バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

講習会で指導者に思う事

講習会を開催するといろいろな事に気が付いたり、考えさせられることがあります。
今回は、指導者に対することです。耳が痛い方もいると思いますが、自己啓発のトリガー
だと考えて頂ければ幸いです。

1.指導者の球出し・ノック出し
講習会に参加する選手(主に小・中・高校生)をみると、クリアやスマッシュなどのオーバ
ーヘッドストロークは、体や腕の正しい使い方は別にして一応打つことができます。
しかし、胸から下で打つネットショット、ネットへ返球するレシーブ、ネット前から打つロビン
グなどのネットがらみの技術レベルが低い選手がほとんどです。

そして、講習会に参加された指導者の球出しを見ると、下から出す球出しは出来るのです
が、ドライブを打ったり、ドロップ、カット、スマッシュが打てる指導者は非常に稀です。
普段の練習では、ラケットで下から球出しを行ってオーバーヘッドを打たせる練習が中心
になっていることが想像できます。

スマッシュやクリアなどのオーバーヘッドストロークが打てればOKと考えているのでしょう
か?

対戦相手の競技レベルが上がってくると、ネットに関連する技術で先手を取られスマッシュ
やカットなど攻撃するショットを打たせてもらえません。
試合で主導権を取るためには、レシーブやネットがらみの技術に磨きをかける必要があり
ます。
選手がもう少し、幅広い技術を習得できるよう意識を変えると共にいろいろな球出しが出
来るようになることが必要です。

小学生や中学生、高校生の初心者はまだ競技レベルが低いため選手同士で打ち合うこと
はできません。打ち合いが出来たとしても正確に打てないため目的の練習を行うことはで
きません。そうすると必然的に技術練習や動きを伴う練習では、選手に指導者がシャトル
を出してあげて練習する以外ありません。

シャトルを出せる人がいないチームは、どのような練習を行っているのだろうか?と不思
議になります。

選手は頑張って練習しています。指導者もノック出しの技術を向上するよう頑張って欲しい
ものです。せめて手投げによる球出しやノック出しだけでもマスターして欲しいものです。

2.指導者の責務
あるチームは、講習会に選手が参加するのを禁止している指導者がいます。
講習会に出ると指導者が教えている内容を否定されたり、修正されたりします。自身が信
じて指導している内容が根底から崩れることもあります。それを選手と共に聞くのはプライ
ドが傷つくのは十分理解できます。

講習会の内容が選手の成長の妨げになることが分かっていたり、無意味な講習内容でし
たら参加は避けたほうがいいでしょう。

しかし、選手の成長や競技力向上が期待できるのであれば参加させるべきです。

選手はいったいだれのものなのでしょうか?

選手が大人になり内情が分かった時、選手はその指導者を尊敬できるのでしょうか?

特に小学生・中学生の指導者の責務は重大です。技術が身に付き、フットワークが素早く
動け、スタミナがつき、選手としての可能性を広げられる時期です。
指導者は、正しい練習・トレーニングの知識を得て、将来可能性が持てる選手を育成して
欲しいものです。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2015/04/20(月) 08:00:07|
  2. ノック技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鳥取市指導者講習会県外指導者募集 | ホーム | フォア奥の足の入れ替え>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/180-cd7687d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (59)
セミナー/講習会 (91)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (38)
講義 (2)
トレーニング (10)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR