バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

鳥取市指導者講習会終了

11月8日(土)・9日(日)に鳥取市で指導者講習会が開催され講師として行ってきました。
指導者は約25名、モデルとして小・中・高校生選手約60名の参加です。

初日午前中は講義を行いました。内容は、選手がどんな練習とトレーニングを行なったら
強くなるのか、うまくなるのかをパワーポイントとビデオで説明。参加された指導者は各年
齢層を指導しているので年齢段階において実施しなければならない練習とトレーニング
内容も説明しました。
小学生⇒中学生⇒高校生とうまくバトンタッチできればいいですね!

午後は、指導者のノック技術向上のための練習です。主にラケットを使ってネット際にドロッ
プを打つ、ドライブを打つ、クリアを打つ、スマッシュを打つ練習です。ラケットを持つ逆手で
シャトルをインパクト直前までシャトルを回転させず持ってくることが出来れば上達は早い
です。正味4時間以上のノック出しの練習でした。今後も継続して練習されることを期待し
ます。
最後はホームポジション付近から各方向へ動くフットワーク練習です。基本的な足の運び
を説明し実際に選手が行うというものです。

2日目は、スマッシュを自身の最速で打つために運動連鎖の方法をパワーポイントとビデ
オで説明。その後は運動連鎖を達成するための具体的な練習を選手と一緒に行いました。
その後、スマッシュを実際に打つ技術練習です。
午後はドロップの技術練習、相手コートネット際に返球するショットの技術の詳細を説明し
選手が実際に練習を行いました。技術を指導するポイントを説明したので今後の指導にも
役に立つと思います。

◆技術練習風景
技術練習 
技術練習2

締めは、ミドルパワートレーニングでオールアウトまで実施。選手は初日の講義を聞いて理
解しているので各自が追い込んでオールアウトまで実施できたと思います。
このミドルパワーのトレーニングは、コートの縦を各種ステップを全速で往復するものです。
ツーステップ、サイドステップ、クロスステップ、バウンディング、後方スマッシュ、ダッシュの
種目を続けて行いAグループ(4~5名)が終わったらBグループ(4~5名)と交互に繰り返します。
オールアウトになったら選手自身が宣告して各自終了します。1回当たり実施すると30秒か
ら40秒位の時間になるので乳酸が大量に生成されます。バドミントンのスタミナ向上に適し
たトレーニングの1つと言えるでしょう。

◆ミドルパワートレーニング風景
ミドルパワートレーニング

次回は来年2月に選手を対象とした強化練習会で指導を予定しています。現段階では、シ
ングルスとダブルスの技術習得を中心に実施しようと考えています。
指導者と選手の皆さんまたお会いしましょう! 楽しみにしています。

<コメント>
全国の指導者は、練習・トレーニング方法を知りたいと考えている方が多くいます。
強いクラブに行って練習やトレーニングを行っている内容を表面だけマネしてやることが
多いようです。しかし、練習・トレーニングの目的、ねらい、条件などを理解していないた
め何時しか目的と違った内容になっていることが多々あります。
方法も重要ですが、練習・トレーニングの目的、条件などの背景を十分理解して実施す
ることが最重要です。それを理解していれば方法はたくさん考えだすことができます。
今回の講義は、バドミントン競技の練習・トレーニングを実施するための基盤となる考え
方と一部具体的な方法を説明しました。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
  以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒
iino@quartz.ocn.ne.jp 

 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
  You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

スポンサーサイト
  1. 2014/11/12(水) 08:10:46|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<負のスパイラル【ネット前の入り方】 | ホーム | 使用シャトル>>

コメント

回答

鳥取市の講習会で実施したミドルパワートレーイングでのオールアウトの回数は、少ない選手で5セットほど、スタミナがある選手で10セット前後でした。しかし、実施する時点の選手の疲労度にもよるので一概に比較することはできません。また、実施するとき、本当に全速でやっているのか、抑えてで実施しているのかでも違います。全速で実施できるようになるためには、動きに慣れることも重要です。また、鍛えられている女性ですと男性並みのスタミナがある選手もいます。競技レベルでこうだとも言い切れません。選手の呼吸循環機能を見る場合は、最大酸素摂取量、LT(AT)を測定すればわかりますが、費用がかかるため簡単ではありません。
質問は、iino@quartz.ocn.ne.jpeへお願いします。
  1. 2014/11/15(土) 10:03:48 |
  2. URL |
  3. 飯野 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/156-6ec0ae8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (55)
セミナー/講習会 (85)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (35)
講義 (2)
トレーニング (9)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (8)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR