バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

ハイバックの打ち方ーその2

2013年1月20日ブログ公開の「ハイバックの打ち方」1~4の続編です。

5.肘の反動動作
肘関節を曲げ、肘を落とした状態から肘の位置を体の前面に沿って外側から内側へ向かって
動かす。動かした反動で逆方向へ押し出す。
肘を外側から内側に向かって動かした後、そこで一旦肘を止めてから逆方向へ押し出すとス
ウィングスピードが遅くなるので注意が必要である。肘を一旦止めることによって蓄積してい
た運動エネルギーがゼロになり、そこから再度スウィングを開始するわけであるから当然で
ある。肘はゆっくりでも動きを止めてはならない。
体全体を使い、力んでハイバックを打とうとする選手は、肘を上記のように上手く動かしてい
ない場合が多い。肘の反動動作を上手く使うことがハイバック上達の秘訣を言えよう。

6.ストローク
肘の反動動作の後に、肘を曲げた状態から伸ばし、肘から先の主に前腕と手を加速させる。
その際、前腕を回外し、その後、ラケットが遅れて出てきてインパクト(ラケット面とシャトルが
当たる瞬間)する。
ここで言う前腕回外とは、自分が自分の利き腕を見たときに、手の甲から手の平に前腕を回
転することを指す(ストロークの全体の中で前腕回外を行う。インパクトの瞬間に前腕回外を
行うのではないので注意が必要である)。
但し、ハイバックのクリアーとスマッシュは、インパクトの短い時間の間、ラケットの並進運動
を行い、飛距離を出す。
ハイバックのクリアー、スマッシュ、ワイパーショットでは、インパクト前後でハンドルを握って
いる親指を中心にハンドルを捻ることでさらにラケットを加速させる。親指を捻らないストロ
ークは、スライスショットである。
ハンドル:器具(ラケット)などの手で操作するときに握る部分

7.フォロースルー
インパクトの後をフォロースルーと言う。インパクトの直後にラケットを止めてはならない。イン
パクトの直後にラケットを止めようとするとインパクトの時点ですでに減速が始まっている可
能性が高い。

8.肘を押し出す角度
肘を押し出す角度は、シャトルの位置と最適な打点との関係で決まる。無理に打点を高くしよ
うとして上半身を伸ばして打ってはならない。上半身を伸ばして打つとスウィングスピードが遅
くなり、結果飛距離が出なくなる。

9.上半身は反らさない・動かさない
上半身は後ろに反ってはならない。後ろに反ることでラケットを速くスウィングすることが出来
なくなる。また、ストロークの動作に入ったら上半身は前後左右に少しでも動かしてはならない。
少しでも動かすことでスウィングスピードが遅くなり、結果飛距離が出なくなるばかりかャトル
のコントロールも失う。

10.打ち終わった直後にシャトルの軌道を目で追わない
インパクトの直後にシャトルの軌道を目で追いかけると利き腕の肩関節の位置が少し動く。
肩関節が動くということは、末端のラケットのコントロールに大きく影響を及ぼす。シャトルを
打ち終わった直後に~ と表現しているがインパクトとほぼ同時に肩関節が動いている可
能性が高いためだ。

11.背中を見せて打つ?
ハイバックは背中を見せて打つとも言われている。シャトルを捕らえる体勢によって背中を
全部といっていいほど相手に見せて打つ場合があるし、一部分だけ見せて打つ場合があ
る。

12.利き腕の逆の手
ラケットをスウィングする利き腕の逆の手は、力まずリラックスすることを心がける。

選手と指導者は以上のことをチェックして練習を行ないましょう。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 
←クリック
スポンサーサイト

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/01/26(土) 18:00:00|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

卓球界に学ぶ

先日の日曜日に卓球の全日本選手権をテレビで観戦した。
バドミントンと大きく違う点に気がついたので伝えたい。

1. 大会の規模が違う
卓球の参加選手は小学生から高年齢の方まで幅が広く、また参加選手数が非常に多い。
男女シングルスで各250名前後、男女ダブルスで120~130組、混合ダブルスで100組
前後が毎年参加している。バドミントンの全日本総合選手権大会は予選などを勝ち抜いた
一部の選手や前年度上位者のみが参加できる少数精鋭の大会となっている。

規模を大きくするメリットとデメリットは何だろうか? 

<メリット>
① 小学生や高年齢の方が出場すれば話題性があり、TVニュースや週刊誌に取り上げても
     らえる機会が多くなる。
② 年齢などを超えた横断的な大会なので卓球界全体が一体感を得る。
③ 自分の身近な選手が参加すれば会場へ応援しにいく人も多く出るだろう。
④ 才能があるが試合経験が少ない選手のレベルアップのキッカケとモチベーション向上に
    つながる。

<デメリット>
① 大会規模が大きくなればキャパのある会場に変更したり、大会日数を増やす必要がある。
  また、大会役員などの人員増が必要であると共に労力も増える。

デメリットを解消するためには大手のスポンサーがつき費用をある程度捻出してもらう必要がある。
今回の卓球全日本選手権では、選手の背中に氏名とスポンサー名が記入されたゼッケンをつけ
ていた。シチズンと全農が大手スポンサーのようだ。

比べるとメリットがはるかに大きいようだ

2. 選手が広告塔になっている
選手のユニフォームの背中、正面、袖などに複数の企業名のロゴが入っているものを着用してい
るのが目立った。一部の選手だけなのだろうが、それによって選手もしくは所属企業に広告収入
があるわけだ。選手が安定した競技生活を送れるため、企業チームの人件費の負担を軽減する
ため他の企業の協力を得ることも考えるべきである。

また、一部の選手は「プロ選手」とはっきり表明しているため、スポンサーが集まりやすいのだろう。
もし、バドミントン協会がプロ選手やユニフォーム広告などを規制しているのであれば大幅な規制
緩和が必要である。

世界のトップレベルの選手と戦い勝利するにはプロ選手以外考えられない。相手はプロ選手なの
だから。

同じラケットスポーツであり、日本でのスポーツの位置づけが同じレベルである卓球界から学ぶでき
点が多くあるようだ。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリック

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/01/22(火) 00:00:00|
  2. 方針
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハイバックの打ち方

ハイバックの打ち方のポイントを教えて欲しいとの連絡がありましたのでブログで回答します。

ハイバックは、一昔前は打っていけないショットでした。しかし、最近の国際大会では、女子選
手もハイバックを簡単に打つことが当たり前のようになってきました。日本では県レベルの男子
選手でもハイバックをいとも簡単に打っていますが、女子選手はまだ抵抗があるようです。
ハイバックで打たないで回り込んで打ちなさいと言いますが、試合では回り込んで打てないよう
に相手は厳しいショットで攻めてきます。ハイバックを練習していないと打てないし、打てないと
気になって他のショットにも悪影響が出てきます。

バドミントンの技術目標はいろいろなショットを自由自在に打てるようになることです。
そのためには、年齢を問わず早い段階からいろいろなショットを打つ練習が不可欠です。
勿論、ハイバックは小学生から練習を開始すべきです。
そこで、ハイバックを打つポイントを2回に分けて解説します。

1.コート内移動で運動エネルギーを獲得する
試合では、ホームポジション付近から移動を開始する場面が多くあります。ハイバックを打つ
時は、バック奥ヘ移動しますが、その時に「運動エネルギー」が発生します。運動エネルギー
とは、ラケットをスウィングする時の動力源をここでは言います。止まって打つよりは、コート内
を移動した後に打った方がシャトルを遠くへ飛ばすことができることで実感していると思います。

2.フットワークは、サイドステップで移動
ホームポジション付近から移動する際のフットワークは、サイドステップで行いましょう。一般的
には2回サイドステップを行い、右利きの選手は右足を出してスウィングを開始します。

3.足を着地し運動エネルギーを腕に伝える
ホームポジション付近から移動すると運動エネルギーが発生しますので、右足を床に着地す
ることで運動エネルギーを腕に伝達します。右足の着地とスウィングを同時に行う選手がいま
すが、右足の着地後、タイミングよくスウィングを開始しましょう。それにより足(土台)が安定
するのでショットのコントロールも向上します。

4.右足に体重を乗せる
右足を着地した後、両足が伸び上がる選手がいます。高い打点で打ちたいのかもしれません
が、両足が伸び上がると速いスウィングが出来なくなりますので避けましょう。
右足のヒザ関節を曲げて体重を右足にかけます。


次回は腕のスウィング編です。お楽しみに!
その間、足の移動、右足の着地の練習を行っておいてください。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリック

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/01/20(日) 11:02:08|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リーダー論その2

随分昔だが、ある高校でバドミントンの指導を行なっていた時、となりのコートでは女子バレー
ボールの練習が行なわれていた。
突然大きな声で騒ぎ出したので振り返ると、男子監督が怒り出し一人の女子選手の頭の髪の
毛をつかみ、引きずりまわし始めた。それを見ていた周りの女子選手達は、止めるどころか、
こともあろうに男子監督の味方につき、髪の毛を引きずりまわされている選手を口頭で攻撃し
だした。

私は、その異様な光景に唖然としたことを記憶している。
現在ニュースで騒がれているスポーツ部活の体罰と同じことが以前も行われていたわけだ。

野球やバレーボールなどのチームスポーツは、試合で一人一人が全力でやらないと勝てない
スポーツなので練習でも全員が全力で練習に打ち込む必要がある。
全員が一生懸命行っていても気が抜ける時がでるので時々緊張感を与える目的で強い刺激
が必要なのかもしれない。

また、強いチームの指導者はカリスマ性があがり、いろいろな言動が美化され周囲の人達は
盲目になることがある。その指導者は周囲から注意を受けにくいためワンマン体質に陥りや
すい。

ワンマン体質の指導者は周囲の歯止めが無くなりやりたい放題となる。そして、殴る蹴るの
暴力行為は、その場の感情に任せて行なっていることが想像できる。
体罰は肉体に苦痛を与えることを言うが、精神的にも追い込むためパワハラ(パワーハラスメ
ント)もプラスされていると言ってもいいだろう。
選手の精神的な苦痛は計り知れない。

感情的に暴力を振るう指導者は、指導者失格と言わざるを得ない。

さて、バドミントンの部活はどうであろうか?
個人競技の集合体であるバドミントンのチームは、野球やバレーボールなどのチームスポーツ
と少し状況は異なる。しかし、これを機会に指導者のあり方を見直す時期であることは間違いない。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリック

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/01/13(日) 12:00:00|
  2. 方針
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リーダー論

一般的に競技スポーツを経験してきた人の良いところは、挨拶がしっかりできて礼儀正しい、
命令されたことは忠実に実行しようとすることが評価されています。その反面、社会人の場合、
会社の上司の指示を待つ、自分の意見を発言しない(できない)などの傾向があるようです。

現代の社会に出た場合、指示待ちや自分の意見を発言できないことは見方によっては致命傷
と言えるかもしれません。どうしてこのようなことになったのでしょうか?

恐らく日本の競技スポーツの指導のあり方に問題があるのではないでしょうか?

指導者や上級生からの命令が絶対的であったり、選手自らが意見を述べる機会が与えられず、
指導者や選手間で会話をしたことがない等が長年に渡り継続されてきた結果かもしれません。

このような環境では、世界に通用する選手を育成することは不可能に近いでしょう!

 

私は、最近インターネットでサッカーの記事を読むことが日課になっています。とりわけレアル・
マドリードのジョゼ・モウリーニョ監督の試合前後のコメントに注目しています。

世界有数のビッグクラブの監督であり常に勝利が義務付けなられている中、ファン、マスコミ、
対戦相手から想像を超えるプレッシャーを与えられている。その中で勝ち続けるにはどのよう
な思考と手段で対応しているのだろうか? と日頃疑問に感じています。

そこで先日「モウリーニョのリーダー論」世界最強チームの束ね方という本を購入していたので、
本日読むことができた。

 

その中で特に注目すべき内容を紹介しましょう。

「リーダーとは何か。私にとって、それは命令を下すことではない。ガイドすることだ」

とモウリーニョ監督は述べています。選手達の頂点に立って命令を出す、判断するのではなく、
選手の輪の中心にいて選手と対話しながらチームが一丸となり、勝利のための戦略を立て練
習方法を計画し遂行する。

以前モウリーニョ監督に指導された選手は、「モウリ-ニョ監督は、我々選手の意見を吸い上
げるのが好きでした。だからといって自分の考えてを見失うことはありませんでした。」選手に
質問を投げかけ、参加を促し、多様な意見が出てくることを期待し、最後に全員参加でチーム
の改善・向上を目指し、実現する。選手に質問するときは圧力を感じさせることなく、選手たち
自身がどのようにプレーしたいのか聞き出す。この手法で選手たちの信頼を勝ち取り、互いに
会話でき、違う意見を出せる雰囲気づくりも可能としました。

 

さて、冒頭の日本のスポーツ界の課題に戻りましょう。

なにやら、日本のスポーツ界の典型的な指導者とモウリーニョ監督のやり方は真逆にあるよう
です。

モウリーニョ監督のやり方は、言うのは簡単ですが、指導者の立場になったら非常に難しいと
思います。選手からのバドミントンの多様な意見(技術・トレーニング方法・練習方法・練習計
画・栄養など)に指導者は回答もしくは方向性を示せるのか? 何回かやってみて、まともな
回答ができなければ指導者に対する信頼が揺らいだり、反発さえ受ける可能性があります。

選手から意見を聞いているつもりが、選手に試される場でもあるのです。

そういったリスクを回避するため、選手との会話を自然と避けているのかもしれません。

 

指導者の皆さんは、どんな思考と手段でチームを運営し選手を指導されていますか?

一度、この本を読んでみると新しい発見があるかもしれません。

         ↓

「モウリーニョのリーダー論」

 

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリック

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/01/07(月) 08:00:00|
  2. 方針
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

開連鎖

レシーブでネット際に返球する時の腕の使い方を詳しく教えて欲しいとの連絡がありましたの
でブログで回答します。

 

今回は、腕をスポーツバイオメカニクスからとらえた内容で話を進めたいと思います。

「スポーツバイオメカニクスとは、スポーツと生体と力学で力学、生理学、解剖学などの基礎
  知識を活用して、身体運動の仕組みをよりよく理解するための応用学を言います」

 

スポーツバイオメカニクスで腕のことを開連鎖(かいれんさ:open kinematic chain)といいます。
指(手)・前腕・上腕がチェーン(鎖)のようにつながり、使い方によっては腕とその延長にある
ラケットを最大限に加速できるようになります。しかし、レシーブでネット際に返球する場合は、
逆に大きなパワーを発揮できないように腕の使い方を工夫する必要があります。


腕は空間で自由に動かすことができるため開連鎖といい、足は地面や床で動きに制限が加
わることから閉連鎖(へいれんさ:
closed kinematic chain)といいます。

 

スマッシュなどラケットを最大限に加速する時と、レシーブ時に大きなパワーを発揮しない場合
を開連鎖の部位毎の動きで対比してみましょう。


○はスマッシュ ■はレシーブ

1.腕全体

○肩関節を支点に腕を出来る限り関節可動域いっぱいにスウィングする。

■肩関節を支点に腕を上げる:シャトルにラケットが接触するであろう打点の最短距離からラ
ケットを操作し始める。肩関節は、床近くの低い打点でシャトルを捕らえた場合は、肩関節
を支点に腕全体を上げ飛距離を出す。

 

2.肘関節屈曲・伸展

○肘を曲げた状態かインパクト直前に肘を伸ばし、肘から先を加速する。

■肘を伸ばした状態を保持する:肘は完全ではないが伸ばしたままの状態でラケットを前方へ
押し出す。

 

3.前腕

○前腕回内・回外運動を行なう:スウィング全体の中で前腕を関節可動域いっぱいに内側に
捻る回内運動、外側に捻る回外運動を行ないラケットを加速する。

■前腕を少しの角度だけ捻る:シャトルに回転を加えコントロールを向上すると共にサイドラ
   インから外側に出さないためフォアサイドは前腕を回内する。バックサイドは前腕を回外する。

 

4.共通する運動

①指・手でラケットを保持する。

②必要に応じリストを立てる(リストスタンド、手関節の外転)。

 

今回は、少し違った角度で技術を理解できるようスポーツバイオメカニクスを用いて解説しまし
た。如何だったでしょうか?


<追伸>
本日、妻の裕子と一緒には初詣に行ってきました。
非常にいい天気だったこともあり、爽やかな気分になりました。
今年もよろしくお願いいたします。

初詣



にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 
←クリック

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/01/01(火) 19:30:22|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (58)
セミナー/講習会 (89)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (36)
講義 (2)
トレーニング (9)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (8)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR