バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

世界トップレベル選手になるには?【質問】

大学で指導されているD氏から質問がありましたので、ブログでも回答します。

Q:大学で男子選手の指導を行っています。現在、世界の男子トップ選手の中で日本選
手が割り込んでいくには、非常に大変だと感じています。特にシングルスは、ジャパ
ンオープンでも本選から出場できる選手がいません。世界トップレベルに近づくには、
どのような練習・トレーニングを実施して行けばいいのでしょうか?

飯野:世界トップレベル選手と日本選手の大きな違いは、瞬発力の差とその持続力で
す。瞬発力と言った方が,イメージ的に分かりやすいので使いましたが、今後「筋パ
ワー(きんぱわー)」という言葉で表現します。筋パワーとは、筋肉が素早い動きの
中でどれだけ強い力を発揮する能力があるかを表すものです。学術的には,「筋パワ
ー=筋力×スピード」と定義されており,力とスピードの両方の要素を含んでいます。
筋パワー不足とは具体的には、スマッシュのスピード、サイドへの飛びつきを含めた
ジャンプ力、コート内移動スピードに差があります。

Q日本の練習・トレーニングに問題があるのでしょうか?

飯野:各世代で練習してきた蓄積の結果が、現在のレベル差になっているので一概に
大学の練習方法に問題があるとは言い切れません。筋パワーのトレーニング不足及び
それを継続して実施してこなかった結果だと考えます。筋パワーの基盤が筋力です。
最大筋力を向上させることで速筋繊維の肥大を図り、コート内を速く動けたり、大き
な力を発揮することが出来ます。それを基にしてスピードの要素を含めた筋パワート
レーニングを実施すべきです。筋パワーの代表的なトレーニング方法でイメージしや
すいのは、比較的負荷の軽いバーベルを担いで素早くジャンプを繰り返すものです。
また、ウェイトジャケットを着て、ジャンプを繰り返すのもいいでしょう。また、発
揮パワーを高めるプライオメトリックトレーニングも必要です。無負荷のジャンプト
レーニングや縄跳び(二重跳び)などが含まれます。
両方のトレーニング方法を紹介する雑誌は、一般に市販されていますので購入可能で
す。実施条件を守り行ってください。

Qスピード練習は、ようやく普及しつつありますが・・・。

飯野:いい方向に行っています。しかし、未だに根強いのが、ランニングです。(長
距離走)。バドミントンのスタミナ向上のためには、ランニングを行うのは当たり前
だという固定観念があります。非常に残念です。

Q:なぜ長距離走では、バドミントンのスタミナが向上しないのでしょうか?

飯野:バドミントンは、非日常的で複雑な動きをスピーディに行います。その動作を
繰り返し行うことでよりスムーズに、そして省エネで動くことができるようになりま
す。
ランニングのような単純な動作を繰り返す競技ではないのです。
それでは、ランニングとバドミントンの動作を比べてみましょう。
<動く方向>
バドミントン:前後、左右、斜め前斜め後ろと多方面に動きます。いずれもその後、
素早く立ち直って方向転換を行います。

ランニング:前方しか移動しません。

<移動時の足の運び方=フットワーク>
バドミントン:ツーステップ、サイドステップ、クロスステップ、継ぎ足(シャセ)
が中心です。

ランニング:左右の足を前方へ交互に出します。

<インパクト時の体の動き>
バドミントン:両サイド・斜め後方に飛びついて打つ、垂直方向へジャンプして打つ、
両足を空中で入れ替えて打つ、ネット前に飛びついてプッシュする。ネット前&サイ
ドで右足を出し両足を開いて固定して打つ(右利き選手)。

動作だけを見てもこんなに大きく違います。バドミントンの動作は複雑ですので、フ
ットワーク練習やノック練習、打ち合いの練習などを行い、動作の熟練度を向上しな
ければいけません。


Q:某専門誌で優勝したのは、ランニングを毎日実施していたからだ・・などと記載
された記事が過去ありました。それを読んだ父兄、指導者、選手は盲目のようにラン
ニングは必要なんだと思い込んでしまっています。

飯野:バドミントンとランニングの違いは、動作だけではなく運動強度が違います。
運動強度というとピンとこないと思いますが、「運動が激しい」「動くスピードが速
い」と解釈してもいいと思います。例えばランニングを30分走れる選手が、フット
ワーク練習を試合と同じスピードで30分行ってみてください。バドミントンのフッ
トワーク練習の方が、運動強度が高いため続けることは困難です。
レベルが高い選手と試合をするとラリー時間が長くなったり、いつもより速く動くた
め乳酸が大量に生成されます。それを繰り返すと動きを遅くするか、動きをストップ
するしかなくなります。これがスタミナ低下の大きな要因です。
速く動いて長く続けられ、シャトルなどを拾うなどの短い休み時間をはさみ、これを
繰り返し長く続けられる選手が、バドミントンのスタミナがあるといいます。
バドミントンのスタミナ向上の練習・トレーニング方法は、過去の私のブログ記事に
記載していますので、一読してください。
バドミントン競技のスタミナは、ランニングのような運動強度が低い動作を継続する
「有酸素運動の持久力」で養われるのではなく、高い運動強度で長く動き短い休憩を
はさみ、それを繰り返す「スピード・パワーの持久力」で養われる競技だと認識すべ
きです。このように認識することで、練習・トレーニングの方向性が明確になると思
います。
従いまして、ランニング(長距離走)は、バドミントン競技のスタミナ向上には直接
的にはつながらないと結論づけています。しかし、長期間運動していなかった選手は、
ランニングから開始して徐々に体を運動に慣らして行く必要があります。また、少し
スピードを落として走れば疲労回復の手段としては非常に有効です。

Q:世界のトップレベルの女子選手も同様でしょうか?

飯野:女子選手も同様です。練習・トレーニング方法は、男女差はありません。
リオオリンピックの女子シングルス決勝を見ると、コート内移動スピード、スタミナ、
技術共、男子トップ選手と大きな差はないように感じられました。女子選手もスピー
ド、パワーの時代に既に突入しています。

Q:ありがとうございました。これらを参考にして練習計画を見直します。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2016/11/28(月) 08:00:02|
  2. 方針
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2nd-Wing武生JBC講習会終了

先日の11月13日に福井県越前市にあるWing武生JBCの講習会を行いました。今年2回
目の講習会です。Wing武生JBCは、来年度開催の若葉カップ女子チームの出場を目指
しています。今年は、残念ながら県予選で準優勝でした。来年こそはという強い決意
がありますので、是非頑張ってもらいたいものです。

さて、県大会を勝ち抜き全国大会で上位入賞を果たすには、ライバルチームより質の
高い練習・トレーニングを行う必要があります。そのための基盤となるのが、練習会
場と練習時間の確保、質の高い球出しを行うフィーダーの確保と養成、練習計画と練
習内容の策定、技術指導ノウハウの向上、シャトル量の確保、父兄のバックアップ、
コーチ陣との指導内容の統一、チーム規則作りなどがあります。そして、その基盤の
中から突出した特徴を出す必要があります。長年チームを率いているとノウハウの積
み重ねがあり、問題は多くはないことでしょう。しかし、今はゴールではなく、更な
る精査が必要だと考えるべきです。

さて、一般的に小学生の父兄が指導者によく言われるのが、試合の組み立てを教えて
欲しい。ということです。「そこへ打ったらここへ返してくるので、ここで待つ」な
ど具体的に教えて欲しいというものです。いや少し待ってください。ここへ返球する
だろう読むということは、相手が打つコースやショットを限定させるということです。
限定させるためには、狙ったサイドラインやエリアヘ常時シャトルを正確に打てる技
術が不可欠です。コントロールにバラツキがあると、選手は、そこへ打てるかな~、
入るかな~と半信半疑で打っているため、予測して次へ動く準備をすることができま
せん。従って、戦法が成り立たないのです。特に小学生は、シャトルのコントロール
が非常に不安定
です。バドミントンを初めて間もないため、シャトルを打つ回数が絶
対的に不足しているからです。
にも拘わらず、各チームで使用しているシャトルを見ると正確に飛ぶシャトルを数多
く使用しているとは言えません。選手や父兄は、選手が打ったシャトルを集めること
に精一杯です
。出来たら選手がシャトルを打つことだけに集中させたいものです。
何とか、シャトルを豊富に打ち続けて、ショットのコントロール力を高めることは出
来ないのでしょうか?
その目的を達成するためには、父兄の金銭的、人的バックアップが不可欠なことは言
うまでもありません。

各地の講習会を行うと、気になるのがネットショットの技術練習です。とにかく打点
を高いところで取ろうとする意識が強いことです。総論では、それでいいのですが、
各論では問題です。打点最優先主義になっているため、ネットに引っ掛けようが、
甘い球を打とうが、高い打点でとるのを最優先して打っています。ヘアピンショット、
スピンネット、クロスネット、ロビングなどネットから打つショットは、正確にシャ
トルをコントロールして打つことが最優先事項
です。高い打点で打ちたければ、相手
が打つショットを予想できること、動き出しが速いこと、移動局面が速いことが挙げ
られます。そこですでに高い打点で打てるかどうかが決まります。ネット前は、すで
に決まっている打点で正確なショットを打つことを強く意識しましょう!
高い打点を第一優先とすると、インパクトと同時に右足(右利き選手)を床に着地し
ます。右足を床に着地すると体が少し沈み込むため、インパクトと同時にラケットも
下にさがることが多くなります
。そうするとエラーが発生します。右足を着地した後、
インパクトすると土台がしっかりしているためラケット操作が安定してきます

結果、エラーの発生が抑えられます。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2016/11/21(月) 08:00:53|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エラーには理由がある!

前回は、千葉工大で開催した指導者レベルアップ講習会の内容をお伝えしました。今
回は、講習会最後に私から受講者に伝えた内容の一部をご紹介します。

リオオリンピック女子ダブルス決勝の3ゲーム目の追い上げての勝利は見事でした、
受講者の皆さんも感動的だったという意見で一杯でした。その場面を見て精神力が強
いから逆転に成功したとみる人も多くいると思います。しかし、精神力といっても実
体が見えず捉えどころがありません。共通語として使うのは簡単ですが、よく考える
とあやふやです。

そこで今回は、その3ゲーム目の19対19の場面を取り上げて解説しましょう!
高橋選手が長いラリーの末にバック奥から、相手右利き選手のフォアハンド側へ速い
クロススマッシュ
を打ちました。レシーブする選手は、タカマツペアのコートフォア
奥(右利き選手から見てフォア奥)へドライブで返球しようとしましたが、当たり損
なったようなエラーをしました。このエラーの原因を探ります。

下図の右側の図を見てください。デンマークペアの右利き選手は、フォアハンドでク
ロス方向へ打つため、ラケット面(打球面)に対して斜めに入ってきているシャトル
を打っています。そうするとシャトルがラケット面にまともに当たりづらくなります。
さらに、シャトルはラケット面に対し斜めに入ってきているため、シャトルが滑って
しまい狙ったコースへ打てなくなる可能性が高くなります。
エラーしたシャトルがコートの外に出たことから、恐らくシャトルは、ラケットのフ
レーム部分に当たったと推測します。
下図の左側の図を見てください。スマッシュを打ってきた方向へ打ち返した場合、エ
ラーする確率が低くなることが理解できると思います。

◆シャトルがラケット面に斜めに当たると・・・。
IMG_20161106_0007.jpg

この場面は、伏線があって16対16の場面で松友選手がバック奥から、少し当たり損ね
の遅いクロススマッシュをデンマークペア右利き選手に打ちました。デンマーク選手
は、タカマツペアのフォア奥へドライブで打ち込んで決めています。スマッシュを打
った選手は違っても、この状況をデンマークペアは再現しました。打たれたシャトル
のスピードが遅い場合は、クロス方向へ打ってもエラーする確率が低いのですが、ス
ピードが高まるにつれてエラーする確率が高まります。

他の例を見てみましょう!
ダブルスで相手の左利き選手がフォア側(左利き選手からみて)から速いクロスドラ
イブを打ち、右利き選手がストレート方向(右利き選手からみてフォア奥へ返球)へ
返球した場合、シャトルが滑ってエラーする可能性が高くなります。ドライブを打っ
た左利き選手の方向へ返球すればエラーの確率が低くなります。
シングルスで試合している選手同士が右利きだとします。フォア奥から速いクロスカ
ットを打ち、レシーバーは低いロビングでストレートへ返球しました(相手バック奥
へ返球)。ラケット面を真っすぐ出した場合は、サイドラインを割ってシャトルを出
してしまいます。インパクトからフォロースルーにかけて前腕を回内して、シャトル
をサイドラインの内側に入れましょう。
試合では、このような場面を多く見ることができます。

エラーには理由があります。もう一度考えてみましょう!
そして、なぜエラーしたのかを考える習慣を身につけましょう!(試合中は避けまし
ょう)
技術レベルが低いため当たり損なったのか?
 シャトルのコントロールが不安定なのでエラーしたのか?

シャトルが滑ってエラーしたのか?(上記例)

ネット前でスピンネット、ヘアピン、クロスネット、ロビングを打つ際、インパク
 トと同時に右足(右利き選手)を着地した場合、エラー発生の確率が高くなる。

相手が打ったスマッシュ、ドライブを返球する際、しゃがみながら打った場合は、
 エラーの確率が高くなる。たまたま返球できても甘い球になったり、次の移動が
 遅くなる。

ダブルスで速いテンポで打ち込まれたため予測が出来なくエラーしたのか?

無理な体勢から強引に打ってエラーしたのか? 

力んで打ったのか?

エラーした原因を理解すると、失敗を繰り返さないように思考が働きます。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2016/11/14(月) 08:00:01|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

指導者レベルアップ講習会終了

10月30日(日)千葉工大で指導者レベルアップ講習会を開催し、盛況のうちに終了し
ました。参加された皆様お疲れ様でした。

一生のうちで1日8時間に渡り試合の分析、議論をすることがあるのでしょうか?
深く広く話し合った内容は、これからのバドミントン人生の財産になることでしょう!

講習会内容は、グループ内のデスカッションと発表が中心です。事前にリオオリンピ
ック女子ダブルスの決勝を何回か見ておいてもらいます。チェックする項目は以下の
とおりです。

1.タカマツ各選手の技術
  ①スマッシュの打ち方 ②レシーブ ③サービスとサービスをプッシュされた
  球の返球 ④ロビングなど

2.タカマツペアの攻撃パターン

3.タカマツペアのレシーブから攻撃に移る方法

4.タカマツペアの特徴

5.あなたならどうやってタカマツペアを攻略しますか?
  弱点はどこにありますか?

6.あなたが指導する選手もしくはあなた自身は、タカマツペアを攻略するためには、
      どのような練習・トレーニングを実施して行けばいいですか?
  あなたが指導する選手もしくはあなた自身は、タカマツペアと比べ年齢や性別差、
  レベル差があるかもしれません。その際は、段階的な練習・トレーニング方法を
  描いてください。

以上の項目内容を考えてもらい、メモ書きし持参してもらいました。
そして、当日は、各項目の内容をグループ内で議論し、発表してもらいます。発表後
は、質疑応答が待っています。発表方法は、用紙に記載したりパソコンのパワーポイ
ントで行いました。

◆真剣な議論
議論6 
議論4 
議論中 議論5

◆発表
発表2 発表

自分の考えを発表すると、必ずしも賛同を得るわけではありません。否定、反発、異
論を恐れず真剣に取り組んで頂いた参加者の方々の、今後に期待せずにはいられませ
ん。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2016/11/07(月) 08:00:34|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィーダースキルアップセミナー終了

10月29日千葉工大で第4回フィーダースキルアップセミナーを開催し、盛況のうちに
終了しました。参加された皆様お疲れ様でした。

◆参加者の皆さん
フィーダースキルアップ集合 

◆ノック出しの風景
ノック出し風景  

今日だけで何千球の球出し・ノック出しを行ったでしょうか? 
打ち方の説明を受けたら、とにかく打つ・打つ・打つ・・・。の連続です。
1コートで約600球の新品に近いノック出し用のシャトルを準備しています。
参加されたモデルの選手は、いい練習になったことでしょう。

◆終了後の主なアンケート内容(匿名)
・ノック技術の差が、選手の成長につながること、チーム力の向上につながることを
   確信しました。また、自身のノック出しの技術も向上することができました。

・テンポのよい正確なフィードが選手の技術向上に必要なことを改めて実感しました。

・スタッフの皆さんの指導が、飯野さんの教え方で統一しているので分かりやすかった。

・ドライブやスマッシュのノック出しを行うとき、シャトルを持つ左手からシャトル
   を放つとき、顔付近から出せばいいのだが、胸付近から上に放つとシャトルが回転
   して思ったところへ打つことができないことが分かった。

・まだまだ出来ないノック出しが多く、繰り返し練習することの大切さを感じた。

<飯野コメント>
アンケートで「セミナーにような練習を取り入れる場合、現在のクラブ活動でおける問
題点は何でしょうか?」との問いに対し、フィーダーの球を受けるモデルとして参加し
た女子社会人選手から以下の記載がありましたので、ブログで回答します。
「クラブでまともに球出しができる人がほとんどいないうえに、レディースなので人に
よって求めている強度が違いすぎて統一できない」
選手同士で打ち合うことで強くなるには限界があります。セミナーで行っている技術
練習やノック練習が競技力向上に有効な手段と感じられたら、選手自身でノック出し・
球出しが出来るように練習を行いましょう! そうすることで選手自身の技術やシャト
ルのコントロール力も向上します。選手間の運動強度の違いは、動いている選手に、こ
の球出しの速さ、テンポ、本数でいいのかどうか確認しては如何でしょうか? 
選手同士でノック出しや球出しを行うことが当たり前だという感覚を身につけましょう!

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2016/11/01(火) 08:00:21|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (55)
セミナー/講習会 (84)
フットワーク (8)
愛用品 (9)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (33)
講義 (2)
トレーニング (9)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (8)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR