バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

フォア奥からクロス方向へ打てない【質問と回答】

指導者のN氏から以下の質問がありましたので、ブログでも回答します。

<質問内容>
指導している高校生S選手は、シングルスのラリー中フォア奥からクロスへドロップ、
カット、スマッシュを打つことができません。全日本代表でも打てない選手がいます
が、原因はどこにあるのでしょうか?

<回答>
S選手及び対戦相手が右利き選手として回答します。
幾つか原因はあると思います。

<戦法点な観点>
1つは、打てないのではなく相手の弱点がバック側からの返球にあるとしたら、そこ
に重点的にシャトルを集めてエラーを誘ったり、返球が甘くなった球を狙っているか
もしれません。しかし、ノック練習や技術練習でも、フォア奥からクロス方向へ打て
ないということでしたら、以下の内容が原因と考えます。

<両足を空中で入れ替える>
ラリー中にホームポジション付近からフォア奥へ移動し、タッピングして飛びついて
打つ場合、両足を空中で入れ替えて打つ選手がいます。イメージしづらいかもしれま
せんので下の動画をご覧ください。

◆フォア奥タッピングして飛びついて打つフットワーク練習


この動画はフォア奥へタッピングで移動し、飛びついて打つ際のフットワーク練習で
す。両足を空中で入れ替えないで打つフットワークです。相手が打った低めのロビン
グやクリアに対して、両足を空中で入れ替えて打たなければならないと考えて実行す
ると、打った後、もしくは打つと同時に両足を入れ替えざるを得なくなります。そう
すると体のバランスが崩れ、フォア奥からクロス方向へ打つショットのコントロール
が悪くなります。さらにクリアやスマッシュ、カットなどは、速いショットを打つこ
とができなくなります。
両足を空中で入れ替えようとする動作が少しでも入ると同じような結果になります

選手はコントロールが悪くなるのを無意識に分かっているため、クロス方向へ打つの
を避けているのでしょう。

また、このフットワークで飛びついて打った後に両足を空中で入れ替えることは、運
動連鎖の考え方と照らし合わせると間違った方法になります。ラケットをスウィング
するための動力源である運動エネルギーは、下肢⇒体幹⇒上肢⇒ラケットと増大しな
がら伝えて行きますが、打ったと同時、もしくは打った後に両足を空中で入れ替えて
運動エネルギーを発生(下肢の運動エネルギーの発生)させても意味がないと言える
からです。
フォア奥で両足を空中で入れ替えられる場合は、相手が打ったシャトルが高い放物線
を描きインパクト地点に落下するまでに十分な時間がある時です。
フォア奥へ飛びついて打つ動作も、両足を空中で入れ替える動作と同じく運動エネル
ギーを発生させています。

<グリップ>
グリップがウエスタングリップ:下図右(フライパングリップ)で握って打つとフォ
ア奥からクロス方向へコントロールよく打つことができません。


◆2種類のフォアハンドグリップ
フォアハンドG 

バドミントンがフォアハンドだけで打つ競技でしたらウエスタングリップは、有効な
グリップです。しかし、残念ながらバックハンドで打たなければならないことが多く
あります。従ってフォアハンドのグリップは、バックハンドにすぐに持ち替えられる
ようにイースタングリップ(左図)を多用します。
ウエスタングリップでバック奥からスマッシュ、カット、ドロップ、クリアを打とう
とすると、ストレートとクロスの両方向へ打つことができます。しかし、フォア奥か
らは、ストレート方向に打つことができますが、クロス方向へ打つことが困難になり
ます。インパクト時のラケット面の向きが完全にクロス方向へ向けることが難しいか
らです。

フォア奥からクロス方向にカットとドロップを打つ際は、下のバックハンドグリップ
にして打つとコントロールが向上します。

◆バックハンドグリップ
バックハンドグリップ (2)

戦法以外でしたら、
フォア奥で両足を空中入れ替えられる場面かどうか?
インパクト時のグリップが適切かどうか?
を確認してください。

フットワークに問題があれば動画のようにフットワーク練習を行う。
グリップに問題があれば、グリップを適切な持ち方に修正して技術練習を行う。こと
が必要です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<サマーキャンプ参加者募集中>
選手の参加枠残りあとわずかです!

開催日:8月18日(金)午後から19日(土)・20日(日)
会場:千葉工業大学 新習志野キャンパス
申込締日:8月10日 定員になり次第締め切ります。
★内容詳細は、6月6日公開のブログ記事をご覧ください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2017/07/24(月) 15:37:12|
  2. 理論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ダブルス4点アタックのノック練習【動画と解説】 | ホーム | 初心者を上手く指導するためのセミナー終了>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/295-ad57dc4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (62)
セミナー/講習会 (93)
フットワーク (9)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (38)
講義 (2)
トレーニング (12)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR