バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

2016サマーキャンプ終了&2017スプリングキャンプ案内

<2016サマーキャンプ終了しました>
8月19日~21日まで千葉工業大学で12都県約120名が集まったサマーキャンプが開催さ
れ無事終了しました。参加された指導者、選手の皆さま、暑い中お疲れ様でした。

◆会場:千葉工業大学新体育館 トレーニングルームも中にあり、立派な体育館です。
千葉工大体育館 

◆会場:体育館内12面使用でオリンピック仕様になっています。
   2020東京オリンピックで各国の練習会場になるのではないかと思います。
体育館内 

◆セミナースタッフ&指導者の皆さん
 
   暑い中球出しを長時間行って頂きました。ありがとうございました。
スタッフ&指導者の皆さん 

◆参加された指導者が使用していたノック出し器 
   お手製で本体部品はポカリスエットです。材料費計4千円だそうです。私も使用しま
   したが、超軽量で使用しやすいです。耐久性は2年以上で現在も継続使用されていま
   す。2か所のシャトルの出口は、隣接していて2個まとめて取り出すことができる形
   状になっています。
ポカリスエット製ショルダー 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<来年3月開催「小・中学生のためのスプリングキャンプ」のご案内>
近年、東京近郊の宿泊ホテルの予約が難しいことから、来年3月開催のスプリングキャ
ンプの日程案を事前にお知らせし、宿泊が必要な方に予約を取って頂くことを目的に
ご案内いたします。但し、今年12月に開催会場である千葉工大と協議し、開催日を最
終決定します。従いまして、変更になる可能性もありますので、ご理解を御願いいた
します。

開催日程案
 2017年3月18日(土)午後開始~20時・19日(日)9~20時・20日(祝日)9~17時
 の3日間

対象
 バドミントン経験2年以上の小学生小学4年生以上・中学生とその指導者
 中学生以上であっても更なるレベルアップを希望し、事務局が認めた選手
 バドミントンの基礎知識と指導ノウハウを学びたい指導者

募集開始:今年の12月を予定しています。

選手参加枠:計96名 定員になり次第締め切ります。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
 以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
 You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2016/08/29(月) 08:00:30|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

練習の順番【質問】

男子高校生のK選手から以下の質問がありましたので、ブログで回答します。

<質問>
バドミントンでトレーニング(縄跳び、ダッシュ、等)などは練習の初めの方か、最
後にやるのかどちらがいいのですか? 練習の初めにやると、そこで体が疲れてきてし
まいシャトルを打つ時に集中力が続かないので、自分は練習の最後にやる方がいいと
思います。

<N選手とのやり取りの内容>
飯野:普段の練習内容を教えてください。
K選手:週3~5回は以下の練習内容です、重要試合の1ケ月位前まで実施します。
① 15分間ビルドアップ走
  最初はスローペースで、徐々に走るペースを上げていくトレーニングです。
② 30mのダッシュなど
 1往復×3セット、2往復×2セット、3往復×1セット、うざき跳び2往復、けんけん片
   足1往復ずつ、手押し車2往復、サイドステップ2往復、クロスステップ2往復

   休憩5分

③ 指示出しフットワーク20×3セット
④ 指示無しフットワーク20×3セット
⑤ 基礎打ち15分

   休憩5分

⑥ ドロップ、スマップ交互50本連続
⑦ N字ノック16本×5セット
 フォア後→バック前→バック後→フォア前、フォア後→フォア前→バック後→バッ
   ク前のようにN字に動くノック練習。後方スマッシュでネット前はプッシュです。
⑧ パターン練習30分

   休憩5分

⑨ シングルスの試合(2試合)

飯野:縄跳びは、いつ実施しているのですか?
N選手:週2回ほど15分間ビルドアップ走が終わってから、二重跳びを1,000回行い
ます。
飯野:筋力トレーニングは、実施しているのですか? 
N選手:週2回程実施しています。実施する順番は決まっていません。
飯野:試合を最後に行いますが、選手は余力があって行っているのでしょうか?
N選手:選手全員ほぼバテています。

<回答>
3つの観点から回答します。
1.エネルギー供給には限度がある
バドミントンで動き続けるためのエネルギー供給には限度があります。エネルギー源
の中心は糖で、バドミントンのような運動強度の高い練習・トレーニングでは、約90
分で枯渇してしまいます。練習時間が経過するに従い、体力や集中力が落ちて行きま
す。従って、練習の最初で集中力のある時間帯で何を行ったらいいのか考えることが
重要です。重要試合が近い時期は、シャトルを打ち合う総合練習や部分練習、ゲーム
練習などを練習の前半に行うべきです。重要試合から随分と遠ざかっている準備期
【トレーニング期】は、N選手が上記で行っているトレーニングを前半に行ってもいい
と思います。上記練習は、重要試合の1ケ月前まで行っているとのことですので微妙な
ところです。私でしたら重要試合の1ケ月半~2ケ月前には、シャトルを打ち合う練習
を前半に行うでしょう。

2.順番を考える
練習・トレーニングを効率よく実施するには、順番が重要です。大雑把ですが一般的
には、スピード系⇒スタミナ系⇒筋系(筋力トレーニングなど)の順番で行います。
スピード系を実施しない日は、スタミナ系⇒筋系の順で行います。スタミナ系を実施
しない日は、スピード系⇒筋系の順で行います。筋系を実施しない日は、スピード系
⇒スタミナ系で実施します。N選手が実施している練習内容は、スタミナ系の練習・
トレーニングが中心で随分と偏っています。

3.バドミントンの競技力を構成する3つの要因
バドミントンの競技力を構成する3つの要因は、「技術」「スピード」「スタミナ」
です。
その内の技術ですが、技術練習を実施していないので技術をどうやって習得するのか、
どうやってシャトルのコントロールを向上するのか疑問です。現在練習の最後に2試
合を行っていますが、その代わりに技術練習を行ってもいいでしょう。
スピード練習を行っていません。アジリティトレーニングやクイックネストレーニン
グ、フットワークやノックによるスピード練習を行っていません。ダッシュを行って
いますが、コート内移動スピードを向上するには、バドミントンの動きで行う必要が
あります。
スタミナ練習は、フットワーク練習、打ち合いの練習、ノック練習は行っていますが、
中途半端です。スタミナ練習は、オールアウトまで実施しないと効果が半減します。
また、⑧パターン練習が終わった後、バテている状態で試合を行っても集中力がない
状態で行っているため成果を望むことは出来ないでしょう。

◆実施してはいけないトレーニング
うさぎ跳び30mを2往復行っていますが、うさぎ跳びは、腓骨の疲労骨折、半月板損
傷、オスグッドシュラッター病などを発生する可能性があることから実施は避けるべ
きです。
うさぎ跳びの動作とバドミントンの動作に関連性もありません。従ってなぜ実施する
のかの説明にも困ると思います。

<総括>
重要試合から遠ざかっていてトレーニングを中心に行う時期でしたら、練習の前半に
縄跳びやダッシュを行ってもいいでしょう。しかし、重要試合に近づくに従い、シャ
トルを打ち合う練習を前半に行い、縄跳びやダッシュは練習の後半から終盤にかけて
行うべきです。
N選手は実施している練習・トレーニング内容を根本的に見直す必要があります。
しかし、練習内容は、指導者が計画し実行するので、N選手を指導されている指導者
の問題です。指導者が、見直す機会があればいいですね!

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
 以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
 You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2016/08/22(月) 08:00:59|
  2. 練習計画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宇陀強化講習会主催者側感想

先日、開催されました宇陀強化講習会の感想が主催者から届きましたので、ブログで
紹介します。

◆宇陀市バドミントン協会 会長 上田義夫氏
上田さん 

8月6・7日と猛暑の中、飯野先生を講師にお迎えし夏期強化講習会を開催いたしま
した。選手は宇陀市小・中学生の選抜メンバーと奈良県下の私学中学生そして、滋賀
のジュニアチームの総勢26名。指導者&大人の選手兼指導者18名が、1コートに
選手5・6人、指導者2名の体制で6コートをフルに使った講習会で、1人当たりの
ショット数は前年の倍近い充実した講習会となりました。講習内容はワイパーショッ
トとスライスショットを、ネット際・コート中央・コート奥からシチュエーションを
設定しコースを打ち分ける技術練習を、先ずはそのショットのための最適グリップ、
腕の使い方、足の着地とショットのタイミング、テイクバックの有無とフォロースル
ーの意味までこと細かく指導者と選手に解説されたものを、各コートに分かれ指導者
が選手に球出ししながら指導する形式で、選手・指導者ともに1日目の午前より午後、
1日目より2日目と上達してゆくのが実感できました。この講習内容を日々の練習に
活かしてまいります。そして、今回の講習会番外で飯野先生にみていただきましたゲ
ーム練習にてご指摘いただきましたアジリティー&フィジカル強化を優先課題に下半
期練習してまいります。

◆榛原ジュニアバドミントンクラブOB 井手喬之氏
井手さん 

飯野先生の講習は、ワイパーショットやスライスショットなどといった型があり、それ
を完璧に習得することを目標に練習するというものでした。今までは、技術練習といっ
てもなんとなく数をこなして、ミスをなくすための調整くらいの意識でやってしまって
いたと思いますが、今回は目標設定された中、前腕の使い方やインパクト後のフォロス
ルーなど一つ一つ細かくご指導いただき、体以上に頭をフルに使って練習させていただ
きました。とくにリストスタンドとフォロスルー。この2点をしっかり意識し一球一球集
中して打つことで、ショットの精度は格段に上がると感じました。また、飯野先生が小・
中学生に対して、ストロークが理解できたかどうかや、どの動きが難しいかなどを聞き
取った上でアドバイスしてくださったことにより、多くの子に変化が見られ驚きました。
本日の講習を今後の練習やジュニアの指導に活かしたいです。

<飯野コメント>
講習会初日の最終カリキュラムは、椅子タッチによるフットワークでスタミナ向上を図
る内容です。参加選手は、小学生と中学生で前方の椅子2つをタッチし後方でスマッシ
ュを打つフットワークです。中学生は2名1組で30回をフォアサイド7セット、バック
サイド7セットで余力あればオールアウトまで実施。目標タイムは、30秒。小学生は、
3名もしくは4名で1組、20回をフォアサイド5セット、バックサイド5セットで目標タイ
ムは20秒というメニューです。しかし、高温であったことからセット数をフォア、バッ
ク共各4セットで実施しました。
選手には、できなくなったら各コート責任者に断って終了すること、また、1回毎にタ
イム測定を行いました。セットを重ねてタイムが落ちるようだったらスタミナがない、
後半タイムが良くなるなら最初セーブして実施したこと、速い動きで後半もタイムを維
持したのならスタミナがある。ということを伝え実施しました。
このような内容で実施した結果、無駄な動きが多かった選手は、スムーズな動きに変わ
っていきました。また、不思議なことにオールアウトになったら終了していいんだと伝
えると、選手は最後まで頑張ります。中には、メニューを追加して実施した選手もいま
した。「この回数で、このセットを最後まで行うこと」と指示して実施すると選手は、
最後まで実施するためにセーブして行います。不思議なものです。

◆リオオリンピック観戦◆
8月14日夜リオオリンピックの山口茜選手のTV放映を見ました。1ゲーム目山口選手
はフォアのネット前でストレートにヘアピンを打った際、エラーが数本ありました。右
足踵の着地と同時に打った(インパクトした)からです。体の土台が不安定な状態でイ
ンパクトするとエラーします。速く相手コートに返球したかったのでしょうが、それよ
りも右足踵をついてから正確に返球することを心掛けるべきです。コーチ陣がエラーの
原因を指摘していることを祈ります。
また、全体的に早くシャトルをとらえ、速いショットで攻撃することを優先しているよう
です。それだけでは、相手に打つテンポを読まれてしまいます。得意のバック奥からスト
レートのドロップを打つなど緩急をつけて打つ、ロビングも打点をわざと遅らせ相手の足
を止めるなどして戦うべきです。
どなたか関係者がいましたら山口選手にメールで連絡してください。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
 以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
 You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2016/08/15(月) 08:00:00|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宇陀強化講習会終了

8月6日(土)・7日(日)に奈良県宇陀市で強化講習会が開催され講師として参加し
ました。2日間共、気温36度の高温でしたが体育館内の風通しをよくして、水分補給
に気を付け無事に終了しました。参加された皆さまお疲れ様でした。

◆参加者の皆さん
宇陀強化講習会 

◆講習会タイムスケジュール ←クリックすると見ることができます

<飯野コメント>
今回初めて参加された選手(チーム)を観察すると、打点を最優先して打っているよ
うです。例えば、ネット前でクロスネットやスピンネット、ロビングを打つ際、右利
き選手は、右足踵を着地してからシャトルを打つことで、シャトルのコントロールが
向上しますが、右足を着地するとほぼ同時にシャトルを打ちます。恐らく「打点を高
くして打て」「上で打て」など打点を最優先した指導がなされていると推測します。
右足踵を着地することで土台が安定し、ストロークが安定します。
右足を着地した後、シャトルを打つことで打点が数センチ下がる場合がありますが、
数センチ打点が下がることでラリー展開が不利になるのでしょうか?
打点を最優先してシャトルを最上で捉えてもエラーしては元も子もなくなります。技
術を発揮する技術局面での目的は、正確に相手コートに入れる、狙ったコース・エリ
アに正確に打つことです。
打点の高低は、移動局面で決定されます。技術局面では、正確なショットを打つこと
が求められます。それぞれの局面で求められることを理解して練習しましょう!


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2016/08/08(月) 15:24:58|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016サマーキャンプカリキュラム公開

8月19日~21日に開催しますサマーキャンプのカリキュラムを公開します。

◆2016サマーキャンプカリキュラム   
←クリックすると見ることができます


・参加選手の体力、気候などによって内容が若干変更になる可能性があります。

・ノック練習などは、無理をせず自身の体力に合わせて行ってください。

・カリキュラムは、キャンプ開始時に事務局より印刷したものを配布します。
 
・コートは12面使用できます。


◆キャンプの注意事項(要項記載以外)

・食堂は冷房が効いていますので、温かくなるような服装の準備をお願いします。

・水分補給は各自準備をしてください。水筒などはコート近くに置き、各自飲みたい時
 に飲んでください。

・練習時のストローク説明等は、情報量が多いためメモをとるようにしましょう。
 貴方のバドミントンライフの財産になります。

・講師への質問は、遠慮なく行いましょう! 但し、自身の疑問は皆さんの疑問ですの
 で練習中にお願いします。但し、特別な質問は、昼食&夕食時でも構いません。

・技術練習は、自身の固定観念を捨て講師の言うとおりに実施してみてください。そう
 すれば必ずできるようになります。

――――――――――――――――――――――――――――――――

<2016サマーキャンプ参加選手&指導者募集中>
詳しくは、6月7日公開の記事をご覧ください。
選手は定員数まであとわずかです。参加希望者は、早めに申し込んでください。
現在、選手・指導者・保護者・セミナースタッフ計114名の参加です。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2016/08/01(月) 13:42:59|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (58)
セミナー/講習会 (89)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (36)
講義 (2)
トレーニング (9)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (8)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR