バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

宇陀強化講習会終了

8月6日(土)・7日(日)に奈良県宇陀市で強化講習会が開催され講師として参加し
ました。2日間共、気温36度の高温でしたが体育館内の風通しをよくして、水分補給
に気を付け無事に終了しました。参加された皆さまお疲れ様でした。

◆参加者の皆さん
宇陀強化講習会 

◆講習会タイムスケジュール ←クリックすると見ることができます

<飯野コメント>
今回初めて参加された選手(チーム)を観察すると、打点を最優先して打っているよ
うです。例えば、ネット前でクロスネットやスピンネット、ロビングを打つ際、右利
き選手は、右足踵を着地してからシャトルを打つことで、シャトルのコントロールが
向上しますが、右足を着地するとほぼ同時にシャトルを打ちます。恐らく「打点を高
くして打て」「上で打て」など打点を最優先した指導がなされていると推測します。
右足踵を着地することで土台が安定し、ストロークが安定します。
右足を着地した後、シャトルを打つことで打点が数センチ下がる場合がありますが、
数センチ打点が下がることでラリー展開が不利になるのでしょうか?
打点を最優先してシャトルを最上で捉えてもエラーしては元も子もなくなります。技
術を発揮する技術局面での目的は、正確に相手コートに入れる、狙ったコース・エリ
アに正確に打つことです。
打点の高低は、移動局面で決定されます。技術局面では、正確なショットを打つこと
が求められます。それぞれの局面で求められることを理解して練習しましょう!


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2016/08/08(月) 15:24:58|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<宇陀強化講習会主催者側感想 | ホーム | 2016サマーキャンプカリキュラム公開>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/248-ec069337
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (62)
セミナー/講習会 (93)
フットワーク (9)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (38)
講義 (2)
トレーニング (13)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR