バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

負のスパイラル【ネット前の入り方】

コーチングセミナーや各地で講習会を開催すると、必ずといっていいほど参加した選手の
何割かは適切でない打ち方をしています。
その代表的な例が下の<A>の写真のフォームです。フォアでネット前に入る時の腕とラ
ケットのポジションが悪いため、次に打つショットに悪影響を及ぼしています。

◆<A>:ネット前の不適切な入り方
適切でない入り方 

手関節を高く上げラケット面を相手に見せるようにネット前に入ります。(手関節の伸展の
状態でネット前に入る)
この状態でネット際からスピンネットやネットショットを打つと、ラケット面の角度が適切でな
いためシャトルが伸びてしまいます。修正しようとして、ラケット面を床と平行にするため手
関節の屈曲を使ってシャトルを弾いて打つため、正確なショットを打つことができません。

◆手関節の運動
手関節の運動

また、クロスネットやロビングを打つ際は、反動動作を使って打ちますが、この状態で入る
と腕とラケットの操作が遅くなり反動動作がしづらくなります。
ネット前から繰り出すショットのバリエーションが極端に少なくなると言っていいでしょう。
そうすると試合で対戦相手は、フォア前に集中的にシャトルを集めてくるでしょう。

下の<B>の写真のように肘関節と手関節を真っ直ぐに伸ばすことで、腕とラケットを真っ
直ぐに伸ばしてネット前に入りましょう! 
特にラケット面と前腕は床とほぼ平行にすることが重要です。打点が低くなると肘関節を
少し曲げますが、ラケット面と前腕は床とほぼ平行にしておく必要があります。
このような状態で相手コートネット際に返球すると飛距離が出ないと思われますが、飛距
離を出すには肩関節を支点に腕とラケットを上げます。もう一つの方法は、体を前方に押
し出して飛距離を出します。または、上記の2つの方法を併用して行います。

◆<B>:ネット前の適切な入り方
腕ラケットをフラットにして入る

これは、恐らく指導者が選手に対して「高い打点でシャトルを打ちなさい」と指導している
ためだと思われます。または、強い選手がこのようにしているため真似しているのかもし
れません。

さて、<A>の写真と<B>の写真の打点を比べて下さい。ほとんど変わりありませんね!
<A>の写真の方が5cm程度打点が高いかもしれません。5cm程度打点が高いからと
言っていいことがあるのでしょうか?

ネット前で打点を高くしたかったら移動局面を速くすることで達成されます。動き始めに床
を蹴る、蹴りだしの力を強くする、正しいフットワークを行う、コート後方などで打ち終わった
後に方向転換を速くする、高校生以上は、最大筋力を高めると共に筋パワーを高めること
で更に移動局面が速くなります。
技術局面は、正確なショットを打つ、いろいろなショットを打つことが求められます。打点の
高低は移動局面ですでに決まっていると考えましょう。
移動局面が遅いからといって帳尻を合わせるように技術局面で正しいフォームを歪める
ようなことをしてはいけません。

負のスパイラルを早く断ち切りましょう!

なお、バックのネット前もフォアと同様です。

<コメント>
小学生で<A>の打ち方を習得し、その後、改善する機会がないと大人になってからも打ち
方が変わりません。その子が大人になってからも<A>の打ち方をしていると想像するだけ
で、怖くなります。小学生の打ち方と大人の打ち方の区別はありません。最初に教えるとき
に間違わないようにしましょう。また、男の子の打ち方と女の子の打ち方の区別もありません。
技術は年齢、性別での区別はないのです。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2014/11/17(月) 08:00:51|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<強化練習会選手&指導者募集! | ホーム | 鳥取市指導者講習会終了>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/157-e233c058
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (59)
セミナー/講習会 (91)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (38)
講義 (2)
トレーニング (11)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR