バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

ダブルス全面フリーノック【動画と解説】

ダブルスの全面フリーノックを行っている動画を公開します。

<ダブルス全面フリーノックの狙い>
ダブルスで負ける要因の一つが対戦相手の速いタッチと速いテンポについていけなくな
   ることです。それに慣れるために行います。
ダブルスでレベルが高くなるとスピードのあるラリーが多くなり、ラリー時間が長くなりま
   す。そして、爆発的な筋パワー発揮が続きます。結果、乳酸が大量に生成され動くスピ
   ードを落とさざるを得ない、足が出ない状況に陥ります。それを解消するためにスタミナ
   向上の練習を行います。

<スタミナ向上ノック実施の条件>
最大限努力すれば打てる、返球出来る、触れるエリアに球出しを行う。
動いている時間約30秒~1分30秒(今回は30秒~40秒の間で、球出しの数は約40球
   前後で行いました)、休んでいる時間も同時間。運動と休息の比率1対1
もう出来ないというところまで実施する(オールアウトまで実施)

動いている選手は、社会人男子選手です。
ノックを行う前に選手に以下の内容を実行するよう伝えました。
<選手が実行すべき内容>
1. コートのハーフラインやや後方からスマッシュ、ドライブを打ってネット前に詰めること。
     ペアは、ネット前に詰めることを察知して道筋を空け、逆面をリカバリーすること。
2. ネット前に入ったらネット前両サイドへ来る球が後方へ抜けないようにすること。
     (高い球を除く)
3. フィーダーが1選手を四隅に追い込んだら、空いているスペースを突くのでペアは素早
     くカバーすること
4. 前衛が抜けた球、抜けそうな球は、後衛が全てカバーして返球すること

◆ダブルス全面フリーノック


フィーダーと選手のお互いが少しずつ噛みあって行くのが分かります。スピードとテンポに
慣れて行くのです。

<フィーダーの注意点>
テンポの速い球出しを行う。
ノック出しでドライブを打たせる、後方でスマッシュを打たせる、前衛でプッシュを打たせ
   る、ネット前両サイドへ揺さぶる、空いているスペースを突く。を試合をイメージして球出
   しを行う。

<ご参考>
私がノック出しで使用しているのは、シャトルマガジン二連ベルトタイプです。
ノック出しの詳しい方法が知りたい場合は、画面左側にある「カテゴリ」のノック技術(7)
     をクリックしタイトルが「ノック出しの技術~ドライブ」と「ノック出しの技術~前衛アタック」
     の解説と動画(スローモーション)をご覧ください。

さて、ダブルスが上手くなるには、うまい対戦相手と練習することが必要ですが動画のよう
な練習も必要だとは思いませんか?

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


スポンサーサイト
  1. 2015/03/16(月) 07:00:53|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ノック出しの方法ベストは? | ホーム | スプリングキャンプカリキュラム公開>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/175-c62b47e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (59)
セミナー/講習会 (91)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (38)
講義 (2)
トレーニング (11)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR