バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

ハイバッククリアのグリップ

かえさんという方から質問が以下のとおりありましたので、ブログで回答します。

<質問内容>

ハイバッククリアを打つ際にはサムアップをせずにイースタンで打つべきだと教
わったのですが、これは正しいのでしょうか?

どちらでも打てるのですが、個人的にはサムアップをすると親指で押し込みたく
なり面が安定しなくなりそうで違和感があります。

という内容です。

 

バドミントンのストロークの是非は2つの点から判断すべきです。

1.懸案のストロークを繰り返すことで、特定部位の障害発生がおこる可能性が
高い場合は避けるべきです。関節の可動範囲を超えるストロークの場合に発
生しやすくなります。

2.ショットのパフォーマンスが低下する場合も避けるべきです。例えば、シャ
トルのコントロールが低下する、速いショットを打ちたいが速いスウィング
ができなくなる、などです。

 

質問の内容からすると上記の「2」に該当するようです。

それでは質問の内容で言葉の定義から行いましょう。

サムアップthumb up

サムアップとは、ラケットのハンドルを握る際、親指を立てることをいいます。
特にバックハンドで打つときに多く用いられます。サムアップの方法は以下の図
のとおり2つの方法がありますので打ちやすい方法を選択してください。

バックハンドグルップ

 

ハイバッククリアやバックハンドドライブなどのバックハンドを打つ場合は、親
指でハンドルを押す、捻ることで運動エネルギーを発生させてスウィングパワー
を増大させます。

しかし、かえさんは、ラケット面が安定しなくなりそうで違和感がある、とのこ
とです。

 

私個人としては、サムアップでハンドルを握ることでラケット面が安定してスウィ
ングパワーが増大するので好んで用いています。

 

しかし、かえさんがイースタングリップでハイバッククリアを打つことが、サム
アップしたグリップと同レベルのパフォーマンスを発揮できるのでしたら問題な
いと考えます。

 

パフォーマンスの判断は第三者に見てもらい最後は、かえさん自身が行うべきです。
ビデオなどに撮ってみるのもいいかもしれません。

 

このようにストロークが正しいかどうか判断するのに迷いますね! 

私が正しいストロークであろうと判断するには、

  世界のトップレベルが行っているストロークを参考とする

  スポーツバイオメカニクスの見地から判断する

  私が実際に打ってみて判断する


しかし、①の世界トップレベルの選手のストロークが全て理想的とは言えませんの
で付け加えさせて頂きます。

 

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

 

「お知らせ」

コーチングセミナーサマーキャンプ参加者募集中!

 

--------------------------------------------------------------

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。You Tubeを開き「飯野佳孝」で
  検索してください。チャンネル登録歓迎!

 

◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、以下のメールアドレス
 に問い合わせして下さい。

iino@quartz.ocn.ne.jp ←質問もこちらへ

指導対象:小学生・中学生・高校生・大学生・社会人及び指導者

指導メニュー:技術指導・技術分析・技術理論・戦法を達成するためのノック練習・シングルス総合練習&部分練習・
ダブルス総合練習&部分練習・フットワーク・戦法講義・練習計画作成・試合分析・ノック出し技術指導・バドミント
ン競技力向上のための講義など

スポンサーサイト

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/07/27(土) 17:18:51|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高校生シングルスで攻撃だけしたい

高校生のM選手(男子選手)は、県大会シングルスで優勝して全国大会に出場したい
と願っている。昨年は残念ながら3位だった。M選手に勝って優勝したS選手は、M
選手と実力的には同程度のレベルである。

M選手は、中肉中背でスタミナがありスマッシュが速い。今までレシーブが弱点だっ
たが集中して練習したため上達した。

M選手は、どうしてもS選手に勝ちたいために私に相談があった。

 

飯野:貴方のプレーを見ているとバックバウンダリーラインからでもスマッシュを打
ち、
ネット前では、いつも出来る限り前の打点で打っているように見えますが?

 

M:ラリー中は常に速いショット(速いスマッシュ、速いカット)を打ち攻撃しよう
とします。さらに、シャトルに速くタッチし速いリターンで攻撃することを実行して
いるつもりです。(以上M選手の「攻撃」の定義)

そうすることによって試合で主導権を握り勝てるからです。

 

飯野:S選手との試合でも同じように攻撃だけしようとしているのですか? バック
バウンダリーラインからスマッシュを打っても決まる確率は低いのではないでしょうか?

 

M:そうなんです。スマッシュは余り決まりません。逆に甘い球を上げるとボディに
スマッシュを打たれて決められてしまいます。そうするとサイドラインに打たれるス
マッシュもエラーしてしまいます。

 

飯野:ボディに打たれたスマッシュをレシーブする練習を行う必要がありますね!

 

M:はい。

 

飯野:S選手に負けるのは原因があるはずです。貴方は常に攻撃しようとすることに
問題があると思います。対戦相手の競技レベルが貴方よりずいぶんと低い選手なら攻
撃を中心に行うことができますが、同じようなレベルですと対戦相手からも同じ割合
で攻撃されると考えることが妥当です。

攻撃だけしようとして実行すると、相手にレシーブされラリーがつながると怖くなり
ませんか?(文中の攻撃=M選手の攻撃の定義を言う)

 

M:非常に怖くなり焦ってきます。

 

飯野:ネット前で相手選手が返球したやや甘い球を後方へ低いロビングで打つと、コ
ート後方へ出してしまうことが多いですね。これもラリーを決めたいという意識が強
いからなのか、焦りからなのか分かりませんがよく目立ちます。

それでは少し、考え方を変えてみましょう。

対戦相手のバックバウンダリーラインやサイドライン、ネット際へ正確に返球するよ
うにしてラリー展開しましょう。そして、チャンスの時に速く動いて攻撃する。特に
対戦相手がネット前から打つ甘いロビングに対してスマッシュを打つことを意識した
らいいと思います。

 

M:常にスマッシュを打つことだけを考えず、ラリーの中でチャンスのときに速く動
いて厳しいショットを打つということですね。

 

飯野:そうです。S選手に弱点があれば徹底的にそこを突くべきです。また、S選手
の返球コースを限定したら、それもチャンスと考え速く動いて厳しいショットを打ち
ましょう。

それと常に速くシャトルにタッチして返球しようとしていますが、スピード(コート
内移動スピード)だけで勝負しようとすると貴方よりスピードのある選手には絶対に
勝てなくなります。

いつも速く動いて速くシャトルにタッチして素早いリターンを行うのではなく、十分
な体勢でシャトルを捕えたら打点に奥行をもたせる必要があります。

 

M:どうしてですか?

 

飯野:対戦相手からみると、いつも同じタイミングで返球するので動きやすいのです。

また、対戦相手の足を一旦止めさせるようにしましょう! 特にシングルスではネッ
ト前から打つときに「打点を遅らせる」「間を置いてから打つ」ことで相手の足を止
めさせることができます。

 

M:対戦相手は、僕が何を打ってくるのか一瞬待つため足が止まるのですね! 速く
シャトルにタッチするだけではいけないのですね。一本調子ではなく、打つタイミン
グを遅らせたり、相手の足を一旦止めさせるなりして揺さぶりをかけることも必要だ
ということですね!

 

飯野:バドミントンは、いろいろなショットを打って対戦相手のエラーを誘うスポー
ツです。スマッシュを打つことや、出来る限り速くシャトルにタッチして打ち返すこ
とだけが攻撃ではないのです。正確に相手コートのエリアやコースを狙うことや、
簡単にエラーせずにラリーをつなげることも攻撃していることになります。

 

M;難しいですが、考え方を変えてやってみます。

 

注>M選手へのアドバイスは全ての選手に当てはまるものではありません。年齢や競
技レベル、プレースタイルによって異なります。今回は、1つの例として参考にして
ください。

 

<コメント>
今回の話は戦法的な内容になりましたが、試合結果は、戦法だけで決まるものではあ
りません。戦法を達成するためには、技術・コート内移動スピード・スタミナが高い
レベルで必要です。それらを日々の練習・トレーニングで総合的に向上してゆきましょう。

 

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

 

「お知らせ」

コーチングセミナーサマーキャンプ参加者募集中!

 

--------------------------------------------------------------

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。You Tubeを開き「飯野佳孝」で
検索してください。チャンネル登録歓迎!

 

◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、以下のメールアドレス
に問い合わせして下さい。

iino@quartz.ocn.ne.jp ←質問もこちらへ

指導対象:小学生・中学生・高校生・大学生・社会人及び指導者

指導メニュー:技術指導・技術分析・技術理論・戦法を達成するためのノック練習・シングルス総合練習&部分練習・ダブルス総合練習&部分練習・フットワーク・戦法講義・練習計画作成・試合分析・ノック出し技術指導・バドミントン競技力向上のための講義など

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/07/25(木) 13:39:42|
  2. 戦法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダブルススマッシュレシーブ練習

ダブルスの勝敗を決める要因はいくつかあるが、中でもスマッシュレシーブは最重要ポイ
ントとして挙げられる。
ダブルスのスマッシュレシーブ力をつける練習は、レシーブ練習を多く実施することで獲
得できる。コート後方でたくさんスマッシュを打ってくれる選手がいれば、スマッシュを
打ってもらいレシーブ練習を行えばいい。しかし、スマッシュを打ってくれる選手が少な
かったり、全くいない場合はノックでスマッシュレシーブの練習をするしかない。
そこで、今回は、スマッシュレシーブのノック練習をビデオで紹介する。

<ビデオの内容>
ノックを出す人(私)は、サービスラインの少し後ろで椅子の上に乗り、スマッシュ、ド
ロップ、クリアーを打ちレシーバーにレシーブ力を強化させる練習である。

<ノック出しの注意点>
ノック出しの位置は、実際の試合より至近距離で出すため、レシーブする選手にとっては
シャトルの到達時間が短くなる。そこでスマッシュは、ややスピードを落として打つ必要
がある。
選手のレシーブのレベルが低い場合は、レシーブしやすいエリアにスマッシュを打つ。
レベルが上がるに従い、選手のレシーブの弱点を狙ってスマッシュを打つ。特に選手の利
き腕肩関節周辺から下のゾーンを狙って打つ必要がある。
さらに、レシーブ力が上がるとドロップを入れたり、クリアーを入れて実際の試合に近い
攻撃を再現する必要がある。
フィーダーの位置は、斜め方向から出したり同じ位置でも少し横に移動して出すなど、随
時変更して行うことが必要である。
ノックでスマッシュを打てない方は、私のブログで6月23日公開の「ノック出しの技術
~スマッシュ」を参照してください。

<レシーバーの注意点>
レシーバーで注意する点は、打たれたスマッシュに対し視線(目の向き。目で見ている方
向)を急に変えないことである。レシーブのインパクト前後で「しゃがまない」「避けない」
「目をつぶらない」「スウィングしながら頭部が横に流れない」などを実行しなければなら
ない。 頭部が急に動くと視線が変わるので速いスマッシュをレシーブすることが出来なく
なる。
また、体や頭部が急に動くとラケットの末端をコントロールすることが非常に難しくなる。
さらに、ラケットを速くスウィングすることも出来なくなる。
但し、少し横へ移動してレシーブしなければならない場合は別である。
ビデオでは、スマッシュなどテンポを速くして打っている。レシーブして前衛にプッシュ
されてもレシーブできるようになるためにテンポを速くしているのである。レシーバーは、
レシーブしてラケットを振り切った反動でラケットを元に戻すことでレシーブできるよう
になる。
レシーバーの構えは、スマッシュのコースが予測できないときは、バックハンドで構え
バックハンドでレシーブする。フォア側にスマッシュを打たれても利き腕の肘が開放さ
れているのでレシーブ範囲が広くなりバックハンドでレシーブすることができる。
相手のスマッシュスピードが遅かったり、コースや角度など予測でき、速いドライブで返
球したい場合は、利き腕の肘を引く、もしくはラケットを引いて反動動作を作りスウィング
することで達成できる。

■ダブルススマッシュレシーブの練習(レシーバーサイド)


■ダブルススマッシュレシーブの練習(フィーダーサイド)


さて、ビデオの中の選手は、理論どおりできていましたか?

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

「お知らせ」
コーチングセミナーサマーキャンプ参加者募集中!
既に多くの方が参加申込みをされています。定員になり次第募集締め切ります!

--------------------------------------------------------------
◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。You Tubeを開き「飯野佳孝」で
   検索してください。チャンネル登録歓迎!

◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、以下のメールアドレス
   に問い合わせして下さい。

iino@quartz.ocn.ne.jp
指導対象:小学生・中学生・高校生・大学生・社会人及び指導者
指導メニュー:技術指導・技術分析・技術理論・戦法を達成するためのノック練習・シングルス総合練習&部分練習
・ダブルス総合練習&部分練習・フットワーク・戦法講義・練習計画作成・試合分析・ノック出し技術指導・バドミントン
競技力向上のための講義など

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/07/17(水) 14:10:28|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カナダ青木さんからのお便り

飯野イズムのブログへアクセスされている皆さん初めまして。カナダでバドミントンをし
ています青木直道
と申します。今回飯野さんからご自分のブログに投稿して日本のバドミ
ントン愛好家の方々と親睦を深めては?という親切なご好意を受けて投稿させて頂いてい
ます。

カナダへ来てから長年(38年?)になりますが、バドミントンのお陰で沢山の素晴らし
い人達と交流を続けて居ります。僕が所属するバドミントンクラブは、オンタリオ州トロ
ント市から約1時間半北東へ向かったピーターボロウ市(人口7万人)という町から車で
30分程離れたTHE RIDGES BADMINTON CLUBというバドミントン専用の市営クラブ
です。
小さなクラブでコートは3面しかありませんが、木造で壁はシャトルが見やすいように緑
に塗り、ライトもコート脇に設置されプレーをしていてライトが目に入らないようになっ
ていてバドミントンを愛好家にはウキウキしてプレー出来るクラブです。

■THE RIDGES BADMINTON CLUB内
リッジス 


■向かって左側が僕(青木)です
青木飯野ツーショット 

僕はリッジスバドミントンクラブでジュニアー選手を育てようと指導していますが、その
指導方法のベースは飯野さんと廣田先生(廣田彰:宮崎大学名誉教授でバドミントン教本
著者)がカナダへ来て開催してくれたセミナーで学んだ方法が基礎になっています。飯野
さんと廣田先生、セミナーを5年連続でオンタリオ州とケベック州で行ってくれました。
今でもこのセミナーの評判はカナダのバドミントン界で高く評価されています。この夏8
月には初めての試みとして自分で一週間のバドミントンキャンプを行うべく今その準備を
しているところです。僕が指導している子供達の中に14才のクローイというプレーヤー
がいて彼女が将来カナダの代表チームの選手として活躍してくれる事が夢です。そのクロ
ーイを含め、このキャンプには日本から選手9名、カナダケベック州とオンタリオ州から
合計で9名参加で総数18名の選手が集まります。カナダのジュニアー選手達は日本選手
と一緒にトレーニングする事を本当に心待ちにしています。言葉の壁を越えて羽を一緒に
追いかけながら築く絆は選手達に取ってとても特別な絆になると思います。日本とカナダ
のジュニアー選手達が交わって一緒に同じコートでプレー出来る事が可能になったのは、
日本側でのサポートがあって初めて可能になりました。サポート下さる人達に本当に感謝
の気持ちでいっぱいです。もし、カナダに来られる様な機会があり、その時羽を打ちたい
と思われる方、或は、カナダへ羽を打ちに行こう、と思われる様な方、もしカナダでの行
き先がリッジスバドミントンクラブと近い場所に来られる場合は、是非ご連絡下さい。こ
れを機会に飯野さんのブログを介して色々なバドミントン愛好家の方々と交流できるよう
になれば幸いです。僕のEメールはnao2715@hotmail.comです。

■僕の左側がクローイ選手、右側が193センチのジェイコブ選手です
青木さんと選手 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
青木さんありがとうございます。
青木さんへの連絡は私経由でも構いませんので遠慮なくどうぞ!
青木さんからのお便りでカナダでセミナーを開催した時のことを鮮明に思い出しました。
廣田先生と私は、青木さんに事前に講義用のパワーポイントを渡し英語版に直してもらい
ました。講義中もとっさに出た運動生理学、スポーツバイオメカニクスの専門用語を英語
に同時通訳して頂きました。普段からよほど勉強していないと出来ないことなので感心し
ました。

セミナーで印象深かったのは、2008年にTHE RIDGES BADMINTON CLUBで開催した
セミーでサーキットトレーニングを行った時のことです。選手は自分を追い込んで非常に
頑張っていたことを覚えています。

丁度、私がビデオに撮っていましたので公開します。
廣田先生がトレーニングの目的と条件を説明しA組とB組に分かれて実施しました。
以下のビデオでカナダセミナーサーキットトレーニング風景―1がA組、風景―2がB組
で何れもトレーニング終盤のオールアウト直前の風景です。(トレーニング内容詳細は
バドミントン教本応用編P176~P180に記載されています)

風景―2のB組のトレーニング終了間際の選手の声援をお聞き下さい。また、終了
した際 、安堵感と達成感で選手間に大きな歓喜と拍手が湧き上がりました。撮影
していた私が大きな感動をもらえた瞬間でした。
スポーツのトレーニングはこうでなくっちゃ!!

ちなみに、ビデオの中で英語で選手へ指示や頑張りを促しているのが青木さんです。
コート横にパワーポイントで次の種目のイラストを出し指示しているのが廣田先生です。
コートの間で仁王立ちしているのがセミナー事務局の菅野さんです。
練習やトレーニングを行う際、目的や条件を明確にして行うことの重要性を再認識させら
れるビデオでもあります。

■カナダセミナーサーキットトレーニング風景―1


■カナダセミナーサーキットトレーニング風景―2



にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

「お知らせ」
コーチングセミナーサマーキャンプ参加者募集中!

--------------------------------------------------------------
◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。You Tubeを開き「飯野佳孝」で
検索してください。チャンネル登録歓迎!

◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、以下のメールアドレス
に問い合わせして下さい。

iino@quartz.ocn.ne.jp
指導対象:小学生・中学生・高校生・大学生・社会人及び指導者
指導メニュー:技術指導・技術分析・技術理論・戦法を達成するためのノック練習・シングルス総合練習&部分
練習・ダブルス総合練習&部分練習・フットワーク・戦法講義・練習計画作成・試合分析・ノック出し技術指導・
バドミントン競技力向上のための講義など

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/07/12(金) 10:35:55|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サマーキャンプ募集開始!

コーチングセミナーサマーキャンプの募集を開始します。

日 時:8月23日(金)13時30分~20時00分 
     8月24日(土)8時45分~20時00分  
     8月25日(日)9時00分~17時00分

会 場:千葉工業大学 芝園校舎&体育館 JR京葉線「新習志野」駅下車徒歩5分
     千葉県習志野市芝園2丁目1番1号

コース:8月23日~25日までのフルコース
      8月24日~25日の2日間コースがあります。

対象者:バドミントン経験2年以上の小学生から社会人までの選手及び指導者と父兄
     バドミントンの基礎知識と指導ノウハウを学びたい指導者

募集締日:8月15日(木)定員になり次第、募集を締め切ります。

●仮申込みされた皆様へ
多くの選手と指導者の方に仮申込みをして頂きました。ありがとうございます。
仮申込みされた方はキャンプに優先して参加することができます。そのためには正式
な参加申込みをお願いいたします。

●注意
宿泊ホテルは各自で申込みをお願いします。夏期のホテルは非常に混んでいますので
お早めに申し込んでください。



開催要項詳細

タイムスケジュール

参加申込用紙

会場案内図


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

「お知らせ」
ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。You Tubeを
開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!


--------------------------------------------------------------
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、以下のメールアドレス
に問い合わせして下さい。

iino@quartz.ocn.ne.jp ←質問もこちらへ
指導対象:小学生・中学生・高校生・大学生・社会人及び指導者
指導メニュー:技術指導・技術分析・技術理論・戦法を達成するためのノック練習・シングルス総合練習&部分練習
・ダブルス総合練習&部分練習・フットワーク・戦法講義・練習計画作成・試合分析・ノック出し技術指導・バドミント
ン競技力向上のための講義など

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/07/08(月) 21:27:17|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アッド講習会終了~お土産動画付き 

先日、高松市でラケットショップアッド主催講習会を2日間に渡り実施し無事終了しまし
たので報告します。

■アッドバドミントン専用体育館
 バドミントン専用のコートが3面あり、通常はスクールを展開しています。体育館横に
 テニスコート1面と敷地内にシップがあります。
 高松市を訪れる機会がありましたら是非見学してみてください。

アッド専用体育館 

参加選手との記念写真(左端に立っている方が代表取締役の日下氏です)
 選手の皆さんお疲れ様でした。

アッド集合写真

そこで、読者の皆様へお土産を用意しました。
アッド講習会で行った一部内容を動画で公開します。過去の講習会やセミナーで内容を動
画で公開したことがなかったので、今回が初めての試みです。

<動画の内容説明>
シングルスで相手コートのサイドラインにスマッシュを打つと対戦相手の腕が伸びきって
レシーブするため、返球コースはストレート系に限定されるレシーブがやや長めに返球
された。そこでスマッシュを打った選手は、ネット前に速く入りラケットを立ててクロスネット
を打ち決める、もしくは相手選手に強いプレッショーを与える戦法練習です。
モデルの選手は中学生です。

<クロスネットの技術ポイント>
ネット前にラケットを立てて入る際、ラケットのテークバックは極力コンパクトにし、フ
ォロースルーで飛距離を出すと共にシャトルのコントロールを行う。
インパクトからフォロースルーにかけてラケットをスライスでスウィングする。

<練習設定>
この動画では、3名の選手が入りローテーションを行っている。スマッシュを打ってネッ
ト前でクロスネットを打っているが、その後、逆サイドのネット前へ移動してネット前プ
ッシュを打ってもよい(素振り)。また、4名でローテーションを行う場合は、ネット前で
プッシュを打った後、そのまま真っ直ぐ後方に下がりスマッシュを打つ(素振り)という
設定で行うこともできる。

<スタミナ向上の練習>
4名(Aグループ)が30秒~1分30秒間全力で動く、その後、もう1組の4名(Bグ
ループ)が入り同じ内容で動く。これをA⇒B⇒A⇒B⇒A⇒Bと交互に繰り返す。
そうすることによって選手8名のスタミナ向上の練習になる。また、他に幾つかのパター
ンを作っておき組み合わせることで長時間継続できオールアウトまで実施できる。

さて、実際の講習では、
① 講師によるクロスネットの技術説明をし、デモンストレーションを行う
② 選手は、ネット前で何十本も繰り返しクロスネットを打ちストロークの確認と感覚を身
     につける。 
③スマッシュを打ちネット前に移動する「移動局面」とクロスネットを打つ「技術局面」
    を組み合わせて3名でローテーションする戦法練習を行った。


■戦法練習スマッシュ&クロスネット(フォアサイド)



■戦法練習スマッシュ&クロスネット(バックサイド)



★動画が皆様へのお土産になったのなら幸いです★

「お知らせ」
●ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
  You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

--------------------------------------------------------------
◎私の指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、以下のメールアドレス
に問い合わせして下さい。
iino@quartz.ocn.ne.jp ←質問もこちらへ
指導対象:小学生・中学生・高校生・大学生・社会人及び指導者
指導メニュー:技術指導・技術分析・技術理論・戦法を達成するためのノック練習・シングルス総合練習&部分練習・
ダブルス総合練習&部分練習・フットワーク・戦法講義・練習計画作成・試合分析・ノック出し技術指導・バドミントン
競技力向上のための講義など

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/07/03(水) 17:03:10|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (62)
セミナー/講習会 (91)
フットワーク (9)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (38)
講義 (2)
トレーニング (11)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR