バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

移動局面と技術局面

読者で高校生1年生の方(Mさん、以下Mという)から質問がきましたのでブログに掲載します。

 

M:自分は、試合中にネット前でヘアピンやスピンネットを打つ際、エラーが多いので何とか直
したいと考えています。

ネットショットをエラーせずに正確に相手コートに入れるにはどのように考えて、どんな練習を
すればよいのでしょうか?

 

飯野:ネットショットでエラーが多いのであれば、ヘアピンやスピンネット、クロスネットを打つ技
術練習を行えばいいのですが、実施していますか?

 

M:練習の頻度や時間は別にして実施しています。技術練習しているときはエラーの確率が低
く、ある程度正確に打てます。

 

飯野:そうですか! そうするとエラーする場面では慌てて打っているという理解でいいのですね?

 

M:試合中は、無我夢中でやっているので、自分ではよく分からないのですが、無意識の中で速
くシャトルに触って相手コートに返球したいのだと思います。それが慌てて打っていると映るのか
もしれません。

飯野:M選手の心理としては、高い打点で速くネットショットを打つことで、相手選手が体勢を崩し、
やっとシャトルを捕らえる状態にしたいのでしょう。しかし、速く打つことを最優先すると正確性が
損なわれます。速く打ってもシャトルをネットに引っかけたり、相手コートの遠くに落下しても意味
がありません。

 

そこで、以下のように考えてみましょう!

ネットショットをエラーせず正確に打つためには、局面毎の目的に沿って行なう必要があります。

「後方でスマッシュを打ち、ネット前に返球されたショットにスピンをかける」という場面を例にとっ
て説明します。

スマッシュを打ってからネット前に移動する区間を「移動局面」といいます。

ここでは、ネット前に速く移動することが目的です。

移動局面が終わり、実際にシャトルを打ちますが、その局面を「技術局面」といいます。技術局面
では、「できるだけ速く打つ、より高い打点で打つ」ことを最優先せず、「正確に相手コートにスピン
をかけて返球する」ことを目的にしています。従って、技術練習でやっている場面をそのまま再現
すればいいのです。

 

M:移動局面と技術局面によって目的が違うのが解りました。「できるだけ速く打つ、より高い打点
で打つ」ことを狙いたいのなら「移動局面」で決まるのですね!?

 

飯野:そうです。そういう考え方で練習を行っては如何でしょうか? 意識して練習していくと試合
でも出きるようになっていけるでしょう!

 

M:わかりました。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリック 

スポンサーサイト

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/11/25(日) 00:00:00|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

選手は指導者を超えられない 

昔、「選手は指導者を超えられない」という言葉をよく耳にしました。選手時代だったので気に
も留めなかったのですが、今になって思い起こします。

この意味は、指導者は、時によって選手の成長を制限しかねないということだと解釈していま
す。

例えば、指導者がバドミントン経験者である場合、自分が出来ない技術や苦手な技術を選手
は当然出来ないものと考え、練習せず避けて通る。自分が行なってきたトレーニングを迷い
や検証もせず強くなるために必須だと考え実施する。

バドミントン経験者でない指導者は、自分にとって神業と考えている技術は到底練習などでき
ないし、選手から質問されたら怖いのでその技術練習を避ける。他の強いクラブで行なってい
る練習やトレーニングを疑いもなく実施する。など・・・。

 

練習、トレーニング、練習計画、方針は、どうしても指導者の知識や経験、価値観の中
で決定されるため、選手の競技力向上や成長に大きく影響を及ぼします。

一昨年カナダのモントリオールでセミナーを開催しましたが、その際、ジュニアを指導している
女性指導者と会話する機会がありました。その方は、高度な技術や戦法は分からないので、
その部分は、選手が成長するために優秀な指導者に任せる。自分が指導できなくなれば他の
優秀な指導者に選手を委ねる。と明言していました。

はっきりしていますね! 

 

一方、日本はとかく選手を囲いたがるようです。その心情は理解できますが・・・。

選手の成長を最優先して考えると指導者自身が正しい知識を得ることから始めるべきなので
しょう。

 

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリック

 

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/11/18(日) 00:00:00|
  2. 方針
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

練習方法の発想が分からない?

読者から練習方法が分からないので、どういった発想で行うのか? との問い合わせがありま
したのでブログで回答します。

具体的な内容があったほうが分かりやすいので、「バック奥へ移動するのが遅いのでどうした
ら速くなりますか?」と具体的な質問に変えて話しを進めます。

1.ラリーを再現する

 試合中にバック奥へ移動する場面が多くあります。例えばフォア前でネット前に返球してバッ
 ク奥にロビングで返されたシャトルをスマッシュで打つ。フォア奥からストレートにドロップを打
 ち、バック奥にロビングで返されたシャトルをクリアで返球する。ロングハイサービスを打った
 ら相手がバック奥へ速いドリブンクリアを打ってきたので、速く入り込んでクロスへドロップを
 打つ。などバック奥にからむラリーを、打ち合う練習(部分練習)、ノック練習、フットワーク練
 習の中で再現して練習するのです。

 

 この練習では、選手の競技レベルにもよりますが、少しずつ動く時間を長めにとってスタミナ
 向上を意識した練習にしましょう。

また、具体的な質問では、バック奥へ速く移動することを要求していますのでスピード練習も実
施する必要があります。

例えばバック奥⇔フォア前間、バック奥⇒ホームポジション⇒フォア奥⇒ホームポジションと移動
を繰り返すノックによるスピード練習やタイムで競うフットワーク練習を行ないましょう。1回実施
する時間は10秒~20秒以内、1回実施して3回分以上の時間休息を取って回復を図る、1日
最大5~6セット、週2日以内で実施するなどの条件を満たす必要があります。

 

とかく指導者や選手は、強くなるための練習やトレーニング方法を考える際、遠回りして
考え、結果、迷宮入りしやすいようです。もっと直線的に考えればいいのです。


打ち方が悪ければ、そのストロークの技術練習を行う。ショットのコントロールにバラツキがあれ
ばコントロール練習、ジャンプ力がなければジャンプトレーニング、コート内移動スピードが遅け
ればスピード練習、ダブルスで前衛の攻撃範囲が狭ければノックなどで攻撃範囲を広げる練習、
足で床を蹴る力が弱ければ縄跳びや足を中心とした筋力トレーニングを実施するなど直線的に
考えましょう!

 

2.分解して練習する

 上記の技術に関する練習をして上手くできない場合は、分解して練習します。

 例えば、スマッシュが遅い場合は、足を空中で入れ替える練習、両足を空中で入れ替えない練
 習、上半身の捻りの練習、腕を振り出す時の肘の位置の確認、両手の使い方の練習、インパ
 クト前後の上半身の傾斜の練習、ストロークなど1つ1つ分解して練習します。出来るようになっ
 たら2~3組み合わせて行い、最終的には全部を一緒に行います。

 

練習方法を模索する場合、キーワードを「再現」「分解と覚えておくとよいでしょう!

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クルック

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/11/11(日) 00:00:00|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジュニア選手のためのセミナー仮申し込み受付開始

ジュニア選手の時期に正しい技術・フットワーク・トレーニンングを学び習得すること
は将来に向け、大きな財産となります。
その機会をコーチングセミナーで提供します。
今回は小学生と中学生の選手とその指導者を中心にセミナーを開催することにしました
ので、日程、開催場所などを事前にお知らせ致します。

 

タイトル:小学生・中学生のためのスプリングキャンプ

対象:小学生・中学生でバドミントン経験2年以上の選手

    小学生・中学生選手の指導者及び父兄

    バドミントンの基礎知識と指導ノウハウを学びたい指導者

日程と主な内容

3月23日(土)9時30分迄に集合~20時30分

 24日(日)9時00分~17時00分

     ・試合で使う技術のマスター、フットワーク、戦法他

     ・小・中学生のためのコンディショニング、SAQトレーニング他

  3月25日(月)9時00分~20時30分

 26日(火)9時00分~17時00分

     ・交流試合

     ・強くなるための食事(講義予定)

     ・ナイスショット勇羽にみるバドミントン上達法(コミック講義予定)

会場:千葉工業大学 芝園校舎&体育館 JR京葉線「新習志野駅」徒歩5分

    千葉県習志野市芝園2丁目1番1号

 

仮申し込み受付開始

当キャンプは選手の定員を80名にしており定員になり次第、申込みを終了します。
そこで、参加を強く望む方は今年の12月31日まで仮申込みをして下さい。来年キャンプの
内容詳細、参加料など決定後。正式な申込み
受付を開始します。
仮申込みされた方は再度正式な申込みを行なって頂きますが、仮申込みされた方が最優
先されキャンプに参加することが出来ます。

仮申込みは、申し込みされる方の氏名、チーム名、選手名、年齢、お住まいの都道府県名
を記載し以下のメールアドレスに連絡してください。


仮申込み先メールアドレス⇒ 
iinoism0227@gmail.com

 

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリック

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/11/04(日) 00:00:00|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (59)
セミナー/講習会 (91)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (38)
講義 (2)
トレーニング (11)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR