バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

ノック出し時のシャトルの持ち方

ラケットでクリアやスマッシュを打つノック出しを行うと左手から放たれるシャトル
が回転しているため、シャトルがどこへ飛んでいくのか分からない方が多くいます。
ラケットでアンダーから上にあげる球出しは出来るのですが、頭の横付近で打つクリ
アやスマッシュ、ドライブのノック出しが出来る方は少ないようです。
これでは、練習のバリエーションが増えず選手の競技力が停滞してしまう可能性があ
ります。

◆ドライブやクリアのノック出し風景
ドライブノック練習 

クリアノック練習 

右利きの方が左手で持ったシャトルを回転させずインパクトまで運ぶ技術が重要です。
そこで、今回はそれを解決する方法を提案します。
自分自身は、今まで無意識で実行しており、最近ようやく自覚しました。

◆指先でシャトルを持ってインパクトまで運ぶ方法
シャトルを指先で持ってシャトルを空中に放り出した時、先に力が入りシャトルを
回転させてしまいます。決していい方法とは言えません。
指先でシャトルを保持 

◆指の中にシャトルを置いてインパクトまで運ぶ方法
指の中にシャトルを置いてインパクトまで運ぶ方法だと指先に力が入らないため、
シャトルを空中で回転させることが少なくなります。
親指も指先にシャトルが接触しないようにしましょう。
指の中でシャトルを保持 

シャトルを放すタイミングは、左手が顔の右側に来た時に、持ったシャトルの状態を
保持したままシャトルを右方向へスライドします。
高い打点で打とうとするとシャトルを上にあげてしまうので、シャトルが回転してし
まいます。高い打点で打ちたい場合は、椅子などに乗って打ちましょう!
インパクト時は、コルクの側面もしくは、コルクの側面と羽根部分を同時に打ちま
しょう!
そうするとシャトルを正確にコントロールすることができます。

さあ、実際に試してみてください。

ノックに関連した記事及び動画を見たい場合は、左側にある「カテゴリ」の「ノック
技術」をクリックしてください。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
 以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
 You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2015/09/08(火) 10:46:40|
  2. ノック技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第2回フィーダースキルアップセミナー急募! | ホーム | 負のスパイラル【足踏みして打つ】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/201-afb8bcd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (59)
セミナー/講習会 (91)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (38)
講義 (2)
トレーニング (11)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR