バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

愛用品アシックスバドミントンシューズ「ゲルブレード5」

使用しているシューズを使い込んで古くなったので新しいシューズを購入しました。
前回と同じくアシックスゲルブレード5ですが、0.5cm小さくして足にフィットする
ようにしました。カラーもブルーから白ベースへと変更です。
使用してみて前回と同じゲルブレード5ですが、履き心地が若干違って感じられます。

<感 想>
アウトソール(外底部)は、床にしっかりフィットし更に滑りにくくなりました。
  アウトソールの色が違ってきているので素材が少し変わったのも影響しているので
  しょう。

底が厚くなく素足感覚で履けるのがこのシューズの特徴だと思いますが、着地時の
  クッション性は問題ありません。

前回使用シューズは、0.5cm大きいのかサイドヘ速く移動すると足がアッパーの中で
  動きます。素材も少し変わったと思いますが、足が中で動かなくなりました。

ヒール(かかと部)がしっかりとかかと部分をホールドしており安定感があります。

つま先の屈曲性は問題ありません。

アウトソール以外が白ベースで出来ているので、学校体育用シューズに見えます。次
  回はカラー化を期待します。

総合的には、軽量で非常にいいシューズです。皆さんも試してみてください。

ゲルブレード5 

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2017/04/17(月) 16:57:59|
  2. 愛用品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

両奥で体勢を崩した状態で打つフットワークのスピード練習【動画と解説】

バドミントンのラリーでは、いつも余裕がある体勢で打てるわけではありません。体
勢を崩しながらもシャトルをつなぎ、いいコースへ返球したいものです。
今回は、フォア奥とバック奥で体勢を崩した状態で打つフットワークのスピード練習
です。


◆両奥で体勢を崩した状態で打つフットワークのスピード練習


<フォア奥への移動>
フォア奥は主に3つのフットワークがあります。
相手が打ったロングハイサービスや高いロビングに対して空中で両足を入れ替えて
打つ(落下地点に入った後にジャンプして打つ場合もあります)
ラリー中にフォア奥へタッピングして飛びついて打つ
①と②が出来ない場合、フォア奥へ追い込まれた時に使うのが今回のフットワー
クです。
今回はのフットワークのスピード練習です。③は、継足(シャセ)もしくはクロス
ステップを行います。継足とは右利き選手が右足をフォア奥方向へ一歩出し、次の左
足を右足方向に引き付け、最後は右足を出して打つというフットワークです。クロス
ステップは、右利き選手が右足をフォア奥方向へ一歩出し、次の左足を右足の後ろも
しくは前に出し、最後は右足を出した後に打つというフットワークです。継足にする
かクロスステップにするのかは選手個人がやりやすい方法を選択しましょう。

<バック奥への移動>
バック奥への移動は、ハイバックで返球する場合を除き両足を空中で入れ替えます
(落下地点に入った後にジャンプして打つ場合もあります)。今回はハイバックで返
球する場合を想定したフットワークです。バック奥方向へサイドステップして移動し
ます。最後の一歩で右足を出し、右足に体重をかけてスウィングします。

<立ち直りの早さと方向転換>
試合では、打った後の立ち直りの早さも求められます。上記の両フットワークは、最
後に右足を大きく出しているので、打ち終えた後は左足を右足方向へ引き寄せ立ち直
りを早くします。右足を大きく出さない場合は、左足を右足方向へ引き寄せる必要は
ありません。
また、傾いていた上半身の立ち直りの早さも要求されます。従って体幹(腹筋群と背
筋群)の筋力トレーニングが必要不可欠なことが理解できます。
さらに、左足を右足方向へ引き寄せた後、右足を中心に床を強く蹴って方向転換を早
くすることも必要です。

<スピード練習の条件>
選手は最大スピードで動く
動く時間は、10~20秒間
休息時間は、動く時間の3倍以上で完全回復が必要
1日当たり最大6セット
週2回実施。2日連続のスピード練習は避ける

スピード練習は、動く時間と休む時間とセット数を変えればスタミナ練習にすること
ができます。
コートを余り使用できないチーム及び選手は、空いているスペースを見つけてフットワ
ークによるスピード練習やスタミナ練習を行いましょう! また、シャトルの使用量が
限られているチーム及び選手は、シャトルを使用しないフットワークによるスピード練
習とスタミナ練習を行ってください。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2017/04/10(月) 08:00:01|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フットワークによるスタミナ向上練習【動画と解説】

小・中学生のためのスプリングキャンプで小学生を対象としたフットワーク練習を行
いましたので動画で紹介します。
練習の狙いは、フットワークの自動化(動きの熟練度向上・方向転換の速さ)とスタ
ミナ向上です。小学生は、中学生以上の年齢の選手と同じ条件でスタミナ向上の練習
を行うことはできません。動く時間を短くし休む時間を長くして行います。

<今回の条件>
・選手の意識はコート内を最大スピードで動く。そのためにタイム測定実施
・動く時間は20秒を目安とした
・動く時間と休息の時間比は1対2とし3名1組で実施
・オールアウト前に終了する(指導者も選手を観察してストップをかけることがあり
   ます)無理をさせないようにしましょう。

<種目>
① フォア奥への移動2セット
② バック奥への移動2セット
③ 右サイドへの飛びつき(タッピング)2セット
④ 左サイドへの飛びつき(タッピング)2セット
⑤ 四点の方向転換2セット の計10セット

動画はフォア奥への移動はありません。他は2名毎の選手を撮影しました。


◆フットワークによるスタミナ向上練習(小学生)


<飯野コメント>
選手の皆さんは、とても素早く動いていますね! 素晴らしいです!
フットワークの原則は、全て大股で移動するのではなく、適度な歩幅で移動します。
最後に右足(右利き選手)を出す段階で、必要であれば大きく足を出します。
動画のバック奥への移動は、移動し始めのフットワークで距離を出すために細かなス
テップで調整のフットワークを行っています。小学生のようにまだ成長段階であった
り、移動開始地点が違ったり、予測が外れた場合などは、規定の歩数以上もしくは未
満で移動する場合が多くあります。フットワークの歩数は柔軟に考えることも大切で
す。
右サイド飛びつきと左サイド飛びつきは、比較的長い距離を移動するためタッピング
を行いました。
最後の種目である4点椅子タッチ(四点の方向転換)のフォア前のフットワークは、
動きに慣れてきたら、継足(シャセ)も行うようにしましょう。継足とは、最終局面
で右利き選手でしたら右足を出した後、左足を右足近くまで引き寄せ、最後に右足を
出すことをいいます。
各チームで練習する場合は、選手の体力に合わせて動く時間と休む時間を調整するこ
とが必要です。長い期間を経て徐々に動く時間を長くし、休む時間を短くしていきま
しょう。

ウォーミングアップの一環でフットワーク練習を短時間実施しているチームが多いよ
うです。しかし、このようにフットワークを比較的長い時間をかけて行うことでフッ
トワークの自動化とスタミナ向上を図ることができます。

フォア奥へ移動するフットワークを見たい方は以下の動画をクリックしてください。
以前、公開したフォア奥へ移動するスピード練習です。

◆フォア奥へのスピード練習(小学生)



にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  1. 2017/04/03(月) 07:00:34|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (55)
セミナー/講習会 (85)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (35)
講義 (2)
トレーニング (9)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (8)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR