バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

ドロップをネット際に返球する技術【動画と解説】

1月7日(土)神奈川県川崎市にある野の花クラブ・ハート主催講習会の第4回目が終
了しました。皆さん非常に熱心に受講していただきました。
今回は、サイドのスピンネット、クロスネット、高いロビング、低く速いロビング、
ドロップのレシーブなどネットにからむ技術練習を中心に行い、スピード練習、ノッ
ク練習も加えて行いました。
スピンネットやクロスネット、ロビングは、止まってその場で練習すると上手くなっ
て行くのですが、動きを入れて打つとショットのコントロールが非常に不安定になり
ます。ネット前で右足の着地(右利きの選手)と同時にインパクトするからです。講
習会の短時間では、全員改善することはできませんでしたので、クラブの練習時に繰
り返し練習し改善して欲しいものです。
それと最も改善を必要とするのが、相手にドロップを打たれて、ネット際に返球する
技術です。ほとんどの選手がコントロールよく返球することができません。試合でド
ロップを打ってネット際に返球できない選手と対戦すると、ドロップを打って上がっ
てくるのを待つ戦法をとることができます。ネット際に返球できない、エラーが多い
わけですから試合では、不安になり使うことができないことが心理として働くからで
す。
当講習会に限らず全国的に最も苦手な技術の1つと言ってもいいかもしれません。

そこで、今回は、ドロップをネット際に返球するショットを動画を交えて解説したい
と思います。


<解説>
相手が打ったドロップを弾いて返球するとコントロールが不安定になります。うまく
コントロールできない選手は、テイクバック動作や反動動作を使うからです。
「テイクバック動作:シャトルとラケットが当たる瞬間をインパクトと言います。ラ
ケットのスウィング開始からインパクトまでの間をテイクバックといいます。ラケッ
トを加速し飛距離を出す、スピードのあるショットを打つ際に十分なテイクバック動
作が必要です。
反動動作:人が大きくジャンプするとき、ジャンプする方向とは逆方向に沈み込む反
動を使ってジャンプします。また、ボクシングでは、パンチを打つ方向とは逆方向に
腕を引き、その反動で強いパンチを打ちます。スポーツの場面で多く見ることができ
ます。パワーを発揮する方向とは逆方向に反動をつけることを反動動作といいます。
反動動作は、テイクバック動作と同じくラケットを加速するという目的ですが、より
リアルで分かりやすいため講習会では、技術内容により反動動作という言葉を使いま
す。」

相手が打ったドロップをネット際へ返球する技術は、
ラケット面(打球面)をインパクトするであろう地点に素早く置く。

スウィング開始では、ラケット面(打球面)が床とほぼ平行となっていること

グリップは、ハンドルに親指を立てたバックハンドグリップの方が打ちやすいの
     で、試してみてください。

テイクバック動作と反動動作は行わない。右足を着地後、インパクトすること。

インパクトからフォロースルーにかけて、肩関節を始点にし、腕とラケットを押
     し上げる。その際の選手自身の意識としては、肘を押し上げる意識を持つこと。

同時に前腕を長い距離の中で回内する(右利き選手のフォアサイドの返球時、バ
     ックサイドは前腕回外を行う)
     インパクト後に肘関節や手関節を曲げて飛距離を出そうとしてはいけない。飛距
  離を出すには、利き腕の肘を押し上げる、体を前方に押し出すことで得ることが
    できます。前腕回内や回外運動は、肘関節の運動であって、手関節の運動ではあ
     りませんので「手首を使う」という表現は、この技術では適切ではありません。

上手くできない選手のほとんどは、インパクト前にラケットを少し引く動作(テイク
バック動作、反動動作)を行います。シャトルを弾くためシャトルをコントロールす
ることが非常に難しくなります。

◆相手が打ったドロップをネット際へ返球



動画の内容はどうでしたか?
非常にうまいですね! 皆さんも是非練習してみてください。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<小・中学生のためのスプリングキャンプ参加者募集中>
詳しくは、2016年12月28日公開ブログ記事をご覧ください。
大人気の講習会のため、申込は早めにお願いします。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2017/01/09(月) 08:00:48|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<同じ練習を長い時間できる?【質問】 | ホーム | 2017年3月小・中学生のためのスプリングキャンプ募集開始>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/269-1246c11e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (55)
セミナー/講習会 (85)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (35)
講義 (2)
トレーニング (9)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (8)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR