バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

杉並区中学生強化練習会終了

1219日(土)・20日(日)に東京都杉並区中学生対象の強化練習会が開催され講師
として参加しました。選手約50名、指導者約20名の参加です。

◆コート毎で熱心な指導風景

 杉並区練習風景ー1 
 杉並区練習風景ー2 
 杉並区練習風景ー3

 

◆終了時の主なアンケート内容(匿名)

・レベルの高い技術も1つ1つ解説していただき大変勉強になりました。(指導者)

・クロスネットの練習をやりたくても打ち方が分からなかったが、今回理解しました。
  生徒が打てるようになり感謝しています。(指導者)

・講習会で一番印象的だったことは、ハイバックで同じ構えから3種のショットを打ち
  分けられるラケットワークを学んだこと(指導者)

・講習会で一番印象的なことは、練習すればするほど段々とできるようになっていくこ
  とです。【中学生】

・1人1人にとても分かりやすく丁寧に教えてもらえたのがよかったです。【中学生】

・フットワーク練習でタッピングがうまくできるようになりました。ですが最後の1歩
  をもっと大きく出したいです。【中学生】

・今まで自分がやってきたラケットの振り方と違ったので直すのが大変だったけれど、
  打ちやすい打ち方が分かり非常によかった。【中学生】

 

<飯野コメント>

今回の参加選手は、数名の選手を除けば選手経験が浅く、練習できる時間が短い環境で
練習しています。従って練習目的の明確化や効率のよい練習内容が求められます。そう
いった意味で、今回はいい機会になったのではないでしょうか。今回習ったことを繰り
返し練習し、完全に習得することを期待しています。

ボランティアスタッフで選手指導をして頂きました皆さま、ありがとうございました。
私自身非常に助かりました。改めてお礼申しあげます。

 
◎ブログ読者の皆さま、1年間愛読いただきありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
  以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒
iino@quartz.ocn.ne.jp 

 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
  You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2015/12/30(水) 08:00:33|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小学生3歩でネット前まで移動

読者のMさんから質問がありましたので、ブログでも回答します。

 

:小学生の母親です。チームの指導者の方は、娘にシングルスでコート後方からスマ
  ッシュを打ったらネットまで3歩で行くんだ! と指導されますが、如何なもので
  しょうか?

飯野:お嬢さんは小学何年生で身長はどの位ですか?

:小学6年生で身長は150cm位です。

飯野:高校生以上のレベルの高い選手では、コート後方でスマッシュや速いカットを打
  ち、ネット前まで3歩で行く場合があります。しかし、
小学生は、体格と筋力の発
  育発達が充分でないため同じように3歩で移動することは不可能だと考えるべきで
  す。

  上記の3歩で行ける選手は、スマッシュを打った後、ネット前の左右どちらか一方
  に必ず返球されると確信しているから出来るのです。例えばサイドライン際にスマッ
  シュや速いカットを打つと、対戦相手の腕が伸びているためラケットを大きくスウィ
  ングできなくなり、ストレート方向のネット際もしくはネット前にしか返球できな
  くなります。スマッシュやカットを常時ライン際へ打てる技術があるから達成でき
  るものです。

  それができない選手は、スマッシュやカットを打った後、1~2歩前方もしくはホー
  ムポジション付近まで素早く移動し、返球コースを確認してからネット前などに移
  動します。
  従って多くのラリーでは、スマッシュやカットを打った後、必ず3歩でネット前ま
  で移動できることではないと理解しましょう!

:3歩に固執してはいけないということでしょうか?

飯野:そのとおりです。フットワークの原則は、無理のない歩幅で移動し、最後の1歩
  で調整します。ネット前やサイドレシーブで少し届かないと思ったら大きく足を出
  します。

  コート後方からネット前まで歩幅が大きくなくとも足の回転を速くし、歩数を多く
    して移動してもいいわけです。

  もちろん、3歩で移動することに何ら問題はありません。

:ホームポジション付近からの動きはじめの1歩を大きく出せ! とも言われますが・・・。

飯野動きはじめの1歩を大きく出し、逆を突かれると戻りが遅くなります。動きはじ
  めの第1歩は、無理のない歩幅で行いましょう!

;ありがとうございました。指導者の方と話しをしてみます。

 

 

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
  以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒
iino@quartz.ocn.ne.jp 

 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
  You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  1. 2015/12/17(木) 08:21:26|
  2. フットワーク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初心者が空振りする

読者のHさんから質問がありましたので、ブログでも回答します。

 

H:小学生初心者の母親です。クラブに入って半年ですが、クリアを打つ練習では空振
    りばかりします。どうしたらいいのでしょうか?

飯野:クリアの練習では、どんな方法で行っていますか?

H:5名前後の選手がコート後方に列をつくり、コーチの方が高く投げるシャトルを1
    球クリアを打って次の選手に交替します。5名がローテーションして練習すること
    を中心に行っています。

飯野:選手の人数が多いから、このような練習を行っているのですか?

H:たぶんそうだと思います。

飯野:ほとんどの選手は、クリアを打てるのですか?

H:多くの選手は空振りばかりしています。

飯野:初心者の選手にとって、垂直近く落下するシャトルを打つことは至難の業と言え
    るでしょう。また、ストロークやフォームが確立していないのに自由に打たせてい
    ると適切でないストロークが身につく恐れがあります。

H:シャトルを打たない素振りから始める必要があるということですね?

飯野:そうです。しかし、シャトルを打たない期間が長すぎると飽きてしまうので、シ
    ャトルを打つことと並行して行う必要があります。最初は、素振りが中心ですが、
    徐々にシャトルを打つ練習の割合を増やして行けばいいと思います。

H:シャトルを打つ練習では、どのショットから練習すればいいのでしょうか?

飯野:初心者に限らずバドミントンの練習は、簡単な練習から徐々に複雑な練習に移行
    するのが原則です。バックハンドのドライブやロビングから練習しましょう。次に
    ハイバックです。高い打点で打つのはなく、バックハンドドライブの延長線上で自
    身の頭の少し上くらいを打点として打たせましょう。バックハンドの練習を最初に
    行い、グリップを徹底させます。

    次にフォアハンドのドライブとロビングです。最後に一番難しいクリアやスマッシ
    ュなどのオーバーヘッドストロークです。その際、一番の注意点は、選手がスウィ
    ングすればシャトルが当たるであろうエリアにシャトルを正確に投げることです。
    ラケットでシャトルを出すと多少コントロールが乱れるため、シャトルを手で投げ
    た方が狙ったエリアに球出しができると思います。

H;シャトルを投げる人と選手の距離は?

飯野:ドライブやオーバーヘッドストロークの練習では、至近距離過ぎてはテイクバッ
    ク動作が出来ないので、ある程度距離が必要です。1.5メートル~2メートル位離れ
    て投げてみてください。

H;初心者とシャトルを打ち合う練習は論外といっていいのですね!?

飯野:何が練習の目的かを考えましょう! 初心者でもシャトルを打ち返せる選手なら
  いいかもしれませんが・・。

H:冒頭の当チームがローテーションで練習する件はどうでしょうか?

飯野:選手がストロークやインパクトの感覚を身につけるには、できる限り続けて多く
  のシャトルを打つ必要があります。
1球を空振りして交替では、感覚が身につきま
  せん。

H:具体的な本数は?

飯野:選手の疲労や集中力との兼ね合いで本数が決まります。レベルの高い選手のコン
  トロール練習では、1回の単位が5分~10位行います。スピンネットやクロスネット
  などあまり疲れない技術練習は、1つのショットに15分ほど続けて行う場合もありま
  す。
初心者は、一般的には10本~15本連続して打つことから初めて見てください。

H:選手にシャトルを投げるコーチが多くないと練習できないですね?

飯野:そうです。それが問題です。練習に付き添ってきている父兄の方の協力を仰いで
  は如何でしょうか?

H:私は手伝います。

飯野:それと、ある程度正確に飛ぶシャトルの数が必要です。どれくらいのスウィング
  スピードで打てばいいのか? ラケットの角度は? など
感覚を研ぎ澄ますには、
  ある程度正確に飛ぶシャトルを使用することが不可欠です。

H:わかりました。別件ですが、選手がドライブを打つ技術練習で、フィーダーが選手
  のすぐ真横から手で球出しを行うのを見たのですが、いい練習になりますか?

飯野:練習はできる限り試合に近い方がいいわけです。試合でシャトルが真横から出て
  くることはありません。従ってこの練習の目的は、私には理解できません。

H;練習の目的が分からない場合は、止めたほうがいいですね。

これらのことをチームの指導者と話しをしてみます。ありがとうございました。

 

 

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
 以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒
iino@quartz.ocn.ne.jp 

 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
 You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


  1. 2015/12/10(木) 08:00:09|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

越前市Wingチーム講習会終了

先日、福井県越前市Wingチームに指導に行ってきました。

福井県の小学生チームは43チームあり、全国でもレベルが高く大激戦地区の1つです。
その中でWingチームは、平成25年度度北信越小学生バドミントン大会女子4年生団体
戦優勝、翌26度も同大会で女子5年生団体戦優勝を遂げました。今年の全国小学生バ
ドミントン選手権福井県予選女子シングルスで杉井選手が見事優勝し、年末の全国大会
に出場します。


Wingチームの皆さん

 DSC02209.jpg

 

今回の講習会でも、選手の技術やフットワークに対して大きく改善を要求することはあ
りませんでした。選手個々の技術の細かな部分で若干のアドバイスや修正をする程度で
す。
普段の練習で基礎部分をしっかり練習していることが伺われます。

 

監督の上木直美氏は、千葉工大で開催するバドミントンコーチングセミナーに選手と共
に長年参加し、指導スキルを向上してきました。私たちは、講習会のたびに毎回課題を
出してきましたが、それを克服し自チームの練習・トレーニングに見事生かしてきてい
ます。ノック出しのレベルも年々向上し、今では安心してみることができます。

それらが見事な成果につながっているのでしょう!

今後の更なる成長が期待できるチームです。

 

 

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
  以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒
iino@quartz.ocn.ne.jp 

 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
  You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  1. 2015/12/03(木) 08:00:00|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (55)
セミナー/講習会 (85)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (35)
講義 (2)
トレーニング (9)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (8)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR