バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

タメを作る?【質問】

以下の質問が読者のHさんからありましたのでブログで回答します。

<質問>
先日、BSフジのテレビ番組「アキレアの橋~2020遥かなる東京へ~」を見ました。
リオオリンピック女子シングルスに出場する奥原選手と山口選手を取り上げ、強さの
秘密を探るという内容でした。その中で小椋さんと柔道の野村さんが対談した内容で、
小椋さんは、一般的な女子選手は、スマッシュを打つ際、ワン・ツー?で打つが、山
口選手は、「タメを作って打つので相手はレシーブしづらい」というような話があり
ました。正確な表現は少し忘れてしまいましたが・・・。抽象的な説明だったのでよ
くわかりませんでした。娘がバドミントンをしているので気になっています。どうい
ったことでしょうか?

<回答>
殆どの女子選手は、両足を入れ替えると同時にスウィングして打ちます。決して最適
な打ち方とは言えません。ところが、山口選手は、運動連鎖をうまく使い最大スピー
ドでラケットをスウィングしています。運動連鎖の目的は、ラケットをスウィングす
るための動力源である運動エネルギーを足で発生させて上半身⇒腕⇒ラケットへと増
大させて伝え最大スピードでスウィングできるようにすることです。従って足で運動
エネルギーを発生させてからインパクトまで、時間がかかります。1~2秒前後かも
しれませんが、これを「タメを作る」という言葉で表現したのでしょう。

運動連鎖に関するブログ記事は、2013年3月30日公開「見よ!小1のスマッシュ」
2014年4月7日公開「見よ!カッキーのハイバッククリア」に記載しています。

冒頭に戻りますが、一般の女子選手は、空中で足の入れ替えと同時にスウィングする
ため、運動エネルギーを増大する前にシャトルを打ってしまいます。結果、自身の最
大スピードでラケットをスウィングすることが出来ていないのです。

山口選手は、スマッシュやクリアなどでスウィングを開始する時のラケットと肘の位
置、肘の後方への引き方、ストロークも参考になります。You Tubeなどで確認してみ
ましょう!


――――――――――――――――――――――――――――――――

<第3回フィーダースキルアップセミナー募集終了!
応募は締め切りました。総勢107名で実施します。

<2016サマーキャンプ参加選手&指導者募集中>
詳しくは、6月7日公開の記事をご覧ください。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2016/07/04(月) 08:00:01|
  2. 理論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フィーダースキルアップセミナー終了 | ホーム | ノックによるダブルスシュマッシュレシーブ練習-その2【動画と解説】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/244-23990538
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (58)
セミナー/講習会 (89)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (36)
講義 (2)
トレーニング (9)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (8)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR