バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

ランニング神話から目覚めよ!

未だにバドミントンのスタミナを向上するには、ランニング(長距離走)が必要不可欠だ!

と思い込んでいる選手、指導者がたくさんいます。

私達は練習時間が限られているので、出来る限りバドミントンが強くなる、うまくなるため
の練習・トレーニングを効率よく実施したいものです。従ってバドミントン競技のトレーニン
グにおけるランニング(長距離走)の位置づけをしっかり理解しておく必要があります。

ランニング(長距離走)はバドミントン競技のスタミナ向上に有効なのかどうかを考えてみ
るためブログで取り上げてみました。

 

■トレーニングの定義
環境運動刺激に対する人体の適応性を利用し,身体運動を行うことによって意志力を
含めた
人間体力を高めること,もしくはその過程をいう。生体は運動という刺激(トレーニ
ング
負荷)によって変化を生じ,それを繰り返すことによって機能を高めることができる。」と
されています。

わかりやすく表現すると、目的とする動作、運動強度、時間、動くスピード、動くテンポなど
を長い期間トレーニングにより繰り返すことで、体を徐々に適応(順化)させていくことをいい
ます。

 

このように考えるとランニングの動作、運動強度、時間、動くスピード、動くテンポに体が
適応することで、バドミントンのスタミナ向上になるのかどうかが判断の基準になります。

そこでランニングとバドミントンの試合時の運動特性を比較してみました。

 

■ランニングの運動特性

・運動の種類:連続運動

・エネルギー供給経路:有酸素性エネルギー供給経路

・運動強度:中負荷で最大心拍数の60~70%(個人により異なる)

・動員される筋線維:遅筋線維(SO線維)

・動作:ランニング動作の繰り返し

 

■バドミントンの試合時の運動特性

・運動の種類:間欠運動

・エネルギー供給経路:無酸素性エネルギー供給経路(ATP-PCr系・解糖系(乳酸系))

・運動強度:高負荷で最大心拍数の70~90%(シングルスの場合で個人により異なる)

・動員される筋線維:遅筋線維<速筋線維を多く動員(FG線維・FOG線維)

・動作:ツーステップ、サイドステップ、クロスステップ、継ぎ足、空中で足の入れ替え、動き始
    めに床を強く蹴る、ジャンプ動作などでランニング動作とは全く異なる

 

ランニングの運動特性とバドミントンの試合時の運動特性は、全く異なることが理解でき
たと思います、

 

1.ランニングがバドミントンのスタミナ向上にならない理由―1

ランニングはバドミントンのシングルスの試合時に比べ運動強度が低く、その運動強度に
慣れてもバドミントンのスタミナ向上にはならない。

試合のラリーで対戦相手が速く動くと自身も速く動く必要があり、運動強度が高くなります。
又、ラリー時間が長くなると同じく運動強度が高くなります。それらを何回か繰り返すと乳酸
が多く生成され、個人毎のレベルを超えると動きを抑制せざるを得なくなります。この時に
スタミナ切れが発生するわけです。

ゲーム練習もランニングと同じことがいえます。本番の試合で普段行っているゲーム練習
より速く動いたり、長いラリーが続いたときに乳酸が大量に生成され、スタミナ切れが起こ
ります。

従って、バドミントンの動作で速く長く動き、短い休息を挟み、繰り返し実施することで乳酸
を大量に生成し、それに体を適応させるようにすることがスタミナ向上のための練習・トレ
ーニングです。

 

2.ランニングがバドミントンのスタミナ向上にならない理由―2

ランニングの動作とバドミントンの動作とは全く異なるため、ランニングを日々繰り返し実施
しランニング動作の熟練度を増しても、バドミントンのフットワーク動作の熟練度向上にはな
らない。

 

ランニングの位置づけをどのように考えればよいのであろうか?

  本格的な練習に入る前のトレーニング時期にランニングを実施する(しばらく練習を休ん
でいる時期から本格的な練習に入る前の時期)

  体脂肪を燃焼させたい時期にランニングを実施する

  ハードな練習や高強度の試合があった翌日などに回復を図る場合にランニングを実施
する(走るスピードを遅くする)

  忍耐力を養成する場合にランニングを実施する

 

<結論>

ランニング(長距離走)は、バドミントンのスタミナ向上の土台作りとして必要である。しかし、
バドミントン競技のスタミナ向上の直接的な刺激にはなりづらい。

 

数年前、カナダトロント近郊でコーチングセミナーを開催しました。セミナーで廣田彰宮崎大
学名誉教授が講義を行い、選手と指導者に対して以下の質問を行いました。

「ランニング(長距離走)はバドミントンのスタミナ養成に有効かどうか?」

参加していた約30名の選手&指導者全員共「有効ではない」と回答しました。

日本だったらもちろん「有効である」と全員が回答しているでしょう。

私たち講師、スタッフは有効ではない、という答えを分かっていたが、同じ答えがカナダ選
手&指導者全員から聞くことに驚きを隠せませんでした。

理由を聞くとランニングは有酸素性トレーニングであり、バドミントンは、コート内を速く動
くので無酸素性トレーニングを実施しなければならない、というものでした。

運動生理学の基本を理解しているから即答できたのでしょう。

日本はスタミナ向上=ランニング(長距離走)のイメージが固定されています。

早く目覚めたいものですね。

 

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←ちょこっとクリック

 

--------------------------------------------------------------

◎私の指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、以下のメールアドレス
に問い合わせして下さい。

iino@quartz.ocn.ne.jp

指導対象:小学生・中学生・高校生・大学生・社会人及び指導者

指導メニュー:技術指導・技術分析・技術理論・戦法を達成するためのノック練習・シングルス総合練習&部分練習・
ダブルス総合練習&部分練習・フットワーク・戦法講義・練習計画作成・試合分析・ノック出し技術・バドミントン競技力
向上のための講義など

スポンサーサイト

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/04/27(土) 09:00:00|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

勇羽ビデオ講義

交流会の夜間講義で「ナイスショット勇羽にみるバドミントン上達法」を行いました。

コミックをスクリーンに映し出し、指導スタッフ及び参加指導者が声優として出演、廣田名誉
教授が講義するというものです。

対象は小学生・中学生の選手及びその指導者です。

その模様をビデオ撮影していましたのでブログで公開します。

 

選手への教育に活用して頂ければ幸いです。

 

■声優の熱演にも注目!!

勇羽声優

 

1部スタミナ養成方法・2部スピード養成方法 ←クリックすると動画をみることができます。
<約17分>

 

3部バドミントンのトレーニング方法・計画 ←クリックすると動画をみることができます。
<約12分>


■企画・講義:廣田 彰 宮崎大学名誉教授


■声の出演

勇羽        :菅野元治

木村コーチ   :金成徳

リコ先生      :江頭文江

三岡キャプテン  :南雲克彦

関マネジャー   :阿部 聡美

ブーヤン      :春日 純一

チョロ         :立木 隆

大作         :本田 剛

阿部記者     :山中 泰雄

 

■ビデオ編集:江頭吾郎

 

■コミック 構成・漫画:坂丘のぼる

          原作   :飯野佳孝

 

■交流会での質問と回答

Q:オーバーヘッドストロークでシャトルを打つ際、利き腕(右手)の逆(左手)は、照準器として
    働かせるのですか? ある指導者に言われたのですが・・。

A:対戦相手は、自身に対して体勢を崩させて打たせようとします。体勢が崩れても左手を照準
    器として働かせられますか? 

Q: 左手を照準器として働かせると打つフォームが崩れ、逆におかしくなりますね!

A: 左手を照準器として働かせなくとも、問題なくシャトルをヒットできますね?

Q:できます。

A:それなら左手を照準器とする考え方は必要ありません。1ラリーが秒単位の競技で左手を照
   準器にしている時間はありません。競技レベルの高い選手は、だれも左手を照準器にしてい
   ません。おそらく、初心者に教えるとき、左手をあげさせたいために作った表現方法でしょう。
   選手がそのとおりに実行するとフォームが乱れます。既に「死語」になっているので、指導現
   場で使うのは止めましょう。

   「左肘を少し曲げて、左腕をあげる」と指導しましょう!

Q:分かりました。

 

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←ちょこっとクリック

 

---------------------------------------------------------

◎私の指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、以下のメール
アドレスに問い合わせして下さい。

iino@quartz.ocn.ne.jp

指導対象:小学生・中学生・高校生・大学生・社会人及び指導者

指導メニュー:技術指導・技術分析・技術理論・戦法を達成するためのノック練習・シングルス総合練習&部分練習
・ダブルス総合練習&部分練習・フットワーク・戦法講義・練習計画作成・試合分析・ノック出し技術・バドミントン競技
力向上のための講義など

 

  1. 2013/04/20(土) 09:00:00|
  2. 講義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見よ!小5のハイバック

見よ!シリーズ第3弾

今回は、ハイバッククリアーのフォームをハイスピードカメラで撮影した動画で見て頂き、
解説を行います。

 

今回紹介する選手は、前々回「見よ!小1のスマッシュ」で紹介した釧路市在住の阿部学斗
選手のお兄さんの
阿部奏大(あべ かなた:小5年生)選手です。撮影した日は、セミナー&
&交流会の最終日の3月26日ですので、4月以降の現在は6年生になっています。

奏大選手は、今回のセミナーと交流会で、初めて本格的なハイバックの練習を行いました。

 

■ハイバックの定義

ハイバックというと「high:高い」という名称のとおり、高い打点で打たなければならないという
固定観念があるようです。高い打点で打てるならば、回り込んでラウンドで打てるのでハイ
バックで打つ必要はありません。しかし、対戦相手は自身が回り込んで打てないように低い
ロビングなどで攻撃してきます。その時にハイバックを使う必要が出てきます。

実際は高い打点で打つ「ハイ:high」ではなく、バックハンドドライブで打つ打点を少し上げて、
自身の頭の上下付近で打つショットと考えましょう。従って名称を、ミドルバック「中間:
middle
と言ったほうが適切かもしれません。このブログでは、ハイバックとう表現で統一しますが、
実際には非常に高い打点で打つ必要はないと考えてください。

さて、小学生でハイバックをマスターする必要があるのかどうかですが、ハイバックのカット、
ドロップのストロークはマスターしたいですね。また、クリアーは身長に応じた飛距離を出せ
ば合格としましょう。フォアハンドクリアー(オーバーヘッドのクリアー)の飛距離も同様の考
え方です。小学生で身長が低い選手に対して、大人と同じ飛距離を要求してはいけません。

 

■私からの指導した内容は以下の通りです。

セミナーでは、ハイバックのカットとドロップの技術練習を行いましたが、クリアーの技術練習は
交流会の個人練習で行いました。奏大選手は、個人練習の時間に他の多くのショットを練習し
たのでハイバックのクリアーに要した時間は、15分程です。練習した後に即、撮影しました。
しかし、短時間の練習で尚且つ初めて本格的にハイバッククリアーを練習したので完成を100
%とすると80%の出来となりました。短時間で80%まで出来たのは感覚がいいことと技術の
下地があったからでしょう! 

奏大選手に指導した内容は以下のとおりです。奏大選手はサウスポー(左利き)なのでサウス
ポーに対する表現としました。

1.左足を着地し、左足に体重を乗せた後にインパクトすること

 

2.利き腕の肘を後方(相手コートとは逆方向)へ引き、引いた反動で肘を前方へ押し出すこと

    ストロークは、スウィングしながら前腕の回外運動(前腕回外は前々回の「見よ!小1のスマ
    ッシュ」で説明していますので参照願います)でラケットを回転させること

    ラケットの回転は、長いストロークの中で行うこと

 

3.インパクト前後では、膝関節や上半身を伸ばしてスウィングしないこと(下半身、上半身共
    伸びきってスウィングしないこと)、上半身は後ろに反らないこと

 

4.インパクト後は、ラケットを振り切ること


私から奏大選手に対して上記以外の詳細について説明が不足していました。従って、20%ほど
未完成の部分がありますので、このブログで補足レッスンを行います。

読者の皆さんもハイバックのマスターの一助になれば幸いです。

 

見よ!小5のハイバック ←クリックすると動画を見ることができます。

 

■私の指導に対する奏大選手のハイバッククリアーのフォームの解説

1.左足を着地し、左足に体重を乗せた後にインパクトすること

⇒奏大選手は、左足は踵(かかと)から着地し、次に左足基底面を床につけています。また、
膝を曲げ体重を左足に乗せていることが分かります。左足を着地した後、タイミングよくイン
パクトしています。
素晴らしいですね!

 

【注】ホームポジション付近からインパクトするエリアまで移動することで運動エネルギーが発
生します。その運動エネルギーは左足を着地することで、腕をスウィングする運動エネルギー
に変換されます。

下の図を見てください。車を運転していて急ブレーキをかけたら、搭乗者は前方へ回転しなが
ら投げ出されますね。このことは経験で理解していると思います。人も車も物体ですから同じ
現象が起きます。車の走行とコート内の移動は同じと考えてください。車の急ブレーキは、左
足の着地を意味しています。

従って、左足を着地した後、タイミングよくインパクトしなさい。という背景がここにあります。

 前進運動から回転運動変換

2.利き腕の肘を後方(相手コートとは逆方向)へ引き、引いた反動で肘を前方へ押し出すこと

⇒私から奏大選手に強調して指導したのが、肘の運動です。スマッシュやドリブンクリアーを打
つ時も、同じように利き腕の肘を引いてスウィングを開始していますね。それと同じ目的です。

左肘を引き、左肘を前方に出した後、左肘を少し曲げていた状態から伸ばす(肘関節の伸展)
ことで肘から先の前腕とラケットを加速しています。そのあと遅れて手、さらに遅れてラケットが
出てきてシャトルをインパクトしています。

奏大選手は、上記の内容を見事に達成しています。

 

【注】肘を後方に引いて、そこで肘を動かさず止めてから前方へ押し出す選手がいます。この
ようにすると肘を引いて発生させた運動エネルギーが「ゼロ」になります。

従って肘の運動は、ゆっくりでも動きを止めないようにしましょう。

 

3.ストロークは、スウィングしながら前腕の回外運動でラケットを回転させること

     ラケットの回転は、長いストロークの中で行うこと

⇒特にこの内容が説明不足でしたので詳細を説明します。

 

【注】下の図は、クリアーやドライブ、ロビングを打つ場合のストローク全体を簡素化したも
のです。ストローク全体でラケット面はインパクト面からインパクト面の裏の面に回転して
います。(必ず180度回転しなければならないことではありません)

ストローク

 

a.テークバックは図とは大きく違い、複雑な動きをしますので誤解のないようにしてください。
  テークバックでは、スウィングしながら前腕を回外します。これは、インパクト時にラケットの
  スウィングスピードを増すために行います。


b.インパクトはラケットの並進運動で飛距離を出すことから、ここでは分かりやすいようにイン
  パクト区間としました。インパクト区間でシャトルの方向性が決まります。

  初心者にバックハンドドライブを教えると、ラケットの回転を意識するあまり、ラケット面がシャ
  トルにフラットに当たらない場合が多くあります。インパクト時はラケットの並進運動を行い
  シャトルをフラットに当てることを意識しましょう!

 

c. インパクトの後をフォロースルーといい、シャトルのコントロールを向上させるために行います。

   インパクト直後にラケットを止めるようなストロークを行った場合は、インパクト前からラケットを
   減速していることになります。飛距離を出したい、速いショットを打ちたい場合は、フォロースル
   ーで前腕回外してラケットを振り切りましょう!

 

【注】上半身とインパクト時のラケット面の距離が遠くなければリストを立てて打つようにしましょう! 
そうすると前腕回外運動を強めることができスウィングスピードを増すことができます。

リストを立てる


⇒奏大選手は、もう少しリストを立ててスウィングしましょう!

 

【注】下の図のようにハンドル(ラケットを握る部分)を握っている親指を中心にしてハンドルを
ひねる
ことで飛距離を出しましょう。ハイバッククリアーでは、前腕回外と連動して行いましょう。

親指中心でハンドルひねる


⇒動画では、確認できませんでした。おそらく出来ていると思います。

 

4.インパクト前後では、膝関節や上半身を伸ばしてスウィングしないこと(下半身、上半身共
    伸びきってスウィングしないこと)、上半身は後ろに反らないこと

⇒奏大選手は最初、膝と上半身、利き腕の脇が上がり打点を高くして打ちました。そうすると
ラケットを速くスウィングすることが出来ず飛距離が出ませんでした。おそらく高い打点で打た
なければならないという固定観念があったのでしょう。しかし、アドバイスの一言で修正できた
ので能力の高さを感じました。

⇒奏大選手の動画の2回目以降のストロークでは、インパクト前後でシャトルの軌道を見よう
とするため頭が動いています。頭を動かすと両肩が動く可能性が高まります。従来のスウィン
グとは別に肩を動かすと
スウィングスピードが減速しシャトルのコントロールも不安定になる
ので注意しましょう! おそらく、クリアーが飛んだのかどうか確認したかったのでしょう。ラケ
ットを振り切ってからシャトルの軌道を確認
してください。

 

【注】上半身を後ろに反らしてハイバックを打ってみてください。ラケットを速くスウィングするこ
とが出来ないことが理解できると思います。上半身を後ろに反らす逆の動作をしてスウィング
してみてください。速くラケットを振ることが出来るのを実感できると思います。

 

【注】利き腕の反対の腕(ここでは右腕)は、意思で動かさないようにしてリラックスしましょう。

5.インパクト後は、ラケットを振り切ること

⇒奏大選手は、フォロースルーでラケットを振り切って前腕の回外運動を強調するともっと
よくなるでしょう。

 

■初心者の選手にアドバイします。ハイバック、バックハンドドライブ、バックハンドのロビング、
バックハンドのネットショットは図のようにバックハンドグリップで行いましょう! バックハンド
グリップは2つの方法がありますので、打ちやすい方を選択して下さい。

バックハンドグルップ

 

ハイバッククリアーも運動連鎖(前々回の「見よ!小1のスマッシュ」で説明)によって飛距離
を出すことを理解してもらったと思います。

 

奏大君、補足レッスンの内容は理解できましたか? 

ハイバッククリアーが完成したら報告してくださいね!

 

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←ちょこっとクリック

 

-----------------------------------------------------------------------------

◎私の指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、以下のメールアドレス
に問い合わせして下さい。

iino@quartz.ocn.ne.jp

指導対象:小学生・中学生・高校生・大学生・社会人及び指導者

指導メニュー:技術指導・技術分析・技術理論・戦法を達成するためのノック練習・シングルス総合練習&部分練習・ダブルス
総合練習&部分練習・フットワーク・戦法講義・練習計画作成・試合分析・ノック出し技術・バドミントン競技力向上のための
講義など

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/04/13(土) 09:00:00|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

見よ!小4のドロップ

見よ!シリーズ第2弾

今回は、前回の「見よ!小1のスマッシュ」に続き、ドロップの理想的なフォームをハイス
ピードカメラで撮影した動画で見て頂き、解説を行います。

 

今回紹介する選手は、神奈川県在住で小学4年生の「江頭桜空:えがしら おうすけ」選手
です。撮影した日は、セミナー&交流会の最終日の3月26日ですので、4月以降の現在
は5年生になっています。

江頭桜空選手は、カットが得意で返球の読みがいい選手です。昨年開催された第21回
全国小学生バドミントン選手権大会男子ダブルス4年生以下で末永逸貴選手と組んで
優勝しています。

桜空選手は、今までドロップをあまり得意としていませんでしたが、今回のセミナー&交流
会で理論を学び一生懸命練習してマスターしました。

 

私からの指導した内容は以下の通りです。

1.強打を打つと見せかけること

2.右足で踏み切り空中で足を入れ替える際、骨盤のひねりにブレーキをかけること

3.打点をやや低くしてラケット面を少し上向きにすること

4.インパクト前後でスウィングスピードを遅くし、フォロースルーをとること

5.打った後のシャトルの軌道は自コートネット前に山を作ることで、シャトルを相手コート
のネット際へ落下させること

 

これに対して桜空選手は、見事に実現させています。


見よ!小4のドロップ ←クリックすると動画を見ることができます。

 

■私の指導に対する桜空選手のドロップフォームの解説

1.強打を打つと見せかけること

⇒スマッシュやカット、ドリブンクリアーを打つと同じ動作をストローク開始時に行ってい
   ます。以下がその内容です。

   右足に体重をかけて踏み切り、運動エネルギーを発生させています。運動エネルギー
   とは、ラケットを速くスウィングするための動力源をいいます。

   利き腕は肘を落とした状態から振り始めており、肩関節可動域を十分使って強打を打つ
   と対戦相手に予測させています。

【注】肘を落とした状態からスウィングを開始できる場合は、ストロークの動作開始からイン
パクトまで十分な時間があるときです。対戦相手が低いドリブンクリアーや速く低いロビン
グを打ってきた場合は、肘の位置を高くした状態からスウィングを開始し対応します。スウィ
ング開始の肘の位置は、対戦相手が打ったショットによって変化します。インパクトまで十分
時間があり、自身の最速のスマッシュを打ちたい場合は、肘を落とした状態からスウィング
を開始しましょう!

下のイラスト左は肘を上げた状態からスウィングを開始、右は肘を落とした状態からスウィ
ングを開始しているモデルです。

テークバックの相違

  

2.右足で踏み切り空中で足を入れ替える際、骨盤のひねりにブレーキをかけること

⇒スマッシュやカット、ドリブンクリアーなどの強打を打つ際は、右足に体重をかけて踏み
   切り、空中で左右の足を入れ替えることで骨盤をひねり、体幹の捻転を強めようとします。
   しかし、ドロップはインパクト前後にラケットをゆっくりスウィングする必要があるため、
   運動エネルギーの伝達をある部位で抑える必要があります。桜空選手は、左足を着地
   した後、左足を軸にして骨盤のひねりにブレーキをかけています。そのため、右足がゆっ
   くり前にいっていることがわかります。この動作によって足で発生させた運動エネルギー
   を体幹へ伝達することを抑えているわけです。

【注】運動エネルギーを発生させ強打とみせかけた後、その運動エネルギーを自ら打ち消
す動作を行う。これがドロップを打つ時の重要なポイントです。

 

3.打点をやや低くしてラケット面を少し上向きにすること

⇒ラケットのスウィングが速いため、ハイスピードカメラでもインパクトの瞬間を鮮明にとら
えることができませんが、確かにラケット面がやや上方向に向いてインパクトしています。

【注】インパクト前後のスウィングは、ラケット面を打つコース(方向)に向け、ラケットを押し
出すイメージで行いましょう!

 

4.インパクト前後でスウィングスピードを遅くし、フォロースルーをとること

⇒インパクト後をフォロースルーといいますが、フォロースルーを十分とることで、シャトル
   を狙ったエリアに正確にコントロールすることが出来ます。桜空選手のいいところは、
   このフォロースルーをスウィングが非常にゆっくりですが十分とっているところです。

   是非見習いたいですね!

 

5.打った後のシャトルの軌道は自コートネット前に山を作ることで、シャトルを相手コート
    のネット際へ落下させること

⇒動画では見て頂くことはできませんが、桜空選手は、見事に達成しています。

【注】ネット際に返球する際の重要ポイントは、インパクト後のシャトルの軌道をイメージす
ることです。以下がコート横からみたイメージ図になります。ドロップは、ネット際にシャトル
を落下させ、対戦相手をネット際まで動かすことが目的です。そうすることにより、クリアー
とドロップで前後もしくは前後の対角線に大きく動かすことが出来るようになります。

 ドロップ軌道イメージ


ドロップは簡単なようで奥が深いショットです。試合をする際、対戦相手がドロップを打て
るかどうか確認することも大切です。相手がドロップを打てない選手でしたら、相手コート
後方へ上げたら、自陣コートのショートサービスライン付近から前方のエリアへは打って
きません。このことを明確にインプットして試合に臨みましょう。

 

皆さん、江頭桜空選手のフォームを参考にしてドロップをマスターしましょう!

あなたの戦法の幅が広がりますよ。

 

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←ちょこっとクリック

 

--------------------------------------------------------------------------

◎私の指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、以下のメール
アドレスに問い合わせして下さい。

iino@quartz.ocn.ne.jp

指導対象:小学生・中学生・高校生・大学生・社会人及び指導者

指導メニュー:技術指導・技術分析・技術理論・戦法を達成するためのノック練習・シングルス総合練習&部分練習・
ダブルス総合練習&部分練習・フットワーク・戦法講義・練習計画作成・試合分析・ノック出し技術・バドミントン競技
力向上のための講義など

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/04/06(土) 09:00:00|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (58)
セミナー/講習会 (88)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (36)
講義 (2)
トレーニング (9)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (8)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR