FC2ブログ

バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

レベルアップキャンプ@九州質問と回答

先日開催したレベルアップキャンプ@九州で受講者から質問や意見がありました。そ
の場は簡単に回答しましたが、改めて分かりやすいよう回答します。

<質問>
スマッシュを代表するオーバーヘッドストロークで、落下するまで時間があるときス
トロークを大きくして打つ打ち方を推奨する側と、コンパクトにスウィングする打ち
方を推奨する側がいます。指導者として迷ってしまうので、どちらかに統一すること
はできないのでしょうか?
<回答>
言論の自由ですので、統一することは不可能です。監督、コーチ、選手が判断するし
かありません。選手に判断させるためには、ストロークの背景・役割を理解させる必
要があります。

<意見>
上記に関連しますが、利き腕の肘を下げてスウィングを開始すると、ジュニア時代に
肘を上げてスウィングを開始するよう指導者に何回も矯正させられました。実際にシ
ャトルが落下するまで時間があるとき、肘を下し後方に引いてスウィングを開始する
と、より速いスマッシュを打つことが出来ました。ジュニア時代に違うことを教わっ
ていたので残念です。
<回答>
男子の世界のトップレベルのスマッシュの打ち方を見れば一目瞭然です。また、力学
的に考えても分かります。女子選手は改善が必要な選手が多いです。技術やフォーム
に男女差はありませんので、強くなりたい女子選手は、今一度自身のフォームを確認
して欲しいものです。

<質問>
スマッシュやクリアを打つ際、利き腕の肘を後方に引きますが、引いた時に一旦止め
てはいけないのでしょうか?
<回答>
利き腕を後方へ引き、一旦止めることによってせっかく作りだした運動エネルギー
(ラケットをスウィングするための動力源)が“ゼロ”になります。利き腕の肘の動き
は止めないようにしましょう

<質問>
キャンプ初日のウォーミングアップでは、その場で狭いスペースで動いて行ってい
ました。ランニングなど行わなくていいのでしょうか?
ウォーミングアップの適切な時間は?
<回答>
バドミントンのウォーミングアップの目的は、筋温を上昇させ動的ストレッチなどで
関節可動域を広げます。その後、試合と同等の運動強度まで心拍数を上げます。
筋温を上昇する方法として、①ランニング ②バドミントンのフットワークに近い
ステップを動きながら数種類行う。③その場でステップやフットワークを行うなど
があります。
質問された方は、ラニング=ウォーミングアップと思われていると推測します。筋温
を上昇する方法はいくつかあり、ランニングだけではないことを理解しましょう!
当日は、①体育館内でランニングするには、障害物が散乱していたこと ②次に行う
技術練習がダイナミックに動く練習ではないことを考慮して、選手間にスペースを空
けその場で素早く両足を広げる、小刻みにステップする、一歩で動くフットワークな
ど数種類行い筋温を上昇させました。時間は5分位でした。その後動的ストレッチを
行い技術練習に入りました。
ウォーミングアップの適切な時間は、季節(気温)、疲労度合、実施する練習・トレ
ーニング内容によって異なります。また、前日が完全休息日でしたら直ぐに心拍数が
上がらない場合があるので時間が少し長くなります。一般的には20分から長くて25分
位が適切かと考えます。
方法だけ理解していると応用が利きません。目的とその背景を理解していると幾つか
の方法が思いつきます。練習・トレーニングも同様です。根本となる目的を理解する
ことが重要です。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2018/02/27(火) 07:00:29|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小・中学生のためのレベルアップキャンプ@九州終了!

2月17日(土)・18日(日)の2日間、大牟田市で羽々Jr.バドミントンクラブ主催の講
習会が盛大のうちに終了しました。
参加者は、11県から参加した26チームの選手・指導者の方々です。2日間の累計参加者
数は、選手119名、指導者48名、保護者50名の計217名でした。

<飯野感想>
オープン参加の講習会は、ライバル関係でない選手や指導者なので積極的に表面に出し
て取り組む方が多いようです。メモを取る保護者も多く見られました。今回は、九州地
区で初めて本格的に行う講習会だったので基本中の基本の技術を中心とした内容にしま
した。出来る限り多くの技術をマスターして欲しいという気持ちがあったため、少し走
り過ぎた感もありました。次回の2回目の開催も具体的になりました。今年9月始めの開
催を予定してます。(体育館が予約できればですが。。。)次回の初日は、少し時間を
延長し別の技術練習も織り交ぜながら進めたいと思います。しかし、毎回講習会で心配
なのが球出しの技術です。狙ったエリアに正確にタイミングよく出さなければ技術習得
やノック出しの効果が出ません。もう少し全体的にレベルアップして欲しいと願ってい
ます。私のブログの左側にカテゴリがあり、ノック技術(10)をクリックするとノック
出しの記事と動画などを見ることができます。十分理解しスキルアップを図って下さい。
参加された皆さん、熱心に受講頂きありがとうございました。

◆参加された選手達
九州レベルアップ選手 

◆参加された指導者・保護者の方々
九州レベルアップ指導者 

<終了時匿名による指導者・保護者の主な感想>
・他クラブの指導者からも改善点を教わり、手投げノックもこれほど多く受けれるとは
   思ってなかったので、本当に充実しており2日間があっという間でした。

・一つ一つの技術を正確に行う、今子供が一番取り組んでいるところなので着眼点等分
   かりやすかった。

・始めてこのようなキャンプに参加させていただき、細かい改善すべきところが分かる
   ようになりました。

・物理的、力学的に説明された内容だったので「何故?」というところで解決できたも
   のがたくさんありました。

・私はバドミントン未経験者ですが、シャトル置き・拾いの疑問を感じていました。
   やってはいけないトレーニングと聞いて、やっぱりそうかと思いました。

・どの内容も意味が多く、奥深く、時間がいくらあっても足りないくらいです。参加者
   の力量の差がありますが、とてもよく計画されていました。

・間違いをこれまでたくさん教えていました。今までの子供たちに申し訳ない気持ちで
   す。勉強する機会を与えて頂き感謝します。

・飯野さんの指導内容は、ブログ、You Tubeは見ていましたが実際に講習を受けるの
   では百聞は一見にしかずでした。どの内容も理論や力学に基づいているので今後自信
   を持って指導できます。

・大変勉強になりました。40~50年前のバドミントンを引きずっていました。貴重な2
   日間でした。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

<小・中学生のためのスプリングキャンプ募集中!>
選手枠残りあとわずかです。お申込みはお早めに!
日時:3月23(金)・24日(土)・25日(日)
会場:千葉工業大学 新習志野キャンパス
募集締日:3月5日 但し、定員になり次第締め切ります
内容詳細は、1月23日公開のブログをご覧ください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  1. 2018/02/20(火) 09:33:34|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祝You Tubeチャンネル登録者2,000人

私のYou Tubeチャンネルの登録者が2,000人を超えました。ご視聴頂きありがとうご
ざいます。ともすると一方通行になる可能性があるYou Tubeやブログは、視聴回数や
チャンネル登録者数の増加が励みになります。
しかし残念なことに、You Tubeだけを見てブログを読んでいない人が多いようです。
是非ブログも読んで頂き、練習・トレーニングや技術の背景を理解して欲しいもので
す。

さて、今回は、歴代動画の高評価数ベスト5を紹介します。
<No.1>
◆ダブルススマッシュレシーブの練習
高評価数191



<No.2>
◆ダブルス全面フリーノック
高評価数146



<No.3>
◆対角線スピードノック練習
高評価数138



<No.4>
◆ダブルスローテーション練習
高評価数93



<No.5>
◆センター前衛アタックのノック練習
高評価数90



上記ベスト5を見ると、ダイナミックな動きのあるノック練習が高評価につながって
いるようです。
ノックが上手くなりたいという意識が強いのでしょうか?
ダイナミックに動く練習を行いたいという心理が強いのでしょうか?
目新しいからでしょうか?

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

<小・中学生のためのスプリングキャンプ募集中!>
選手枠の残りが少なくなっています。申込はお早めに!!
日時:3月23(金)・24日(土)・25日(日)
会場:千葉工業大学 新習志野キャンパス
募集締日:3月5日 但し、定員になり次第締め切ります
内容詳細は、1月23日公開のブログをご覧ください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2018/02/13(火) 07:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スピンを掛かりやすくするためには?【質問と回答】

<質問>
レベルの高い選手のネットショットを見ていると、シャトルがラケットに吸い付くよ
うに白線を超えて行きます。特にスピンネットは回転がかかっていて返球するのに苦
労すると思います。スピンを掛けやすくするコツのようなものはありますか?

<回答>
今回はストロークの説明は割愛します。スピンを掛けやすくするためには、ラケット
面とシャトル(コルクヘッド)の接触時間を長くすることです。勿論、スウィングス
ピードはゆっくり振る必要があります。
ラケット面でシャトルが一番弾くエリアをスウィートスポットと呼びます。ほぼラケ
ット面の中央エリアです。スマッシュやクリアを打つ時にスウィートスポットにシャ
トルを当てて速いスマッシュ、遠くへ飛ぶクリアを打ちます。
スピンネットは速いショットではなく、遠くへ飛ばすショットでもありません。従っ
てスウィートスポットにシャトルを当てる必要はありません。そこで、スピンネット
を打つ時は、スウィートスポットの上のエリアでシャトル(コルクヘッド)を打って
みてください。
ラケット面とシャトル(コルクヘッド)の接触時間が長くなりスピンが掛かりやすく
なります。

◆スウィートスポットの上のエリアにシャトルを当てる
スウィートスポットの上

レベルの高い選手は、無意識のうちにスウィートスポットの上のエリアにシャトル
(コルクヘッド)を当ててスピンネットを打っているのでしょう!
皆さんも是非やってみて下さい、


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

<小・中学生のためのスプリングキャンプ募集中>
選手枠の残りが少なくなっています。申込はお早めに!!
日時:3月23(金)・24日(土)・25日(日)
会場:千葉工業大学 新習志野キャンパス
募集締日:3月5日 但し、定員になり次第締め切ります
内容詳細は、1月23日公開のブログをご覧ください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  1. 2018/02/06(火) 20:40:42|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年の計8回
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (18)
技術 (71)
セミナー/講習会 (112)
フットワーク (9)
愛用品 (12)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (4)
方針 (18)
練習方法 (52)
講義 (2)
トレーニング (14)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (8)
理論 (11)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR