FC2ブログ

バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

バックサイドへの跳びつき手投げノック【動画と解説】

ダブルスでは、対戦相手が打った低いロビングに対して、サイドヘ跳びついて攻撃す
る場面が多くみられます。跳びつけないと守備的なラリーに終始してしまいます。
今回は、バックサイドヘ跳びついてスマッシュなどで攻撃するノック練習を動画を交
えて解説します。

サイドへ移動する距離によってフットワークが変わります。(右利き選手の場合)
1.フットワーク
短い距離の移動
バックサイドへの短い距離で移動する場合は、左足を一歩出し、その左足で強く蹴っ
て左サイドへ跳びついて攻撃的なショットを打ちます。

長い距離の移動
バックサイドへ長い距離を移動する場合は、左サイドへ2回タッピングしながら移動
して、左足で強く蹴って跳びつき攻撃的なショットを打ちます。

足の着地
着地は、左足を最初に着いた方が、戻りが速くなります。脚力のこともあるので両足
着地でも問題ありません。

2.ストローク
低い軌道できたロビングなどを跳びついて打つショットのため、テイクバックを十分
にとることができません。テイクバック動作をコンパクトにして打ちましょう!

3.上半身の動作
インパクト時に上半身を左側に傾斜して打つことで、腕・ラケットを最大スピードで
スウィングすることが出来ます。この動作は、跳びついて打つ時だけでなく、十分な
体勢でスマッシュを打つ時も必要な動作です。

◆上半身を左側へ傾斜して打つ
上半身を左側へ傾斜

腕・ラケットを最大スピードでスウィングするためには、腕を振る主働筋である大胸
筋と広背筋が程よい長さの状態でスウィングする必要があります。腕を耳に近づけて
スウィングすると大胸筋を広背筋が伸びた状態になるため大きな力が入らずスウィン
グが遅くなります。真っすぐ立って腕を右斜め45度前後位の角度でスウィングしま
しょう。上半身を傾斜することで打点が高くなります。
注:対戦相手が打った球や自身の体勢によって角度が異なります。数字は目安ですの
で、こだわり過ぎないようにしてください。

◆腕・ラケットをスウィングする主働筋
スマッシュの主働筋

今回もサマーキャンプに参加した小学生がモデルです。動画は、30秒過ぎからスロー
モーションになりますので、じっくり見てください。

◆バックサイドヘの跳びつき~タッピング(小学生)


★モデル選手の非常に素晴らしい点★
左サイドへのタッピング動作

左足で蹴って跳びつき左足から着地する動作

スウィング時は上半身を左側へ傾斜してスウィング(右腕を耳に近づけていない)

左腕は右腕が最大スピードでスウィング出来るように、その都度逆方向へ動かして
 います

フィーダーは、ラケットで出してもいいですが、正確に出せない場合は、手投げで行
いましょう。コートの外から出すと打ちづらいので動画と同じくコート内から手投げ
で出しましょう! フィーダーは、右腕を後方に引いてから出すことで腕の軌道が長
くなりコントロールがよくなります。


さあ、皆さんも練習しましょう!

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2017/09/13(水) 07:00:35|
  2. フットワーク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スマッシュ・ハイバック打点を高く?【質問と回答】 | ホーム | ドライブを正確に速く打つ【動画と解説】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/302-0cd12e15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年の計8回
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (18)
技術 (71)
セミナー/講習会 (110)
フットワーク (9)
愛用品 (12)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (3)
方針 (18)
練習方法 (45)
講義 (2)
トレーニング (14)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (8)
理論 (11)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR