バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

負のスパイラル【テイクバック動作】

読者から子供が打つクリアが飛ばないのでどうしたらいいのか? という質問を多く受けま
す。どうやって打っているのか打っている選手の動画を見ると、大きな原因の1つが右肘
(右利き選手)を後ろに引くテイクバック動作を行っていません。コーチングセミナーや各地
の講習会でも同様に多く見られます。

<正しいテイクバック動作>
相手がロングハイサービスやネット前から高いロビングを打ってきて自身が最速のスマッシュ
を打ちたいときは、右肘(右利き選手)を下げて体側(からだの側面)近くに置き、そこから右
肘を後方に引くテイクバック動作からストロークを開始します。<A>の図右と<B>の写真。
ダッシュをするとき、肘を後方に引く動作です。
対戦相手がやや低い軌道のクリアや低めのロビングを打ってきたら、アーチェリーで弓を射る
ために右肘を後方に引くテイクバック動作からストロークを開始します。<A>の図左。

◆<A>:代表的なテイクバック動作例
テークバックの相違 

◆<B>:最速のスマッシュを打つためのテイクバック動作開始時の肘の位置
肘を下げた状態から振りだす

一方テイクバック動作を省略している選手は、右肘を後方に引いた状態からストロークを開
始しています。<C>の写真。
従って、自身の最速のスマッシュが打てなかったり、小学生ではクリアが飛ばなかったりしま
す。ストロークが短くなるので、インパクトでラケットの最大加速度を得ることが難しくなるた
めです。
図<A>でいうと左右のイラストの肘の動きがないのです。

◆<C>:テイクバックを省略してスウィング開始する肘の位置
肘を後方に固定した状態から振りだす

テイクバック動作を省略している選手の移動局面を見ると、ホームポジションからコート後
方へ移動開始すると同時に、右肘を後方に引いています。
一方、テイクバック動作を行う選手は、移動してシャトルの落下地点付近でインパクト時間
を逆算してテイクバック動作を開始します。

分かりやすくするため他のスポーツを例にしてみましょう。
野球のピッチャーがバッターに向って最速のボールを投げる時、右肘を後方に引いた状態
から投げる選手はいません。
テニスで速いサービスを打つ選手は、右肘を後方に引いた状態からラケットのスウィングを
開始していません。
いずれも右肘のテイクバック動作を行っています。
サッカーでいうと速いキックを蹴るためには、左足を軸足にして右足を後方に引き、引いた
反動で前方へ蹴ります。テイクバック動作がないとは、この右足を後ろに引いた状態から蹴
り始めるのと似ています。

選手は、どうしてテイクバックを省略した打ち方になったのでしょうか?
指導者が、そう打ちなさいと指導したからなのでしょうか?
バドミントンの初心者を見るとオーバーヘッドストロークは、シャトルにラケットを当てづらい
からテイクバック動作をほとんど行わず、ラケットを上げてインパクト地点まで最短距離で
スウィングします。結果、シャトルが思うように飛びません。
このように選手は、シャトルにラケットを当てることを最優先するため、テイクバック動作を
省略したのでしょうか?

一旦身についた動作は、改善するのに長い期間を要します。早い段階で改善しましょう!
そして、負のスパイラルを早く断ち切りましょう!


<お知らせ>
 東京都杉並区中学生強化練習会にフィーダー募集中!
  日時:2014年12月20日(土)・21日(日)
  内容詳細は、2014年11月26日公開のブログ記事をご覧ください。

鳥取市選手強化練習会(講習会)に県外選手と指導者の参加申込み受け付中!!
  日時:2015年2月14日(土)・15日(日) 申込み締日:2015年1月20日
  内容詳細は、2014年11月22日公開のブログ記事をご覧ください。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2014/12/03(水) 08:06:59|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フィーダースキルアップセミナー開催! | ホーム | トマスカップ祝賀会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/160-0db9f074
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (59)
セミナー/講習会 (91)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (38)
講義 (2)
トレーニング (10)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR