バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

打てないから教えられない?

ある講習会でジュニア選手に技術指導している際、指導者のAさんから「自分がこのショット
を打てないので指導できない」という発言がありました。この時は、時間がなかったので会話
はできませんでしたが、読者も共通した考えをお
持ちの方がいらっしゃると思い、ブログで私
見を述べます。

指導者が試合で使うべき全てのショットが打てて、適切な見本を見せられる人は、ごく僅か
だと思います。
Aさんのような考えの指導者は、打てないショットがあると、選手が行う技術練習では、この
ショットの練習を避けるのでしょう。いくつかのショットの技術練習は行わないとなると、選手
の技術の幅は広がりません。そうすると選手は、試合で窮地に追いやられます。試合で負け
る原因の半分以上は、打てないショットがある、ショットの精度が低い、エラーが多いなど技
術レベルに問題があるわけですから・・・。

選手は、指導者の器(指導力)の範囲内でしか競技レベルが向上しないと言えるでしょう!

Aさんの心理を推測してみましょう!
指導者は、ショットの見本を見せることで、指導者としての威厳を保ちたい。集団をまとめるた
めに優位に立ちたい。従って苦手な部分は避けたいと考えているのかもしれません。
このように考えている指導者は、淘汰されていくでしょう!
それとも、打てるから指導できるんだという完璧主義者なのでしょうか?
指導者は、選手の可能性を広げる、競技レベルが向上するための道標を示し実践する。こ
とが求められています。

見本をみせられない場合は、どうすればいいのでしょうか?
ショットの見本は、レベルの高い選手が練習に来て、見本を見せられる技術があったら、指導
している選手に「この選手のこの技術を見なさい」と注目させる。
もう一つの方法は、現代はYou Tubeで国際大会を簡単に見ることができます。この選手のこ
の技術を見なさい、真似しなさい。と提言することも出来ます。

ショットの見本を見せれば技術を教える指導者として合格なのでしょうか?
見本を見せても出来ない選手は多いですね! 見本を見て直ぐに出来る選手は、ごく僅かで
す。
見本を見せても出来ない選手には、どうしたらいいのでしょうか?

選手に技術練習を行わせて、選手の横で言葉や身振り手振りで指導し、出来るようになれ
ばいいですね!
例え見本を見せられなくとも、こちらの方が素晴らしいと思います。

しかし、バドミントン界の最大の課題は、技術を適切な言葉で指導できる指導者が非常に少な
いということです。
バドミントン経験者であっても、技術は見て覚えた選手がほとんどです。
言葉で指導されていないから言葉で指導することが難しいのです。
また、言葉で指導されていても間違っていることも多くあります。

バドミントンと同じような球技スポーツとして、テニス、卓球などありますが、これらと比べると技
術の数は多岐に渡ります。
バドミントンは空間を利用し立体的であリ、スマッシュなどの速いショットから、ドロップやロビン
グなどゆっくり落下するショトまで緩急の差が大きな競技です。
アンダー、サイド、オーバーヘッドとストローク数が多く、ネットへ返球する、ネットからいろいろ
なショットを打つ、更にフォアハンド、バックハンドもあり他の球技では比較にならないほど技
術の要素が強い競技です。
これらの全ての技術を理解し指導できるようになるには、並大抵ではありません。

今回は、技術だけを視点にしましたが、指導者は、他にトレーニング方法・練習方法の知識と
実践、ノック技術の習得、練習計画作成、チームマネジメントなどの能力が必要です。
指導者は、指導している期間中は、自己開発のための勉強が継続して必要だと言えるでしょう!


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2015/07/02(木) 08:00:49|
  2. 方針
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<動くスピードを抑えて練習する選手 | ホーム | 試合中インターバルでのアドバイス-2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/191-5e240bf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (58)
セミナー/講習会 (88)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (36)
講義 (2)
トレーニング (9)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (8)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR