バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

ウェイトジャケット使用と障害【質問】

ブログ読者のSさんから以下の質問がありましたのでブログ上で回答します。

<質問>
以前、ウェイトジャケットの活用を紹介されていたと記憶しているのですが、あれは、中学生
や小学生にも有効でしょうか?
重量が増すことで、膝関節等への負担による、故障(オスグッドや剥離骨折)を招かないか、
心配なのですが、いかがでしょうか。

【回答】
まず言葉の共通理解から入りましょう。
ウェイトジャケットとは、防弾チョッキに似たトレーニング用のベストで、重さを500g単位で増
すことができ最大10kgまで増やすことができます(製品によって少し異なります)。バドミント
ンでは、フットワークやダッシュ、ジャンプ、スクワットなどのトレーニングで使用することがで
きます。特にフットワーク時に使用するとバドミントンの動きそのものに負荷がかかるため、
ウェイトトレーニングではなかなか鍛えられない部位(方向)に負荷をかけることができます。
使用することで筋持久力向上やスタミナ向上の効果があります。

スタミナ向上を目的にしたフットワークでウェイトジャケットを使用する場合は、週1~2回、
1回当たり10分~30分位が適切です。重量を増加する場合は、決して無理はせず長い期間
のなかで少しずつ増やして行きましょう!

小学生は、ウェイトジャケットを使用してトレーニングしても大きな効果が期待できないこと、
さらに障害発症のリスクがあるため使用は避けるべきです。中学生になってから徐々に使
用して行きましょう。

オスグッド・シュラッター病とは、10~14歳くらいの成長期に多く発症する膝の関節痛です。
サッカーでボールを頻繁に蹴ったり、ジャンプの頻度が多かったり、足を酷使するスポーツを
行う子供達にみられます。基本的には、オーバーユース(使い過ぎ)による膝の痛みと言って
いいと思います。しかし、ほとんど運動をしていない子供にも発症することがあるそうです。
成長期の骨の柔らかい時期に激しい運動をすることで膝の付近の筋肉の付着部分が引っ張
られ、膝下の骨が隆起したり、剥がれてしまったりすることで炎症が起こります。

バドミントンは、ジャンプや急激な方向転換を行います。また、片足を前方やサイドに出して
膝を曲げる動作を多く行うためオスグッド・シュラッター病の発症のリスクがあると言わざる
を得ません。
さらにウェイトジャケットを使用してフットワークを行なったら、通常より筋肉や関節に強い負
荷がかかるためリスクが増します。

しかし、必ずオスグッド・シュラッター病になるということではありません。
選手の体調を見ながら、ウェイトジャケットの重りを長い期間をかけて少しずつ(500g)増して
いくことで障害発症のリスクを軽減できます。また、オーバーユースにならないよう週の中で
練習・トレーニングを休む日を設けましょう。どうしても毎日練習がしたいのであれば、週1~
2日は動きが少ない技術練習だけを行いましょう。

どうしてもウェイトジャケット使用のリスクを回避したいということであれば、ウェイトジャケット
の使用は見送りましょう。必ず使用しなければならないということではありません。

バドミントンが強くなりたいと私達は日々考えています。
「強くなるためには、目標とする競技レベルに適した体になるよう長い期間をかけて自己
開発する以外に道はありません」
そのためには、時としてハードな練習・トレーニングを実施しなくてはなりません。
そうすると障害発症のリスクが増す。
バドミントン競技に限らず競技スポーツ全体の永遠の課題と言えるでしょう。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
スポンサーサイト
  1. 2014/06/29(日) 08:00:00|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岡山市でセミナースタッフの指導先募集!

 この度、コーチングセミナー指導スタッフ(女性)が岡山県岡山市に住むことになりました。
そこでスタッフの指導先を募集します。以下の条件に合うチームで指導を希望する場合は、
私のメールまで連絡をお願いします。
iino@quartz.ocn.ne.jp
その際、チームの代表者氏名、チーム名、連絡先電話番号、チーム概要を明記してください。

<指導対象>
  小学生もしくは中学生のチーム

<指導会場>
  岡山市内及び岡山市近郊

<指導料>
  原則ボランティアですが会場が遠い場合は、交通費を支給して頂く場合があります

<指導回数>
  週1~2回を予定していますが、最終的にはスタッフ本人との話し合いで決定してください

【紹介するスタッフの特徴】
  練習パターンを熟知しノック出しの技術に秀でています

【最終決定】
  指導を希望されるチーム代表者とスタッフ(ご本人)間でメールもしくは話し合いを行い、
  指導に伺うかどうかを決定します

【期 日】
  指導チームが決定次第、募集を終了します。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!

  1. 2014/06/23(月) 08:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クロスネットーその3【動画】

今回も対戦相手がヘアピンを打ってきたのに対してクロスネットを打ったり、ネットを越えて
垂直に近い角度で落下してきた返球に対してクロスネットを打つ方法です。その1では、ラ
ケットを水平移動して反動動作を作りクロスネットを打つ方法を解説しました。その2では、
前腕回内運動や前腕回外運動で反動動作を作ってクロスネットを打つ方法の解説をしま
した。
今回は、ラケットを下げた反動動作でクロスネットを打つ方法を解説します。

<ラケットを下げた反動動作で打つクロスネット>
◆赤池龍希選手のフォアハンドのクロスネット(撮影時中学2年生)
 フォアハンドのクロスネットの打ち方は、ネット前でシャトルを高い打点で打つことができる
が、ラケットをわざと下げて反動動作を作ります。反動動作で折り返した後、人差し指と親
指を中心にしてハンドルを捻りラケットを回転させます。前腕も連動して回内運動を行いま
すが、選手の意識としては人差し指と親指でハンドルを捻ることを意識した方がいいでしょう。
ラケットを下げることにより、打点を少し落として打つことになります。ラケットを下げる時は、
肩関節を支点にして腕とラケットを動かしましょう。
 赤池選手の動画は、ラケットを下げた反動動作でクロスネットを打つショットが多くありま
すが、併せてラケットを下げた反動動作でロビングも打っています。実際の試合では、この
2つのショットを併用するとフェイントとしての相乗効果が出てきます。




◆熊谷悠吾選手バックハンドクロスネット(撮影時小学6年生:途中からスローになります)
 バックハンドの打ち方は、ネット前でシャトルを高い打点で打てるが、ラケットをわざと下げ
て反動動作を作ります。反動動作で折り返した後、親指を中心にしてハンドルを捻りラケッ
トを回転させます。前腕も連動して回外運動を行いますが、選手の意識としては親指でハ
ンドルを捻ることを意識した方がいいと思います。
 熊谷選手は、インパクトの後、ラケットをゆっくりスウィングしてフォロースル―を十分に
とっています。このフォロースルーがシャトルのコントロール向上には不可欠です。




赤池選手&熊谷選手共にクロスネットは非常に上手いですね!
皆さんも参考にして練習しましょう!

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!

  1. 2014/06/16(月) 11:13:40|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サマーキャンプ仮申込み受付開始

 2014年度コーチングセミナー「サマーキャンプ」の仮申し込みの受付を開始します。
サマーキャンプは、バドミントンの技術・フットワーク・トレーニング理論と方法を理解し、
短期間で飛躍的な競技力向上を図るために開催するものです。 
 サマーキャンプは選手の定員を80名にしており定員になり次第、申込み受付を終了
します。そこで、参加を強く望む方は6月30日まで仮申込みをして下さい。仮申込み
された方は再度正式な申込みを行なって頂きますが、仮申込みされた方が最優先さ
れキャンプに参加することが出来ます。

 仮申込みは、申し込みされる方の氏名、選手名、年齢、お住まいの都道府県名、チ
ーム名、希望されるコース名を記載し以下のメールアドレスに連絡してください。
iino@quartz.ocn.ne.jp

★宿泊される方は各自でホテルの予約をお願いいたします。
   開催期間中は、夏休みのため宿泊の予約が困難になります。至急予約してください。

<タイトル>
     ダブルスが得意になるサマーキャンプ

<対 象>
    ①バドミントン経験2年以上の小学生・中学生・高学生・大学生・社会人の選手
    ②上記の指導者及び父兄 
    ③バドミントンの基礎知識と指導ノウハウを学びたい指導者

<2014年度日程とコース> 
     ① フルコース 
      8月22日(金)13時30分~20時00分 
      8月23日(土)9時30分~20時00分
      8月24日(日)9時00分~17時00分
            ★22日は主にシングルスの技術練習を行います。 

    ② 2日間コース 
      8月23日(土)9時30分~20時00分
      8月24日(日)9時00分~17時00分

<主な内容>
    ① 試合で使うダブルスの技術習得、後衛の練習、前衛の練習、戦法の練習 
    ② 選手のためのコンディショニング、SAQトレーニング他

<会 場>
      千葉工業大学 芝園校舎&体育館 JR京葉線「新習志野駅」から徒歩5分
    住所:千葉県習志野市芝園2丁目1番1号


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
  1. 2014/06/10(火) 18:00:00|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

練習計画作成に関する質問と回答

榛原ジュニアチームの練習計画公開は、反響が大きく質問が多く届きましたのでブログで
回答します。

質問:練習の順番で注意することは?
回答:練習を開始すると、ある時間を過ぎると疲労の色が濃くなり、動きが鈍くなったり集
中力が続かなくなります。バドミントンの主となるエネルギー源は、グリコーゲン(糖)です
が、バドミントンのような運動強度の高い試合や練習を断続的に行うと約1時間30分で枯
渇してしまいます。脳のエネルギー源もグリコーゲンですので試合や練習時間の経過と
共に集中力が落ちてきます。
練習で集中力が高い時間帯に何を行ったらいいのか? がキーワードです。
試合から遠ざかり体力面を向上する必要がある時期でしたらトレーニングを最初に行って
もいいでしょう。しかし、重要試合を目前に控えている時期やシャトルを打ち合う練習を重
視したい時期でしたら、練習の前半に全面で打ち合う総合練習や部分練習、ゲーム練習
などを実施すべきです。
筋力トレーニングを実施する場合は、原則練習の終盤に行った方がいいでしょう。

質問:練習計画で陥りやすい問題は?
回答:1日の練習の中で全てのことをやろうとすることです。短い時間で区切りながら色々
な練習・トレーニングを行うのですが、何を目的にして実施しているのか分からなくなりま
す。1日で全ての練習・トレーニングを実施するのではなく1週間の中で網羅するようにし
ましょう。

質問:期分けとは?
回答:期分け(Periodization:ピリオダイゼーション)とは、最大限努力すれば達成可能な
大会目標に向けコート内移動スピード、スタミナ、技術、戦法などを段階的に向上させて
いくために期間を区切って計画を立案することをいいます。毎日同じような練習やトレー
ニングでは、体力や技術は向上しません。1週間の中でも運動量や運動強度を上げる日
と回復する日を設ける必要があります。ジュニアチームの練習では、週3日~4日の練習
日が多いので、練習していない日が体力を回復する日になります。そうすると練習日は、
密度の濃い練習を行う必要があります。

質問:選手全員同じ練習とトレーニングではいけませんか?
回答:選手のレベルが同じでも選手個々の課題が違うと思います。シャトルを打ち合う練
習や技術練習では、選手の課題を克服するような練習メニューが必要です。
トレーニングも選手毎に体力レベルが違うので、全員同じ回数やセット数で行ってもそれ
ぞれの選手の体力は向上しません。体力のある選手は、回数やセット数を多く、体力が
ない選手は、回数やセット数を少なくします。要は選手の体力に見合った回数やセット数
を行うといいでしょう。

質問:榛原ジュニアチームの練習計画は小学生対象でしたが、中学生で必要なことは?
回答:小学生の時期は、神経系の発達が著しいことから技術の習得と素早い身のこなし
を行う練習・トレーニングが必要です。中学生になると呼吸循環機能が発達する時期な
のでスタミナ向上を狙った練習・トレーニングをプラスして実施します。具体的には、ノック
やフットワークでオールアウトまで実施するスタミナ向上練習。トレーニングでは筋持久力
トレーニングやミドルパワーのトレーニングです。
高校生になると、最大筋力向上のトレーニングや筋パワーのトレーニングをプラスして実
施します。

質問:練習計画にスタミナ練習とありましたが、具体的には?
回答:スタミナ向上練習の代表的な練習は、ノック練習とフットワーク練習です。小学生は、
ノックやフットワークでオールアウトまで行う必要はありませんが、ある程度まで追い込む
必要があります。ノックやフットワークで動く時間は、無理のない範囲で少しずつ長くして
行きましょう。休む時間は、動く時間を1とすると、休む時間は動く時間の3倍位からスタ
ートして、長い期間をかけて少しずつ2倍⇒同時間になるようにしましょう。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/06/02(月) 08:00:00|
  2. 練習計画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (59)
セミナー/講習会 (91)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (38)
講義 (2)
トレーニング (11)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR