バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

フォア奥からクロス方向へ打てない【質問と回答】

指導者のN氏から以下の質問がありましたので、ブログでも回答します。

<質問内容>
指導している高校生S選手は、シングルスのラリー中フォア奥からクロスへドロップ、
カット、スマッシュを打つことができません。全日本代表でも打てない選手がいます
が、原因はどこにあるのでしょうか?

<回答>
S選手及び対戦相手が右利き選手として回答します。
幾つか原因はあると思います。

<戦法点な観点>
1つは、打てないのではなく相手の弱点がバック側からの返球にあるとしたら、そこ
に重点的にシャトルを集めてエラーを誘ったり、返球が甘くなった球を狙っているか
もしれません。しかし、ノック練習や技術練習でも、フォア奥からクロス方向へ打て
ないということでしたら、以下の内容が原因と考えます。

<両足を空中で入れ替える>
ラリー中にホームポジション付近からフォア奥へ移動し、タッピングして飛びついて
打つ場合、両足を空中で入れ替えて打つ選手がいます。イメージしづらいかもしれま
せんので下の動画をご覧ください。

◆フォア奥タッピングして飛びついて打つフットワーク練習


この動画はフォア奥へタッピングで移動し、飛びついて打つ際のフットワーク練習で
す。両足を空中で入れ替えないで打つフットワークです。相手が打った低めのロビン
グやクリアに対して、両足を空中で入れ替えて打たなければならないと考えて実行す
ると、打った後、もしくは打つと同時に両足を入れ替えざるを得なくなります。そう
すると体のバランスが崩れ、フォア奥からクロス方向へ打つショットのコントロール
が悪くなります。さらにクリアやスマッシュ、カットなどは、速いショットを打つこ
とができなくなります。
両足を空中で入れ替えようとする動作が少しでも入ると同じような結果になります

選手はコントロールが悪くなるのを無意識に分かっているため、クロス方向へ打つの
を避けているのでしょう。

また、このフットワークで飛びついて打った後に両足を空中で入れ替えることは、運
動連鎖の考え方と照らし合わせると間違った方法になります。ラケットをスウィング
するための動力源である運動エネルギーは、下肢⇒体幹⇒上肢⇒ラケットと増大しな
がら伝えて行きますが、打ったと同時、もしくは打った後に両足を空中で入れ替えて
運動エネルギーを発生(下肢の運動エネルギーの発生)させても意味がないと言える
からです。
フォア奥で両足を空中で入れ替えられる場合は、相手が打ったシャトルが高い放物線
を描きインパクト地点に落下するまでに十分な時間がある時です。
フォア奥へ飛びついて打つ動作も、両足を空中で入れ替える動作と同じく運動エネル
ギーを発生させています。

<グリップ>
グリップがウエスタングリップ:下図右(フライパングリップ)で握って打つとフォ
ア奥からクロス方向へコントロールよく打つことができません。


◆2種類のフォアハンドグリップ
フォアハンドG 

バドミントンがフォアハンドだけで打つ競技でしたらウエスタングリップは、有効な
グリップです。しかし、残念ながらバックハンドで打たなければならないことが多く
あります。従ってフォアハンドのグリップは、バックハンドにすぐに持ち替えられる
ようにイースタングリップ(左図)を多用します。
ウエスタングリップでバック奥からスマッシュ、カット、ドロップ、クリアを打とう
とすると、ストレートとクロスの両方向へ打つことができます。しかし、フォア奥か
らは、ストレート方向に打つことができますが、クロス方向へ打つことが困難になり
ます。インパクト時のラケット面の向きが完全にクロス方向へ向けることが難しいか
らです。

フォア奥からクロス方向にカットとドロップを打つ際は、下のバックハンドグリップ
にして打つとコントロールが向上します。

◆バックハンドグリップ
バックハンドグリップ (2)

戦法以外でしたら、
フォア奥で両足を空中入れ替えられる場面かどうか?
インパクト時のグリップが適切かどうか?
を確認してください。

フットワークに問題があれば動画のようにフットワーク練習を行う。
グリップに問題があれば、グリップを適切な持ち方に修正して技術練習を行う。こと
が必要です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<サマーキャンプ参加者募集中>
選手の参加枠残りあとわずかです!

開催日:8月18日(金)午後から19日(土)・20日(日)
会場:千葉工業大学 新習志野キャンパス
申込締日:8月10日 定員になり次第締め切ります。
★内容詳細は、6月6日公開のブログ記事をご覧ください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2017/07/24(月) 15:37:12|
  2. 理論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初心者を上手く指導するためのセミナー終了

7月15日(土)千葉工業大学で標記のセミナーを開催し盛況のうち終了しました。
参加者は、10都県の指導者&選手約110名です。

◆参加された選手の皆さん
初心者選手 

◆参加された指導者の皆さん

初心者セミナー指導者 

<匿名アンケート内容とコメント>
・あっと言う間に終わってしまいました。たくさんのことを学べたので今後の練習に
 活かして行きたいです。(高校生)

・スピンネットは今までシャトルが全く回転しなかったけど、今日できた!この感覚
 を忘れないように復習する。(高校生)

・初心者セミナーありがたかった。自分の中でワクワクしていた。説明がしっくりき
 た。

・初心者で上手くできないことばかりだったのですが、指導者の方々が本当に丁寧に
 教えてくださり、上達できました。ありがとうございました。

・ドライブのフォアとバック両方が前より上手く打てるようになったので嬉しかった
 です。

・基礎をしっかり定着できたと思う。一人一人丁寧に教えて下さってよかった。

・分かりやすくとても内容の濃いセミナーでした。ありがとうございました。

・指導者が確認すべき点がよくわかった。細かなところまで丁寧な指導でした。(指導者)

・セミナーは、初めての参加でしたが、新しい発見の連続でした。説明に納得感があ
 りました。(社会人)

・素晴らしい進行でした。次回もセミナーに参加したいと思います。分かりやすい技
 術指導ありがとうございます。(指導者)

・指導者の導入指導の大切さは分かっていたが、どう指導したらいいのかずっと悩ん
 でいた。今日のセミナーで指導のコツがわかった。

・指導者として基本的な知識・技術について学ぶことができてとてもありがたかった。
 初心者向けセミナーの継続をお願いします。(指導者)

息子がスマッシュを打つ際、利き腕を耳に近づけて打たず45度位の角度で打ってい
 たので、それでいいと理解しました。

スマッシュの打ち方を習得させるのは難しいと思ったが、完成型を理解・イメージ
 してパーツ毎に練習し、それを連結させることで出来るようになると理解した。

選手は、他の指導者からスマッシュ、クリア、ドライブは、コンパクトにスウィン
 グしなさいと言われているが、コンパクトにスウィングしたら速い球は打てないこ
 とが理解できた。よく考えれば当たり前のことですが・・・。ストロークの大きな
 打ち方をマスターすることを目標にして練習する。そして、大きなストロークでは
 振り遅れると判断したらコンパクトにスウィングすることが分かった。

<飯野コメント>
参加された皆さんは、非常に熱心に受講して頂きました。しっかりメモをとり、聞き
漏らさないようにしようとする姿勢は好感が持てました。
初級段階の練習は重要です。何年か経過すると自動化が進み修正困難な段階になって
しまいます。このセミナーで学んだことを、その後クラブで繰り返し練習し、正しい
技術、フットワークを自動化してください。お疲れ様でした!!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<サマーキャンプ参加者募集中>
参加選手枠は残りあとわずかです!!

開催日:8月18日(金)午後から19日(土)・20日(日)
会場:千葉工業大学 新習志野キャンパス
申込締日:8月10日 定員になり次第締め切ります。
★内容詳細は、6月6日公開のブログ記事をご覧ください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2017/07/17(月) 15:08:30|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノックの目的【質問と回答】

指導者のAさんから以下の質問がありましたので、ブログで回答します。

<質問内容>
ノック練習についての質問です。ノック練習はさまざまなパターンがありますが、こ
の練習は選手にとってどのような問題解決になるのでしょうか? 決まりきったパタ
ーンをずっと練習することで、ラケットワークの向上とフットワークの向上につなが
ることはわかるのですが、ほかにどのような問題解決の練習なのかイマイチわかりま
せん。また、問題を解決される根拠も教えてほしいです。

<回答>
「A選手は、スマッシュをコート後方で打ち、対戦相手はネット前に返球したのですが、
A選手はやっとシャトルに触り、相手にチャンス球を上げてしまいました。A選手は、
これを試合で何回か繰り返し結局、試合に負けてしまいました。コート後方でスマッシ
ュを打ち、ネット前に移動するのが遅いのが原因です。」

「B選手は、試合の3ゲームに入ると動きが遅くなり、頻繁に休憩を取ろうとします。
意識はしっかりしていないし、集中力もありません。きっとスタミナが切れたのでしょ
う!」

「C選手は、試合で相手がフォア奥へ甘いショットを返球してきましたが、飛びついて
打つことができません。練習でやったことがないからです。」

上記の各選手の課題を解決する方法の1つがノック練習です。

試合や打ち合いの練習だけ行っても、選手の弱点や課題を克服する練習にはなりません。
ラリーで弱点や課題が発現する頻度が少ないため改善が出来ないからです。レベルの低
い練習相手ではなおさらです。ラリーが続かない、厳しいところへ打つことも出来ませ
ん。そこで、ノック練習で選手の課題となる試合の一部ラリーを再現し、繰り返して動
くことで自動化を図ります。

◆ノック練習の定義
「試合の一部のラリーを再現し、フットワーク・打つショット・打つコースを自動化す
   る。さらに、コート内移動スピード向上もしくはスタミナ向上を図る」


ノックの方法は2つあります。1つは手でシャトルを投げる方法です。手投げノックと
呼ばれています。もう一つはラケットで球だしを行う方法です。どちらも球出しのタイ
ミングやテンポ、正確性が必要です。この球出しの質がノック練習の生命線です。
そしてもう一つ重要なのが、ラリーの再現性です。出来限りラリーと同じような状況を
作ることが重要です。どこのエリアからシャトルを出すのか? 上から出すのか、下か
ら出すのか? を確認する必要があります。

◆ノックによるスピード練習の条件
選手を最大スピードで動かすため、選手がやっととれるエリアへ球出しを行う
動く時間:10秒~20秒
運動と休息の比率:1対3以上で完全回復後に繰り返す
セット数:1日6セットまで
週の頻度:2回までで2日連続で実施しないこと

◆ノックによるスタミナ向上練習の条件
選手がハイスピードで動くよう、厳しいエリアへ球出しを行う。
動く時間:30秒~1分30秒 
運動と休息の比率:1対1でオールアウトまで実施
終了は選手が決める! 息が苦しい、足が動かない等になったら選手が終了を宣言
     する。
小学生は20秒前後実施、3名1組で運動と休息1対2で行う。また、オールアウト手前
     で終了する。

発展途上の選手は、上記の条件で実施することは出来ない場合があります、その場合は、
動く時間を短くし休む時間を長くとりましょう! 慣れてきたら少しずつ動く時間を長
くし、休む時間を短くして上記条件になるよう練習しましょう!

チームの選手全員が同じノックを行うのではありません。各選手の課題を解決するノッ
クや定期的に実施しておかなければならないノックを行うことが重要です。


<飯野コメント>
ノックに対する拒否反応がある選手が多いようです。目的もなく苦しいだけの練習がノ
ック練習のようです。選手に選手の課題を説明しノックの条件を理解させ、ラリーを再
現したノック練習を行っていなかったのでしょう。選手に対する動機付けは不可欠です。
苦しくて嫌なノック練習から、自ら進んでノックを受けたがる選手になって欲しいです
ね!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<サマーキャンプ参加者募集中>
開催日:8月18日(金)午後から19日(土)・20日(日)
会場:千葉工業大学 新習志野キャンパス
申込締日:8月10日 定員になり次第締め切ります。
★内容詳細は、6月6日公開のブログ記事をご覧ください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2017/07/10(月) 07:30:23|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テイクバックを考える【コメントに対する回答】

You Tubeにスマッシュを打っている動画を何点か挙げていますが、その動画を見て幾
つかコメントがありました。
女性で利き腕の肘を下げてスウィングしているのでよくない。
肘を下げてストロークを開始して打っているので、そのまま飛びつてスマッシュを打
 つと振り遅れてしまう。などです。

いろいろな意見があることは悪いことではないのですが、誤解したまま考え方が引き継
がれることは決してよくないと考えます。
そこで、スマッシュの打ち方を再度説明しますが、今回はスウィングの開始からラケッ
トがシャトルに当たるインパクトまでを説明します。このストロークの区間をテイクバ
ックといいますが、ラケット(打球面)を加速するための重要な区間です。
このテイクバックの区間が短いとラケットを十分に加速することができないため、自身
の最速のスマッシュや速いクリア、カットを打つことができません。

下の右図は、利き腕の肘を下げ、そこからダッシュするのと同じ腕の振りで肘を後方に
引いてストロークを開始しています。インパクトまでラケットが動く軌道を長くとり、
ラケットを十分に加速することができます。シャトルが落ちてくるまで十分な時間があ
り、自身の最速のスマッシュを打ちたい場合は、右図のようなテイクバックを取る必要
があります。肘を後方に引いた後、引いた肘を前方に出し、スウィングと共に折りたた
んでいた肘を伸ばします。肘を伸ばす際、前腕回外もしくは前腕回内運動で捻りの運動
を加えスウィングスピードを増します。最後にラケット面(打球面)が遅れて出てきて
シャトルを捉えます。

下の左図は、利き腕の肘をやや上方向へ上げてスウィングを開始することで、インパク
トまでの区間をコンパクトにしています。シャトルが落ちてくるまで余り時間がない場
合、例えば相手の低いクリアやロビングに対して飛びついてスマッシュやカットなどを
打つ場合は、左図のようにテイクバックをコンパクトにする必要があります。当然右図
に比べショットのスピードは遅くなります。

◆テイクバック動作の違い
スライド6 

もう一つ、ネット前のチャンス球をスマッシュで決める場合は、どうでしょうか?
肘を肩関節付近まで上げてから肘を少し後ろに引いて、テイクバック動作を非常にコン
パクトにしてスウィングします。上記の2パターンの比べショットのスピードは、遅く
なります。
このようにいろいろな状況によってテイクバック動作が変化することを理解しましょう!
ストロークは、決して画一的なものではありません。

ところで初心者は、どういった順番でマスターすればいいのでしょうか?
初心者は、まずシャトルに当てることを最優先するため、テイクバック動作をコンパク
トにしてスウィングしましょう! シャトルに当たったらそれで完成ではなく、最終的
には、右図のようなテイクバック動作で打てるようにしましょう! これが出来ればテ
イクバック動作をコンパクトにすることは容易です。

さて、女子選手は? ということですが、バドミントンの技術で、男性用、女性用、子
供向け、大人向けという区別はありません。

問題は女子選手でモデルになるであろう選手です。リオオリンピック女子シングルスで
優勝したマリン選手は、どうでしょうか? コート内移動スピード、スタミナ、パワー、
気迫があって素晴らしい選手です。しかし、残念ながら高い身体能力に比べスマッシュ、
カットなどのショットのスピードが見劣りします。ラケットを垂直に立てた状態から肘
を後方に引いてテイクバック動作を行っています。まるでネット前のチャンス球をスマ
ッシュするようなストロークです。ラケットが主に頭部から上でスウィングしているた
めラケットが動く軌道が短く、自身の最速のスマッシュ、クリア、カットを打つことが
できません。対戦相手が脅威に思うショットが半減していると言ってもいいでしょう! 
ああいう打ち方だからオリンピックチャンピオンになったのだ。と考えるのか? 
ストロークを改善して速いショットを打てればもっと楽に勝てるようになる。と考える
のか?! 
私は後者だと考えます。

次に選手自身の立場から考えてみましょう!
・自分はコントロール主体の選手だから、速いショットを打つよりコンパクトにスウィ
ングすることを心掛けている;;;。と理解し納得していればいいのかもしれません。

・テイクバック動作を考えたことがない。指導もされたこともない。
と言うかもしれません。残念です。

・最近指摘されたが、何年もこの打ち方で行っているため自動化されている。今更改善
は不可能だ。
初級段階でマスターしておけばよかったですね! しかし、諦めるのは早いのでは・・・。

<コメントに対する回答>
女性で利き腕の肘を下げてからスウィングしているのでよくない。
 ⇒逆です。goodです!

肘を下げてストロークを開始して打っているので、そのまま飛びつてスマッシュを打
 つと振り遅れてしまう。などです。
 ⇒状況によってテイクバック動作を変えて打ちましょう!

さて、ここでまだ疑問を持っておられる方は、ボール投げで上記3つのテイクバック動作
で投げ比べてみてください。
一番遠くに投げることができる投げ方は、どれでしょうか?

<飯野コメント>
自身の最速のスマッシュを打つためには、ストロークの完成だけでは達成できません。
運動連鎖をスムーズに行う。(下肢⇒体幹⇒上肢⇒ラケットへと運動エネルギーを増大
  し伝達するシステム)

運動連鎖の各部位の筋パワーを向上し、運動エネルギーの発生を増大する。
    が必要です。

★運動エネルギー=ラケットをスウィングするための動力源

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<サマーキャンプ参加者募集中>
開催日:8月18日(金)午後から19日(土)・20日(日)
会場:千葉工業大学 新習志野キャンパス
申込締日:8月10日 定員になり次第締め切ります。
★内容詳細は、6月6日公開のブログ記事をご覧ください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックするとバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2017/07/03(月) 07:11:44|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (62)
セミナー/講習会 (94)
フットワーク (9)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (3)
方針 (16)
練習方法 (40)
講義 (2)
トレーニング (13)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR