バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

方針 あるべき姿

M高校のバドミントンクラブに新任の先生が入ってきてクラブの監督として練習を見ることに
なった。クラブの中には転向生のM選手とK選手がいて競技レベルが高く練習熱心である。
今年、入部してきた6名の選手は競技経験がない選手である。新入部員達は苦しい練習は
嫌いでラリーは続かないがゲーム試合を好んでやりたがる。一方、M選手とK選手は強くな
りたいのでハードな練習をやりたがっている。

練習日は週3日、3コート、1日1時間30分の練習時間、部員は計20名である。

新監督は学校の行事が忙しく、なかなか練習に出てこれない状況が続いている。

ある日、新入部員達とM選手&K選手間で練習方法について意見の衝突があり険悪な雰
囲気が続いている。

新入部員は、バドミントンを遊びの延長ととらえ、M選手とK選手は体育会系で強くなりたい
のだから衝突は当然である。

この件を発端として一部の部員が退部する可能性が出てきているので、早急に解決したい。

現在、練習方法についてはまだ結論は出ていないが、衝突する前にやり方があったのでは
ないかと考える。解決できるのは新監督しかいないと思うが・・・。


もし、あなたがこのM高校の新監督だったらどうやって解決しますか?

私と一緒に解決の道筋を考えてみましょう!

 

問題の根本は、M高校バドミントン部が「どうあるべきか」をだれも示すことができな
かった
ことです。そこで以下の道筋で解決を図りたいと考えます。

1.もし、学校側から部費が出ているのなら学校側に運動部やバドミントン部のビジョン
  (将来の構想・展望)を確認する。


2.学校側にビジョンがあれば内容を尊重しバドミントン部の方針を作成する。

  (方針:めざす方向。物事や計画を実行する上の、およその方向)

 方針作成で重要なポイントは、チームの「あるべき姿」を示すことです

 内容は、チームの方向性(バドミントンを通じ成長を促すのか競技重視か、または双方か等)。
 目標とする成績。チームとして必要な要件。選手としてのあるべき姿などです。

 何か問題が発生した時は、作成した方針がガイドラインとなって、解決するための方向性を
 示すものとなっていることが必要です。


 

3.チームの規則を作成する。

 人が集まる集団やチームには規則が不可欠です。監督・キャプテン・マネジャーなどの役割、
 部費徴収と部費の使用目的、練習や試合に関する内容、日々の体調管理のあり方、団体
 戦でチームの代表選手となるための基準、場合によっては罰則規定を織り込む必要がある
 かもしれません。


4.次に練習計画が必要です。周期別、週間、1日の代表的な練習・トレーニング内容を作
  成しましょう。


5.最後は、ビジョン、方針、規則、練習計画を部員に説明し、部員とのコンセンサス(合意)
  が必要です。

 

さて、M高校バドミントン部の新監督と選手達は、問題を解決して楽しい学校生活とバドミン
トン生活を送れるのでしょうか?

 

皆さんのチームもいつ何時いろいろな問題が発生する可能性があります。今回の内容を
参考にして方針などを作成してみては如何でしょうか?

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリック

スポンサーサイト

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/10/01(月) 00:00:00|
  2. 方針
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジュニア選手の落とし穴 | ホーム | YOJ女子ダブルス決勝の感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/24-fe7b56ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (58)
セミナー/講習会 (88)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (36)
講義 (2)
トレーニング (9)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (8)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR