バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

サイドへの1歩飛びつき&ネット前プッシュのスピード練習【動画と解説】

1月30日公開した2度タッピングしてサイドに飛びつく動画と解説に多くの意見を頂
きました。ありがとうございました。今回は飛びつく距離が短いため1歩でサイドへ
飛びつく方法に加え、ネット前に飛びついてプッシュする方法を動画と解説でお送り
します


◆サイドへの1歩飛びつき&ネット前プッシュのスピード練習(両サイド)


<練習の目的>
・方向転換時のスピード向上

・サイドへ1歩飛びつきとネット前に飛びついてプッシュするフットワークの熟練度
   とスピードの向上

<飛びつくときのフットワーク注意点>
・サイドヘ飛びつく距離があるときは、2度タッピングをしながら移動しますが、短
   い距離の移動時は、1歩で飛びつきます。

・フォア側へ飛びつくときは、右足で蹴って右足で着地もしくは両足着地とすること

・バック側へ飛びつくときは、左足で蹴って左足で着地もしくは両足着地とすること

・ネット前プッシュ時は、右利き選手は、右足で蹴って右足で着地を行います。また、
   ネットまでの距離がある場合は、右足を前にしたツーステップを行い距離とタイミ
   ングを調整します。

<練習の条件>
・選手は最大スピードで動くこと

・飛びついた後の足の着地点は、シングルスのサイドライン近くとした。選手の年齢
   やレベルに応じて着地点もしくは椅子の位置を決めること。小学生などは、動く範
   囲を狭くし最大スピードを出せるようにすること

・動く時間と休息時間:10~20秒の間全速で動き、動いた時間の約3倍ほど休み完全
   回復後再度実施

・セット数:計6セット

・スピード練習の週の実施頻度:週2回 それ以上実施すると筋肉のトラブル発生の
   リスクあり

・タイムを測定すること

このスピード練習は、選手によって飛びつく時のジャンプの高さ(滞空時間)、着地
点に違いがあり選手間でタイムを競うことはできません。あくまで長い期間をかけて
自身のタイムを短縮するよう努力しましょう! 試合を想定し、高くジャンプして全
速でスマッシュを打つこと、ネット前に飛びついて素早くプッシュすることを念頭に
置いて実施しましょう! 

<飯野コメント>
ネット前プッシュのフットワークで右利き選手は、左足で蹴って右足着地の選手が
  多くいます。右足で蹴って右足着地を徹底して練習しましょう!
 

サイドに飛びつく際、飛びつく距離によって2歩タッピングしたり1歩で飛びつい
    たりします。移動距離に応じて歩数・フットワークが変わることを理解しましょう。

スピード練習を多く公開していますが、このスピード練習のフットワークをスタミ
    ナ向上のフットワーク練習に置き換えることができます。中学生以上は、動く時間
    を30秒~1分30秒間とし、休息時間は動いた時間と同時間休みます。これを数種目
    組み合わせてオールアウトまで実施します。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<小・中学生のためのスプリングキャンプ参加者募集中>
詳しくは、2016年12月28日公開ブログ記事をご覧ください。
選手枠は残り数名です申し込む際は事務局へ参加枠を確認後、正式に申し込みをお願いします。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2017/02/20(月) 13:22:29|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シングルスのレベルアップを図りたい

男子大学4年生のS選手は、社会人を含めた県大会でシングルスベスト8クラスの選
手である。高校から始めたバドミントンは、熱心な練習を続け急激なレベルアップを
遂げた。
しかし、企業に所属している選手には勝てず、シングルスで何とかして追いつき追い
越したいと強く望んでいる。
S選手は、コート内移動スピードは速く、追い込んだノック練習を多く行っているよう
でスタミナもある。技術的には一見何ら問題もなさそうに見える。
そこで、一度練習しているところを見ることができた。1対1のフリーで打ち合う練
習である。

その中で以下の課題を発見した。
対戦相手がスマッシュ、カットを打つとS選手は、相手コート後方まで返球しよう
とする。相手コートネット際へ返球することがほとんどないのである。打ち方が分か
らないのか、あえてネット際へ返球しようとしないのかが分からない。相手コート後
方へ常時返球しようとすると相手選手の頭上を越えて返球しなければならない。頭上
を越えないと飛びつかれてカウンターを打たれる危険性が高くなる。
スマッシュやカットを打たれたらネット際やネット前に返球する技術を身につける必
要がある。
改善する方法としては、
a.レシーブの技術練習を行う。

b.1対1で打ち合うパターン練習で相手にスマッシュやカットを打たせ、レシーブを
必ずネット際やネット前に返球するパターンを入れる。

c.ノック練習でフィーダーにスマッシュやカットを打ってもらい、ネット際やネット
前に返球する練習を行う。

d.2対1シングルス練習で、2がトップ&バックで1にスマッシュ、カット、ドロッ
プを打ち、1に入ったS選手がネット際、ネット前に必ず返球する練習を行う。

攻撃のパターンが少ない。1パターンとは言わないが、ラリーを続けていると次
にどこへ打つのか分かってしまう。1つのエリア(例えばバック奥)からいろいろな
ショットを打ち分けられないのである。コート後方に追い込まれてやっと返球するシ
ョットならコースやショットが限定されるが、そうでない場合は問題である。
1パターンの攻撃が効いていれば継続すればいいのだが、そうでなければいろいろな
ショットを打ち、対戦相手からみればショットの選択肢を増やし反応時間を遅らせる
必要がある。
改善する方法としては、
a.コート後方からいろいろなショットを打ち分ける技術練習を行う。

b.1対1で打ち合うパターン練習で、後方からスマッシュやカットを打つ際、コース
とショットを決めて打つパターンを練習する。

c.ノック練習で動いて後方からスマッシュやカット、ドロップを打つ際、普段打たな
いコースへ限定して打つ。

常時打点を前でとり速いタッチで返球しようとする。相手を速く動かすことで疲
れさせたり、例えばネット前に返球し次のショットで空いたスペースを速く突いてプ
レッシャーを与えようとする狙いのようだ。S選手は特に意識して行っている。
対戦相手のレベルが低ければ有効な方法だが、県のトップレベルの選手相手ではそれ
だけでは通用しない。S選手は、いつも同じテンポで打ってくる、返球してくるため
対応が楽になるのだ。時にはカウンターを打たれる場合があるだろう。
十分な体勢で打てるときは、打点やタイミングを遅らせて打つことにより対戦相手の
足を一旦止めさせ動き始めを遅らせる、相手に狙いを絞らせないことも必要である。
さらに、リピートショットを打つなどの工夫が必要だ。
また、より速く打とうとするためドロップショットを打たない。ドロップで決めると
いうことではないが相手をネット前まで動かす、ショットの選択肢を増やし相手の反
応時間を遅らせることが必要である。

上記内容をS選手に伝えたが、改善はされるのだろうか?
上記①と②は、示唆した練習を繰り返せば改善は可能になるでしょう。しかし、
③は必要性を十分理解し、強く意識して練習しなければ改善はできません。

さて、皆さんにも当てはまる内容があると思います。自身のプレー、指導している選
手のプレーを観察して改善案を提示してみてください。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<小・中学生のためのスプリングキャンプ参加者募集中>
詳しくは、2016年12月28日公開ブログ記事をご覧ください。
参加できる選手枠は、残りわずかです。今後、参加希望の選手は、事務局に確認後、
正式な参加申込をお願いします。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2017/02/13(月) 08:00:00|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年「小・中学生のためのスプリングキャンプ」カリキュラム公開

3月18日~20日に開催しますスプリングキャンプで私が担当するカリキュラムを公開
します。当キャンプには、既に多くの方が参加申込をされています。カリキュラム内
容を確認し、どんな練習を行うのかイメージしておいてください。

◆2017年スプリングキャンプカリキュラム
←クリックすると見ることができます

<参加者の方へ>

・参加選手のレベル、体力などによって内容が若干変更になる可能性があります。

・ノック練習などは、無理をせず自身の体力に合わせて行ってください。

・カリキュラムは、キャンプ開始時に事務局より配布します。

・積極的な参加があなたの未来を切り開きます。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<小・中学生のためのスプリングキャンプ参加者募集中>
詳しくは、2016年12月28日公開ブログ記事をご覧ください。
★選手の定員(96名)まで残り数名です。これから申し込む方は、事務局に参加可能か
どうか確認してから正式な申し込みをお願いします★

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2017/02/06(月) 08:00:10|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (59)
セミナー/講習会 (90)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (37)
講義 (2)
トレーニング (9)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (8)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR