バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

見よ!小3のスマッシュレシーブ

見よ!シリーズ第6弾です。今回は先日行われました神奈川県小学生育成講習会でダ
ブルスのスマッシュレシーブの練習を行った際、撮影した動画を公開します。

モデルは、小学3年生の林優太選手です。
◆林優太選手のスマッシュレシーブ


<解説>
ダブルスのスマッシュレシーブで対人のウィークポイントは、利き腕の肩関節周辺お
よびその下にきたスマッシュです。今回は、利き腕肩関節の下にきたスマッシュをド
ライブか高いロビングで返球する練習を行いましたので、その動画公開と解説を行い
ます。
・利き腕肩関節の下にきたスマッシュをフォアハンドでレシーブすると利き腕の肘が
   体側に当たり、十分にスウィングすることができません。そのエリアはバックハン
   ドでレシーブします。

・ハンドルの握りは、バックハンドグリップです。インパクト前後に親指でハンドル
 を押す・捻る動作を行いましょう。
バックハンドグルップ 

・足の位置は、ラケットを速くスウィングするために右足を半歩出して構えます。イ
   イパクト時は、右足に体重をかけましょう。

・インパクト前は、利き腕の肘もしくはラケットを手前に引き、反動動作を行いましょ
   う。遠くへ飛ばしたり、速いドライブを打つために必要な動作です。

・反動動作の代わりに、両膝を曲げて伸ばす動作【しゃがんで伸ばす動作】を行うのは
   避けましょう! 利き腕の肩関節が上下動するため、その延長にあるラケットを速く
   スウィングすることができなくなります。

・レシーブのインパクト直前に「しゃがむ」「避ける」「目をつぶる」とシャトルを当
   てることが難しくなります。

・インパクト直前に利き腕の肘は、曲げた状態から伸ばすことで、スウィングを加速さ
   せます。

・利き腕のリストを立てて(リストスタンドして)スウィングすることで、前腕回外運
   動を強めスウィングスピードを増すことができます。
リストを立てる 

・インパクト後、ラケットを振り切ったら、ラケットを元の構えまで素早く戻しましょ
   う。レシーブした球を相手前衛にプッシュされても、さらにレシーブできるようにす
   るためです。そのためにフィーダーは、動画のようにテンポを速くして球出しを行う
   必要があります。

モデルの林選手のレシーブは、上記の内容を見事に実現しています。とても素晴らしい
ですね!
皆さんも是非実施してみてください。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
 以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
 You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2015/11/26(木) 08:00:00|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<越前市Wingチーム講習会終了 | ホーム | 杉並区講習会ボランティアスタッフ急募!>>

コメント

右足を前に

初めまして、今回は飯野さんには珍しく、エビデンスのない「右足を前に」とありましたが、世界のトップ選手を見ると正面からのショットにはラケットフットを引いているように思います。動画の選手はノンラケットフットの方向からシャトルが入ってくるので、右足をを前にということでしょうか?
  1. 2015/12/12(土) 00:30:22 |
  2. URL |
  3. ジュニア指導者 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 右足を前に

> 初めまして、今回は飯野さんには珍しく、エビデンスのない「右足を前に」とありましたが、世界のトップ選手を見ると正面からのショットにはラケットフットを引いているように思います。動画の選手はノンラケットフットの方向からシャトルが入ってくるので、右足をを前にということでしょうか?

ジュニア指導者様
飯野です。記事の対するコメントありがとうございます。
返事を書く前に言葉の定義の確認をさせていただきます。ラケットフットとは、右利き選手でしたら右足ということでしょうか?
ここでは上記の定義で記載いたします。また、右利き選手をモデルとします。
世界トップ選手が行っているプレーが万人にとっていいお手本かというと、決してそうではないこともあります。確かに一部選手はそういったことを行っています。しかし、メリットという観点からするとクエッションマークがつきます。正面から来たスマッシュに対してラケットフットの右足を後方に引くと左足が前になります。従って左肩が前になり、右肩(右腕)が後ろになります。左足を前に出してスウィングするとボディ及びバック側に来たスマッシュに対して左足が邪魔になり反動動作でラケットを引く距離が短くなったり窮屈になります。必ずフォア側にスマッシュが来るということでしたら、右足を引いてフォア側を空けてスウィングしてもいいかもしれませんが、必ずとは言い切れません。また、右足を引いて打つことによって体重が左足にかけて打てるのかどうか疑問です。
そこで、原則、右足を少し前方に出してスウィングすることを私は推奨します。但し、相手選手がどんなショットを打つのかという予測によって両足の位置が違う場合があります。そして、スマッシュを打つ選手の正面ではなくクロスに構えているときは、スマッシュを打つ選手に対し正対し両足をそろえて構えることが多くあります。
  1. 2015/12/14(月) 11:20:53 |
  2. URL |
  3. 飯野佳孝 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/214-d594c5b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (59)
セミナー/講習会 (90)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (37)
講義 (2)
トレーニング (9)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (8)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR