バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

ダブルスの試合を観察する

アジア大会でダブルスの試合をTVやYou tubeで見ることができました。
たまたま勝ったという試合はなく、負けるときには何らかの原因があります。その原因を発
見するのも一つの楽しみ方と言えるでしょう。
世界トップレベルの選手は、攻撃力やレシーブ力が非常に高いレベルにあり、簡単にラリ
ーで勝つことができません。しかし、目的もなくラリーを続けていても勝てるわけがありませ
ん。心の拠りどころはどういった戦略で戦うかです。

ダブルスの重要な戦略の1つとして「相手コート後方にシャトルを簡単に上げて攻撃させ
てはならない」ことが挙げられます。ラリーの内容を工夫して、「対戦相手が攻撃する場面
を極力少なくすること」「攻撃されたとしても十分な体勢でスマッシュやドロップ、クリアを打
たせないこと」が必要です。

女子選手の場合は、スマッシュを打たれたら相手コート後方に上げてばかりしていないでド
ライブで返球したり、ネット前へ返球して攻撃に転じることが重要です。昔はスマッシュを打
たれたら相手コート後方まで高く上げて返球することが主流でしたが現代の攻撃力のある
相手に対して上げてばかりでは試合に勝つことができません。
相手のスマッシュをドライブやネットへ返球できない選手は、戦略を理解していないか理解
していたとしても技術がないのでしょう。
また、ラリー中、簡単に上げていないかも見てみましょう。具体例を挙げると、ショートサービ
スを打ち、相手の返球がハーフ付近に低めに打たれた際、自陣後衛選手が膝付近の打点
でとり、相手の前衛と後衛の間にスピードの比較的遅い球を浮かないように打てているかど
うかです。そこで簡単に上げている選手は戦略的に問題ですし技術もしくは発想がないので
す。
また、ラリー中、ネットに返球できるのに上げてばかりいる選手は、これもネットへ返球する
技術レベルが低いため自信がないので上げるのです。

男子選手は上記内容が顕著に表れています。シャトルを上げないよう上げないようラリーを
意識して実行しています。そのためには、前衛で簡単に抜かれないよう前衛の攻撃力と攻撃
するための移動範囲が広いことが要求されます。また、後衛ではサイドへ飛びついてスマッ
シュやドロップを打てることも重要です。サービスを打ち、次の相手の返球を攻撃できるペア
ーはラリーを優位で展開できています。

スマッシュは速い遅い、フォームが綺麗などを見るのも楽しいのですが、どういった戦略と戦
法で試合に臨んでいるのか観察しましょう。
理解できたら良いプレーは真似る、やってみる、できない技術を追求することが次に待ってい
ます。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2014/09/26(金) 16:41:35|
  2. 戦法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クロスネット-その4【動画】

クロスネット1~3は、対戦相手がヘアピンを打ってきたのに対してクロスネットを打ったり、
ネットを越えて垂直に近い角度で落下してきた返球に対してクロスネットを打つ方法を動画
と共に解説しました。
今回は、自身がスマッシュ、カット、ドロップを打ち対戦相手がネット前に長めに返球されて
きた球をクロスネットへ打つ方法を解説します。ネット前に長めに返球されてきた球とは、
シャトルがネット上を越す際、水平近く飛行することをいいます。

<ラケットを立てて打つクロスネットのポイント>
1. ラケットを立てて構えます。
ラケットを立てるとは、ラケットが床に対して45度~90度位の角度で立てます。ラケットを
立てる角度はインパクト時のシャトルと自身の距離、打点などによって異なります。打点が
下になるようでしたら肘の角度を保持し、肘と手の位置を下げてラケットを立てましょう。

2.ラケットを振り始める地点は、ラケットとシャトルが当たるインパクト直前です。
インパクト前のテイクバック動作が大きいとスウィングに勢いがついてサイドアウトになりま
す。ラケットの始動がインパクトの位置より遠くても、インパクト直前で一旦ラケットを止め
れば問題ないでしょう。


3.肩関節を支点にして腕・ラケットをスウィングします。

4.スウィングはスライスで打ちましょう。
インパクト時のラケット面は打つ方向を向いていますが、シャトルにフラットに近い角度で
当たる場合は、インパク時に前腕を少しの角度だけ回外(フォアハンド)してショットの角度
を調整します。バックハンドは、前腕回内します。

5.フォロースルーを十分に行いシャトルの飛距離を出しコントロールをつけましょう。
このショットはテイクバック動作がほとんどないため飛距離の調整はフォロースルーで行い
ます。フォロースルーは肩関節を支点にして腕・ラケットを振ります。

◆伊藤佳月選手のバックハンドのクロスネット(撮影時小学6年生)


◆伊藤佳月選手のフォアハンドのクロスネット(撮影時小学6年生)


伊藤選手のフォアハンド、バックハンド共、素晴らしいですね!
しかし、伊藤選手のフォアハンドのクロスネットは、シャトルの軌道が少し不安定です。イ
ンパクト時のラケット面の角度が適切でない時があるからです。ストロークは非常に素晴
らしいので、打ち込んできたら適切なインパクト時のラケット面の角度を見つけられショット
が安定してくるでしょう。
実際の試合では、ホームポジション付近から移動して打つので運動エネルギー(ラケット
をスウィングするための動力源)が発生します。止まって打つ時よりシャトルに飛距離が
でるので、サイドアウトになる可能性が高くなります。ラケットを振り始める地点をインパ
クト直前に行うことを強く意識して実行しましょう。
また、スウィングスピードも調整する必要があります。

<注意点>
クロスネットを打ちながらシャトルの軌道を見ないようにしましょう。シャトルの軌道を見る
と肩の位置が動き、ラケットをコントロールするのが難しくなり、ショットが不安定になりま
す。上半身がお辞儀するように動きながら打つことも避けましょう。

皆さんも参考にして練習しましょう!

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2014/09/22(月) 08:00:36|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

表現力・人間力

先週は、全米オープンテニスの錦織選手準優勝の話題で持ち切りであり、私もTVや新聞に
くぎ付けの日々であった。
特に日本の若いテニス選手が準決勝をTVで見終わった時の目の輝きが印象的であった。
テニス人生の未来に向かって一筋の光が差し込んだ瞬間である。

テニス素人の私からみた錦織選手のプレーの特徴は、①サービスのスピードは特に速くな
い ②コート内を動くスピードがある ③バックハンドの両手打ちから両サイドへ返球するショ
ットのコントロールが優れてる ④外国選手に比べ体格で劣っているが、動き続けられるス
タミナがあり長時間の試合になると優位に立つ。

プレーも然ることながら、決勝後のスピーチが特に感心させられた。
「今日は全力を出し切ったが、相手に及ばなかった。勝ったチリッチ選手を祝福したい。自分
自身、初めて決勝に進むことができた。自分を支えてくれたチームに感謝したい。優勝トロ
フィーを獲得することは出来なかったが、今大会の2週間は本当に楽しかった。スポンサー、
チーム関係者に本当に感謝したい」
試合に負けた直後であるが対戦相手のチリッチ選手の優勝を祝福し、自分を支えてくれたチ
ーム、スポンサーに感謝する。24歳とは思えない心配りのある内容である。

錦織選手は、日本テニス協会のテニス基金によって、13歳で米フロリダにあるIMGニックボロ
テリー・テニスアカデミーに留学した。IMGアカデミーは、プロテニス選手を養成する完全寄宿
舎制の国際テニス選手養成学校で、90ケ国を超える同世代の選手が同じ屋根の下で寝食を
共にする。初めて来たときは、言葉の壁、食生活、勉強、練習方法、習慣など日本と全く異な
るため慣れるまで大変だったと想像できる。さらにライバルの選手らとの競争は、熾烈だった
であろう。試合の成績が悪いと退学を迫られることがあるそうだ。
しかし、これらを乗り越えて現在の活躍がある。

日本と違い多民族が集まる国や集団では、自己主張をしていかなければ生きて行けない。
黙っていても、いろいろな人が配慮してくれる日本とは大違いだ! 
こういう環境下で現在のインタビュー内容にある表現力が磨かれたのであろう。

錦織選手のプレーや試合後のインタビューを聞いているとファンにならざるを得ない。
テニススクールに入ってテニスがしたい。使用してるラケットを買いたい。錦織選手の試合を
見に行きたい。と思うようになる。その根本には「錦織選手への憧れ」があるからだ。

人を引き付ける高度なプレーと心配りのある表現力。これらを総合した人間力が錦織選手
の魅力なのだ。


試合に勝つことだけがゴールではないことを再認識させられた全米テニス大会であった。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!

  1. 2014/09/15(月) 08:00:00|
  2. 方針
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シングルスレシーブ力強化(質問&動画)

高校生の指導者Fさんから質問がありましたのでブログで回答します。

<質問>
シングルスのレシーブがうまくない選手に、どういった練習を行なえばよいのでしょうか?

【回答】
いろいろな練習があります。フットワークでは、素早く足を一歩出すクイックネストレーニ
ングがあります。フォアサイドでしたら右足(右利きの選手)を、バックサイドでしたら左足
を出します。一歩出して素早く戻し、これを10秒~20秒繰り返し3セット程実施します。サ
イドライン際に打たれたスマッシュをレシーブするのではなく、一歩足を出せばレシーブ
できるスマッシュに対応する練習です。

打ち合いの練習では、2対1のレシーブ練習があります。2に入る選手はトップ&バック
になり、後方の選手がスマッシュ、カット、ドロップ、クリアを打ち攻撃します。レシーブ側
の1は、スマッシュなどを打たれたらネット際、ネット前に70&~80%返球します。甘い
球ならカウンターで返球してもいいでしょう。2の前衛は、1がネットに返球してきた球を
主にストレートやクロスネットに返球します。時々低いロビングで攻撃をしましょう。2の
後衛は、この練習では1名ですが、後衛に2名入り3対1で攻撃することも可能です。実
施時間は、選手のレベルにもよりますが、10分~15分行います。シャトルを引っかけた
り出したりしたら2の前衛の選手が持っているシャトルを素早く出してラリーを長くします。
しかし、1の選手が疲れたら必ず休息をとりましょう。休息を取らないと連続運動になり、
速く動くことが出来なくなります。別の言い方をするとバドミントン的(間欠運動)でなくな
ります。

ノックの練習で代表的なのが、手投げによるレシーブノックです。ネット際から相手コート
にいる選手(ノックを受ける選手)に対してシャトルを手で投げて速く動かします。スマッシュ、
カット、ドロップ、時々クリアをイメージして投げます。動く時間を短くし十分な回復時間を
与えて繰り返すとスピード練習になり、動いてる時間を長くして、動いてる時間と休んで
いる時間を1対1にしてオールアウトまで実施するとスタミナを向上する練習になります。

今回は、ラケットを使ったノックによるシングルスレシーブを動画で紹介します。8月の暑
い日の午後、練習の終盤にオールアウトを目的に実施しました。フィーダーは椅子の上
からスマッシュ、カット、ドロップ、クリアを打ちます。選手が動いている時間は30秒以上
とし2人1組で交互に行います。

◆シングルスレシーブノック練習


<フィーダーの注意点>
① フィーダーがノックを出す位置は、ダブルスのロングサービスラインの少し手前から打
  っています。その位置から横に移動してフォア奥、バック奥、センターからも出しましょ
  う。

② フィーダーがクリアを打って、空いたオープンスペースをドロップやスマッシュで攻めま
  す。時々ボディにスマッシュを打ちます。

③ フィーダーは、ノックを受ける選手が返球し、体勢を立て直した後に次の球を送り込み
  ます。ダブルスのノック出しに比べシャトルを出すテンポが遅くなります。

④ ノック出しの技術は、このブログの2013年6月23日公開の「ノック出しの技術~スマッ
  シュ」を参照してください。
  左手からシャトルを離すときは、シャトルを上にあげるのはなく横にスライドさせて打
  ちます。上にあげるとシャトルがいろいろな角度に回転して、うまくラケットに当たらな
  いからです。

ノックを受けている選手は疲労困憊ですが、オールアウトまで実施するという目的を理
解してノックを受けているので頑張っていますね! お疲れ様でした。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
  1. 2014/09/08(月) 08:00:00|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サマーキャンプ終了

2014年8月22日~24日に13都府県から選手&指導者97名が参加して行われたコーチング
セミナー「サマーキャンプ」が無事終了しました。
暑い中、参加された皆様お疲れ様でした。
以下のとおり報告します。

<終了時の受講者の主な意見>
・ラケットの持ち方、ストローク、打った後のシャトルの軌道イメージなど丁寧に教えてもらい課
 題の技術が打てるようになった。

・体幹トレーニングは、なぜ必要かとうことが分かり実技で実感できた。

・運動連鎖によるスマッシュの打ち方の説明は、参加選手全員で素振りや両足の入れ替えを
 行い再確認ができた。その都度アドバイスがあり自分が出来ない理由が分かり、非常に有
 意義だった。

・コーディネーショントレーニングは、ゲーム感覚に近いトレーニングであり子供達が入りやすい
 ので早速練習にとり入れたいと思う。

・なぜこの練習が必要なのか目的をしっかり説明してくれるので、非常に分かりやすく楽しいセ
 ミナーでした。

・技術練習では、詳しい説明の後、たくさんのNEWシャトルを打てるので習得が早くなり非常
 によかった。

◆技術練習風景
 練習風景 

◆小・中学生対象コーディネーショントレーニング風景

コーディネーションTR  

◆小学生の選手達

小学生 

◆中学生の選手達

中学生 

◆高校・大学・社会人選手の皆さん

高校。大学。社会人 

◆指導者の皆さん

指導者 

<飯野コメント>

技術練習はストローク、腕・指の使い方、インパクト時のラケット面の角度、スウィングはどの
の関節を支点に動かすのか、シャトルの軌道イメージなど詳細を説明した後、実際にたくさん
のシャトルを打って習得するよう努めました。
その場ですぐに出来た選手、あと少しで出来そうな選手、まだ出来ない選手に区分することが
できます。今回出来なかった選手でも打ち方を理解していれば1週間後、1ケ月後、3ケ月後
に出来るようになります。選手がストローク理論を理解することが一番重要なのです。

次回は、2015年3月後半に小・中学生対象のスプリングキャンプ開催を予定しています。
事務局が了解すれば高校生、大学生、社会人も参加することができます。
具体的な日程は、10月以降ブログでお知らせします。お楽しみに!

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!

  1. 2014/09/01(月) 08:00:00|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (55)
セミナー/講習会 (85)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (35)
講義 (2)
トレーニング (9)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (8)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR