスも高
まります。しかし、それはある水準までで、必要以上に覚醒水準が高くなるとパフォ
ーマンスが低下することが多くの実験結果で明らかになっています。

下の図を見てください(Richard A.Schmidt著書より)。縦軸がパフォーマンスの高さ
で、横軸が各運動による最適な覚醒水準を3パターンに分けて示しています。

◆各運動による最適な覚醒水準
課題に対する最適な覚醒水準

図右の逆U字は、ラグビーや相撲など大きな力を発揮し体がぶつかり合うスポーツで、
高めの覚醒水準で最適なパフォーマンスを発揮します。図の左は、アーチェリーや卓
球など動きが比較的少なく繊細なスポーツは、最適な覚醒水準は低めになります。
さて、バドミントン競技の場合、高い覚醒水準の時にいいパフォーマンスを発揮する
のでしょうか? それとも低めの覚醒水準がいいのでしょうか? 
バドミントン競技の試合中は運動強度が高く、大きな筋群も頻繁に使います。一方、
ネットショットやラインを狙って打ったりするなど精密さも要求されます。そう考え
ると、図の真ん中にある逆U字の中間的な覚醒水準が最適だと考えます。
最適な覚醒水準を自覚し試合中維持することは、非常に困難です。特に重要な試合の
開始と接戦になったときに、興奮しすぎてしまいパフォーマンスが低下します。それ
を自身ではなかなか気が付かないこともあります。この場面に直面したらチームメイ
トや監督、コーチが選手に対して気づかせることが必要です。選手はその時、深呼吸
などでリラクセーション
できるように普段の練習時から、訓練しておくべきです。
また、試合開始時に覚醒水準が低くパフォーマンスが低下している場合は、試合前の
準備運動に問題がある可能性があります。ハードに動き試合中の心拍数に近づけたり、
サイキングアップの方法(覚醒水準を高める方法)を用いたりします。サイキングア
ップの代表的な方法は、リラクセーションのための深呼吸とは逆で,早い胸式の呼吸
を行います。

もう一つ考えられるのが、「負けたらどうしよう!?」「勝っていいのだろうか?」
など余計なことを考え、自身で心理的に追い込み不安になっていくことです。そうす
ると動きが固くなったり、力んでショットのコントロールが乱れてきます。
試合中の心の持ち方は重要です。
気持ちをポジティブな方向に向けるセルフトーク(独り言)などを用い、展開してい
るプレーにだけに集中
すべきです。
下の図は、ナイショット勇羽の最終号から引用しました。勇羽がI国の至宝ガルージャ
の愛弟子ルディチュン選手と世界ジュニアオリンピック大会シングルス決勝を戦って
います。3ゲーム目終盤での心理状態が勝敗を分けました。

◆ナイスショット勇羽最終号より
マイナスイメージ 

ナイスショット勇羽 ←クリックすると見ることができます。(ダウンロード&印刷可)

さて、これらの2つのことを理解し実力が十分発揮できるよう実行して行きましょう! 
しかし、K選手が負けたのは、K選手の競技力(戦う力)がA選手に劣っていただけかも
しれません。普段の練習でしっかりと鍛えることも忘れないでください。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます


<小・中学生のためのレベルアップキャンプ@九州募集中!>
◆開催日:2018年2月17日(土)& 2018年2月18日(日)
◆会場:福岡県大牟田市第二市民体育館
★詳しくは、10月11日の公開記事をご覧ください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2017/11/15(水) 07:02:07|
  2. メンタル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エピソード~試合前の心理戦

<エピソード-1>
1976年第1回アジアバドミントン選手権大会がインド・ハイデラバードで開催された。
男子団体戦決勝は、中国とインドネシアである。中国は、準決勝のダブルスで相手と競って
くるとオーバーウエストぎみで対戦相手の頭の横付近に速いロングサービスを打ってポイン
トを重ねた。明らかにフォルトを取られるべき行為である。しかし、インドの審判団は、なぜか
フォルトを取らなかった。

次の日が決勝である。試合前に両チームがどんな練習をするのか興味があったので少し早
めに会場入りした。
インドネシアのダブルスチームは、前日中国選手が行っていた、オーバーウエストぎみで対
戦相手の頭の横付近に速いロングサービスを打ち、それをスマッシュする練習を繰り返し行
っていたのだ。それも対戦する中国選手が見ている前で。いや、その練習をわざと見せて
「そんなサービス通じないぞ」と逆にプレッシャーをかけていた。

試合前から心理戦が始まっていたのだ!

若かった私は、こんなやり方が想像できなかったため、驚いたのを通り越して感動したのを
覚えている。

<エピソード-2>
ある合宿の団欒でA高校のT元監督からインターハイ時の面白い話を伺った。A高校は過去
インターハイを数連覇し全国から一目置かれる存在であった。

団体戦の試合前、ネット前に監督、選手が整列し挨拶を行うが、T監督は対戦相手の監督に
「よくここまで勝ち上がってきたな~」と大きい声で言った。相手監督のほとんどは、「ありがと
うございます」と返事をする。問題はそれを聞いていた選手だ。監督が返したお礼の言葉で
「ここまで勝ち上がってきていいのだろうか?」と不安を抱いた。
インターハイを連覇している超有名高校が相手なのに、さらに上から目線で言われると萎縮
しない方がおかしい。

まんまとT監督の心理戦に掛かってしまった。
T監督は、発言の効果を十分理解して仕掛けているのだ! 

バドミントンに限らず、どのスポーツでも試合前の心理戦を避けることは出来ない。
心理戦を仕掛けられたら、どう対処するのか? 
事前に心理戦の中身を想定できるのか? 

いやいや、試合前の心理戦は、自身を成長させる鍛錬の場と捉えてみてもいいのでは
ないだろうか!


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2015/07/16(木) 08:00:30|
  2. メンタル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

固定観念

固定観念:いつも頭から離れないで、その人の思考を拘束するような考え。

 

高校3年生のA君は県大会を勝ち抜きインターハイに出場することが決まった。高校生レベル
では全国の上位に入れるほどの選手である。

A君のお母さんはA君を愛情いっぱいに育て大会には必ず応援に行く熱心さであった。A君の
ライバルとなる選手のチェックは念入りにしており、専門誌は欠かさず読んでいる。当然インタ
ーハイでは
A君が上位に進出することを期待している。

 

インターハイ個人戦シングルス1回戦でA君は優勝候補のM選手と対戦することが決まった。

その後、お母さんは、事ある毎にだれかれともなくA君の前でM選手の実力の高さを述べ、A
が試合でどうやっても
M選手に勝てそうもないことを発言する日々が続いた。

インターハイの試合結果は想像がつくと思うが、A君の惨敗に終わった。2人の間の実力に大き
な差はなかったが、実力以上の大差であった。

 

A君は、A君が最も信頼していたお母さんがM選手を高く評価しているのを何度も聞き、M選手に
どうやっても勝てないのだという先入観が固まったのだ。

お母さんは、A君に奮起を促したのだろうか?

M選手をほめる専門誌の記事を読むことでM選手はA君より強いという固定観念が出来上がり、
A君が負けてもいいように前もって負ける言い訳を周囲の人達に話したのだろうか? 

 

実力が拮抗していただけに悲しい話である。

その後、A君は敗戦にもめげず立ち直り、名門大学へ進学して活躍したのが救いであった。


この話から教訓になることは、
試合前に対戦相手の情報は必要であるが、対戦相手が応援する選手より強いという固定観念
を応援する選手とその関係者に懐かしてはならない。と言える。

また、試合前はナーバスになっているので更に注意が必要である。

 

私達は試合前、対戦する相手と自分の強弱を比較して考えることが多い。自分より強いと思い
込んで対戦するとそうでもないことがあり、また、簡単に勝てると思って試合をすると苦戦するこ
とも多い。自分の実力を発揮するということだけを試合に求めるなら対戦相手の強弱に関する
固定観念はないほうがいいのだろう!


対戦相手のプレーの特徴を把握し、場面毎の対処法をイメージして試合に臨みたい。

 

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリック

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/09/08(土) 10:32:27|
  2. メンタル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (18)
技術 (65)
セミナー/講習会 (98)
フットワーク (9)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (3)
方針 (18)
練習方法 (41)
講義 (2)
トレーニング (14)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR