バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

高いロビングで返球するには?

小学生の指導者A氏から以下の質問がありましたので回答します。

:高いロビングを打つ時はできるだけ肘を引かないで(相手にロブと分からないように)
打てる方がいいと思うのですが、小学生の場合もしくは高いロブの場 合は肘を引くこと
についてはどのように意識したらいいでしょうか?また、強く打つために左手を引き上げ
て体ごとねじってパワーをためる意識は必要 でしょうか?
高いロブビングは、相手を後方に下げて時間を作る・打点が低くならざるを得ない場合に
打つので、肘を引いてエネルギーを発生させることをメインに考えるのか、将来も考え て
コンパクトなスイングを意識させるのか、そのあたりを教えていただきたいです。

質問ありがとうございます。質問を分類して回答します。ここでは右利きの選手をモデル
にして表現します。

質問①高いロビングを打つ時は、高いロビングと読まれないように右腕の肘を極力引
かないで打った方がいいのか?

回答⇒相手コート後方まで高いロビングで返球するためには肘を大きく引いて打
たなければ後方まで飛ばすことはできません。また、インパクトの後のフォロース
ルーも十分とる必要があります。

肘を大きく引いてと表現しましたが、非常に高いロビングを打つときは肘を大きく引きま
すが、余り高くないロビングを打つときでしたら肘を引く距離が短くなります。高いロビン
グを打つ選手がどうしたいのかによって肘を引く距離が変わります。
対戦相手に高いロビングと読まれないように~とありますが、高いロビングを打たざるを
得ない場面では、打つショットの選択肢は非常に少ないと言えます。肘を大きく引かない
で打とうとすることがフェイントになるわけでもありません。相手コート後方までしっかり返
球することを第一に考えるべきです。
高いロビングと見せかけて○○○○○○を打つには? という質問ですと少し違う回答になり
ますので、ここではあくまで高いロビングを相手コート後方まで打つにはという質問に対
する回答であると理解してください。


質問②強く打つために(遠くへ飛ばすために)左手を引き上げて体ごとねじって打った方
がいいのか?

回答⇒相手コート後方まで高いロビングを打つには左手を右手と一緒に引き上げたり、
体ごとねじって打った方がいいのか? という質問です。
左手を右手と一緒に上げるとシャトルのコントロールが不安定になります。左手は
脱力しておきましょう。また、体ごとねじって打つこともシャトルのコントロールが不
安定になります。体が上の方へ伸びて打つことも同様です。
試合をイメージしてください。選手はホームポジション付近やコート後方からネット前に移
動して高いロビングを打つことがほとんどです。ネット前に移動したらラケットをスウィング
するための運動エネルギーが発生します。ネット前に移動した勢いが強いと右足で着地
した際、逆に勢いをある程度止めてから高いロビングを打つことが多くあります。勢いを
ある程度止めないと相手コート後方のラインを越しアウトになる可能性があるからです。
従って左手を使ったり、体をねじったりして更に運動エネルギーを作り出そうとする必要は
ありません。
注:運動エネルギーを作り出そうとしているかもしれませんが、左手を右手と一緒に
上げたり、体ごとねじると、実際にはラケットを最速でスウィングすることができなく
なります。



質問③将来も考えて高いロビングはコンパクトなスウィングを意識させた方がいい
のか?


回答⇒高いロビングに限らず技術は、大人も小学生も一緒です。
コンパクトなスウィングと言われていますが、シャトルが垂直近く落下をしてきて、遠くへ飛
ばしたり。速いショットを打つためにはスウィングがコンパクトでは達成できません。
力学から考えれば分かるはずです。
速いスマッシュを打たれて速いドライブでレシーブをしたり、速いドライブを打たれて速いド
ライブで返球するときは、作用(相手の速いショット)と反作用の関係でタイミングを合わせ
てコンパクトにスウィングすれば速い返球が可能になります。
このように打つショットによってスウィングがコンパクトになったり、関節可動域いっぱ
いにスウィングしたりします。全てのショットをコンパクトにスウィングしなければなら
ないという考えは早く改めるべきです



にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。You Tubeを
   開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!

◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、以下
   のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 
スポンサーサイト

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/11/15(金) 09:36:14|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スピード練習の動画とデータ公開 | ホーム | 打ち合いの練習でスタミナを向上させるには?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/100-db2ae6b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (58)
セミナー/講習会 (89)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (36)
講義 (2)
トレーニング (9)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (8)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR