バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

フォア奥からクロスカットでスタミナ向上

ノックのスタミナを向上する練習で、試合中のラリーと直結していない球出しをよく
見かけます。例えば、ただ単にコートの四隅へ球を出して大きく動かせばよしと考え
ているノックなどです。選手にとっては、具体的な狙いが明確でないため苦しいだけ
の練習に感じられます。試合で使う技術や戦法などと結び付けてノック練習を行えば、
選手の意欲は向上するはずです。

さて、今回は、フォア奥からクロスカットを打つスタミナ向上のノック練習を紹介し
ます。
シングルスは、カットを試合で頻繁に使い、攻撃の柱とすることが多くあります。
速いショットで攻撃するスマシュとカットの違いはどこにあるのでしょうか?
スマッシュは体全体を使い、右腕(利き腕)を最大スピードでスウィングするため反
作用として左腕が逆方向に動き、両足も左右や前後に大きく開きます。結果ネット前
へ移動するスピードが遅くなることが多くあります。

スマッシュ作用と反作用 

一方、カットは両足での運動エネルギーの発生が若干少なくなり、上半身の捻り(捻
転)もなくなる(少なくなる)ことから、インパクト後の両足の前後左右への開きが
小さくなります。その結果、スマッシュに比べカットを打った後のネット前などへの
移動を速くすることができます。

上半身の捻転動作 

<実施方法と注意点>

フィーダーがコート後方から低めのクリアをイメージして球出しし、選手がホーム
     ポジション付近からフォア奥へタッピングし跳びついてクロスカットを打ちます。
     低めのクリアをイメージして球出しする代わりに、ネット前からロビングをイメー
     ジした球出しを行ってもいいでしょう。

低めのクリアをカットで打つ際、両足を空中で入れ替えないようにしましょう。ま
     た、少しでも両足を入れ替える動作を行うと体のバランスを崩しシャトルのコント
     ロールが悪くなる原因になります。高いクリアや高いロビングに対しては、運動連
     鎖を行う時間的な余裕があるため、両足を空中で入れ替えて打つことができます。
 
上半身は半身の状態から捻る動作(捻転)を行わないようにします。シャトルを打
     った反動で捻りが起こる分には問題ありません。

スウィングスピードは最大スピードで行います。

グリップは、バックハンドグリップで行うとシャトルをコントロールしやすくなり
     ます。


◆フォア奥クロスカットのスタミナ練習



<ノックによるスタミナ向上練習の条件>
選手がハイスピードで動くよう、厳しいエリアへ球出しを行う
動く時間:30秒~1分30秒 
運動と休息の比率:1対1でオールアウトまで実施
終了は選手が決める! 息が苦しい、足が動かない等になったら選手が終了を宣
     言する
小学生の中・上級レベルの選手は20秒前後動いて、40秒前後休む。3名1組で運動
     と休息が1対2で行う。また、オールアウト手前で終了する。

さて、この練習は条件を変えれば、コート内スピード向上の練習になります。また、
その場でカットを打つ練習を繰り返せばカットの技術練習になります。しかし、いず
れもフィーダーの球出しのコントロール力と、中古のシャトルを使用してもほぼ正確
に飛ぶシャトルを使用しないといい練習にはなりません。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます


<山梨県で2つのセミナー募集中!>
◆開催日:2017年11月25日(土)第2回初心者を上手く指導するためのセミナー
2017年11月26日(日)第5回フィーダースキルアップセミナー(ノック出し・球出しの技術向上)
◆会場:山梨県笛吹市若彦路ふれあいスポーツ館
★申込締日:11月10日(金)
★詳しくは、9月26日の公開記事をご覧ください。


<小・中学生のためのレベルアップキャンプ@九州募集中!>
◆開催日:2018年2月17日(土)& 2018年2月18日(日)
◆会場:福岡県大牟田市第二市民体育館
★詳しくは、10月11日の公開記事をご覧ください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2017/11/08(水) 07:00:00|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シングルスのレシーブを強化したい!【質問と回答】

<質問>
高校生を指導しているKです。指導している選手は、シングルスで攻撃はいいショッ
トを打てるのですが、レシーブが苦手なようです。レシーブの技術は比較的あります
が、速く動くことができません。レシーブを強化するいい練習はないでしょうか? 

<回答>
レシーブ力を向上するための方法は、大きく分けて3つあります。
◎レシーブの技術を向上する
スマッシュ、カット、ドロップなどのレシーブの技術練習を行います。ネット前から
手でシャトルを投げてもらい正確に返球できるようになりましょう!

◎対人で打ち合って練習する
練習相手にコート全面にスマッシュやカット、ドロップを打ってもらい守る練習を行
います。2対1で2が前後衛になり1を攻撃します。もしくは、3対1で3の後衛で
2名が入りレシーブ側の1を攻撃します。これは、攻撃側特に後衛がいいショットを
打てることが練習の条件になります。

◎ノックで練習する
ラケットを使って実際にスマッシュやカット、ドロップを打ってレシーブします。ラ
ケットで正確なショットが打てないといい練習になりません。
もう一つは、手投げによるレシーブの練習です。今回は、手投げによるコート内移動
スピードを向上するためのレシーブ練習を動画で紹介します。
フィーダーがネット前からスマッシュ、カット、ドロップをイメージして手でシャト
ルを投げます。動く選手は、徐々にネット前に近づいてくるためホームポジション付
近へ戻らすという意味も含めて時々クリアをイメージしてシャトルを手で投げます。
この際、コート後方まで投げる必要はありません。

◆手投げノックによるシングルスレシーブ練習



この練習は、条件を変更するとスタミナを向上するための練習になります。各練習の
条件は以下のとおりです。

<練習の条件>
◎ノックによるスピード練習の条件
選手を最大スピードで動かすため、選手がやっととれるエリアへ球出しを行う
     あきらめず追いかければ、時にはノータッチでも問題なし。

② 動く時間:10秒~20秒
③ 運動と休息の比率:1対3以上で完全回復後に繰り返す
④ セット数:1日6セットまで
⑤ 週の頻度:2回までで2日連続で実施しないこと

◎ノックによるスタミナ向上練習の条件
① 選手がハイスピードで動くよう、厳しいエリアへ球出しを行う
② 動く時間:30秒~1分30秒 
③ 運動と休息の比率:1対1でオールアウトまで実施
④ 終了は選手が決める! 息が苦しい、足が動かない等になったら選手が終了を宣
  言する
⑤ 小学生の中・上級レベルの選手は20秒前後動いて、40秒前後休む。3名1組で運動
  と休息が1対2で行う。また、オールアウト手前で終了する。

さて、この動画のような運動強度の高い練習を行うと心配なのが怪我の問題です。
床を力強く蹴って動く、方向転換する。ネット前やサイドでレシーブする際、右足を
出して固定する。インパクト前後で上半身を下げる(多方向にお辞儀するような動作)
上げるを行いシャトルを拾います。このような動作は、筋力と密接な関係にあること
は言うまでもありません。下半身や体幹の筋力が体重や動く速さなどに見合ったレベ
ルでないと膝や腰、筋肉を痛める可能性があります。小学生以外は、併せて筋力トレ
ーニングを実施しましょう!


速く動けない選手は、フットワークで比較的長い時間動く練習を行い、動きの熟練度
を増してから徐々にスピードを上げて行きます。そして、フットワークで速く動ける
ようになってから動画のようなノック練習を行いましょう! ノック練習は、他動的
であり、つい能力以上のスピードを出したり、強い負荷がかかることがあります。そ
こで怪我につながる可能性があることから、十分に動ける体づくりを行った後にノッ
ク練習を行った方がいいでしょう。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます


<山梨県で2つのセミナー募集中!>
◆開催日:2017年11月25日(土)第2回初心者を上手く指導するためのセミナー
2017年11月26日(日)第5回フィーダースキルアップセミナー(ノック出し・球出しの技術向上)
◆会場:山梨県笛吹市若彦路ふれあいスポーツ館
★申込締日:11月10日(金)
★詳しくは、9月26日の公開記事をご覧ください。


<小・中学生のためのレベルアップキャンプ@九州募集中!>
◆開催日:2018年2月17日(土)& 2018年2月18日(日)
◆会場:福岡県大牟田市第二市民体育館
★詳しくは、10月11日の公開記事をご覧ください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2017/11/01(水) 17:12:12|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダブルス4点アタックのノック練習【動画と解説】

今回は、ダブルスのアタック力を高める4点アタックを動画で紹介し解説します。

<練習の目的>
ダブルスで必要な動きは、
前衛がサイドでプッシュしたら、ネット前の逆サイドへ返球されてノータッチしな
  いように素早く逆サイドへ移動する。

ネット前にプッシュし、少し後ろに返球された球を攻撃する。

サイドでスマッシュを打ち、次に逆面に低く上がってきた球を飛びついて攻撃する。

中盤でスマッシュやドライブを打ったら、ネット前に詰める。

4点アタックは、それらの必要な要素を入れたダブルスのノック練習です。
コート内の狭いエリア4点を四角形に移動してスマッシュとプッシュを行います。

左回りの際、ネット前バックサイドでプッシュした後、約180度方向転換して後方へ移
動するので、この方向転換を速くするようにしましょう。


◆ダブルス4点アタック


<練習の条件>
今回は、本数を少なくしてスピード向上を目的に実施しました。本数が多くなるとスタ
ミナ向上の練習になります。練習の条件は、7月10日公開記事「ノックの目的」を参照
 願います。

<フィーダーの注意点>
選手が一旦足を止めないように、球出しのテンポに注意しましょう。
球出しの際は、利き腕の肘を後方に引いてストロークを大きくしましょう! 楽に飛距
離が出るし、腕の軌道が長くなるのでコントロールも向上します。

<飯野コメント>
ノック練習は、試合のどの場面を想定して実施しているのかを説明する必要があります。
ただ、打っているだけでは選手の意欲が低減します。動機付けは非常に重要です。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2017/08/02(水) 08:59:18|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノックの目的【質問と回答】

指導者のAさんから以下の質問がありましたので、ブログで回答します。

<質問内容>
ノック練習についての質問です。ノック練習はさまざまなパターンがありますが、こ
の練習は選手にとってどのような問題解決になるのでしょうか? 決まりきったパタ
ーンをずっと練習することで、ラケットワークの向上とフットワークの向上につなが
ることはわかるのですが、ほかにどのような問題解決の練習なのかイマイチわかりま
せん。また、問題を解決される根拠も教えてほしいです。

<回答>
「A選手は、スマッシュをコート後方で打ち、対戦相手はネット前に返球したのですが、
A選手はやっとシャトルに触り、相手にチャンス球を上げてしまいました。A選手は、
これを試合で何回か繰り返し結局、試合に負けてしまいました。コート後方でスマッシ
ュを打ち、ネット前に移動するのが遅いのが原因です。」

「B選手は、試合の3ゲームに入ると動きが遅くなり、頻繁に休憩を取ろうとします。
意識はしっかりしていないし、集中力もありません。きっとスタミナが切れたのでしょ
う!」

「C選手は、試合で相手がフォア奥へ甘いショットを返球してきましたが、飛びついて
打つことができません。練習でやったことがないからです。」

上記の各選手の課題を解決する方法の1つがノック練習です。

試合や打ち合いの練習だけ行っても、選手の弱点や課題を克服する練習にはなりません。
ラリーで弱点や課題が発現する頻度が少ないため改善が出来ないからです。レベルの低
い練習相手ではなおさらです。ラリーが続かない、厳しいところへ打つことも出来ませ
ん。そこで、ノック練習で選手の課題となる試合の一部ラリーを再現し、繰り返して動
くことで自動化を図ります。

◆ノック練習の定義
「試合の一部のラリーを再現し、フットワーク・打つショット・打つコースを自動化す
   る。さらに、コート内移動スピード向上もしくはスタミナ向上を図る」


ノックの方法は2つあります。1つは手でシャトルを投げる方法です。手投げノックと
呼ばれています。もう一つはラケットで球だしを行う方法です。どちらも球出しのタイ
ミングやテンポ、正確性が必要です。この球出しの質がノック練習の生命線です。
そしてもう一つ重要なのが、ラリーの再現性です。出来限りラリーと同じような状況を
作ることが重要です。どこのエリアからシャトルを出すのか? 上から出すのか、下か
ら出すのか? を確認する必要があります。

◆ノックによるスピード練習の条件
選手を最大スピードで動かすため、選手がやっととれるエリアへ球出しを行う
動く時間:10秒~20秒
運動と休息の比率:1対3以上で完全回復後に繰り返す
セット数:1日6セットまで
週の頻度:2回までで2日連続で実施しないこと

◆ノックによるスタミナ向上練習の条件
選手がハイスピードで動くよう、厳しいエリアへ球出しを行う。
動く時間:30秒~1分30秒 
運動と休息の比率:1対1でオールアウトまで実施
終了は選手が決める! 息が苦しい、足が動かない等になったら選手が終了を宣言
     する。
小学生は20秒前後実施、3名1組で運動と休息1対2で行う。また、オールアウト手前
     で終了する。

発展途上の選手は、上記の条件で実施することは出来ない場合があります、その場合は、
動く時間を短くし休む時間を長くとりましょう! 慣れてきたら少しずつ動く時間を長
くし、休む時間を短くして上記条件になるよう練習しましょう!

チームの選手全員が同じノックを行うのではありません。各選手の課題を解決するノッ
クや定期的に実施しておかなければならないノックを行うことが重要です。


<飯野コメント>
ノックに対する拒否反応がある選手が多いようです。目的もなく苦しいだけの練習がノ
ック練習のようです。選手に選手の課題を説明しノックの条件を理解させ、ラリーを再
現したノック練習を行っていなかったのでしょう。選手に対する動機付けは不可欠です。
苦しくて嫌なノック練習から、自ら進んでノックを受けたがる選手になって欲しいです
ね!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<サマーキャンプ参加者募集中>
開催日:8月18日(金)午後から19日(土)・20日(日)
会場:千葉工業大学 新習志野キャンパス
申込締日:8月10日 定員になり次第締め切ります。
★内容詳細は、6月6日公開のブログ記事をご覧ください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2017/07/10(月) 07:30:23|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダブルスネット前サイドプッシュのスピード練習【動画と解説】

ダブルスの代表的な戦法として、ネット前サイド寄りから打たれた球を逆サイドのネッ
ト前へ返球してノータッチを狙う方法があります。前衛をネット前両サイドへ揺さぶる
戦法です。後衛をコート後方の両サイドへ揺さぶってもシャトルの滞空時間が長いため、
追いついて返球することが容易になります。但し、スマッシュを低空のカウンタードラ
イブで逆サイドへレシーブされた場合は別です。

そこで、ネット前サイド寄りで前衛が打った球を逆サイドヘ返球されてもノータッチし
ないためには、ネット前でプッシュしたあと、逆サイドへ素早く方向転換して移動す
るスピードの獲得
 後衛は、前衛が逆サイドへ移動しても間に合わないかもしれない
ことを予想しカバーに入る準備をする。
ことの練習を行う必要があります。

今回は、上記①の練習を動画で紹介します。ネット前両サイドへフットワークで素早く
移動するスピード練習です。一方のサイドで打ってからの方向転換の速さと移動局面で
のフットワークのスピード向上を狙った練習です。

◆ダブルスネット前サイドプッシュのスピード練習


◆フットワークの注意点(右利き選手の場合)
フォアサイドへの移動は、継足(シャセ)を使います。まず最初に右足を出し、次に左
足を右足に引き付け、最後に右足を出します。
バックサイドヘの移動は、サイドステップから左足を軸にして右足を左足の前方から左
サイドに出すクロスステップを使います。バックサイド側は、右足を出してプッシュし
ましょう。

<ノックやフットワークによるスピード練習の実施条件>
◎スピード練習で動く時間:10秒~20秒の間全速で動く
◎運動と休息の比率:1対3以上で完全回復が必要
◎セット数:1日当たり6セットまで
◎タイム測定を実施
◎ノックやフットワークのスピード練習の週の実施頻度:2回まで
◎スピード練習は、疲れ切っていない時間帯に実施

さて、今回のスピード練習は、シャトルを打たないフットワークで行いましたが、フ
ィーダーがネット際でシャトルを手で投げてプッシュさせてもいいわけです。
また、動く時間を長く行えばスタミナ向上の練習になります。

今回紹介した動画は、単純な練習ですが、実施しておかなければならない練習の1つ
です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<サマーキャンプ参加者募集中>
開催日:8月18日(金)午後から19日(土)・20日(日)
会場:千葉工業大学 新習志野キャンパス
申込締日:8月10日 定員になり次第締め切ります。
★内容詳細は、6月6日公開のブログ記事をご覧ください。

<初心者を上手く指導するためのセミナー募集中>
開催日:7月15日(土)9時30分~オリエンテーション 18時00分終了予定
会場:千葉工業大学 新習志野キャンパス
申込締日:7月5日 定員になり次第締め切ります。
★内容詳細は、5月28日公開のブログ記事をご覧ください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2017/06/19(月) 07:30:00|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

両奥で体勢を崩した状態で打つフットワークのスピード練習【動画と解説】

バドミントンのラリーでは、いつも余裕がある体勢で打てるわけではありません。体
勢を崩しながらもシャトルをつなぎ、いいコースへ返球したいものです。
今回は、フォア奥とバック奥で体勢を崩した状態で打つフットワークのスピード練習
です。


◆両奥で体勢を崩した状態で打つフットワークのスピード練習


<フォア奥への移動>
フォア奥は主に3つのフットワークがあります。
相手が打ったロングハイサービスや高いロビングに対して空中で両足を入れ替えて
打つ(落下地点に入った後にジャンプして打つ場合もあります)
ラリー中にフォア奥へタッピングして飛びついて打つ
①と②が出来ない場合、フォア奥へ追い込まれた時に使うのが今回のフットワー
クです。
今回はのフットワークのスピード練習です。③は、継足(シャセ)もしくはクロス
ステップを行います。継足とは右利き選手が右足をフォア奥方向へ一歩出し、次の左
足を右足方向に引き付け、最後は右足を出して打つというフットワークです。クロス
ステップは、右利き選手が右足をフォア奥方向へ一歩出し、次の左足を右足の後ろも
しくは前に出し、最後は右足を出した後に打つというフットワークです。継足にする
かクロスステップにするのかは選手個人がやりやすい方法を選択しましょう。

<バック奥への移動>
バック奥への移動は、ハイバックで返球する場合を除き両足を空中で入れ替えます
(落下地点に入った後にジャンプして打つ場合もあります)。今回はハイバックで返
球する場合を想定したフットワークです。バック奥方向へサイドステップして移動し
ます。最後の一歩で右足を出し、右足に体重をかけてスウィングします。

<立ち直りの早さと方向転換>
試合では、打った後の立ち直りの早さも求められます。上記の両フットワークは、最
後に右足を大きく出しているので、打ち終えた後は左足を右足方向へ引き寄せ立ち直
りを早くします。右足を大きく出さない場合は、左足を右足方向へ引き寄せる必要は
ありません。
また、傾いていた上半身の立ち直りの早さも要求されます。従って体幹(腹筋群と背
筋群)の筋力トレーニングが必要不可欠なことが理解できます。
さらに、左足を右足方向へ引き寄せた後、右足を中心に床を強く蹴って方向転換を早
くすることも必要です。

<スピード練習の条件>
選手は最大スピードで動く
動く時間は、10~20秒間
休息時間は、動く時間の3倍以上で完全回復が必要
1日当たり最大6セット
週2回実施。2日連続のスピード練習は避ける

スピード練習は、動く時間と休む時間とセット数を変えればスタミナ練習にすること
ができます。
コートを余り使用できないチーム及び選手は、空いているスペースを見つけてフットワ
ークによるスピード練習やスタミナ練習を行いましょう! また、シャトルの使用量が
限られているチーム及び選手は、シャトルを使用しないフットワークによるスピード練
習とスタミナ練習を行ってください。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2017/04/10(月) 08:00:01|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フットワークによるスタミナ向上練習【動画と解説】

小・中学生のためのスプリングキャンプで小学生を対象としたフットワーク練習を行
いましたので動画で紹介します。
練習の狙いは、フットワークの自動化(動きの熟練度向上・方向転換の速さ)とスタ
ミナ向上です。小学生は、中学生以上の年齢の選手と同じ条件でスタミナ向上の練習
を行うことはできません。動く時間を短くし休む時間を長くして行います。

<今回の条件>
・選手の意識はコート内を最大スピードで動く。そのためにタイム測定実施
・動く時間は20秒を目安とした
・動く時間と休息の時間比は1対2とし3名1組で実施
・オールアウト前に終了する(指導者も選手を観察してストップをかけることがあり
   ます)無理をさせないようにしましょう。

<種目>
① フォア奥への移動2セット
② バック奥への移動2セット
③ 右サイドへの飛びつき(タッピング)2セット
④ 左サイドへの飛びつき(タッピング)2セット
⑤ 四点の方向転換2セット の計10セット

動画はフォア奥への移動はありません。他は2名毎の選手を撮影しました。


◆フットワークによるスタミナ向上練習(小学生)


<飯野コメント>
選手の皆さんは、とても素早く動いていますね! 素晴らしいです!
フットワークの原則は、全て大股で移動するのではなく、適度な歩幅で移動します。
最後に右足(右利き選手)を出す段階で、必要であれば大きく足を出します。
動画のバック奥への移動は、移動し始めのフットワークで距離を出すために細かなス
テップで調整のフットワークを行っています。小学生のようにまだ成長段階であった
り、移動開始地点が違ったり、予測が外れた場合などは、規定の歩数以上もしくは未
満で移動する場合が多くあります。フットワークの歩数は柔軟に考えることも大切で
す。
右サイド飛びつきと左サイド飛びつきは、比較的長い距離を移動するためタッピング
を行いました。
最後の種目である4点椅子タッチ(四点の方向転換)のフォア前のフットワークは、
動きに慣れてきたら、継足(シャセ)も行うようにしましょう。継足とは、最終局面
で右利き選手でしたら右足を出した後、左足を右足近くまで引き寄せ、最後に右足を
出すことをいいます。
各チームで練習する場合は、選手の体力に合わせて動く時間と休む時間を調整するこ
とが必要です。長い期間を経て徐々に動く時間を長くし、休む時間を短くしていきま
しょう。

ウォーミングアップの一環でフットワーク練習を短時間実施しているチームが多いよ
うです。しかし、このようにフットワークを比較的長い時間をかけて行うことでフッ
トワークの自動化とスタミナ向上を図ることができます。

フォア奥へ移動するフットワークを見たい方は以下の動画をクリックしてください。
以前、公開したフォア奥へ移動するスピード練習です。

◆フォア奥へのスピード練習(小学生)



にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  1. 2017/04/03(月) 07:00:34|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダブルス ドライブレシーブ&ネット前プッシュのノック練習【動画と解説】

前々回に続いて「野の花クラブ・ハート」主催講習会で実施したノック練習を動画と
解説でお送りします。
今回のダブルスのノック練習は、相手が打ったスマッシュをドライブレシーブして、
相手後衛がネット前に甘い返球をしたのでワイパープッシュで決めるという想定です。

◆ドライブレシーブ&ネット前プッシュのノック練習


<練習の狙い>
ノック練習の想定は上記のとおりです。もう一つの狙いは、スタミナ向上です。動画
は40秒ほど全速動いています。30秒~1分30秒間全速で動き、これを2名1組(運動と
休息の比率が1対1)で他の種目と併せてオールアウトまで実施するとスタミナ向上の
ノック練習になります。(中学生以上が対象)

<フィーダー>
2名のフィーダーで手分けして行います。1名は、手でシャトルをスマッシュと見立て
投げます。もう1名はネットにシャトルを逆さまにして立てます。
手で投げるスマッシュの代わりに、ネットの少し後方からラケットでスマッシュを打
ってもいいでしょう。
また、慣れてきたらスマッシュの方向を高低、左右などに散らして打ちましょう。

<選手の注意点>
ドライブレシーブを行います。ネットを超えてからシャトルが高く浮かないようイン
パクト時のラケット面(打球面)の調整が必要です。
ネットに飛び込むときのフットワークは、右足を前にしたツーステップを行います。
最後は、右足で蹴って右足で着地します(右利き選手の場合)。左利き選手は、左足
で蹴って左足で着地します。
ウォーミングアップで、各種ステップ走を行うことが多いと思います。その中のツー
ステップは、この時に使うことを意識して行いましょう。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2017/03/21(火) 08:00:06|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (62)
セミナー/講習会 (94)
フットワーク (9)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (3)
方針 (16)
練習方法 (40)
講義 (2)
トレーニング (13)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR