バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

どの局面で何を打ったらいいでしょうか?【質問】

男子社会人M選手から、シングルスの試合のいろいろな局面でどのショットを打っ
たら、一番効果的になるのでしょうか?」
という質問がありましたのでブログでも回
答します。

<回答>
この質問に対して、回答する対象の選手は、中級レベル以上の選手です。初級レベル
ですとシャトルにラケットを当てるのが精いっぱいであり、いろいろなショットを打
てる段階ではないからです。
それでは、戦法を含めいろいろな視点から考えてみましょう!

1.ラリー中は、返球するショット、コースが限定される
例えばネット際に落とされたドロップやヘアピンに対して、腕とラケットを大きく伸
ばし、やっとシャトルにラケットを当てることが出来た場合は、ラケットを大きくス
ウィングすることが出来ないため、ネット前に返球することがやっとになります。ま
た、フォア奥で右利き選手が右足を大きく出してやっとシャトルを打った場合、腕が
伸びているのでストレート方向にドロップで返球するしかありません。サイドライン
際にスマッシュやカット、ドロップを打たれたら、これも腕が伸びきっているためシ
ャトルを当てるのがやっとでストレートのネット前しか返球することができません。
このように十分な体勢で打つ以外は、打つショットやコースが限定されることが多く
あります。また、予測を外され返球するのが精いっぱいになる場面も、打つコースや
ショットを多くの中から選ぶことはできません。
十分な体勢で打ったとしても返球するショットとコースが限定されることも多くあり
ます。例えば、相手が打ったヘアピンがネット際に落とされ、ネット際に垂直に落下
してきた場合は、腰や胸付近の打点でシャトルをとらえても打つショットの選択肢は
限られます。ストレートとクロス方向へのネットショット、左右などへ打ち分ける高
いロビングです。
このようにいろいろなショットを打ちたくとも、打てない場面が多くあります。
バドミントンは、対戦相手と自身とで打つショット、コースを限定し合い、ラリーを
有利に進める競技といってもいいかもしれません。

2.対戦相手の弱点を攻める、対戦相手が返球するショットを読んで攻撃する
十分な体勢でいろいろなショットが打てる場面では、対戦相手の弱点を攻めます。例
えば、フォア前にドロップを打つとノータッチにすることが出来る、やっとシャトル
に触るなどが分かれば、そこを集中的に攻めます。スマッシュやカットを打つと技術
的な問題でネットに返球できない選手がいれば、スマッシュやカットを打ってネット
前に移動せず、後方に返球されるショットに対して攻撃を仕掛けます。

3.相手コートの空いているスペースを攻める、その逆を攻める
対戦相手をバック奥に追いやるクリアを打ち、対角線であるフォア奥へカットやドロ
ップを打つことは多くあります。相手を4隅の一角に動かし、次に大きく空いたスペ
ースを突くことは基本的な戦法です。これは、対戦相手を大きく動かすためスタミナ
のロスも誘います。しかし、レベルの高い選手と対戦すると、オープンスペースに返
球したショットを狙って、カウンター攻撃される場合もあるので、注意が必要です。
そこで、上記の逆を突いてバック奥⇒フォア前と見せかけて、バック奥⇒フォア奥へ
クリアを打つ、などを行います。

4.リピートショットを打つ
シングルスの試合では、ショットを打った後、このエリアへほぼ返球されると予想し
直線的に移動する以外は、ホームポジション付近に戻ります。その特性を利用して相
手が打ったエリアへ、再度タイミングを図り打ちます。これをリピートショットと言
います。リピートショットを打つと、リピートショットを強く意識するため、次に対
角線など空いているスペースを突くと効果が増すことが多くあります。また、タイミ
ングを図ってリピートショットを打つと、多少甘いショットでもカウンターで攻撃さ
れることは余りありません。

5.相手の攻撃パターン、レシーブのパターンを読む
対戦相手のフォア奥、バック奥、ネット前左右からの攻撃・返球パターンや、レシー
ブに回ったときのパターンを読み、次にどこへ打ったらいいのか、返球したらいいの
か考える必要があります。

6.いろいろなショットを打って反応時間を遅らせる
対戦相手のレベルが高くなると、簡単にエラーしないので、攻めどころに困る場合が
あります。そうすると、いろいろなショットを打って、対戦相手側からみてショット
とコースの選択肢を増やします。スマッシュを打つにしても両サイド、ボディー、そ
れに加え高低をつけて打ってみてください。対戦相手は、選択肢が増えたので「反応
時間」が遅くなり、エラーする可能性が高くなります。

◆試合中瞬間、瞬間考えて打っているのでしょうか?
試合中に選手は、ショットを打つ前に瞬間考えて打っているのでしょうか? 対戦相
手が自分よりレベルが随分と低ければ可能かもしれません。拮抗している相手や、自
分よりレベルが高い選手に対しては試合中瞬間、瞬間考えてショットを打つことはで
きません。練習で行ってきた攻撃や守備のパターン、返球パターンを試合で再現する

しかありません。自動化されているパターンを繰り返しているといってもいいでしょ
う。
しかし、自身の競技レベルが高ければ、事前に対戦相手の攻撃と守備のパターンを確
認し、対策をイメージしておくことは可能です。
練習でやってきたことが試合で再現されることを考えると、普段の練習内容を工夫す
る必要があります。普段よくやるのが試合です。時間があったら試合を行っています。
試合の代わりに打つコース、ショットを限定した打ち合いの練習を行っては如何でし
ょうか? ノックもただ動いているだけではなく、打つショットやコースを限定して
練習しては如何でしょうか?  
そうすると試合中、フッと我に返り打つショットやコースを変更することが可能にな
ります。


◆バドミントン競技の定義
対戦相手の競技レベルが高まるにつれて、守備範囲が広がりエラーが減少します。相
手の弱点を攻めたつもりが、返球されるということが頻繁に起こってきます。相手が
なかなかエラーしないので、ライン際を狙って打ったショットをアウトにしてしまっ
た。ネットもギリギリを狙って引っ掛けてしまった。ということが起きてきます。ま
た、対戦相手のショットが厳しいところに打ってくるため、それを少しでも避けよう
と、こちらがラインギリギリを狙って無理なショットを打とうとします。それがエラ
ーに繋がります。これは、対戦相手にも言えることです。
そこで、廣田彰宮崎大学名誉教授と作成した「バドミントン教本基本編」内で、バド
ミントン競技の定義を「いろいろなストロークを正確に、かつ攻撃的に継続して打つ
ことによって、対戦相手にエラーさせるように仕向ける競技」
としました。
攻撃的とは、返球するショットやコースが限定されていても、そのショットを正確に
返球していれば相手にプレッシャーを与えるショットになります。高いロビングでし
か返球できなくともバックバウンダリーライン近くまで正確に返球できれば、相手は
プレッシャーを受けます。フォア奥から腕を伸ばしストレート方向にドロップでつな
いでも、正確なショットなら相手にプレッシャーを与えることができます。


<質問-2>
ネット前でラケットを立ててクロスネットを打つことがでます。他にもストレートに
スピンネット、ラケットを立てて後方両サイドにロビングを打つことができます。さ
て、どのショットを打ったら効果的になるのでしょうか?

<回答-2>
どのショットを打ったら最も効果的になるのかは、対戦相手によって異なります。最
初に正確に打てて得意なショットを打ってみてください。クロスネットが得意なよう
なのでクロスネットとしましょう。クロスネットを打って対戦相手の様子を見ましょ
う。そして、効果的だと思ったら、打てる場面でクロスネットを繰り返し打ちます。
効果的とは、ノータッチさせたり、やっととらせたり、返球コースや返球ショットを
限定させることを言います。次に、クロスネットを打つと見せかけ別のショットを打
ってみてください。それによって対戦相手を混乱させることができます。その結果、
対戦相手のエラーが増えていくでしょう。

<総括>
どの局面で何を打ったらいいのか? それは、対戦相手の技術、コート内移動スピー
ド、スタミナ、攻撃と守備のパターンなどの戦法によって決まります。しかし、打つ
ショットを決めたとしてもM選手が、そこへ打てる技術(エラーが多い)がない、速
くコートを移動できないので十分な体勢で打つことができない、スタミナがないので
3ゲーム目になると返球するのが精いっぱいになる等になると、打ちたいショットを
打つことができません。
対戦相手とM選手との総合的な競技力の対比をベースとしたラリーの局面から、打つ
ショットが決まる。と言ってもいいでしょう。
試合中は、あまり考えすぎずに打つことが重要です。対戦相手に応じて、こう来たら
ここへ打つ、ここからこのショットを打つ、というように1つに絞ることが非常に重
要です



にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2016/09/05(月) 08:00:24|
  2. 戦法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<祝You Tubeチャンネル登録者1,000人超 | ホーム | 2016サマーキャンプ終了&2017スプリングキャンプ案内>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/252-ba96bea2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (57)
セミナー/講習会 (87)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (35)
講義 (2)
トレーニング (9)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (8)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR