バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

コントロール練習

先日、○○県ジュニアチームから指導の依頼があり訪問しました。JRで片道2時間
の距離です。

ジュニアチームは中学生と小学生が中心で今回は精鋭約10名に対する指導です。
チームからの依頼は、シングルスの戦法の指導と戦法を達成できるための練習方法
の紹介とその練習を構成する技術指導です。

今回はシングルスで打ち合う練習(総合練習)の中のパターン練習を中心に行いまし
た。しかし、なかなかうまくできません。うまくできないからダメではなく、逆にうまくいか
ない要因を分析し選手それぞれの課題を浮き彫りにすることができます。

練習でうまくいかない理由を表面上だけで見るとラリーが続かないことにあります。
そこで、ラリーが続かないことを分析するためにはラリーを構成している打ち方なのか?
(グリップやストローク、フォーム)、 フットワークなのか? 動くスピードなのか? を
見るのですが選手それぞれです。

ただチーム全体に言える課題は、高確率で狙ったところに打てないところにあります。
例えばサイドラインにカットやスマッシュを打つ練習を行いましたがライン近くに打てる
確率は10本中1~2本程度です。他の8~9本はラインから大きく外に出したり、ネット
に引っかけたり、内側に入り過ぎたりします。

これでは総合練習ができないどころか試合でもなかなか勝つことができません。打った
後はシャトルに聞いてくれ状態です。

狙ったところへ打つ練習を技術練習の中のコントロール練習といいますが、普段の
練習でコントロール練習を行っていないのでしょう! 

「選手の年齢を問わずシャトルを狙ったところへ打てることは試合の勝敗を決める
 生命線です!


ジュニア選手は神経系の発達が著しいのでシャトルを狙ったところへ打つコント
ロール練習は不可欠と言っていいでしょう!

問題はコントロール練習ができるかどうかです。ネット前からスピンネットやクロスネット
を打つコントロール練習は、少しのスペースがあればできますがオーバーヘッドストロ
ークのコントロール練習などはコート内で行うことがベストです。
そうすると、コントロール練習を行うためには、使用できるコート数が必要ですし、正確
に飛ぶシャトルの数、練習時間などの確保も必要です。さらに、他の練習やトレーニン
グとのバランスもあります。

そうすると週3日以上練習を行うチームには、練習計画が必要だということが言えますね!

練習時間が短いと嘆いている指導者の方は、選手がシャトルをある程度打てるように
なっても毎日30分~1時間も半面で打ち合う基礎打ちと称する練習を繰り返すのでは
なく、その時間があれば練習の終盤をコントロール練習に替えることも検討してください。
 
半面で打ち合う練習をしていても試合は全面で行うのでシャトルのコントロールは
別物
となります。

皆さんのチームではコントロール練習を行っていますか?

にほんブログ村ランキング参戦中!  

スポンサーサイト

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/07/17(火) 07:30:00|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<強化練習会開催 | ホーム | 写真のタイトル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/10-9a7e709e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (59)
セミナー/講習会 (91)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (38)
講義 (2)
トレーニング (10)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR