バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

フットワーク重力法【動画と解説】

読者で高校生のMさんから以下の質問がありましたので、ブログで回答します。
「対戦相手がドロップを打つと予測したのですが、逆を突かれてドリブンクリアを打
たれ、触るに精一杯でした。どうしたらシャトルの下に速く行けるのでしょうか?」

<回答>
コート内を速く移動するためには、足をいろいろな方向へ素早く動かす=フットワー
クを速くすることが必要なことは、理解していると思います。
他に、
◎動き始めに床を蹴って、動き出しを速くする
◎打った後、立ち直りや方向転換を速くする
◎戦相手のショットを予測する
ことも非常に重要です。
そして、フットワークの基盤になっている「重力法」「筋力&筋パワーの必要性」を
理解する必要があります。

理解するために、2015年4月13日公開記事「フォア奥の足の入れ替え」でスピード練
習の動画の一部を超スローモーションにしました。動画の場面毎に皆さんと一緒に見
てみましょう! モデルは、小学生男子選手です。(撮影当時)


◆重力法を使ったフォア奥への移動とダイナミイクな筋活動


◆バック前の方向転換
バック前の椅子をタッチしてからフォア奥へ方向転換する際、両膝を曲げ両膝が床と
平行に近い角度にした状態から、左足を出してフォア奥方向に移動しています。この
ように素早い方向転換を行ったり、逆を突かれても切り替えを速くするためには、重
心を動く方向へ外し、重力の作用によって動く方向へ素早く足が出るようにします。
この動作を「重力法」と言います。
さて、この重力法は、どのようにしたら獲得することができるのでしょうか?
キーワードは「動くスピード」です。
ノックやフットワークでコート内を速く動くスピード練習や、速く動いて長く続ける
スタミナ練習を実施することで獲得することが可能になります。
ゆっくり動く練習を行っても獲得できません!
また、バドミントンの動きで行った方がいいですね!
そして、素早く両膝を曲げ⇒伸ばすためには、太ももの前や裏側の筋力や筋パワーが
必要だということが分かります。

◆フォア奥への移動
次にフォア奥へ移動するときの動作を見てみましょう!
両膝を少し曲げた状態を保持しながら、つま先立ちで床を強く蹴ってタッピングで移
動しています。その後、右足で床を強く蹴ってフォア奥へジャンプしています。着地
は両足そろっていますが、右足から着地してもいいでしょう!
つま先立ちで両足を少し曲げながら移動する、右足で床を蹴ってフォア奥へジャンプ
するなど、ここでもふくらはぎや太ももの筋力や筋パワーの必要性が理解できます。
また、上半身を固定して移動するためには、腹筋群や背筋群の筋力も必要です。

<質問の具体的な回答>
対戦相手がドロップを打つと予測したのですが、逆を突かれてドリブンクリアを打た
れ、触るに精一杯でした。に対して、スピード練習やスタミナ練習を行っていないの
で重力法が発現しなかったかもしれません。また、筋力トレーニングを実施していな
いため、逆を突かれた際、両膝を素早く曲げる⇒伸ばす動作を行えなかったかもしれ
ません。

<年齢別の筋力トレーニング>
筋力トレーニングは、いつ頃から始めたらいいのでしょうか?
小学生は、筋力トレーニングを実施しても、成人ほど効果を期待することはできませ
ん。負荷が高かったり、無理なフォームで実施すると障害が発生する可能性が高まり
ます。実施したいのであれば、高学年になってから、正しいフォームで低負荷で無理
のない回数で行いましょう。
中学生を対象に講習会を実施すると、筋力トレーニングを全く実施していない選手が
多いことに驚かされます。低負荷高回数の筋持久力のトレーニングを実施しましょう。
高校生になったら本格的に高負荷低回数の最大筋力向上のトレーニングと、筋パワー
向上のトレーニングを実施して行きましょう! 

<飯野コメント>
バドミントンの一瞬の動作を、超スローモーションで見ると、バドミントンのコート
内の移動動作は、まさに筋肉のダイナミックな活動そのものだと理解できますね!
そういう観点から見ると中学生以上の指導者と選手は、筋力トレーニングを強く意識
して実施する必要があると思います。心肺機能を向上するトレーニングは行っていま
すが、片手落ちのように感じます。
人間を車に例えると、車のエンジン部分は、人間でいうと筋肉に当たります。筋肉
(エンジン)を高性能にするトレーニングを行いましょう!

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

スポンサーサイト
  1. 2016/04/28(木) 08:00:00|
  2. フットワーク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<野の花クラブ・ハートの講習会終了 | ホーム | ワイパープッシュのローテーション技術練習【動画と解説】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/234-9b682392
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (59)
セミナー/講習会 (91)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (38)
講義 (2)
トレーニング (10)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR