バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

ハイバックスライスドロップの技術【動画と解説】

5月3日・4日と滋賀県仰木の里ジュニアチームの講習会が開催され講師として参加し
ました。当日は、技術練習をたくさん行いましたが、その中のハイバックスライス
ドロップの技術を動画で解説します。

◆ハイバックスライスドロップの技術(小学生)


<解説>
バック奥でハイバックで取らざるを得ない状況でストレートにドロップを打つ技術で
す。
・利き腕の右肘を曲げて後方に引きストロークを大きくします。右肘を一旦上に大き
   く上げてから下げる選手がいますが、肘は下げた状態で体に沿って後方に引きまし
   ょう。

・引いた肘を前方に出して、インパクト直前に曲げていた肘を伸ばしながらラケット
   面をスライスしてスウィングします。

・スライスによるラケットの軌道は、ストロークの長い距離の中で三日月形になるよ
   うにしましょう。

・リストを立てることでラケットを立ててスウィングしましょう。

 スライスドロップ

・打ち終わってからのフォロースルーを十分にとることで飛距離を出し、シャトルの
   コントロールを向上させます。フォロースルーを実行するためには、右肘を振り下
   ろすことを強く意識しましょう。

・グリップと親指の位置は、下の右側の図です。

バックハンドグルップ  

・右利きの選手は、右足に体重を乗せて打ちます。

・インパクト前後では、利き腕以外の左の腕や体全体は動かさないようにします。

・クロス方向に打つ場合は、インパクト時にラケット面をクロス方向に向けて打ちま
   す。その際、打ちながらクロス方向を見ると両肩が動くためシャトルのコントロー
   ルが不安定になります。シャトルの行方を見たい場合は、フォロースルー後に見る
   ようにしましょう。

2名の小学生選手の技術は、素晴らしいですね!
この技術は、特にシングルスで頻繁に使います。皆さんもマスターしましょう!


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2017/05/08(月) 07:01:07|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (62)
セミナー/講習会 (91)
フットワーク (9)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (38)
講義 (2)
トレーニング (11)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR