バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

YOJ女子ダブルス決勝の感想

昨日、ヨネックスオープンジャパンの試合をテレビ観戦したので、気がついた内容を掲載します。
対象選手は、女子ダブルス決勝の内藤・松尾選手です。

 

<内藤・松尾選手の長所>

■内藤選手は長身でサウスポーからの強烈なスマッシュは相手に脅威を与えていた。バックハ
 ンドのやや高い打点で打つ時、ともすると後方へ高く上げることが一般的だが緩い球でも角度を
 意識して落としてチャンスを演出していた。

■松尾選手は前衛での読みの良さが光る。ラリー中ネットへ返球して攻撃へ転換することが出
来る選手である。また、スマッシュレシーブが手堅い。

 

<内藤・松尾選手が修正すべき点と疑問点>

■内藤・松尾選手共にロビングを打つとバックバウンダリーラインを越したアウトが多くあった。
解説者は風があると言っていたが相手選手は特に目立ったアウトがなかったので果たしてそう
なのだろうか? それとも技術的な問題なのだろうか? 相手の速いスマッシュを恐れてバック
ラインギリギリを狙いアウトを重ねたのだろうか?

 

■内藤選手がスマッシュレシーブで後方まで高く返球する以外は、体が横に少し流れて打つの
でエラーが多く発生していた。また、顔付近にくるドライブやスマッシュは顔をラケットに近づけて
打つのでエラーが発生していた。

エラーする理由:レシーブするためには「目」でシャトルを捕えるが、レシーブする瞬間に体が横
に流れるため視線も急に横に動きシャトルをとらえる感覚がズレるためエラーするのだ。

 

■内藤選手が後衛、松尾選手が前衛で、内藤選手のところに高く上がってスマッシュを打とうと
する際、松尾選手も一緒になって少し後方へ移動し内藤選手がスマッシュを打とうとするとネット
前に移動する。無駄な動きのように見えるが、リズムを作るためにそうしているのだろうか? 

 

■2名共後方まで高いロビングを打つ際、足の着地とほぼ同時にスウィングするので長短のコン
トロールに難がある。足を着地した後に少し間をおいてロビングを打てば速く元のポジションに
戻れるが、足の着地と同時にロビングを打つと戻りが遅くなり、次の速い攻めに対して対応が遅
れる。

もう少し詳しく説明すると、プッシュやネット前で高い打点でとらえ後方へ低く速いロビングを打つ
場合は、ネットに飛び込んだり、速いタッチが求められる。しかし、膝付近の打点で十分な体勢で
ロビングを打つ際は、相手選手の体勢が崩れていないため急いでロビングを上げる必要はない
のだ。
それよりは、足を着地し十分に間を置いてロビングを打つと相手は一旦足を止める必要が
ある。足を止めると動き始めるのに時間がかかるしエネルギーを必要とする。自転車に乗ってい
て赤信号で止まると動き始めが遅くなるしペダルを漕ぐのにエネルギーを必要とするのと同じで
ある。

何回か間をおいてロビングを打たれると相手にとっては「打たされている」という感覚になる。

以上

 

日本のトップレベルの選手を題材にして説明したが、ジュニア選手や一般の選手も考えは一緒な
ので是非参考としてもらえば幸いである。

内藤選手、松尾選手の今後の活躍を期待しています。

 

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリック

スポンサーサイト

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/09/24(月) 23:00:00|
  2. 戦法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<方針 あるべき姿 | ホーム | 練習中は声を出せ!?>>

コメント

もう一度見直してみます

 後衛にシャトルが上ったとき前衛の私も一緒に下がり、打った瞬間1歩前に出ますが、無駄な動きなんでしょうか?リズムを取っているといえば確かにそうですが。
 ロビングの打ち方はすごく参考になりました。
 もう一度、このことを意識してゲームを見直します。
  1. 2012/09/26(水) 23:37:05 |
  2. URL |
  3. kyororin55 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/23-0b787273
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (62)
セミナー/講習会 (93)
フットワーク (9)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (38)
講義 (2)
トレーニング (12)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR