バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

スピード練習でシャトル置き

読者の方から以下の質問がありましたので、ブログで回答します。

<質問>
以前ブログで公開しました椅子タッチのスピード練習(下の2つの動画ご参照)では、椅子
にタッチして方向転換していますが、椅子タッチの替わりに目的地点にシャトルを置きに行
ったり、シャトルを拾ってくる練習を行っています。問題があるのでしょうか?

◆小学生コート前後のスピード練習


◆椅子タッチスピード練習


<回答>
最初に上記2つの椅子タッチのスピード練習の目的を確認解しましょう!
椅子タッチスピード練習の目的は2つあります。
① コート内で比較的距離が短い区間を、フットワークで素早く移動する。
② 椅子をタッチした後の方向転換(アジリティー)を速くする。
  小学生コート前後のスピード練習は、コート後方に椅子はありませんが、最低移動ラ
  インを決めて行えばいいでしょう。
上記①と②を最大スピードで実行するようタイム測定を行っています。

次は、椅子タッチの替わりとする目的地点にシャトルを置きに行く・拾いに行く動作を考察
してみましょう! ここではシャトル置きという言葉で統一します。
シャトル置きの動作は、右利き選手は右足を大きく出し、右足のつま先の先にシャトルを
置きに行く際、右足大腿四頭筋と裏側のハムストリングが強い力を発揮し右足を固定し
ます。さらに、上半身をシャトルを拾いに行く方向へ倒し、拾った後、元に戻します。その
際、腹筋群と背筋群も強い力を発揮しなければなりません。

このようにシャトル置きは、椅子タッチに比べ太腿部や腹筋群・背筋群の強い筋力発揮が
求められます。この動作を最大スピードで実施したら、筋肉や関節等にケガの発生リスク
が高まります。特に腰痛やハムストリングの肉離れが心配です。

実際に選手にシャトル置きを最大スピードで行いなさいと命じたら、ほとんどの選手は、
スピードを抑えてシャトルを置きに行くことになります。また、シャトルを置いて戻る際も同
様です。潜在的な恐怖心があるのでしょう。

これでは、スピード練習にはなりません。
椅子タッチに替わるシャトル置きは、スピード練習に適していないと言えるでしょう。

右足を出す練習をしたいということでしたら、ケガのリスクが少ない筋持久力トレーニング
を行いましょう。その場で右足を出して戻す、次に左足を出して戻すを繰り返すレッグラン
ジを行なったり、レッグレンジの動作で体育館を右足⇒左足と順番に出して前進する方法
です。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

スポンサーサイト
  1. 2015/04/30(木) 08:00:06|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<神奈川県小学生育成講習会終了 | ホーム | 鳥取市指導者講習会県外指導者募集 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/183-6894b8c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (59)
セミナー/講習会 (91)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (38)
講義 (2)
トレーニング (11)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR