バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

2015年サマーキャンプ終了


8月21日(金)~23日(日)千葉工大で開催のコーチングセミナーサマーキャンプが終
了しました。参加された多くの皆様お疲れ様でした。

◆千葉工大体育館
今年12月に体育館が解体されます。15年間この体育館でセミナーが開催されました。
次回以降は、新体育館で開催予定です。
工大体育館

◆使用シャトル
セミナーは、約500ダースのシャトルを使って技術練習・応用練習・ノック練習を行
います。選手は、その都度シャトルを集める必要がないため練習に集中できます。
セミナー使用シャトル

◆クロスネット技術練習
ラケットを立ててスライスでクロスネットを打つ技術練習風景
クロスネット技術練習

◆ハイバック技術練習
ハイバックのワイパーでドロップを打つ技術練習風景。3名1組でローテーションし
ながら正確に打つことを要求しています。
ハイバック技術練習

◆高校生以上対象トレーニング講義
廣田名誉教授の講義を聞き目的・方法を理解してから行います。
高校生以上トレーニング講義

◆高校生以上対象トレーニング風景
体幹トレーニング実施風景
高校生以上トレーニング風景

◆セミナースタッフ
優秀なスタッフが直接指導しているのがセミナーの特徴です。
セミナースタッフ

<終了時の主なアンケート内容>
・今までのセミナーは、ネットショットや後方から打つショットなど各エリア毎の技
 術練習を行ってきましたが、今回は切り口を変えてスライスショット、ワイパーシ
 ョットで打つ各エリアの技術練習を行い斬新でした。フットワークも春に引き続き、
 方向転換を速くする練習を教えて頂いたので、ゲーム練習の合間等を利用して体を
 慣らしていきたいと思います。

・体幹トレーニングはスローなやり方も教えて頂いたのでこれも取り入れて、アウター
 はもちろん、インナーの強化も引き続き継続したいと思います。

・キャンプの2日間で技術が積み重なっていくのが見ていて分かりました。

・小・中学生のトレーニングでは、遊びを通じて体力づくりができるので、とても良
 い指導法でした。今回を参考にしてバリエーションを増やしたいと思います。

・分かりやすく教えて頂いたので、何ができて何ができなかったのか家で何をすべきか
 見えました。帰った後、身につくようしっかり復習します。

・分かりやすい説明でした。細かい注意点を提示していただけたので、選手にアドバイ
 スがしやすかったです。

・スタッフの皆さんが丁寧で大切なポイントをしっかり伝えていた。とても分かりやす
 かった。

・柔軟性をつけることで怪我がしにくい体がつくれる。

・一つ一つの目的がはっきりしていて、とても分かりやすかった。

・どのスタッフも分かりやすく指導してくださり有意義な3日間でした。

・体幹の筋力、柔軟性がケガの予防につながる。

・聞けば聞くほど新しい発見のあるセミナーです。楽しくとても勉強になりました。

・静的、動的ストレッチを行う場面とその理由。柔軟性の必要性を理解した。

・人のプレーを進んで見るようご指示ありがとうございました。良いところ、悪いと
 ころをじっくり見ることができました。

・フィーダーの技術が大切。選手が全力で気持ちよくやる上で、フィーダーと選手の
 共通理解、フィーダーの技術が重要だと思った。

・分かりやすい内容でとても中身が濃いセミナーです。ノックを受けているときもア
 ドバイスが分かりやすかった。

<飯野コメント>
セミナーに何年も通って頂いているシニア選手が、お昼休みに体育館の窓ガラスに向
かって素振りを行っていました。低く速いロビングを打つ際、肘を後方に引くと速い
ショットを打てることを指導したところ、自身は出来ていないのか忘れないうちに素
振りを始めました。周りの目に対し全く動じることなく集中して行っているのが印象
的でした。何歳になっても何年バドミントンをしていても、私たちはこの姿勢を忘れ
ないようにしたいものです!

スマッシュ、クリア、ドライブ、ハイバック、ロビングなどは、利き腕の肘を後方に
引いてストロークを大きくして速いショットや遠くへ飛ぶショットを打ちます。とこ
ろが多くの選手は、利き腕の肘を後方へ引く動作を行っていません。シャトルにラケ
ットを当てさえすればシャトルはある程度飛ぶため、ストロークが小さくなっていま
す。しかし、バドミントンは、レベルが高くなるに従い「ある程度飛ぶ」だけでは勝
負にならないのです。
スマッシュやクリアは、コンパクトなスウィングで無理に速いショットを継続して打
ち続けると、肩関節周りに障害が発生するリスクが高まります。もう一度ストローク
を見直しましょう!


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

スポンサーサイト
  1. 2015/08/26(水) 08:00:00|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年サマーキャンプカリキュラム公開

8月21日(金)~23日(日)千葉工大で開催のコーチングセミナーサマーキャンプの技
術練習カリキュラムを公開します。参加者は、事前に内容をイメージしておいて下さい。
カリキュラムは、当日配布します。

現在、13都県の選手・指導者・保護者・スタッフ総勢約100名の参加で行う予定です。

◆2015サマーキャンプカリキュラム

キャンプ当日は、猛暑が予想されますので水分補給を小まめに行ってください。
それに反し食堂は冷房が効いていますので、ウォームアップジャージやパンツを持参さ
れた方がいいでしょう。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
 以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
 You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  1. 2015/08/18(火) 07:00:00|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宇陀市誕生10周年記念強化講習会終了

8月8日(土)・9日(日)奈良県宇陀市誕生10周年記念事業でジュニア選手を対象と
した強化講習会が開催され講師として参加しました。

主催者の宇陀市バドミントン協会 上田義夫様から講習会終了後、投稿頂きましたの
でブログで掲載させて頂きます。

2日間のべ参加数は、チーム数11チーム、選手数90名、指導者20名でした。
今回の強化講習会は、7月にフィダー講習会実施し、そのうえで臨んだ強化講習会で、
講習会参加選手と指導者は、奈良県下はもとより福井、滋賀、大阪、京都、三重と近
隣の強豪チームが宇陀の地に集まりました。
参加選手は近畿大会はもとより全国大会に出場する選手も多数参加しており飯野先生
からは、バドミントンの基礎技術からご指導いただきました。
ご指導いただいた内容は、今まで当たり前としていたことが非効率的な動きであるこ
とや、それを修正するためのポイントなど参加した選手、指導者ともに有意義な2日
間の講習会となりました。 
バドミントン上達に近道は有りませんが、正しい理論と技術をもって子供たちを指導
することが、限られた時間の中で最大効果を生む秘訣であると実感した講習会であり
ました。
飯野先生 2日間ほんとうにありがとうございました。

◆10周年記念事業
10周年記念

◆講師のデモと技術解説風景
講師のデモ

◆指導者の熱血指導
指導者熱血指導

◆フォアネット前スピンネットのローテ練習
フォア前スピンネットのローテ

◆各種フットワーク練習
各種フットワーク

<終了後アンケート内容>
・技術の良い例、悪い例をうまく表現されて非常に解かりやすかった。

・とても良かった。これからの練習にどんどん使って行き、自分のものにしていきた
 いです。

・今までノックを出して打つだけでしたが、試合でよくあるパターンの一部分を取り
 出してノックを行って頂いたので、具体的で実戦につながる練習でした。

・1つ1つのショットに対する説明があり、分かりやすかったです。小学生の苦手と
 するオーバーヘッドストロークについて細かな説明と練習ができて、とても良かっ
 たと思います。

・各ストロークの技術ポイント、練習においてのフィーダーの投げ方のポイントと盛
 りだくさんな3日間(フィーダー講習会含む)でした。日々の練習に取り入れたい
 と思います。

・基本的なフォーム、ラケットの握り方等、詳しく教えて頂きよかったと思います。
 午前午後と選手、指導者を入れ替え色んな人と関わりかでき、子供達も喜んでいま
 した。

<飯野コメント>
講習会を2日間行い、初日終盤に短時間ですが翌日実施する技術の予習を行いました。
面白いことに2日目だけ参加した選手に比べ、スムーズに打てて技術の完成度が高い
選手が多くいました。打ち方を事前に教えておくと頭の中が整理されて、技術ポイン
トを押さえて練習ができたからでしょう!
練習では目的や狙いを理解して行うことが重要です。ただ単にシャトルを打っている
だけでは上達することは難しいと言えるでしょう!

<お知らせ>
ハイスピードカメラでスマッシュフォームを撮影された選手の指導者は、以下のメー
ルへ連絡をお願いします。動画のURLとスマッシュフォームの見方を返信でご連絡い
たします。⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp



にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
 以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  1. 2015/08/12(水) 12:00:00|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長野県指導者講習会終了

7月25日(土)・26日(日)長野県茅野市で長野県指導者講習会が開催され講師として参加し
ました。
当日は、気温は高かったのですが、標高が高いため過ごしやすい環境での講習会となりまし
た。今回は2日間とも指導者のノック出し技術向上の講習内容です。ノックを受ける選手には
技術のポイントを説明し、打ったり動いたりしてもらいました。
2日間で指導者がノックを出した本数は、数千本にも及んだと思います。大変お疲れ様でした。

それでは、主な講習内容を写真で紹介しましょう!
◆ドライブを打つノック技術の練習
利き腕を後方に引いて出すことでストロークを大きくし、速いドライブを打っています。
左手で空中に出したシャトルが回転していないためコントロールがいいことが推測できます。
また、インパクトでは、シャトルのコルクの側面もしくはコルクの側面と羽根を同時に打つと
コントロールが向上します。
ドライブノック練習 

◆クリアを打つノッ技術の練習
ドライブを打つ打点より少し高い打点で打っています。左手で持ったシャトルを上空に上げる
のではなく、左手を少し高く上げてシャトルを横にスライドさせて打っていることが分かります。
また、インパクトではラケット面がやや上方向に向いているため高い放物線を描くクリアを打
つことが出来ます。
クリアノック練習 

◆ドロップを打つノック技術の練習
クリアと同じ打ち方からドロップを打つ練習を行いました。
ドロップノック練習 

◆プッシュでスマッシュを打つノック技術の練習
ネット際でテンポの速いプッシュをすることで、選手はダブルスのスマッシュレシーブの練習に
なります。その後、ドロップとクリアを混ぜて試合と同じ状況を作って練習しました。
スマッシュレシーブノック練習 

◆椅子の上からスマッシュを打つノック技術の練習
椅子に乗ってスマッシュを打つ練習です。この状態からドロップ、カット、クリアを打ち半面で
選手を速く動かします。
椅子の上からスマッシュノック 

◆前衛アタックのノック技術の練習
ダブルスの前衛アタックの練習です。テンポの速い球出しを心掛けて、速い球、遅い球、チャ
ンス球を半面にいる選手に向って出す練習です。
前衛アタックノック 

◆ダブルスレシーブのウィークポイントに手投げで出す練習
選手の肩口付近とその下周辺がダブルスレシーブのウィークポイントなので、そこへ手投げ
で球出しを行いレシーブ力向上の練習を行いました。
手投げレシーブ 

<飯野コメント>
各地で講習会を行うと、ノックでスピード練習やスタミナ練習を行う際、選手の動きに合わせ
て球出しを行う指導者が多くいます。選手にシャトルを打たせることを最優先しているのかも
しれません。しかし、それでは選手のスピードやスタミナは向上しません。スピードやスタミナ
を向上する練習では、フィーダーが主導権を握り、選手が速いスピードやテンポで出される
シャトルを必死になって追い付こうとすることに意味があります。
このようなノックを受けた時の選手の嬉しそうな顔は忘れることができません。
逆にテンポが遅い球出しで楽にシャトルを打ち返せるノックを受けても選手は、歓びを感じる
ことが少ないように思います。
選手の競技力向上を目的とするなら、生きた球、質の高い球を出すことが必須です。
今回の講習会で参加された多くの指導者の方が、生きた球や質の高い球を出せるようにな
りました。大変嬉しく思います。ノック出しの練習を継続して行ないましょう!

さて、次回の長野県講習会は、ジュニア選手を対象に来年2月20日(土)・21日(日)に開催
されます。ダブルスの技術練習を中心に行い、併せてダブルスのノック練習も行いますので
楽しみにしていて下さい。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2015/08/05(水) 08:00:00|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (62)
セミナー/講習会 (93)
フットワーク (9)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (38)
講義 (2)
トレーニング (13)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR