バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

2nd野の花クラブ・ハート講習会終了

9月17日(土)神奈川県川崎市にある「野の花クラブ・ハート」主催の講習会に講師
として参加しました。今年度の講習会は2回目ですので選手・指導者共講習の流れを
理解しており効率よく進めることができました。選手&指導者の皆さんお疲れ様でし
た。

さて、これまで各地で数多くの講習会を開催してきましたが、今まで気が付いた内容
やお願いしておきたい内容を記載します。

◎技術練習の説明時に説明通りラケットを振ると習得が早くなる
講習会の内容は技術練習を多く行いますし、主催者側の要望も技術練習が多くを占め
ます。技術練習では、最初に私が技術のポイントを説明します。説明では、グリップ、
腕の各部位の動かし方、ラケットの軌道、体の各部位の動かし方もしくは全く動かな
さいなどを説明し、具体的に打ってみせます。その時に選手自身も実際にラケットを
一緒にスウィングしてみると習得が早くなります。説明を聞いてだけですと理解して
いるつもりが、実際にシャトルを打ってみると、どうスウィングするのか分からない
選手が多くいます。説明している間に一緒にスウィングしてみましょう。習得の早さ
が格段と違ってきます。出来たら指導者も同じようにラケットを振って頂くと理解が
深まると思います。

◎指導者の球出し
講習会で気になるのが、指導者の球出しです。技術練習では、打ちやすいところにシ
ャトルを手で投げたり、ラケットを使って球出しを行います。その球出しが不安定だ
ったり打ちにくいところにシャトルが来ると技術の習得が難しくなります。選手は、
正しいスウィングをしようと集中しているのに、シャトルがそこに来ないと集中でき
ないためです。
ここでは、選手にスマッシュやクリアを打たせるためにラケットを使ってロングハイ
サービスのように下から上に球出しを行う方法について気になったことを説明します。
指導者の中には、シャトルを打った後、ラケットを止める方がいます。打ち終えたシ
ャトルの軌道を見ると短かったりコースが不安定だったりします。インパクトの後、
ラケットを止められるということは、インパクト時に既にラケットのスウィングを減
速しているから出来ることです。これでは、相手コート後方までシャトルが届きませ
ん。ラケットをしっかり振り切って飛距離を出しましょう。ラケットを振り切りフォ
ロースルーを十分とることでシャトルのコントロールもよくなります。また、ラケッ
トをインパクト後止める方の多くが、ラケットを振る腕の肘を後方へ引いていません。
利き腕の肘を後方に引き、テイクバックを大きくとりましょう。そうするとラケット
が動く軌道が長くなりシャトルの飛距離が出るし、コントロールもよくなります。肘
を引いて肘を出すことが難しいようでしたら、肘を最初から後方に引いておいて、そ
こからスウィングを開始してもいいでしょう! コンパクトにスウィングするとシャ
トルを遠くへ飛ばすことができません。スマッシュやクリアの技術も同様です。
バドミントンの経験のない指導者にとって正確な球出しは難しいことは分かります。
しかし、選手も新しい技術を習得しようと頑張っています。お互いの努力でいい成果
が得られるようにしたいものです。

◎「難しい」のコメントは避けましょう
技術練習では、講習時間にもよりますが多くの技術を練習します。選手にとっては初
めてトライする技術であって難しいかもしれません。そこで指導者も同調して「難し
い」と発言される方が一部います。選手の立場からすると一段と高い壁が作られたよ
うな気持ちになります。指導者は、選手を後押しする立場ですので前向きな気持ちに
なるような発言をお願いします。難しいと感じるのは、その技術を練習したことがな
いからです。正しい打ち方で練習を繰り返せば出来るようなります。

◎ポイントを復唱してインプットする
技術練習や動いて打つ練習、フットワーク練習を行いますが、練習する前にポイント
をいくつか説明してから実施します。指導者は、実施する練習が100%達成されるよ
う選手を観察する必要があります。また、指導ポイントを理解し覚える必要もありま
す。熱心な方は、すぐメモする人がいます。もう一つ実行して欲しいことは、練習中
に指導ポイントを選手毎にチェックし復唱することです。何回も復唱することで頭の
中に深くインプットしましょう!


指導者に対する要望が多くなりました。普段チームの練習を指導するのは、指導者で
すので講習会をいい機会と捉え、レベルアップされることを期待します。

--------------------------------------------------------------------------------------------------
<お知らせ>
 指導者レベルアップ講習会&フィーダースキルアップセミナー募集中
 内容詳細は、9月18日公開のブログ記事をご覧ください。
--------------------------------------------------------------------------------------------------

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2016/09/26(月) 08:00:02|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<レシーブのクイックネストレーニング【動画と解説】 | ホーム | 岐阜県可児BC講習会(講義)参加者募集>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/256-87e96520
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (55)
セミナー/講習会 (85)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (35)
講義 (2)
トレーニング (9)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (8)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR