バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

スマッシュレシーブのスピード練習【動画と解説】

シングルスのレシーブのフットワーク練習をすると殆どの選手は、反動動作を使って
ドライブを打つストロークを行います。シングルスでサイドライン際に打たれたスマ
ッシュをレシーブする技術練習を行うと、どうやって打っていいか分からない選手が
多くいます。
また、実際のスマッシュレシーブを見ると、インパクト前後でラケット面を並進運動
で押し出そうとする選手が多くいます。そうすると、シャトルがネットを越えて長く
なって落下するため、相手は楽にシャトルをとらえ再度攻撃することができます。
レシーブをネットから浮かずに相手のスマッシュのスピードを減速させ、ネット際
に落下させたい
」ものです。このように出来るためにシングルスのスマッシュレシー
ブのフットワークとレシーブ技術をミックスした「シングルスのスマッシュレシーブ
のスピード練習」を動画と共に解説します。
練習の対象選手は、小・中・高・大学生、社会人です。


<スピード練習の実施条件>
動く時間:10秒~20秒間最大スピードで動く
休む時間:動く時間の3倍以上で完全回復後、再度実施
セット数:1日6セットまで
週の実施頻度:週最大2回 2日連続で実施しないこと
タイム測定を実施し、選手に競争意識を持たせること

<バックサイドのレシーブ>
・インパクト地点直前からストロークを開始

・ラケット面を相手コートに向け斜め上方向に押し上げながら、少しの角度だけ前腕回
   外運動を行う。

・ラケット面を相手コートに向ける角度は、打点の高さによる。角度のあるスマッシュ
   であれば打点が低くなり、その分ラケット面をやや上方向に向ける。打点が高くなる
   に従い、ラケット面が床との角度が直角に近づく。

・相手のスマッシュスピードが速くなるに従い、斜め上方向に押し上げる角度は、横へ
   広がっていく。

・サイドライン際へ打たれたスマッシュをレシーブする練習のため、左足の前を右足が
   クロスステップして右足かかとから着地してレシーブします。

・サイドライン際のスマッシュレシーブは、腕が伸び切ってレシーブしているため、ス
   トレート系にしか返球できません。

◆バックサイドのスマッシュレシーブのスピード練習兼技術練習


<フォアサイドのレシーブ>
バックサイドと異なる点は、赤字のとおりです。
・ラケット面を相手コートに向け斜め上方向に押し上げながら、少しの角度だけ前腕回
   内運動
を行う。

・サイドライン際へ打たれたスマッシュをレシーブする練習のため、右足を出し左足を
   右足に引き付けた後、右足踵から着地してレシーブします


◆フォアサイドのスマッシュレシーブのスピード練習兼技術練習


さて、動画の選手は上記の説明どおりに実施していましたか?
今回は、10往復でタイム測定しましたが、20秒を超える選手が多数いました。その場
合は、20秒以内に収まるように、8~9往復に変更してタイム測定を実施した方がいいで
しょう。
中学生以上で同じ練習内容でスタミナ向上を狙う場合の条件は、以下のとおりです。
動く時間:30秒~1分30秒間意識として最大スピードで動く
休む時間:動く時間と同時間休む
セット数:複数の種目を行いオールアウトまで実施(できなくなるまで実施)
週の実施頻度:ノックとフットワークのスタミナ向上練習の合計は週2回~3回

<小・中学生のためのレベルアップキャンプ@九州募集中!>

~選手の参加枠残り少なくなりました。申込はお早めに!~

参加申込締日:201823 定員になり次第締め切ります

◆開催日:2018217日(土)& 2018218日(日)

◆会場:福岡県大牟田市第二市民体育館

★詳しくは、1011日の公開記事をご覧ください。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


スポンサーサイト
  1. 2018/01/10(水) 07:00:46|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<千葉セミナー募集開始 | ホーム | レベルアップキャンプ@九州カリキュラム公開>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/319-c84757bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (18)
技術 (65)
セミナー/講習会 (98)
フットワーク (9)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (3)
方針 (18)
練習方法 (41)
講義 (2)
トレーニング (14)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR