バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

両奥で体勢を崩した状態で打つフットワークのスピード練習【動画と解説】

バドミントンのラリーでは、いつも余裕がある体勢で打てるわけではありません。体
勢を崩しながらもシャトルをつなぎ、いいコースへ返球したいものです。
今回は、フォア奥とバック奥で体勢を崩した状態で打つフットワークのスピード練習
です。


◆両奥で体勢を崩した状態で打つフットワークのスピード練習


<フォア奥への移動>
フォア奥は主に3つのフットワークがあります。
相手が打ったロングハイサービスや高いロビングに対して空中で両足を入れ替えて
打つ(落下地点に入った後にジャンプして打つ場合もあります)
ラリー中にフォア奥へタッピングして飛びついて打つ
①と②が出来ない場合、フォア奥へ追い込まれた時に使うのが今回のフットワー
クです。
今回はのフットワークのスピード練習です。③は、継足(シャセ)もしくはクロス
ステップを行います。継足とは右利き選手が右足をフォア奥方向へ一歩出し、次の左
足を右足方向に引き付け、最後は右足を出して打つというフットワークです。クロス
ステップは、右利き選手が右足をフォア奥方向へ一歩出し、次の左足を右足の後ろも
しくは前に出し、最後は右足を出した後に打つというフットワークです。継足にする
かクロスステップにするのかは選手個人がやりやすい方法を選択しましょう。

<バック奥への移動>
バック奥への移動は、ハイバックで返球する場合を除き両足を空中で入れ替えます
(落下地点に入った後にジャンプして打つ場合もあります)。今回はハイバックで返
球する場合を想定したフットワークです。バック奥方向へサイドステップして移動し
ます。最後の一歩で右足を出し、右足に体重をかけてスウィングします。

<立ち直りの早さと方向転換>
試合では、打った後の立ち直りの早さも求められます。上記の両フットワークは、最
後に右足を大きく出しているので、打ち終えた後は左足を右足方向へ引き寄せ立ち直
りを早くします。右足を大きく出さない場合は、左足を右足方向へ引き寄せる必要は
ありません。
また、傾いていた上半身の立ち直りの早さも要求されます。従って体幹(腹筋群と背
筋群)の筋力トレーニングが必要不可欠なことが理解できます。
さらに、左足を右足方向へ引き寄せた後、右足を中心に床を強く蹴って方向転換を早
くすることも必要です。

<スピード練習の条件>
選手は最大スピードで動く
動く時間は、10~20秒間
休息時間は、動く時間の3倍以上で完全回復が必要
1日当たり最大6セット
週2回実施。2日連続のスピード練習は避ける

スピード練習は、動く時間と休む時間とセット数を変えればスタミナ練習にすること
ができます。
コートを余り使用できないチーム及び選手は、空いているスペースを見つけてフットワ
ークによるスピード練習やスタミナ練習を行いましょう! また、シャトルの使用量が
限られているチーム及び選手は、シャトルを使用しないフットワークによるスピード練
習とスタミナ練習を行ってください。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2017/04/10(月) 08:00:01|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フットワークによるスタミナ向上練習【動画と解説】

小・中学生のためのスプリングキャンプで小学生を対象としたフットワーク練習を行
いましたので動画で紹介します。
練習の狙いは、フットワークの自動化(動きの熟練度向上・方向転換の速さ)とスタ
ミナ向上です。小学生は、中学生以上の年齢の選手と同じ条件でスタミナ向上の練習
を行うことはできません。動く時間を短くし休む時間を長くして行います。

<今回の条件>
・選手の意識はコート内を最大スピードで動く。そのためにタイム測定実施
・動く時間は20秒を目安とした
・動く時間と休息の時間比は1対2とし3名1組で実施
・オールアウト前に終了する(指導者も選手を観察してストップをかけることがあり
   ます)無理をさせないようにしましょう。

<種目>
① フォア奥への移動2セット
② バック奥への移動2セット
③ 右サイドへの飛びつき(タッピング)2セット
④ 左サイドへの飛びつき(タッピング)2セット
⑤ 四点の方向転換2セット の計10セット

動画はフォア奥への移動はありません。他は2名毎の選手を撮影しました。


◆フットワークによるスタミナ向上練習(小学生)


<飯野コメント>
選手の皆さんは、とても素早く動いていますね! 素晴らしいです!
フットワークの原則は、全て大股で移動するのではなく、適度な歩幅で移動します。
最後に右足(右利き選手)を出す段階で、必要であれば大きく足を出します。
動画のバック奥への移動は、移動し始めのフットワークで距離を出すために細かなス
テップで調整のフットワークを行っています。小学生のようにまだ成長段階であった
り、移動開始地点が違ったり、予測が外れた場合などは、規定の歩数以上もしくは未
満で移動する場合が多くあります。フットワークの歩数は柔軟に考えることも大切で
す。
右サイド飛びつきと左サイド飛びつきは、比較的長い距離を移動するためタッピング
を行いました。
最後の種目である4点椅子タッチ(四点の方向転換)のフォア前のフットワークは、
動きに慣れてきたら、継足(シャセ)も行うようにしましょう。継足とは、最終局面
で右利き選手でしたら右足を出した後、左足を右足近くまで引き寄せ、最後に右足を
出すことをいいます。
各チームで練習する場合は、選手の体力に合わせて動く時間と休む時間を調整するこ
とが必要です。長い期間を経て徐々に動く時間を長くし、休む時間を短くしていきま
しょう。

ウォーミングアップの一環でフットワーク練習を短時間実施しているチームが多いよ
うです。しかし、このようにフットワークを比較的長い時間をかけて行うことでフッ
トワークの自動化とスタミナ向上を図ることができます。

フォア奥へ移動するフットワークを見たい方は以下の動画をクリックしてください。
以前、公開したフォア奥へ移動するスピード練習です。

◆フォア奥へのスピード練習(小学生)



にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  1. 2017/04/03(月) 07:00:34|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダブルス ドライブレシーブ&ネット前プッシュのノック練習【動画と解説】

前々回に続いて「野の花クラブ・ハート」主催講習会で実施したノック練習を動画と
解説でお送りします。
今回のダブルスのノック練習は、相手が打ったスマッシュをドライブレシーブして、
相手後衛がネット前に甘い返球をしたのでワイパープッシュで決めるという想定です。

◆ドライブレシーブ&ネット前プッシュのノック練習


<練習の狙い>
ノック練習の想定は上記のとおりです。もう一つの狙いは、スタミナ向上です。動画
は40秒ほど全速動いています。30秒~1分30秒間全速で動き、これを2名1組(運動と
休息の比率が1対1)で他の種目と併せてオールアウトまで実施するとスタミナ向上の
ノック練習になります。(中学生以上が対象)

<フィーダー>
2名のフィーダーで手分けして行います。1名は、手でシャトルをスマッシュと見立て
投げます。もう1名はネットにシャトルを逆さまにして立てます。
手で投げるスマッシュの代わりに、ネットの少し後方からラケットでスマッシュを打
ってもいいでしょう。
また、慣れてきたらスマッシュの方向を高低、左右などに散らして打ちましょう。

<選手の注意点>
ドライブレシーブを行います。ネットを超えてからシャトルが高く浮かないようイン
パクト時のラケット面(打球面)の調整が必要です。
ネットに飛び込むときのフットワークは、右足を前にしたツーステップを行います。
最後は、右足で蹴って右足で着地します(右利き選手の場合)。左利き選手は、左足
で蹴って左足で着地します。
ウォーミングアップで、各種ステップ走を行うことが多いと思います。その中のツー
ステップは、この時に使うことを意識して行いましょう。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2017/03/21(火) 08:00:06|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サイドへの1歩飛びつき&ネット前プッシュのスピード練習【動画と解説】

1月30日公開した2度タッピングしてサイドに飛びつく動画と解説に多くの意見を頂
きました。ありがとうございました。今回は飛びつく距離が短いため1歩でサイドへ
飛びつく方法に加え、ネット前に飛びついてプッシュする方法を動画と解説でお送り
します


◆サイドへの1歩飛びつき&ネット前プッシュのスピード練習(両サイド)


<練習の目的>
・方向転換時のスピード向上

・サイドへ1歩飛びつきとネット前に飛びついてプッシュするフットワークの熟練度
   とスピードの向上

<飛びつくときのフットワーク注意点>
・サイドヘ飛びつく距離があるときは、2度タッピングをしながら移動しますが、短
   い距離の移動時は、1歩で飛びつきます。

・フォア側へ飛びつくときは、右足で蹴って右足で着地もしくは両足着地とすること

・バック側へ飛びつくときは、左足で蹴って左足で着地もしくは両足着地とすること

・ネット前プッシュ時は、右利き選手は、右足で蹴って右足で着地を行います。また、
   ネットまでの距離がある場合は、右足を前にしたツーステップを行い距離とタイミ
   ングを調整します。

<練習の条件>
・選手は最大スピードで動くこと

・飛びついた後の足の着地点は、シングルスのサイドライン近くとした。選手の年齢
   やレベルに応じて着地点もしくは椅子の位置を決めること。小学生などは、動く範
   囲を狭くし最大スピードを出せるようにすること

・動く時間と休息時間:10~20秒の間全速で動き、動いた時間の約3倍ほど休み完全
   回復後再度実施

・セット数:計6セット

・スピード練習の週の実施頻度:週2回 それ以上実施すると筋肉のトラブル発生の
   リスクあり

・タイムを測定すること

このスピード練習は、選手によって飛びつく時のジャンプの高さ(滞空時間)、着地
点に違いがあり選手間でタイムを競うことはできません。あくまで長い期間をかけて
自身のタイムを短縮するよう努力しましょう! 試合を想定し、高くジャンプして全
速でスマッシュを打つこと、ネット前に飛びついて素早くプッシュすることを念頭に
置いて実施しましょう! 

<飯野コメント>
ネット前プッシュのフットワークで右利き選手は、左足で蹴って右足着地の選手が
  多くいます。右足で蹴って右足着地を徹底して練習しましょう!
 

サイドに飛びつく際、飛びつく距離によって2歩タッピングしたり1歩で飛びつい
    たりします。移動距離に応じて歩数・フットワークが変わることを理解しましょう。

スピード練習を多く公開していますが、このスピード練習のフットワークをスタミ
    ナ向上のフットワーク練習に置き換えることができます。中学生以上は、動く時間
    を30秒~1分30秒間とし、休息時間は動いた時間と同時間休みます。これを数種目
    組み合わせてオールアウトまで実施します。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<小・中学生のためのスプリングキャンプ参加者募集中>
詳しくは、2016年12月28日公開ブログ記事をご覧ください。
選手枠は残り数名です申し込む際は事務局へ参加枠を確認後、正式に申し込みをお願いします。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2017/02/20(月) 13:22:29|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シングルスのレベルアップを図りたい

男子大学4年生のS選手は、社会人を含めた県大会でシングルスベスト8クラスの選
手である。高校から始めたバドミントンは、熱心な練習を続け急激なレベルアップを
遂げた。
しかし、企業に所属している選手には勝てず、シングルスで何とかして追いつき追い
越したいと強く望んでいる。
S選手は、コート内移動スピードは速く、追い込んだノック練習を多く行っているよう
でスタミナもある。技術的には一見何ら問題もなさそうに見える。
そこで、一度練習しているところを見ることができた。1対1のフリーで打ち合う練
習である。

その中で以下の課題を発見した。
対戦相手がスマッシュ、カットを打つとS選手は、相手コート後方まで返球しよう
とする。相手コートネット際へ返球することがほとんどないのである。打ち方が分か
らないのか、あえてネット際へ返球しようとしないのかが分からない。相手コート後
方へ常時返球しようとすると相手選手の頭上を越えて返球しなければならない。頭上
を越えないと飛びつかれてカウンターを打たれる危険性が高くなる。
スマッシュやカットを打たれたらネット際やネット前に返球する技術を身につける必
要がある。
改善する方法としては、
a.レシーブの技術練習を行う。

b.1対1で打ち合うパターン練習で相手にスマッシュやカットを打たせ、レシーブを
必ずネット際やネット前に返球するパターンを入れる。

c.ノック練習でフィーダーにスマッシュやカットを打ってもらい、ネット際やネット
前に返球する練習を行う。

d.2対1シングルス練習で、2がトップ&バックで1にスマッシュ、カット、ドロッ
プを打ち、1に入ったS選手がネット際、ネット前に必ず返球する練習を行う。

攻撃のパターンが少ない。1パターンとは言わないが、ラリーを続けていると次
にどこへ打つのか分かってしまう。1つのエリア(例えばバック奥)からいろいろな
ショットを打ち分けられないのである。コート後方に追い込まれてやっと返球するシ
ョットならコースやショットが限定されるが、そうでない場合は問題である。
1パターンの攻撃が効いていれば継続すればいいのだが、そうでなければいろいろな
ショットを打ち、対戦相手からみればショットの選択肢を増やし反応時間を遅らせる
必要がある。
改善する方法としては、
a.コート後方からいろいろなショットを打ち分ける技術練習を行う。

b.1対1で打ち合うパターン練習で、後方からスマッシュやカットを打つ際、コース
とショットを決めて打つパターンを練習する。

c.ノック練習で動いて後方からスマッシュやカット、ドロップを打つ際、普段打たな
いコースへ限定して打つ。

常時打点を前でとり速いタッチで返球しようとする。相手を速く動かすことで疲
れさせたり、例えばネット前に返球し次のショットで空いたスペースを速く突いてプ
レッシャーを与えようとする狙いのようだ。S選手は特に意識して行っている。
対戦相手のレベルが低ければ有効な方法だが、県のトップレベルの選手相手ではそれ
だけでは通用しない。S選手は、いつも同じテンポで打ってくる、返球してくるため
対応が楽になるのだ。時にはカウンターを打たれる場合があるだろう。
十分な体勢で打てるときは、打点やタイミングを遅らせて打つことにより対戦相手の
足を一旦止めさせ動き始めを遅らせる、相手に狙いを絞らせないことも必要である。
さらに、リピートショットを打つなどの工夫が必要だ。
また、より速く打とうとするためドロップショットを打たない。ドロップで決めると
いうことではないが相手をネット前まで動かす、ショットの選択肢を増やし相手の反
応時間を遅らせることが必要である。

上記内容をS選手に伝えたが、改善はされるのだろうか?
上記①と②は、示唆した練習を繰り返せば改善は可能になるでしょう。しかし、
③は必要性を十分理解し、強く意識して練習しなければ改善はできません。

さて、皆さんにも当てはまる内容があると思います。自身のプレー、指導している選
手のプレーを観察して改善案を提示してみてください。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<小・中学生のためのスプリングキャンプ参加者募集中>
詳しくは、2016年12月28日公開ブログ記事をご覧ください。
参加できる選手枠は、残りわずかです。今後、参加希望の選手は、事務局に確認後、
正式な参加申込をお願いします。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2017/02/13(月) 08:00:00|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サイドへの飛びつきスピード練習【動画と解説】

小・中・高・大学生・社会人と幅広い選手に必要なスピード練習を動画と解説で公開
します。
今回は、サイドに飛びつくスピード練習です。

◆サイドに飛びつくスピード練習(両サイド)


<練習の目的>
・方向転換時のスピード向上
・サイドへ飛びつくときのフットワークの熟練度とスピード向上

<飛びつくときのフットワーク注意点>
・サイドヘ飛びつく距離があるときは、2度タッピングをしながら移動すること
・フォア側へ飛びつくときは、右足で蹴って右足で着地もしくは両足着地とすること
・バック側へ飛びつくときは、左足で蹴って左足で着地もしくは両足着地とすること

<練習の条件>
・選手は最大スピードで動くこと
・飛びついた後の右足の着地点は、シングルスのサイドラインを超えることとした。
   選手の年齢やレベルに応じて着地点もしくは椅子の位置を決めること。小学生など
   は、動く範囲を狭くし最大スピードを出せるようにすること
・動く時間と休息時間:10~20秒の間全速で動き、動いた時間の約3倍ほど休み完全
   回復後再度実施
・セット数:計6セット
・スピード練習の週の実施頻度:週2回 それ以上実施すると筋肉のトラブル発生の
   可能性あり
・タイムを測定すること

動画では、13回を左右計6セット、4名1組で実施しました。
このスピード練習は、選手によって飛びつく時のジャンプの高さ(滞空時間)、着地
点に違いがあり選手間でタイムを競うことはできません。タイムを短縮するには、ジャ
ンプを低くして着地点を短くすれば達成できます。試合を想定し、高くジャンプして
速いスマッシュを打つことを念頭に置いて実施しましょう! 


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<小・中学生のためのスプリングキャンプ参加者募集中>
詳しくは、2016年12月28日公開ブログ記事をご覧ください。
大人気の講習会のため、申込は早めにお願いします。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2017/01/30(月) 07:00:00|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コートサイド往復のスピード練習【動画と解説】

今回は、バドミントンの競技力向上に不可欠なコート内を素早く移動できるようにな
るためのスピード練習を動画で公開します。
過去クイックネストレーニング以外のスピード練習の動画を3パターン公開しました。
1つは、少し狭いコートの中に椅子を4脚置いて順番に椅子をタッチする4点椅子タ
ッチのスピード練習。2つ目は、前方に椅子を2脚置いて椅子をタッチし後方へ移動
するコート前後のスピード練習。3つ目は、両ネット前と両サイドに椅子を計4脚置
いて順番に椅子をタッチするスピード練習です。いずれもスピード練習ですが、方向
転換を速くするためのバドミントンのフットワークで行うアジリティトレーニングに
分類されます。
今回は、椅子を両サイドに2脚置いて往復するアジリティトレーニングのスピード練
習です。動画では、社会人男子選手が、椅子を12タッチしてタイムを測定しています。

<実施条件>
動くスピード:選手は最大スピードで動く
動く時間;10~20秒以内
休憩時間:動いた時間の3倍以上休憩し完全回復後繰り返す
1日の実施セット数:計6セット位まで
スピード練習の実施頻度:週2回以内で2日連続で実施しなこと

◆コートサイド往復のスピード練習


<ご参考>
① ストップウォッチでタイムを測定して競わないと、スピードを無意識に抑える可能
   性が出てきます。

② 実施するだけでなく、タイムを記録し移動スピードの推移を見ると選手への動機付
     けになります。

-------------------------------------------------------------------------------------
<お知らせ>
◎指導者レベルアップ講習会募集中 10月30日(日)開催
  「タカマツ」ペアの各技術、戦法等を分析し、攻略する方法とそのための練習・ト
   レーニング方法をグループ毎で討論することで自己啓発を図るセミナーです。現在
   指導している性別・年齢・レベルに関わらず、バドミントンの視野を広げるいい機
   会になるでしょう。

◎フィーダースキルアップセミナー募集中 10月29日(土)開催
   指導者必須の球出し・ノック出しの技術向上を目的としたセミナーです。シャトル
   を手で投げる方法とラケットを使ってシャトルを高速連射で出す練習までを行います。
   球出し・ノックを受ける選手も同時に募集中!

 募集内容詳細は、共に9月18日公開のブログ記事をご覧ください。
 申込締日:10月20日
-------------------------------------------------------------------------------------

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2016/10/17(月) 08:00:26|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノックによるダブルスシュマッシュレシーブ練習-その2【動画と解説】

2013年7月17日公開記事スマッシュレシーブ練習の動画と解説を見て触発されました。
実際の練習の中でレシーブ側の選手を写して、詳しく解説をお願いしたい。という読
者からの依頼がありました。そこで第二弾をお届けします。
モデル選手は、社会人のY選手です。最近スマッシュレシーブに悩んでいて、力強い
ショットで返球したいと考えています。

◆ダブルススマッシュレシーブ練習


<フィーダーの注意点>
1.フィーダーの立ち位置は、ネットからサービスラインの間です。シャトルマガジ
  ンのショルダータイプ2連式を使用してノック出しを行っています。
2.テンポの速い球出しを行っている理由は、相手コート後衛がスマッシュを打ちレ
  シーブした球を前衛がプッシュしても再度レシーブできるようにするためです。
3.ノック球を打ちだすエリアは、レシーブ練習する選手の両サイド、ボディー、高
  低を狙って打ちます。選手のレベルに応じて狙いを絞ってもいいでしょう。
4.楽にレシーブできる球ばかりですと練習になりません。しかし、厳しい球でノー
  タッチばかりでも練習になりません。選手を見て、そこのバランスをとることが
  重要です。球のスピード、テンポ、狙うエリア、苦手なエリアを考慮しましょう!
5.羽根を横に寝かせた状態から回転させないように空中に放り、羽根とコルクの側
  面を同時に打つ、もしくはコルクの側面を打つとシャトルのコントロールが向上
  します。

<レシーバーの注意点> 速いドライブでリターンする場合
1.どのコースにスマッシュが来るか分からない場合は、バックハンドグリップでハ
  ンドルを握り、ラケットを横にしてリストを立てバックハンドで構えましょう! 
2.バックハンドで構えてフォア側に打たれたら、バックハンドのまま右肘を右方向
  にスライドさせレシーブしましょう。
3.相手が打ったスマッシュのスピードとコースを読み、右肘とラケットを手前に引き
  、反動動作を行います。相手のスマッシュが非常に速くなると食い込まれますが、
  打点を後ろにして反動動作を作りましょう。
4.インパクト後、ラケットを振り切り、振り切った反動でラケットを元の状態に戻
  しましょう。
5.レシーブする選手は、右足を少し前に出し、右足に体重を乗せてレシーブしまし
  ょう。速いショットでレシーブすることができます。
6.高いロビングで返球したい場合は、インパクト時にラケット面を斜め上方向にし、
  フォロースルーで右肘を高く上げましょう。
7.スマッシュを打たれたら、「避ける」「しゃがむ」「目をつぶる」動作を行う選手
  がいます。自己保存反応といって人間にとって身を守る正常な反応です。しかし、
  スマッシュレシーブでは、実行するとレシーブが困難になります。

<Y選手の評価>
ネット前から打たれたノック球は、レシーブ練習する選手にとって至近距離であるため、
非常にスピードがあると感じられます。それにも拘らず大変素晴らしいレシーブです。
唯一、上記のレシーバーの注意点の5が課題です。両足が平行に近く構えてレシーブし
ているため返球のスピードが自身の最大スピードに到達していません。右足をもう少し
前に出し、右足に体重をかけてレシーブしましょう!

<コメント>
スマッシュレシーブ力を向上するためには、実際にスマッシュを受けることです。ス
マッシュレシーブの練習方法は、相手コート後方から実際にスマッシュを打ってもらう
方法がありますが、スマッシュを打つ選手の力量や打ち続けられるスタミナ、スマッ
シュを打てる選手数が課題です。
もう一つの方法がノックによるスマッシュレシーブの練習です。この動画では、1回
当たり40球前後の球出しを行っています。セット数は、8~10セット行います。
結果、1選手320球~400球のレシーブ練習を行います。皆さんのチームでは、
選手の年齢やレベルに応じてノック球のスピード、テンポ、本数、セット数など考慮
して行いましょう。
課題は、フィーダーのノック出しの技術です。
出来るようになったら、クロス方向からも球出しを行ってください。また、試合を想
定しドロップやクリアを織り交ぜて行ってください。

――――――――――――――――――――――――――――――――

<第3回フィーダースキルアップセミナー募集終了
申込は締め切りました。

<2016サマーキャンプ参加選手&指導者募集中>
詳しくは、6月7日公開の記事をご覧ください。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  1. 2016/06/27(月) 08:00:47|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (55)
セミナー/講習会 (85)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (35)
講義 (2)
トレーニング (9)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (8)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR