バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

ダブルスレシーブ時の足の位置【質問】

以下の質問がありましたので、ブログで回答します。
<質問>
ダブルスのレシーブで構えるとき、足の位置はどうしたらいいでしょうか?

<回答>
右利き選手をモデルにして回答します。
さて、速いスマッシュやスマッシュと見せかけたドロップ、クリアに対応するための、
最適な両足の位置を探ってみたいと思います。

1. 両足を前後にして構える
両足を前後にして構えると、体の正面に打たれたスマッシュに対しては、体重を前方
にかけ易くなるため、速いドライブやコート後方まで高いロビングで返球しやすくな
ります。しかし、体の左右の少し離れたエリアへ打たれたスマッシュに対しては、左
側にきたら左足、右側にきたら右足へと体重を乗せて打ったり、左右へ一歩足を出し
て打つこと難しくなります。スマッシュと見せかけて打たれたドロップやクリアに対
しては、両足で床を蹴りづらくなるため反応が遅れることが多くなるでしょう。
必ず体の正面にスマッシュがくると予測できればいい方法です。

左右前後 

2. 両足を左右平行にして構える
両足を左右平行にして構えると、体のサイドに来たスマッシュに対しては、左右の足
に体重を乗せて打ったり、左右へ一歩足を出して打つこと容易になります。しかし、
両足を左右平行にした状態でスマッシュレシーブすると体重を前にかけづらいため、
速いドライブレシーブやコート後方まで高いロビングで返球することが出来なくなり
ます。スマッシュを打たれたら右足を出して体重を右足にかけて打つ方法もあります。
しかし、対戦相手のスマッシュが速くなるにつれてシャトルを当てることに注意が向
くため右足を出すことが疎かになります。特にジャンプスマッシュを打たれると、そ
の間、相手を見るため両足が止まり、スマッシュを打たれてから右足を出すことがで
きなくなります。それに代わりに、両足を平行にしたまま前傾姿勢をとってレシーブ
 することが最低限求められます。
スマッシュと見せかけて打たれたドロップやクリアに対しては、両足で床が蹴りやす
いため、右足を大きく前に出して構える方法よりは反応は速くなるでしょう。
体の左右へきたスマッシュ、ドロップ、クリアに対しては、対応がしやすいが、速い
ドライブレシーブや高いロビングでコート後方まで返球するのは、難しいと言えるで
しょう。

左右平行 

3. 右足を少し前にして構える
上記の両足を前後にして構える、両足を平行にして構える方法は、それぞれ長所と短
所があります。それをできる限り解消するのが、右足を少し前にして構える方法です。
前後、左右の動きや体重移動も比較的容易にできるためお勧めします。

右足少し前 

以前、世界のトップレベルの一部男子選手は、右利きだが左足を出してスマッシュレ
シーブをしているが、どうでしょうか? とのコメントを頂きました。今回この件に
関連しているため、この場で回答します。
世界トップ選手が行っているプレーが万人にとっていいお手本かというと、決してそ
うではないこともあります。正面から来たスマッシュに対して左足を出してレシーブ
すると左肩が前になり、右肩(右腕)が後ろになります。左足を前に出してスウィン
グするとボディ及びバック側に来たスマッシュに対して左足が邪魔になりラケットが
接触したり、反動動作でラケットを引く距離が短くなるため速い返球ができなくなり
ます。必ず体の右側にスマッシュが来るということでしたら、右足を引いてフォア側
を空けてスウィングしてもいいかもしれませんが、必ずフォア側にスマッシュが来る
とは限りません。そこで、原則、右利き選手は、右足を少し前に出してスウィングす
ることを私は推奨します。


上記が原則ですが、相手選手がどんなショットを打つのかという予測によって両足の
位置が変わってくる場合がありますので、臨機応変に対応する必要もあります。

さて、これらのことを参考にして、試合で対戦相手のレシーブ時の両足の位置を確認
してみましょう! 狙いが絞れるかもしれませんね!

――――――――――――――――――――――――――――――――

<第3回フィーダースキルアップセミナー募集中>
詳しくは、5月13日公開の記事をご覧ください。

<2016サマーキャンプ参加選手&指導者募集中>
詳しくは、6月7日公開の記事をご覧ください。

---------------------------------------------------------------------------------------

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2016/06/13(月) 08:00:21|
  2. 理論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ウォーミングアップ不足【質問】 | ホーム | 2016サマーキャンプ募集開始>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/241-23124134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (59)
セミナー/講習会 (91)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (38)
講義 (2)
トレーニング (11)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR