バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

ホームポジション付近の構え

学生のM選手からホームポジションでの構えはどのようにすればいいのでしょうか? 
という質問がきましたのでブログに考え方を掲載します。

タイトルは、ホームポジション付近の~ としています。実際、試合中にラリーが始まった
ら必ずしもホームポジションへは戻らずホームポジション付近に戻る、もしくはあるエリア
で打った後、直線的に次のエリアに移動します。従いましてここでは、ホームポジション付
近の構えというタイトルにしました。

各ストロークでラケットを動かし始めるポジションは、打とうとするショットによって異なりま
す。ホームポジション付近からラケットを動かし始めラケットの動きを中断せず各ショット
を打つわけではありません。
ラケットは、ホームポジション付近の構えから各ストロークでラケットを動かし始めるポジ
ションまで移動させます。そこでラケットを一旦止め、改めて打とうとするショットのストロ
ークを開始します。
ホームポジション付近の構えからスウィングを開始するストロークは、ボディー付近に来
たシャトルの返球もしくはレシーブするときです。

◆ホームポジション付近での構えの例
HP構え
 
◆十分な体勢から最大スピードのスマッシュを打ちたい場合のラケットのスタートポジション例
十分な体勢スマッシュ 
◆シングルスでカット、ドロップを打たれ、相手コートのネット際へ返球するときのラケットのスタートポジション例
シングルスレシーブ 
◆ネット前プッシュのラケットのスタートポジション例
ネット前プッシュ 
◆ハイバックを打つ際のラケットのスタートポジション例
ハイバック 

このようにして考えるとホームポジション付近の構えは、ラケットをスウィングするための
スタート地点ではないことが分かります。
そうするとホームポジション付近の構えは、各ストロークでラケットを動かし始めるポ
ジションまでラケットをスムーズに速く動かすことが求められます。また、構えている
間、疲れにくいラケットの保持も必要です。

下の写真は、上のホームポイション付近での構えを横から撮影したものです。
利き腕の肘を落として楽に構えています。尚且つ肘を曲げ、手関節ではラケットを立てて
(リストスタンド)保持しています。こうすることで各ストロークでラケットを動かし始めるポ
ジションまで素早くラケットを移動させることができます。

<背景>
長い棒をスウィングすると速くスウィングできませんが、その棒を折りたたんでスウィング
すると速くスウィングすることができます。このように回転運動における動かしやすさは、
重さだけではなく、その重心が回転軸からどのくらい離れているかで決まります。
長い棒の場合は、折りたたむことで重心が回転軸に近づき速いスウィングを行うことが
できるようになります。
このことを力学的には、慣性モーメント(慣性能率)が小さいといいます。慣性モー
メントの式は、慣性モーメント=質量(重量に比例)×回転半径の2乗です。

ラケットやバットを短く持ってスウィングするのは、慣性モーメントを小さくしてスウィングし
やすくしているわけですね。スマッシュやドライブを打つ際も、インパクト直前まで肘を曲げ
スウィングしますが、これも慣性モーメントを小さくしてスウィングスピードを速くしていると
解釈することもできます。
他にもよく例に出されるのがフィギアスケートの回転です。両腕を体に密着して回転する
と速く回転できます(慣性モーメントが小さい)。しかし、両腕を左右に伸ばして回転する
と回転速度が遅くなる(慣性モーメントが大きい)。ことからも理解できると思います。

さて、元に戻りましょう。
ホームポジションの構えも慣性モーメントを小さくしてラケットの操作性を高めたいと考え
ます。左右、上下への移動(回転)の速さを得るために利き腕の肘を曲げ、リストを
立てて質量の中心(重心に同じ)を体に近づけています。


◆横からみたホームポジション付近での構え
リスト立てて構える

さて、慣性モーメントをさらに小さくするために利き腕の肘を完全に曲げて構えたらどうで
しょうか? ラケットが顔に近づき過ぎるため邪魔になるし移動の妨げになりますね。また、
相手が打ったスマッシュやカットに素早く対応するために肘は完全に曲げていないほ
うがいいでしょう! 肘を完全に曲げて構えているとレシーブのラケットポジションま
で遠くなります。(相手が打つスマッシュ・カットは最短時間で自コートに到達するため
、それに対応する構えが必要です)
肘を曲げる角度は、選手自身がラケットを保持しやすい角度でいいと思います。
しかし、リストは立てておきたいですね!

注>女子選手は、肘を完全に曲げてラケットを立てて構える選手が非常に多くいます。
   早く修正しましょう!

また、両足は相手が打つ際に床を蹴る必要があるため、床を蹴りやすい歩幅と膝の角度
にしましょう。

読者の皆さんも一度確認されては如何でしょうか?

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
  以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。You Tube
   を開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
スポンサーサイト

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/01/25(土) 09:00:00|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コーチングセミナー正式募集開始

コーチングセミナー「小・中学生のためのスプリングキャンプ」の募集を開始します。

日 時:3月21日(金)13時30分~20時00分 
      3月22日(土)9時00分~20時00分  
      3月23日(日)9時00分~17時00分

会 場:千葉工業大学 芝園校舎&体育館 JR京葉線「新習志野」駅下車徒歩5分
      千葉県習志野市芝園2丁目1番1号

対象者:バドミントン経験2年以上の小学生・中学生の選手及び指導者と父兄
        バドミントンの基礎知識と指導ノウハウを学びたい指導者 
           年齢が中学生以上においても、その選手がジュニア期に相当するレベルで、
           更なるレベルアップの為に参加を希望し、事務局が認めた場合は、特別枠
           としての参加を許可致します。

募集締日3月5日(水)定員になり次第、募集を締め切ります。

<コーチングセミナーの特徴>
コーチングセミナーは指導者と選手を対象に1986年から累計50回開催、延べ3,600名
が参加している講習会です。今回は、小学生と中学生に必要なバドミントンの技術・フ
ットワーク・フィジカルトレーニングなどを優秀なセミナースタッフ10名と共に丁寧に細か
く指導します。
コーチングセミナーの指導・練習ノウハウを持ち帰りレベルップしませんか!

<仮申込みされた皆様へ>
既に約40名の方に仮申込みをして頂きました。たいへんありがとうございます。
今回の正式な申込みにより、仮申込みの方はキャンプに優先して参加して頂けます。
期日までに申込みをお願いいたします。

<注意>
宿泊ホテルは各自で申込みをお願いします。セミナー期間中は春休みでもあり宿泊ホテ
ルの確保が難しい時期です。申込みをされた方は、併せて宿泊ホテルの予約をお願い
します。

小学生の選手は保護者の同伴が必要です。しかし、グループやチームで参加される場
合は、代表者を保護者とされても構いません。

◆募集要項 ←クリックすると開きます

◆参加申込用紙 ←クリックすると開きます

◆タイムスケジュール 
←クリックすると開きます

◆会場地図 ←クリックすると開きます


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。You Tube
   を開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!

◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/01/18(土) 07:37:56|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

共通理解

講習会に行くと「DVD見てうまくなるバドミントン教本」を見ています。「NHKスポーツ教
室」を見ました。「バドミントン教本」全て購入しています。などと指導者から声を掛けら
れることが多くあります。
しかし、実際に選手を指導すると技術のイメージがないためかラケット操作を最初から
指導することになります。
ここが課題です。

指導者だけイメージや知識があっても選手と共通理解しておかないと技術の習得に長
い時間を費やすことになります。技術だけに限らずノックの方法やトレーニング方法も
同様です。
指導者が100%理解して、それを伝えられればいいのでしょうが、実際は中々難しいと
思います。

ある地方のチームは、練習する体育館にパソコンを持ってきて練習前に「DVD見てうま
くなるバドミントン教本」の一部を見て、見た技術の練習やノック練習を行っています。
選手は見ることから多くの情報を得るため習得が非常に早いという報告を受けていま
す。
「DVD見てうまくなるバドミントン教本」は、指導者だけが見るためのものではありませ
ん。当然、選手見ることも意識して作りました。
体育館でDVDを見てから練習する。この方法を真似ては如何でしょうか?
指導者が技術の見本を見せることも必要なくなります。
体育館で一緒にみることができなければ回覧しましょう!

NHKスポーツ教室もダビングしていたら選手に回覧しましょう!
バドミントン教本も中学生以上なら理解できると思います。これも回覧しましょう!
また、市販されている専門誌やDVDがあり、有用と判断したなら購入して回覧しては
如何でしょうか?

おっと、忘れていました。このブログの有用と思われる部分をコピーして選手に回覧し
ている指導者がたくさんいます。これも指導者と選手の知識の共有化につながります
ので非常にいいことだと思います。

選手と指導者間で知識やイメージを共通理解することは非常に重要です。
選手を強くしたいということであれば是非実行してください。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。You Tube
   を開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!

◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/01/13(月) 09:00:00|
  2. 方針
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラケットを立てて打つ【重要】

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
2014年度第1回目のブログ記事をお送りします。

シングルスのラリー中追い込まれてフォア奥へ継ぎ足やクロスステップで移動した際、
最後に右足を出してスウィングする場面があるが発展途上の選手には共通した欠点
があります。(体勢を崩されてスウィングする場面)
その局面では、いつもドライブを打つストロークでスウィングしています。ラケットを寝
かせて(ラケットが床とほぼ水平になっている状態)スウィングしているのです。
その選手のフォア奥のフットワーク練習を見るとラリー中と同じく無造作にドライブを打
っています。

◆フォア奥でラケットを寝かせてドライブを打つ
ラケットを寝かして打つ女 ラケットを寝かして打つ男

対戦相手(A)は、自身(B)の返球ショットや返球コースを限定させるために厳しいショッ
トを打ってきます。それに対してBは、出来る限り返球ショットや返球コースをたくさん作
りたいと考えています。時には、その攻防がラリーの勝敗を決するといってもいいでしょう!

さて、話を元に戻しましょう。
フォア奥で体勢が崩れた状態でドライブのスウィングをすると当然ながらドライブでしか
返球できません。
一方、オーバーヘッドストロークのストロークをそのまま下してスウィングしてみましょう。
ラケットを立てて打ちます。

◆ラケットを立てていろいろなショットを打つ
ラケットを立てて打つ女 ラケットを立てて打つ男

インパクトでは、ラケット面をやや上に向けることができるためシャトルの軌道は高い放物
線を描くことができます。相手コート後方にクリアーを打つことができます。ネット前にドロッ
プを打つことができます。勿論ドライブも打つことができます。
結果、返球ショットの選択肢を増やすことができるのです。
 
◆ラケットを立てて打つとインパクトでラケット面をやや上にして打てる
  ラケットをスウィングしながら180度近く回転している簡略図
ストローク簡略図

しかし、ラケットを伸ばしてやっとシャトルに触ることしかできない場合は、ドライブのストロー
クにならざるを得ないことは理解しておきましょう。

バック奥で体勢が崩れた時に打つハイバックにも言えることです。ラケットを立てて返球ショッ
トの種類を増やしましょう!

そうするとフットワーク練習や技術練習、打ち合いのラリーの中では、ラケットを立ててスウィ
ングすることを強く意識して行う必要がありますね!

このことは非常に重要です。
指導者の方は、指導している選手をチェックしてみましょう!
選手は自分自身のストロークを確認してみましょう!


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。You Tube
   を開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!

◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/01/06(月) 08:30:00|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (62)
セミナー/講習会 (93)
フットワーク (9)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (38)
講義 (2)
トレーニング (13)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR