バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

テイクバックを考える【コメントに対する回答】

You Tubeにスマッシュを打っている動画を何点か挙げていますが、その動画を見て幾
つかコメントがありました。
女性で利き腕の肘を下げてスウィングしているのでよくない。
肘を下げてストロークを開始して打っているので、そのまま飛びつてスマッシュを打
 つと振り遅れてしまう。などです。

いろいろな意見があることは悪いことではないのですが、誤解したまま考え方が引き継
がれることは決してよくないと考えます。
そこで、スマッシュの打ち方を再度説明しますが、今回はスウィングの開始からラケッ
トがシャトルに当たるインパクトまでを説明します。このストロークの区間をテイクバ
ックといいますが、ラケット(打球面)を加速するための重要な区間です。
このテイクバックの区間が短いとラケットを十分に加速することができないため、自身
の最速のスマッシュや速いクリア、カットを打つことができません。

下の右図は、利き腕の肘を下げ、そこからダッシュするのと同じ腕の振りで肘を後方に
引いてストロークを開始しています。インパクトまでラケットが動く軌道を長くとり、
ラケットを十分に加速することができます。シャトルが落ちてくるまで十分な時間があ
り、自身の最速のスマッシュを打ちたい場合は、右図のようなテイクバックを取る必要
があります。肘を後方に引いた後、引いた肘を前方に出し、スウィングと共に折りたた
んでいた肘を伸ばします。肘を伸ばす際、前腕回外もしくは前腕回内運動で捻りの運動
を加えスウィングスピードを増します。最後にラケット面(打球面)が遅れて出てきて
シャトルを捉えます。

下の左図は、利き腕の肘をやや上方向へ上げてスウィングを開始することで、インパク
トまでの区間をコンパクトにしています。シャトルが落ちてくるまで余り時間がない場
合、例えば相手の低いクリアやロビングに対して飛びついてスマッシュやカットなどを
打つ場合は、左図のようにテイクバックをコンパクトにする必要があります。当然右図
に比べショットのスピードは遅くなります。

◆テイクバック動作の違い
スライド6 

もう一つ、ネット前のチャンス球をスマッシュで決める場合は、どうでしょうか?
肘を肩関節付近まで上げてから肘を少し後ろに引いて、テイクバック動作を非常にコン
パクトにしてスウィングします。上記の2パターンの比べショットのスピードは、遅く
なります。
このようにいろいろな状況によってテイクバック動作が変化することを理解しましょう!
ストロークは、決して画一的なものではありません。

ところで初心者は、どういった順番でマスターすればいいのでしょうか?
初心者は、まずシャトルに当てることを最優先するため、テイクバック動作をコンパク
トにしてスウィングしましょう! シャトルに当たったらそれで完成ではなく、最終的
には、右図のようなテイクバック動作で打てるようにしましょう! これが出来ればテ
イクバック動作をコンパクトにすることは容易です。

さて、女子選手は? ということですが、バドミントンの技術で、男性用、女性用、子
供向け、大人向けという区別はありません。

問題は女子選手でモデルになるであろう選手です。リオオリンピック女子シングルスで
優勝したマリン選手は、どうでしょうか? コート内移動スピード、スタミナ、パワー、
気迫があって素晴らしい選手です。しかし、残念ながら高い身体能力に比べスマッシュ、
カットなどのショットのスピードが見劣りします。ラケットを垂直に立てた状態から肘
を後方に引いてテイクバック動作を行っています。まるでネット前のチャンス球をスマ
ッシュするようなストロークです。ラケットが主に頭部から上でスウィングしているた
めラケットが動く軌道が短く、自身の最速のスマッシュ、クリア、カットを打つことが
できません。対戦相手が脅威に思うショットが半減していると言ってもいいでしょう! 
ああいう打ち方だからオリンピックチャンピオンになったのだ。と考えるのか? 
ストロークを改善して速いショットを打てればもっと楽に勝てるようになる。と考える
のか?! 
私は後者だと考えます。

次に選手自身の立場から考えてみましょう!
・自分はコントロール主体の選手だから、速いショットを打つよりコンパクトにスウィ
ングすることを心掛けている;;;。と理解し納得していればいいのかもしれません。

・テイクバック動作を考えたことがない。指導もされたこともない。
と言うかもしれません。残念です。

・最近指摘されたが、何年もこの打ち方で行っているため自動化されている。今更改善
は不可能だ。
初級段階でマスターしておけばよかったですね! しかし、諦めるのは早いのでは・・・。

<コメントに対する回答>
女性で利き腕の肘を下げてからスウィングしているのでよくない。
 ⇒逆です。goodです!

肘を下げてストロークを開始して打っているので、そのまま飛びつてスマッシュを打
 つと振り遅れてしまう。などです。
 ⇒状況によってテイクバック動作を変えて打ちましょう!

さて、ここでまだ疑問を持っておられる方は、ボール投げで上記3つのテイクバック動作
で投げ比べてみてください。
一番遠くに投げることができる投げ方は、どれでしょうか?

<飯野コメント>
自身の最速のスマッシュを打つためには、ストロークの完成だけでは達成できません。
運動連鎖をスムーズに行う。(下肢⇒体幹⇒上肢⇒ラケットへと運動エネルギーを増大
  し伝達するシステム)

運動連鎖の各部位の筋パワーを向上し、運動エネルギーの発生を増大する。
    が必要です。

★運動エネルギー=ラケットをスウィングするための動力源

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<サマーキャンプ参加者募集中>
開催日:8月18日(金)午後から19日(土)・20日(日)
会場:千葉工業大学 新習志野キャンパス
申込締日:8月10日 定員になり次第締め切ります。
★内容詳細は、6月6日公開のブログ記事をご覧ください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックするとバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2017/07/03(月) 07:11:44|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ノックの目的【質問と回答】 | ホーム | 初心者を上手くするためのセミナーカリキュラム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/292-1061431a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (59)
セミナー/講習会 (90)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (37)
講義 (2)
トレーニング (9)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (8)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR