FC2ブログ

バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

レベルアップキャンプ@九州質問と回答

先日開催したレベルアップキャンプ@九州で受講者から質問や意見がありました。そ
の場は簡単に回答しましたが、改めて分かりやすいよう回答します。

<質問>
スマッシュを代表するオーバーヘッドストロークで、落下するまで時間があるときス
トロークを大きくして打つ打ち方を推奨する側と、コンパクトにスウィングする打ち
方を推奨する側がいます。指導者として迷ってしまうので、どちらかに統一すること
はできないのでしょうか?
<回答>
言論の自由ですので、統一することは不可能です。監督、コーチ、選手が判断するし
かありません。選手に判断させるためには、ストロークの背景・役割を理解させる必
要があります。

<意見>
上記に関連しますが、利き腕の肘を下げてスウィングを開始すると、ジュニア時代に
肘を上げてスウィングを開始するよう指導者に何回も矯正させられました。実際にシ
ャトルが落下するまで時間があるとき、肘を下し後方に引いてスウィングを開始する
と、より速いスマッシュを打つことが出来ました。ジュニア時代に違うことを教わっ
ていたので残念です。
<回答>
男子の世界のトップレベルのスマッシュの打ち方を見れば一目瞭然です。また、力学
的に考えても分かります。女子選手は改善が必要な選手が多いです。技術やフォーム
に男女差はありませんので、強くなりたい女子選手は、今一度自身のフォームを確認
して欲しいものです。

<質問>
スマッシュやクリアを打つ際、利き腕の肘を後方に引きますが、引いた時に一旦止め
てはいけないのでしょうか?
<回答>
利き腕を後方へ引き、一旦止めることによってせっかく作りだした運動エネルギー
(ラケットをスウィングするための動力源)が“ゼロ”になります。利き腕の肘の動き
は止めないようにしましょう

<質問>
キャンプ初日のウォーミングアップでは、その場で狭いスペースで動いて行ってい
ました。ランニングなど行わなくていいのでしょうか?
ウォーミングアップの適切な時間は?
<回答>
バドミントンのウォーミングアップの目的は、筋温を上昇させ動的ストレッチなどで
関節可動域を広げます。その後、試合と同等の運動強度まで心拍数を上げます。
筋温を上昇する方法として、①ランニング ②バドミントンのフットワークに近い
ステップを動きながら数種類行う。③その場でステップやフットワークを行うなど
があります。
質問された方は、ラニング=ウォーミングアップと思われていると推測します。筋温
を上昇する方法はいくつかあり、ランニングだけではないことを理解しましょう!
当日は、①体育館内でランニングするには、障害物が散乱していたこと ②次に行う
技術練習がダイナミックに動く練習ではないことを考慮して、選手間にスペースを空
けその場で素早く両足を広げる、小刻みにステップする、一歩で動くフットワークな
ど数種類行い筋温を上昇させました。時間は5分位でした。その後動的ストレッチを
行い技術練習に入りました。
ウォーミングアップの適切な時間は、季節(気温)、疲労度合、実施する練習・トレ
ーニング内容によって異なります。また、前日が完全休息日でしたら直ぐに心拍数が
上がらない場合があるので時間が少し長くなります。一般的には20分から長くて25分
位が適切かと考えます。
方法だけ理解していると応用が利きません。目的とその背景を理解していると幾つか
の方法が思いつきます。練習・トレーニングも同様です。根本となる目的を理解する
ことが重要です。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2018/02/27(火) 07:00:29|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2018年スプリングキャンプカリキュラム公開 | ホーム | 小・中学生のためのレベルアップキャンプ@九州終了!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/325-2d91dc63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年の計8回
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (18)
技術 (71)
セミナー/講習会 (110)
フットワーク (9)
愛用品 (12)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (3)
方針 (18)
練習方法 (45)
講義 (2)
トレーニング (14)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (8)
理論 (11)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR