バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

どうしたらスタミナがつくの?

今回は、前回に続いての理論編です。前々回でバドミントン競技力の概念が理解でき
たと思います。前回は、コートを速く動けるようになるための練習とトレーニングを
説明しました。今回は、スタミナについて説明します。スタミナ向上については2015
年7月9日記事「スピードを抑えて練習する選手」、2015年3月16日記事「ダブルス全
面フリーノック」、2013年11月11日記事「打ち合いの練習でスタミナを向上させるに
は?」、2013年5月11日記事「終了は選手が決める!」、2013年4月27日記事「ラン
ニング神話から目覚めよ!」などで部分的に記載してきました。今回は、それらの総
論になります。
下の図は、スタミナを向上するために練習とトレーニングの内容を示したものです。

◆バドミントンのスタミナ向上
試合時のスタミナ向上

図の中の下部分が、基礎練習です。基礎練習のうち総合練習、部分練習、ノック練習、
フットワーク練習がスタミナ向上のための専門練習になります。
総合練習・部分練習は、打ち合いの練習ですが、打つショットやコース、打つエリア
などを指定して攻撃や守備のバリエーションを増やすことが狙いです。併せてシャト
ルを数個持ちラリーが途絶えても直ぐにシャトルを出し、ラリー時間を長く続けるこ
とで試合よりも運動強度を高め、スタミナを向上します。注意点は、手持ちのシャト
ルが途絶えたら必ず休息の時間をとりましょう。休息の時間をとることで、連続運動
ではなく間欠運動になり動いている間、スピードを上げる(運動強度を上げる)こと
が可能になります。この練習は、30分間続けて打ち合うようにしましょう。

スタミナ練習は、ノック練習とフットワーク練習があります。30秒から1分30秒間コ
ートを全速で動き、動いた時間と同じ時間を休息しオールアウトまで実施します。2
名1組で交互にコートに入って練習します。総合練習・部分練習・スタミナ練習は、
中学生になってから本格的に練習を行いましょう。小学生は、ある程度追い込んで練
習する必要はありますが、オールアウトまで実施するのは避けましょう!

専門トレーニングは、低負荷高回数実施する筋持久力のトレーニングです。中学生か
ら実施します。

チャンス球を飛びついてスマッシュを打つ、ネット際の球を飛びついてプッシュする、
シングルスでやっとシャトルに触ってレシーブした体勢から急激に立ち直るなどパワ
ーの断続的な発揮は、スタミナをロスします。これを解消するために筋パワーのトレ
ーニングが必要です。このトレーニングは、最大筋力向上のトレーニングと併せて実
施することで効果が増します。高校生から実施しましょう。

ミドルパワー(乳酸系)のトレーニングは、30秒から1分30秒間最大スピードで行うコ
ート外のトレーニングです。中距離ダッシュ、坂道ダッシュ、階段の上り下りなどが
代表的なトレーニング方法です。このトレーニングも試合を意識して運動と休息の比
率を1対1にして実施しましょう。本格的に実施する時期は、中学生からです。

これらの専門練習と専門トレーニングを総合的に実施することで、バドミントンのス
タミナが向上します。

<上記の練習・トレーニングを初めて取り組む方へ>
上記の練習・トレーニングは、選手個々の現在の能力を把握して、無理のない時間・
セット数・負荷を設定してから始めましょう。そこから長い期間をかけて徐々に時間
を増やしたり、負荷を上げていくことが必要です。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2016/01/28(木) 08:00:15|
  2. 理論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<どうしたら打てるようになるの? | ホーム | どうしたら速く動けるの?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/221-88c6b465
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (58)
セミナー/講習会 (88)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (36)
講義 (2)
トレーニング (9)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (8)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR