バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

ネットショットの安定化【質問】

ジュニア選手のお母さんから以下の質問がありましたので、ブログで回答します。

<質問>
自宅でヘアピンの練習をしている時は、驚くほど浮いたりはしませんが、試合になるとヘアピ
ンが浮いてしまいます。動きの中で浮いてしまうヘアピンを浮かせないようにするにはどこを
注視し練習すればよいでしょうか?
また、試合中にクロスネットを打つとネットへ引っ掛けることが多いのでこちらも修正したいの
ですが、どちらも動きが入るとできなくなります。

【回答】
止まってヘアピンを打っている時と動きが入って打つヘアピンの違いを確認しましょう。
止まってヘアピンなどのショットを打っている場面を「技術局面」といいます。一方、ホームポ
ジションやコート後方から移動している場面を「移動局面」といいます。
止まってショットを打っている技術局面のパフォーマンスはいいが、移動局面+技術局面と
なるとパフォーマンスが低下するということです。

さてどこが違うのでしょうか?

移動局面では、ネット方向へ移動することで勢いが生まれます。専門用語で言うと運動エネ
ルギーが発生します。運動エネルギーとはラケットをスウィングするための動力源をいいます。
例えばホームポジション付近からネット前に移動して、勢いのままラケットをスウィングしてロ
ビングを打つとコート後方のバックバウンダリーラインを越えてへシャトルを出してしまいます。
運動エネルギーが発生したにも関わらず、いつものスウィングスピードでラケットを振ったた
め発生した運動エネルギー分だけラケットのスウィングスピードが速くなっているからです。

そうすると移動局面で発生した運動エネルギーを「抑える」「極力ゼロ」にする、もしくは発生し
た運動エネルギーを活かし、その分ラケットのスウィングスピードを減速する必要があります。

ネット前でヘアピンを打つということであれば、ホームポジション付近から移動して発生した運
動エネルギーをゼロ近くまで抑えてヘアピンを打ったほうがショットの正確性が増します。

具体的には、右利きの選手でしたらへアピンを打つ技術局面で右足を出し、一旦静止し運
動エネルギーを極力抑えてからヘアピン
を打つとコントロールがよくなるでしょう。
そうすると普段止まって練習しているヘアピンやクロスネットのパフォーマンスが発揮でき
ます。


さて、移動局面で発生した運動エネルギーは、どのような技術局面でも抑える必要があるの
でしょうか?

コート後方でスマッシュ、カット、クリアやハイバックなど速いショットや遠くへ飛ばしたいショ
ットを打つときなどは、ホームポジションなどから移動して発生した運動エネルギーを十分
利用してスウィングスピードを増しています。

このようにショットによって移動局面で発生した運動エネルギーを利用する場合と抑える場
合があることを理解しましょう。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

スポンサーサイト
  1. 2014/10/01(水) 08:00:48|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<試合になると動きが遅くなる【質問】 | ホーム | ダブルスの試合を観察する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/150-1718aa66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (62)
セミナー/講習会 (93)
フットワーク (9)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (38)
講義 (2)
トレーニング (13)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR