バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

速いスマッシュ&クリアを打つための練習方法【動画と解説】

クリアを遠くへ飛ばしたい,速いスマッシュを打ちたいと選手は願っています。しか
し、フォームが適切でないため、それができなくて悩んでいる選手が多くいます。
できない原因の一つが、利き腕の肘を後方に大きく引かないためストロークが小さく
なり、最大スピードでシャトルを打てないからです。

特に女子選手に多く見ることができます。
なぜ出来ないのでしょうか?

<原 因>
選手は、ボール投げができない。ボールを投げたことがない。
     練習でボール投げや、それに準じた練習を実施する必要があります。

世界トップレベルの女子選手数名は、ラケットを高く上げた状態から肘をあまり
  後方に引かずスウィングしているためストロークが小さい。 それを見た選手と指
  導者は、それが正しい打ち方だと誤解しているため。
     上記選手は体が大きく筋力トレーニングを十分実施しているので、クリアは並み
    に飛びます。しかし、体が大きい割には、スマッシュのシャトルスピードが遅い
    ことが分かります。

指導者が、ラケットを上げた状態からラケットのスウィング開始を指導しているため
     ラケットを高く上げて構えろ! という指導は止めましょう! シングルスのホー
        ムポジションでの構えは、リストを立てて(リストスタンドして)ラケットヘッド
        を胸や腹の前に置き、そこから利き腕の肘を後方に引きスウィングを開始しましょ
    う。
などが考えられます。

<改善するための練習方法>
フォアハンドドライブを最初に打ちます。肘を後方に引き、ストロークを大きくと
     ることを強く意識して打ちましょう。

出来るようになったら、フォアハンドドライブとスマッシュを交互に打ちます。ス
     マッシュは、フォアハンドドライブのストロークで打点を上げて打ちます。
   【動画参照】

フィーダーは、動画のようにテンポよくシャトルを手投げします。しかし、速いス
     ピードでシャトルを投げたり、近距離でシャトルを投げると、肘を後方に引く動作
     ができなくなるため注意が必要です。

★動画モデルは、仰木の里ジュニアチームの小学4年生男子O選手と小学5年生女子I選
   手です。(撮影時の学年)


◆速いスマッシュ&クリアを打つための練習方法


2名の選手共、ストロークが大きくなりショットのスピードが増していることが分か
りますね! 非常に素晴らしいです! 皆さんも是非実施してみてください。

<注意点>
練習では、肘を引いて打っているのですが、ラケットヘッドが体の前から頭上を通
     ってスウィングする選手がいます。ラケットヘッドが動画のような軌道になるよう
     修正しましょう!

この動画の練習は、ストロークだけの練習です。このストロークが自動化したら足
     と上半身の動きを加えスマッシュを打つ練習をしましょう!

動画の練習が出来ても、実際にシャトルを打つと、元に戻っている場合が多くあり
     ます。まだ、自動化されていないからです。定期的に動画の練習をしましょう!

スマッシュやクリアを打つ際は、スウィングする腕を耳に近づけないようにしまし
    ょう。耳に近づけてスウィングすると、ラケットを速くスウィングすることが出来な
    くなリます。

<ストロークの基本的な考え方>
フォアハンドドライブで、肘を後方に十分引いてストロークを大きくできる場合は、
     相手が打った球があまり速くない場合です。相手が打った球のスピードが速くなる
     に従い、肘を引く距離が短くなり、テイクバックからインパクトまでのストローク
     が短くなります。

スマッシュも同様です。相手がネット前から打ったロビングが高く、インパクトま
     で十分な時間があり、速いスマッシュやカット、ドリブンクリアを打ちたい場合は、
     肘を大きく後方に引きストロークを大きくして打ちます。しかし、相手がドリブン
     クリアや低いロビングを打ってきたら、テイクバックからインパクトまでのストロ
     ークが短くならざるを得ません。
     このようにストロークは、対戦相手のショットの種類やスピードと自身が何を打ち
     たいかによって変化します。


肘を後方に引きストロークを大きくしてドライブやスマッシュ、ドリブンクリア、
     カットが打てることが重要です。それができるようになればストロークを短くし、
     コンパクトにスウィングすることが容易にできるようになります。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2016/03/31(木) 08:00:52|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仰木の里ジュニア講習会終了

3月20日(日)・21日(月)の2日間、滋賀県仰木の里ジュニアチームを中心とした講
習会を行い講師として参加してきました。選手および指導者約70名の参加です。

◆参加した選手達
仰木の里Jr 

<仰木の里ジュニアチーム山田悟史監督の終了後の感想>
飯野さんをお迎えしての講習会は今回で3回目ですが、カリキュラムには新しい内容が
盛り込まれ、たいへん刺激的な2日間となりました。

バドミントンには、グリップからインパクト時のラケットの面の角度の作り方、ストロ
ークに至るまで数多く種類があるため、身に付けるべき技術がたくさんあります。しか
し、指導者が「この子には難しいだろう」「まだ早いだろう」と決めつけることがあり
ます。その原因は、そのショットを指導者自身が打てないとか、打てるようになった子
どもを教えたことがないことにあります。

飯野さんの講習会の目的はそういった指導者の意識を変えることにもあります。
今回も山をつくるシングルスレシーブやラケットを立てて入るクロスネットの練習時に、
経験の浅い低学年の子が何回も打っているうちにきれいにネットを越す羽根を打てるよ
うになりました。そんな場面を経験すると飯野さんの「小学生の時期には技術を身につ
けるべき」という言葉に説得力を感じました。

また、今回は、オーバーヘッドストロークを打つ際に肘を後ろに大きく引けない子を、
どのように修正していくのかがテーマのひとつでした。まず、ドライブを打つ練習を行
います。その際、肘を後方に引く動作を強く意識付けします。次にドライブとスマッシ
ュを交互に打つことで、スマッシュの時にも肘が引けるようにする練習です。この練習
で改善していく子を目の当たりにしました。
また、最近の子にボール投げの経験がないことに注目し、肩を回してボールを投げる練習
を日常の練習の中にどのように取り入れるかについての議論はたいへん盛り上がりました。

講習会は、単なるバドミントンの練習に終わらず、バドミントンという競技そのものを
見なおす機会となりました。次回に向けて飯野さんからたくさんの宿題を課していただ
き、やるべきことが明確になった気分です。本当にありがとうございました。

◆講習会タイムスケジュール クリックすると見ることができます


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2016/03/24(木) 08:00:15|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリア&ドロップコンビネーション技術練習【動画と解説】

先月、鳥取市強化練習会で技術練習を行ったときに、ビデオ撮影しましたので公開し
ます。
ストレート方向に低くて速いドリブンクリアを打ち、同じフォームからドロップを打
つコンビネーションの技術練習です。画面左のサウスポーの選手に注目してください。
モデルは、西村陽翔(にしむら はると)選手、小学5年生です。

◆クリア&ドロップコンビネーション技術練習


<西村陽翔選手のクリアを打つフォームの解説>
サウスポーですので、右足を前にして後ろ足の左足で床を蹴って両足を空中で入れ替
えて、ラケットをスウィングするための動力源である運動ネルギーを発生させていま
す。また、両足を空中で入れ替えることで骨盤を捻り、上半身の捻りを強める働きを
しています。このように、足と上半身で生み出した運動エネルギーを腕に伝えます。
次に腕の動きを見てみましょう。

ラケットヘッドの位置は、胸付近にあり、そこからゆっくり振り出し始めています。
左ひじを下げて、肘を後方に引いてストロークを大きくしています。引いた肘を前方
に出しインパクト直前に曲げていた肘関節を伸ばしスウィングスピードを増していま
す。さらに遅れてラケットヘッドが出てきています。運動連鎖がスムーズに移行して
いる素晴らしいフォームです。

<西村陽翔選手のドロップを打つフォームの解説>
さて、ドロップとクリアの違いを見てみましょう。ドロップは、両足を空中で入れ替
えクリアやスマッシュなどの強打と見せかける必要があります。ポイントは、空中で
両足を入れ替えますが、骨盤を素早く捻ると運動エネルギーが上半身に十分伝わって
しまうため、骨盤の捻りを抑えています。これは、スウィングスピードを抑えるため
に実行すべきことです。
クリアを打つ打点とドロップを打つ打点を見比べてください。速いスウィングなので
はっきりとは分かりませんが、残像でおおよその打点を見比べられます。
クリアの打点は、高いのですが、ドロップの打点は、それよりも低いことが分かりま
す。
相手コートのネット際にシャトルを落下させるドロップを打つ場合は、打点を少し
低くしラケット面をやや上向きにし、スウィングスピードを遅くして打ちます。
今回は、インパクト時にラケット面とシャトルがフラットに当てて打つドロップを指
導し練習しました。

西村陽翔選手は、リラックスして打っていますね! 
そして、体のバランスも非常にいいことが分かります。
将来が楽しみな選手の一人です。

皆さんもトライしてみてください。

オーバーヘッドの技術練習(コントロール練習)は、クロス方向へ打ったり、他のシ
ョットと組み合わせて打つことが必要です。練習すればするほどショットのコントロ
ールが向上します。技術練習の本数や時間は、選手の疲労度や練習時間帯にもよるの
で明確に決めることはできません。できたら5分~10分間は続けて打ちたいものです。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2016/03/17(木) 08:00:39|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アシックスバドミントンシューズGEL-BLADE 5

新商品アシックスバドミントンシューズGEL-BLADE5のカラー:ディープコバルト×
ホワイトを購入しました。

使用した感想は、
① 非常に軽い

② 見た目がランニングシューズに似ている

③ つま先部分の底が薄く、接地感覚をダイレクトに感じられる

④ 踵のクッションは問題なし

⑤ バドミントンを初めたころから白を基調としたシューズしか履いてこなかったので
     新鮮な感じがした

⑥ 個人的には、大変気に入りました

耐久性は、まだ使用し始めたばかりですので分かりません。

◆アシックスGEL-BLADE 5
DSC02388.jpg

皆さんも店頭で試履しては如何でしょうか?

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
続きを読む
  1. 2016/03/10(木) 08:00:24|
  2. 愛用品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年長野県ジュニア講習会終了

2月19日(土)・20日(日)長野県茅野市で長野県ジュニア講習会が開催され講師と
して参加してきました。選手および指導者約90名の参加です。

◆参加された指導者の皆様
長野県指導者

参加された指導者のK氏から終了後、感想をいただきましたので公開いたします。
指導者が悩む事はいつも選手がどうしたら成長出来るのか、どの様に指導したら育つ
のかです。その為には、理論に基づいた指導の引き出しを沢山持ち、選手に合わせて
使い分けるテクニックを持つことが重要な気がします。
今回も女子選手が肘を引いてスマッシュを打つことが出来ない事への指導アプローチ
として、ドライブからスマッシュへ導く方法は非常に勉強になりました。

今回、参加した中学生を対象に、呼吸循環器系のトレーニングとスロトレ(筋力ト
レーニング)を交互に行うスーパーサーキットを行いました。(小学生は、トレーニ
ング対象外)
1種目あたり30秒実施、次の種目への移動時間10秒をとり、以下の種目を順番に行い
ます。*実施時間と休息時間(移動時間)は、選手のレベルによって変更してくださ
い。

<種目>
① 縄跳び二重飛び(呼吸循環器系)
② 腹筋(スロトレ)
③ コート両サイドを順番に椅子タッチ(呼吸循環器系)
④ 背筋(スロトレ)
⑤ ダッシュ(呼吸循環器系)
⑥ 腕立て伏せ~両ひざを床につけて実施(スロトレ)
⑦ サイドジャンプ~ひもなどで高さを調節(呼吸循環器系)
⑧ ヒップリフト(スロトレ)
⑨ その場足踏み(呼吸循環器系)
⑩ スクワット(スロトレ)

<方法>
10名選手がいたら10名が①~⑩までの種目につき一斉に行います。次にA選手はB選
手が行っていた種目を行い、B選手はC選手が行っていた種目を行うように追いかけて
行きます。

<終了時間>
各自オールアウトになったら終了と伝えスタートしましたが、全員30分間行うことが
できました。ある選手は、まだ余力があるというたくましい意見もありました。
不思議なもので、各選手がオールアウトになったら自己申告して終了することと伝え
ると、頑張るものです。「30分間必ずやること」と伝えて実施すると、途中で指導者
の顔色を見てサボる選手が出てくることもあります。
だからと言って、毎回各自オールアウトまで実施するとなると、選手がオーバートレ
ーニングになる可能性があることを指導者は忘れてはなりません。ある時は、時間や
セットの設定も必要です。

長野県ジュニア講習会は、来年度も計2回実施を予定しています。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2016/03/03(木) 09:00:02|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (62)
セミナー/講習会 (93)
フットワーク (9)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (38)
講義 (2)
トレーニング (13)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR