バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

フォアハンドのロビングの技術【動画と解説】

前回はバックハンドのロビングでしたが、今回はフォアハンドのロビングです。シン
グルスで相手が打ったドロップを、打点を下げてタイミングを遅らせて左右にロビン
グを打つことで、相手の足を止め動き始めを遅らせるための技術です。

内容を説明する前に、以下の言葉を覚えてください。
◎前腕回外位:前腕を回外し終わった位置
◎前腕回内位:前腕を回内し終わった位置

前腕回外・回内は、スポーツバイオメカニクスの専門用語です 
 Q02-2.jpg  

<解 説>
グリップはフォアハンドグリップ。

ラケットを前方に出して相手にラケット面を見せ注意を向けさせる。

シャトルが飛んできたら落下速度に合わせてラケットを斜め下に引いて反動動作を
    行う。その際、前腕回外位まで前腕を捻る。

反動動作を切り返し前方へスウィングする。ラケットのハンドルに当てていた親指
    と人差し指を捻ると共に前腕回内する。バックハンドのロビングでは、併せて曲げ
    ていた肘を伸ばすことでスウィングを加速することができるが、フォアハンドは肘
    を曲げる・伸ばす動作は殆ど行わない。その代り肘を引く距離を長くとりテイクバッ
    クを大きくすることでスウィングスピードを増す。

打点を落とし、打つタイミングを遅らせてロビングを打つ。但し、インパクト前後
    はラケット面の並進運動を心掛ける。

その間、相手は、一連の動作を注視するため足が止まります。打つタイミングを遅らせ
れば遅らせる程、相手の足がしっかり止まります。足を止めさせることで動きだしを遅
くさせることがで、カウンター攻撃をさせない。また、十分な体勢で打たせないことが
できます。
上記②で前腕回外位まで前腕を捻ると記載した内容について説明します。下の図を見て
ください。フォアハンドのロビングにおけるラケット面の軌道を簡略化した図です。
反動動作は省略しています。また、ラケット面の軌道は直線で表しています。
一般的にフォアハンドのロビングを打つと、下図の上のように、前腕回外位せずラケッ
トの並進運動から前腕回内します。
下図の下は、前腕回外位からインパクト前後で並進運動した後に前腕回内します。スウィ
ングしながらラケットを回転させているため速いロビングを打つことができます。インパ
クト後のフォロースルーでは、前腕回内位まで行うかどうかはスウィングスピードによる
ので強制するものではないと考えます。

◆ラケット面の軌道比較
ラケット軌道比較  
バックハンドのロビングは、反動動作の後に切り返してスウィングする際、意識しなくと
も前腕回内位
になっていますが、フォアハンドは特に意識しないとできないことが多いよ
うです。前腕回内位しなくとも、反動動作で肘を大きく後ろに引けばその分補うことがで
きるため、前腕回内位を必ず実施しなければならないということではありません。
しかし、インパクトまで時間的に余裕がなく反動動作を大きくとれない場合は、反動動作
を小さくとり前腕回外位からラケットを回転しながらスウィングすることでコート後方ま
でシャトルを飛ばすことができます。

◆ドロップをタイミングを遅らせて低いロビングを打つ技術練習


ロビングを打つ技術に慣れてきたら、動画のように同じモーションからクロスネット
、ストレートネットへ返球する練習も行いましょう! 
技術の引き出しを多く持っていることが、試合で自分自身を助ける武器になります。

反動動作とは:テイクバック動作と同じくスウィング開始からインパクトまででラケ
ットを加速する区間をいいます。打ちたい方向とは逆方向に反動をつけることからテ
イクバック動作という言葉よりは反動動作の方が分かりやすいため使っています。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます


<小・中学生のためのレベルアップキャンプ@九州募集中!>
~九州大会上位選手&全国大会出場選手が多数参加申込済~
参加申込締日:2018年2月3日 定員になり次第締め切ります
◆開催日:2018年2月17日(土)& 2018年2月18日(日)
◆会場:福岡県大牟田市第二市民体育館
★詳しくは、10月11日の公開記事をご覧ください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2017/12/25(月) 15:30:00|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バックハンドのロビングの技術【動画と解説】

今回は低い軌道で打つロビングの技術練習を動画と併せて解説します。
試合では、シングルス、ダブルス共ロビングをたくさん打つ機会があります。
ロビングの高低は、非常に高いロビングから低く速いロビングまで様々です。対戦相
手が打ったショットのスピードや落下角度、対戦相手の特徴などによって使い分けし
なくてはいけません。

選手はネットから少し離れたところから(ネット前と言う)低く速いロビングを打っ
て返球コースやショットを限定させたいと考えます。(ネット際で相手が打ったヘア
ピンやスピンネットに対して低く速いロビングを打つことはできません) しかし、
対戦相手がそれを読んでカウンター攻撃されることもあります。カウンター攻撃され
ずに返球ショットやコースを限定するロビングを打ちたいものです。

打点をより高く前で打たなければならないという固定観念があると、低いロビングを
カウンターで狙われることが多くあります。ロビングを打つタイミングが一定になる
からです。余裕のある体勢で低いロビングを打つ時は、
打点を前にして速いタイミングで打つ。(但し、足を着地した後に打つこと)
打点を下げてタイミングを遅らせて打つことで、相手の足を止める。
この2つを対戦相手によって、また、ラリーの状況によって使い分ける必要がありま
す。

今回は、シングルスで相手が打ったドロップを、打点を下げてタイミングを遅らせて
左右にロビングを打つことで、相手の足を止め動き始めを遅らせるための技術練習で
す。

<解 説>
グリップはバックハンドグリップです。下の図右のグリップが打ちやすいでしょう。
バックハンドグリップ 

ラケットを前方に出して相手にラケット面を見せ注意を向けさせる。

シャトルが飛んできたら落下速度に合わせてラケットを斜め下に引いて反動動作を
  行う。

反動動作を切り返し前方へスウィングする。ラケットのハンドルに当てていた親指
 を捻ると共に前腕回外する。併せて曲げていた肘を伸ばすことでスウィングを加速
 する。

打点を落とし、打つタイミングを遅らせてロビングを打つ。
     但し、インパクト前後はラケット面の並進運動を心掛ける。

その間、相手は、一連の動作を注視するため足が止まります。打つタイミングを遅ら
せれば遅らせる程、相手の足がしっかり止まります。足を止めさせることで動きだし
を遅くさせることができ、カウンター攻撃をさせない。また、十分な体勢で打たせな
いことができます。


◆ドロップをタイミングを遅らせて低いロビングを打つ技術練習


ロビングをカウンター攻撃されやすい選手は、
レシーブでネットへ返球できない・返球する球が甘い。
ヘアピンやスピンネットが得意でない。
このような選手は、後方にロビングを上げる確率が非常に高くなります。不得意な
ショットがあると、そのショットを除いて他のショットに注意を向けられます。


ダブルスでロビングを打つ場合、打点を落としタイミングを遅らせて打つことは有効
になるのでしょうか? ダブルスはシングルスと違い前後衛になっており、後衛は上
がってくる球を狙っているのでシングルスほど効果的ではないことがあります。しか
し、少しでも後衛の足を止め、動き出しを遅くさせることは重要です。

小学生や初心者は、ロビングを打つ時、相手の体勢が整わないうちに早く打ちたいと
考えて実行しているようです。例えば、右足を着地すると同時にロビングを打ちます
(右利き選手)。右足を着地すると同時に打つとコントロールが定まらず、ショット
が短かったり,後ろにアウトしたり、チャンス球になったりました。さらに、ホーム
ポジション付近までの戻りも遅くなります。右足を着地した後にロビングを打つよう
にしましょう。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます


<小・中学生のためのレベルアップキャンプ@九州募集中!>
~九州大会上位選手&全国大会出場選手が多数参加申込済
 上手い選手と一緒に練習すれば良い刺激を受けることができます~

参加申込締日:2018年2月3日 定員になり次第締め切ります
◆開催日:2018年2月17日(土)& 2018年2月18日(日)
◆会場:福岡県大牟田市第二市民体育館
★詳しくは、10月11日の公開記事をご覧ください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2017/12/19(火) 11:17:53|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

効果的な練習?【質問と回答】

ブログ読者の方々から、うちの子供もしくは、チームの効果的な練習・トレーニング
は何ですか? と問い合わせが多くあります。

しかし、私は答えることができません。

「効果的とは」いったい何を指しているのでしょうか?
各ショットでしょうか? 練習内容でしょうか? トレーニング内容でしょうか? 
範囲が広すぎて「これがいい・・」とは言い切れません。また、選手のレベルによっ
ても異なります。初心者は、バドミントンに必要な練習・トレーニングの全てが効果
的です。中級者から上級者になるに従い内容は絞られてきます。

効果的とは、その選手の課題のことだと考えます。課題の意味は、「解決しなければ
ならない問題点」をいいます。課題は、選手それぞれで、複数ある場合が殆どです。
私は、その選手のプレーや試合を見たこともないので答えられません。
答えられる人は、日々練習を見ているチームの監督やコーチです。

練習以外で課題を発見する方法は、本番の試合です。 一番緊迫した場面で何ができ
るのか、できないのかが分かります。
しかし、試合を見て課題を探すのは、難しいものです。
ラリーでエラーしたら、
そのエラーした技術の精度やストロークが悪いと考えるのか? 
その前の返球が甘かったので厳しいショットを打たれてエラーしたのか? 
それとも緊張から力んでエラーしたのか? 
と判断が難しいからです。

もう一つの方法は、選手から課題を引き出すことです。
試合が終わると選手は、「お願いします」と監督やコーチに感想や課題を求めてきま
す。しかし、選手は全て監督やコーチに丸投げするのではなく自ら課題や感想を述
べて意見交換すべきです。
とは言っても試合中は、選手は興奮しているため全てを思
い出して感想を述べるのは難しいものです。しかし、1つでも気づいた感想や課題を
述べてはどうでしょうか?
試合直後は、特に負けた後は、悔しさのあまり混乱していて冷静に考えられない時が
あります。その時は、1~2日後でもいいですね。
・サービスが入らなかった。
・レシーブでエラーが多かった。
・クリアが思ったところへ打てなかった(コントロールが定まらない)
・ここのコースへ打ったスマッシュが決まった。
・3ゲームになって集中力が切れた(スタミナが低下した)。
・フォア前が取れなかった。(移動スピードが遅い、フットワークが適切でない)
・相手のバック奥から打つショットが読めるので、バック奥へシャトルを集めたのが
   よかった。しかし、自分は逆にフォア奥からクロスへ打つカットやドロップの精度
   が悪い。

これらが選手の今後の課題となり、課題を克服する練習を行うことが効果的な練習と
なります。
それを受けて監督、コーチは、日々の練習・トレーニングメニューに組み込めばいい
わけです。一人一人別々の練習は難しいので、似たような課題の選手をグループにし
て練習すればいいですね!

スポーツ選手のよくない部分は、受動的なところです。指示待ちで自ら考えて行動す
ることが少ないことです。
自分自身のプレーを考え、練習・トレーニングに組み込ん
でもらえるよう監督・コーチにアピールすることも強い選手になる条件です。

しかし、一つの課題を解決したからといって劇的にプレーがよくなることはありませ
。バドミントンは技術、移動スピード、スタミナの各要因が絡み合って競技力を構
成しています。その3つの要因も複数の要因で構成されているからです。一つ一つ解
決し地道に積み重ねていって競技力を向上しましょう!

トップを目指す選手は、永遠に課題は尽きません。課題と向き合おうとしない選手は、
そこで成長が止まってしまいます。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます


<小・中学生のためのレベルアップキャンプ@九州募集中!>
◆開催日:2018年2月17日(土)& 2018年2月18日(日)
◆会場:福岡県大牟田市第二市民体育館
★詳しくは、10月11日の公開記事をご覧ください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  1. 2017/12/12(火) 07:00:00|
  2. 方針
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やってはいけない、効果がない練習・トレーニング

11月25日(土)&11月26日(日)山梨県で開催したセミナー期間中,講師、スタッ
フ、一部の受講者間で夜間2時間の座学を開催しました。普段の練習・トレーニン
グ内容で疑問に思っていること、チーム運営、練習計画など多岐に渡り討論しまし
た。今回は、その中の一部分を紹介します。
昔、やってはいけない、効果がない練習・トレーニング内容を「根性×(かける)
うさぎ跳び」だね! と言って苦笑し合っていました。現代のバドミントン競技で
やってはいけない、効果がない練習・トレーニングは、

「根性×うさぎ跳び×走り込み×基礎打ち×耳に近づけてスウィング×コンパクトスウィ
ング×シャトル置き・拾い」です。

◎根性
練習・トレーニングの目的がなく、苦しければ効果があると考えて行う根性論での練
習・トレーニングです。選手が目的を理解し納得して実施すると効果があります。

◎うさぎ跳び
昔は、どのスポーツもうさぎ跳びの全盛期がありました。野球マンガの「巨人の星」
の悪影響もあったのでしょう! 現代では、うさぎ跳びは百害あって一利なしと言わ
れています。腓骨の疲労骨折の原因になることや、バドミントンの動作と無関係なこ
とから実施している選手はおそらくいないでしょう。

◎走り込み
長距離走のことです。バドミントンのスタミナ向上を目的として毎日のように長距離
走を実施しているチームがたくさんあります。長距離走はバドミントンのスタミナ向
上に寄与しているのでしょうか? エネルギー代謝経路から考えると長距離走は、有
酸素運動。バドミントン競技は、ATP-CP系、乳酸系が中心です。運動強度はバドミ
ントンの方が高く、動作も全く異なることから長距離走は、バドミントン競技のスタ
ミナ向上には直結しないことが理解できます。
長距離走は、長い間練習を休んでいて
運動を開始する時期に実施します。また、ジョギングで疲労回復を図ったり、気分転
換などの時に行うべきです。
バドミントンのスタミナ向上を狙いとする練習なら、ノック練習やフットワーク練習で
試合と同程度もしくはそれ以上の強度で行うべきです。コートが使用できない場合は、
インターバル的(間欠運動)で乳酸系のトレーニングがいいでしょう。具体例として、
300m~600mの中距離走・階段走・坂道ダッシュ・縄跳び、サーキットトレーニング
などです。また、中学生になれば筋持久力トレーニング、高校生以上は、さらに筋パ
ワートレーニング(瞬発系トレーニング)がスタミナ向上のための必須トレーニング
です。

◎基礎打ち
基礎打ち世界チャンピオンはたくさんいます。しかし、試合になるとエラー続出です。
試合では、クリア、スマッシュ、ドロップ、ドライブ、ネットショットなどクロス方
向にも打ちます。そして、サービス、ハイバック、カット、低いロビング、サイドレ
シーブなど他にも基礎打ちで練習していないショットを多く打つからです。このよう
に基礎打ちは、試合で使うショットの半分以下で打ち合っています。基礎打ちが出来
れば、技術が完成したと考えることは大きな間違いです。
基礎打ちは、技術練習でしょうか? ウォーミングアップでしょうか? 肩慣らしで
しょうか? なぜ毎回同じ内容の基礎打ちを繰り返すのでしょうか?
技術練習なら、習得したい、精度を上げたい技術を時間をかけて集中的に行うべきで
す。本練習の始まる前に必ず実施する必要性はありません。
ウォーミングアップなら基礎打ちをする前にコート外でも実施することができます。
これから試合を行う時や総合練習や部分練習などの打ち合いの練習を行うときは、
5~10分程度の短時間でシャトルを打ち合う必要はあると思います。それ以外に、い
つも本練習の前に20~30分基礎打ちを儀式的に行うと、20分×年間練習日とすると膨
大な時間を費やしています。その時間を別の練習・トレーニングに当てては如何でしょ
うか? 選手は随分と上手くなるのではないでしょうか!
儀式的で毎回同じような内容を繰り返す基礎打ちは、早く止めましょう!

◎耳に近づけてスウィング
未だにスマッシュやクリアを打つ時に、利き腕を耳に近づけて打て! と言っている
指導者がいるようです。残念です。利き腕を耳に近づけて打つと、腕をスウィングす
る主働筋である大胸筋と広背筋が引き伸ばされて腕・ラケットを自身の最速でスウィ
ングすることが出来なくなります。垂直に立った場合、腕を約45度位の角度でスウィ
ングしましょう! そうすると大胸筋と広背筋が程よい長さになり自身の最速で腕・
ラケットをスウィングすることができます。上半身を左側(右利き選手)に傾斜する
ことで打点が高くなります。

◎コンパクトスウィング
セミナー中、受講者から「全国的に強い選手のお父さんが、スマッシュやクリアは、
ラケットがよくなったのでコンパクトにスウィングしてもシャトルが飛ぶからいいん
だ!」と言っていますが? という質問がありました。コンパクトスウィングとは、
テイクバック動作を短くしてラケットヘッドが動く軌道を短くすることです。例えば、
ラケットを垂直に上げた状態からスウィング開始し、ラケットヘッドが頭の上を中心
にスウィングする、もしくは利き腕の肘を高く上げ、後ろに引いた状態からスウィン
グを開始することです(弓を射るような構えからスウィングを開始)。
多くのジュニア選手とその指導者及び父兄は、選手がコンパクトにスウィングするた
めクリアが飛ばないと悩んでいます。中学生以上になっても出来る限り速いスマッシュ
やカット、ドリブンクリアを打ってノータッチさせたい、相手にプレッシャーを与え
たいと考えています。それに反してコンパクトスウィングでいいんだという根拠が理
解できません。そのお父さんの息子さんの試合を見るとスマッシュやカットを打って
いる時は、大きなストロークでダイナミックにフルスウィングで打っています。コン
パクトスウィングの説得力が全くありません。
選手の可能性を妨げる発言や指導は止めるできです。特に影響力のある人は尚更です。
高いロビングなどシャトルが落下するまで時間があり、速いスマッシュやカットを打
ちたいときは、ストロークを大きくして打つ。
低いロビングや跳びついて打つ時など、テイクバック動作を短くしないと間に合わな
い時は、コンパクトにスウィングする。
このようにストロークの長さは、相手の返球によって制限されたり、自分が何を打ち
たいのかによってもアメーバーのように変化することを理解すべきです。

◎シャトル置き・拾い
シャトル置き・拾いの目的は何でしょうか? スピード練習? スタミナ練習? 
柔軟性向上? 筋力トレーニング?
シャトル置き・拾いの練習をスピーディーに行おうとすると、無理な体勢のため膝や
腰の傷害発生の可能性が高まります。そこで、ほとんどの選手は危険性を感じ、動き
をスローモーにして行っています。従って、スピード練習やスタミナ練習ではないと
言えます。
柔軟性を向上するなら静的ストレッチなどで両足を前後に広げるストレッチを行いま
しょう!
筋力トレーニングでしたら、シャトル置き・拾いは不適切な方法です。
こうしてみると何を目的に実施するのか分からない練習です。
これも儀式的な練習と言えるでしょう!
早く止めて他の練習・トレーニングに切り替えましょう!

なぜ、上記のような練習・トレーニングが一般的になったのでしょうか?
自分のチームより強いチームに練習に行ったとき、少し変わった練習・トレーニング
を実施していた。強い秘訣は、この練習・トレーニングを実施しているからだ! 
と勝手に思い込み、盲目的に自チームに取り込んでいることが多くあります。
いやちょっと待てよ! この練習・トレーニングの目的はどこにあるのだろうか?
狙いは?
時間は?
回数やセット数は?
と一呼吸おいて考えればいいのですが・・・。

もしくは、実施しているチームの首脳陣に聞いてみては如何でしょうか?
指導者やコーチは、現在実施している練習・トレーニングの目的や条件を選手に説
明し、理解させてから実施しなくてはいけません。

一方、選手も質問する習慣を身につけましょう! 
おっと小学生はまだできないですね! それでしたら父兄に説明しましょう!
説明できなければ実施しない方がいいかもしれません。

練習時間が足りないと考えているチーム・選手が殆どです。限られた時間の中で効
率よく、質の高い練習を行うことを考えましょう!


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます


<小・中学生のためのレベルアップキャンプ@九州募集中!>
◎参加選手残り枠は、半数以下になりました。申込はお早めに!◎
◆開催日:2018年2月17日(土)& 2018年2月18日(日)
◆会場:福岡県大牟田市第二市民体育館
★詳しくは、10月11日の公開記事をご覧ください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2017/12/05(火) 07:00:00|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (18)
技術 (65)
セミナー/講習会 (98)
フットワーク (9)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (3)
方針 (18)
練習方法 (41)
講義 (2)
トレーニング (14)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR